【甘デジ海物語S】当たり番移動狙い撃ち攻略【ホルコン】

0

    甘デジ海 おすすめ攻略

    事務局便りよりカシオペア攻略術は攻略法の決定版カシオペア攻略術の成功事例

     

    埋もれた名作

     

     前回記事、甘デジのハマリと遠隔操作は無関係(ハマリの科学)は多数の方々にお読みいただき、今では当ブログのアクセス第4位の記事となった。従来とはひと味違う読み物に仕上がっていることが新たな読者層を開拓したのかもしれない。自慢ではないが、私の執筆する一連のコラム・エッセイの三つのうち一つは関連ワードの検索で上位に表示される。野球にたとえれば堂々の3割バッターと言えようか。ネットライターとしては好成績を収めている方かもしれない。前回記事はホームランとまではいかなくても三塁打級の快打であった。

     

    海物語の甘デジをボーダー理論で攻略はできない しかし、如何なる強打者もそうであるように全打席でヒットを放つことはできない。相当な時間を費やして書き上げた労作であっても、陽の目を見ない惨めな作品もある。知人の画家が個展を開催して一番の自信作を目立つ場所に展示したにもかかわらず、大半の来場者に素通りされてしまう無念をいつも嘆いているが、その気持ちが少しわかるようになった。

     

     歌謡界でもヒットする曲には歌詞やメロディーのどこかに必ず光る箇所があることに気づく。良い曲であっても華がないためにマニアにしか愛されない「隠れた名曲」になってしまうものが多い。私が発表する攻略コラムはマニアックなものも少なくないが、パチンコ攻略研究家のみならず一般のパチンコファンにも愛読されることをいつも願っている。「隠れた名コラム」はあまり量産したくないのが本音である。このたびの作品(本記事)がヒットとなるか凡打で終わるのかは全く大変興味深い。

     

    一般パチンコファンが求める攻略情報

     

    新規則機(新基準機)の設定の善し悪しは攻略の本質にあらず 私の手掛ける攻略コラムの最大の弱点が専門色の強さであることはわかっている。最強攻略法・海殺しXの購入者であれば、誰でも簡単に理解できる内容であるが未購入者には多少難しい面もある。一般のパチンコファンが求める攻略情報は極めて単純明快なものである。台のサイクル状態(俗にうロムの強弱)の分析とかホルコン(ホールコンピュータ)に多大な影響を与える台の稼働率のような小難しい話はあまり歓迎されない。一般のパチンコファンは、リーチ目に代表される「こういう現象が発生したら当たりは近い」というような簡単ですぐにでも試せるような攻略情報にすぐに飛びつく。

     

     「海物語 攻略」でグーグル検索にかけると、当倶楽部が発信する海物語シリーズのリーチ目が1ページ目の筆頭に表示される。これを書いたのも私なのであるが、正直な話、今までに執筆した作品の中では、このコラムはそれほど傑作とは言えない。内容的には真実を語っているが、自分としては多少物足りなさを感じる作品である。快心の作品ではないため、今までリンクをはることもなかった。

     

    甘デジ海物語の341での当たりは爆発のサイン ところが、このコラムが一般人には最も人気がある。世の実情とは皮肉なものである。前述の画家はレイアウト的な観点から少し心残りのある作品を敢えて個展で展示したところ、それが一般受けして多数の来場者がその絵の前に群がったということを話していたが、私も似たような心境である。

     

     リーチ目が出れば当たる時はすぐに当たる。しかし、必ず当たるわけではない。むしろ当たらないことの方が多い。そのことは上記のコラムでも明言している。パチンコにおいては、「こうなればかならずこうなる」という100パーセントの法則はない。しかし、高確率で狙い通りになる法則はいくらでもある。リーチ目というのは、そのうちの一つにすぎない。

     

    ホルコン好きの人へ

     

     今回は一般パチンコファンのニーズを意識して、比較的単純な攻略ノウハウを披露したいと思う。但し、パチンコの超初心者には不向きかもしれない。少しだけホルコンの知識をかじった初級者対象の攻略テクニックとでも言うべきであろう。

     

     最近はホルコンの隠れた機能(大当たり誘発)が世に知れ渡ってきた。それに慌てた業界関係者とおぼしき人たちがWikipediaの記事を編集して、あたかもホルコンにそのような機能がないことを強調しているが、ネット上には無数のホルコン攻略情報が溢れ返っている。それでもホルコンの隠れた機能を疑う人はここから先を読む必要はない。逆にホルコンの隠れた機能を体験的に確信されておられる方はここから先を目を凝らして熟読していただきたい。

     

    飽きない快感

     

     一般的にホルコン攻略といえば、ホルコンが数台を束ねて作るグループ(ユニット)に着目して、次に当たりそうな台を予測する攻略手法を意味する。しかし、この程度の知識ではパチンコの収支は大幅にアップしても、これだけでパチンコ常勝者にはなれない。本気でプロを目指すためには多数の「攻略技」を覚える必要がある。今回、紹介する技法もその一つであり、成功した時の爽快感は言葉では言い表せない。「お座り一発」を狙って、その通りになる快感は何度体験しても飽きない。

     

     世間ではパチンコ中毒(パチンコ依存症)が問題となっているが、リヴィエラ門下生(海殺しXユーザー)の間では「パチンコ攻略中毒」を患う方々(?)が後を絶たない。海殺しXの二大看板、カシオペア攻略術(※オプショナル商品)やウルトラ速攻法をはじめとする数々の攻略技の虜となった人々の中には、一か月のパチンコ収入が本業収入を上回ってる人も珍しくない。

     

    甘デジの種類と海物語の特性

     

     さて、今回紹介する攻略技は甘デジの海物語シリーズ各機種が対象である。但し、必ずしも海物語で打つ必要はない。理由は後述する。

     

     ご存知のように、甘デジの海物語シリーズは16ラウンドもしくは15ラウンドのビッグな当たり以下、「ビッグな当たり」と略発生率が5パーセント前後とかなり低めに設定されている代わりに、全ての初当たり後にST確変に突入するのが基本仕様となっている。

     

     甘デジにも様々なタイプがある。当たっても確変にはならず、時短中に当たりさえすれば好条件のST確変になり、大連荘が期待できるタイプとか初当たりの全てが確変ではない代わりに確変で当たればビッグな当たりが高確率で発生するタイプなどが一般的であるが、最近はパチンコ規制に伴う新基準機(新規則機)も導入されはじめ、大当たり確率が6つの設定に分かれているものもある。近頃は甘デジもかなり細分化されてきた。

     

    パチンコのホルコン攻略は海物語で 確変になるまでのハードルが高い代償にビッグな当たりが頻繁に発生しやすい甘デジや一撃大連荘が狙える甘デジを「ハイリスク・ハイリターンタイプ」と位置付けるとすれば、甘デジの海物語シリーズは「安心タイプ」と言える。当たりの全てが確変であること有難い。ハイリスク・ハイリターンタイプの機種と比較すれば大連荘は滅多に発生しないが、良い台は4〜5連荘クラスの多連荘を何度も繰り返す。台のサイクル状態(※最強攻略法・海殺しXのテキストブックに記載)が落ちるまでの間は、良い台(=好調サイクル台)は時折、単発当たりや2〜3連荘といった「くだらない当たり」を挟みながらも、本来はハマリの入り口である「くだらない当たり」の後にハマらずに再度の初当たりが来る。良い台で時間をかけてゆっくりと出玉を増やすのが甘デジ海物語の醍醐味と言えよう。

     

     時には良い台が不覚にもハマる。そういう台に限って復活の当たりがビッグな当たりであったり、復活の当たりそのものは冴えない偶数図柄であっても、その後、意表をついて多連荘に発展し、その最中にビッグな当たりが含まれるケースがやけに多い。今回はこのビッグな当たりに着目した単純明快な攻略技を皆様に伝授する。

     

    待機・観察から攻略実行へ

     

     ホールで起こる現象を注意深く観察しているといろいろなことに気づく。そのうちの一つにビッグな当たりが発生した直後に起きる現象がある。特に休日など客が混み合っている状況下で顕著なことは、甘デジの海物語シリーズのどこかの台にビッグな当たりが発生すると、すぐにホルコンでつながった同じグループの台が高確率に当たることである。

     

     このことがわかれば、どこかでビッグな当たりが発生した直後に同じグループに入っている有望な台を打てば、お座り一発が狙えることになる。最近のトレンドとして、甘デジのシマは多機種混在のバラエティーコーナーになっているホールが多い。大規模な店舗では海物語だけで一つのシマを構成することもあるが、中小規模の店舗では限定されたスペースの都合上、そんなことはなかなかできない。ホルコンが構成する一つのグループの中に複数の機種が混じり合うケースも一般的になっている。しかし、この攻略はホルコンの仕組みを利用したものであるため、打つ機種はなんでもよい。(※他人が獲得した海物語シリーズのビッグな当たりを利用するだけであり、その台とグループが同じであればどの機種の台を打っても構わない)

     

     つまり、甘デジの海物語(大海系でも沖縄系でもなんでもよい)のどこかの台にがビッグな当たりが発生したことを発見した直後にその台と同じグループに入っている他の台(機種不問)を間髪入れずに打てばよいのである。

     

     甘デジの海物語で発生するビッグな当たりには二つのパターンがある。サムやクジラッキーが出現するパターンなんでもない通常の当たり方からラウンド中に「おめでとう!」という声が聞こえて、その当たりが4〜5ラウンドや6〜7ラウンドではない特大ボーナスであることを告げるパターンである。

     

    台選びの基本はホルコンの強いグループ サムが出現する時は大きな声を発するので気づきやすい。周囲の人々がその台にふり向くことも多い。クジラッキーが出現する時も特有の音(「ケケケケケ」というような妙な鳴き声)を出す。又、サムやクジラッキーが出現した時も大当たりラウンド中に「おめでとう!」という声が出る。「おめでとう!」はかなり大きな声なので遠くの台でビッグな当たりが発生しても、耳が悪い人でない限り、気づかぬことはない。これらの声や音に敏感になることからこの攻略は始まる。

     

     要するに、海物語のどの台にビッグな当たりが発生したのかを確認後、ただちにアクション(同グループの他の台への移動)を起こせばよい。高齢者など難聴気味の人は補聴器必携。時には補聴器も攻略道具(?)になるのである。

     

    攻略にあたっての注意事項 

     

     実に単純な攻略であるが、細かい注意点を以下に箇条書きする。

     

    甘デジ海物語の台にビッグな当たりが発生したことを確認後、速やかにその台と同じグループに属する他の台に移動するわけであるが、もたもたしてはならない。ホルコンのマックス状態は3分は持たないことが多い。時には30秒か1分で終わってしまう。この攻略はホルコンのマックス状態の時に攻め込むものなので機敏な行動力が要求される。(ミドル機におけるウルトラ速攻法の感覚に近い)

     

    投資額の目安は500円からせいぜい千円。これで当たらなければ自分の台が当たり番(=次に当たりが予定されている台)でない可能性が強いのですぐにやめる。(この攻略が成功する時の大半は、ビッグな当たりが発生した台が15Rもしくは16Rを消化している最中に自分の台が当たる)

     

    自分が打っている最中に同じグループの他の台が当たった時は攻略を断念する。ある台にビッグな当たりが発生した時、当たり番の高速移動が実現しやすくなることを利用した攻略であるため、「同じグループの他の台」(数台ある)のうちどの台が当たるかまではわからない。ほぼ同時に同じグループから3台の当たりが発生することは甘デジでもそれほど多くない。当たり番の高速移動が二度起こる可能性は低い。低確率で起こる現象(当たり番高速移動の2連続)に賭ける行為は怪我の元である。どんなに専門知識に秀でている人であっても、強気(今までの経験からの自信など)が災いして素人以上に負けてしまうこともある。

     

    ある台にビッグな当たりが発生しても、同じグループ内にすでに連荘中の台が存在する場合は成功率が落ちる。連荘中の台の機種にもよるが、その台が海物語シリーズの場合は再びST(5回もしくは10回)に入った時に当たりを持っていかれやすい。連荘中の台が海物語シリーズ以外の機種であり、STが低確率ながら長く続くタイプの機種である場合は海物語シリーズの台以上に当たりを持っていかれやすい。このような事態が生じた時も攻略は断念すべきである。

     

    攻略開始の合図、すなわち、海物語シリーズの台のビッグな当たりは初当たりでも連荘中の当たりでも構わない。

     

     対甘デジ・ウルトラ速攻法!?

     

    ホルコンの仕組みとグループを知ることが攻略の第一歩 実に単純な攻略である。最強攻略法・海殺しXの切り札、ウルトラ速攻法は甘デジ海物語には効かないが(※その他の攻略ノウハウは甘デジにも通用する!)、ビッグな当たりを利用したこの攻略は甘デジ版ウルトラ速攻法と言い換えても過言ではない。同じグループの複数台が空席になっている時の台の選定にはプロ的な専門知識が必要となるが、初心者用にごく大雑把なアドバイスをするとすれば、以下の通りである。

     

    …樵阿肪曳当たりや2〜3連荘を出した台を避ける。

    直前に大連荘した台、もしくは何度も当たり続け、出尽くした感のある台を避ける。

    今まで好調だった台が同グループの他の台に何度も当たり番を奪われ、多少のハマリ(目安として200〜300回転)に入っている時はその台が最有力。

    ぃ横娃芦鹽尚幣紊離魯泪蠡罎複数ある場合、ハマリ度の低い方が当たる可能性が高い(例・200回転代のハマリと400回転代のハマリでは圧倒的に200回転代のハマリの方が当たりやすい)

     

     是非、お試しあれ。成功を祈る。

     

    リヴィエラ倶楽部 佐々木智親(海殺しX開発者)

     

    関連記事ホルコン攻略・・・この攻略技の体験レポートならびに質疑応答

    【切れ味抜群】甘デジ版ウルトラ速攻法【ホルコン攻略】

     

    <海物語シリーズ特集>

    海物語シリーズの攻略は甘デジ、ミドルともにリヴィエラ倶楽部!大海物語4 BLACK(ブラック)攻略のお問い合わせが殺到!

    甘デジでも爆発海殺しX、大海物語4で大爆発!

    【大海物語4 沖縄4攻略】チャンス目の秘密

    【徹底ガイド】スーパー海物語IN沖縄4の攻略〜好調台で勝つ!(前編)

    【徹底ガイド】スーパー海物語IN沖縄4の攻略〜好調台で勝つ!(後編)

    スーパー海物語IN沖縄4 ウリンチャージ攻略

    海物語シリーズ攻略のための「一発告知」学

    海物語シリーズ攻略のための突確講座確変継続

     

    <甘デジ特集>

    海物語 甘 狙い目爆発力で勝負! 甘デジ攻略技の紹介

    甘デジ 海 勝ち方 ボーダー【海物語シリーズ】甘デジ攻略の必修事項

    確変中のハマリの意味 原因【甘デジ攻略】保留連荘と特殊リーチの秘密

    海物語 勝てる甘デジ海物語アクアWith吉木りさ 好調台の特徴

    海物語 甘デジのおすすめ攻略カシオペア攻略術を甘デジに使用する際の注意点

     

    <本格エッセイ>

    パチンコルネッサンスの幕開け

    パチンコ事始

     

    <当倶楽部紹介>

    海物語攻略動画海殺しX早わかり動画

    パチンコ攻略のプロ集団リヴィエラ倶楽部の由来

     

    最強攻略法・海殺しXの公式HP

    海物語 甘デジ 攻略

    JUGEMテーマ:パチンコ パチスロ

    にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ攻略・裏技へ

    今回の攻略情報を試されて、成功された方は上のバナーをクリックして下さい。

    当倶楽部はにほんブログ村のランキング競争に参加しています。皆様のクリック

    (投票)により当サイトの順位が上がりますので私どもにとっては励みになります!


    甘デジのハマリと遠隔操作は無関係(ハマリの科学)

    0

      甘デジの異常なハマりは遠隔操作とは違う

      アクセス急上昇最新情報 ハマリに勝つカシオペア攻略術の成功事例

       

      はじめに

       

       7月になり、真夏の日々が続いているが、先月はよく雨が降った。急に降り出した雨に戸惑いながらも「きっとにわか雨に違いない」とでも思うのだろうか、パチンコ屋で雨宿りする人が世間には少なくないようである。閑散としていたホールが急に多数の客で賑わってきた時、外に出てみると雨が降っていて、「なるほど、こういうわけだったのか」と妙に納得することもある。

       

      甘デジのハマりは侮れない 暇つぶしのパチンコをするのであれば当倶楽部の推奨しないちょいパチが一般人には最適であろうが、これはまだ全国的にはあまり普及しておらず、やはり雨宿りパチンカーの大半は甘デジの台に向かうことになろう。甘デジは雨デジでもある。今回はにわかパチンコファンにも根強い人気を誇る甘デジに関する論考を発表する。

       

      甘デジ人気の理由

       

       甘デジ(遊パチ)とは通常時の大当たり確率が100分の1以下の機種を指す。はじめて甘デジがホールに導入された時はこんなものはすぐに廃れるに違いないと思ったが、ミドルやマックスの機種で痛い経験をしながらパチンコをやめられない人の救世主になったのであろう。その人気は衰えるどころか増す一方である。甘デジのシマの方がミドルのシマよりも客付きが良いホールも今では珍しくない。

       

       甘デジ機種の大部分は通常時の大当たり確率が100分の1に限りなく近いスペックになっているため、素人は「100回転で1回の当たりが見込める」という安易な思い(期待値計算)からホールに足を運ぶ。1パチ、2パチではなく4円パチンコの場合、100回転は約5千円の出費を意味する。甘デジでも爆発すれば、一気に2万円、時には3万円になることもある。それを目論む人ばかりなのかもしれない。運が良ければ5千円も使わず、たったの500円か千円で当たり、そこから爆発するかしれない。このような安易な考えがパチンコ中毒者ならぬ甘デジ中毒者を多数生み出している。

       

      甘デジには高度な攻略技術が必要

       

       現実は甘くない。実際は甘デジの攻略の方がミドルの攻略よりも難易度が高いのである。確固たる攻略ノウハウを持たずして、暇つぶし感覚で甘デジを打つ行為は大怪我の元である。真剣にパチンコの攻略に取り組む方は下記リンク欄の<甘デジ特集>だけは必ず目を通していただきたい。

       

      甘デジのハマりの理由を確率で考えるべきではない 「甘デジだからハマリはないだろう」という根拠のない安心感が多くのパチンコファンの足を甘デジのシマへと向かわせるが、実際は200回転を超えるハマリ、300回転を超えるハマリは日常茶飯事である。4円パチンコであれば、200回転は約1万円、300回転は約1万5千円の損失を意味する。これだけ使った後になんとか当たっても、それが単発当たりであれば、(機種にもよるが)500〜1500円くらいしか回収できない。大抵の場合、この程度の持ち玉はそのまま使い切って追加投資となろう。甘デジは何万円も使って数連チャンしても数千円しか戻ってこない。もしこれがミドルであれば、仮に一人で600回転させれば(甘デジの200回転程度に相当)、約3万円使うことになるが、数連チャンすれば、その半分もしくはそれ以上の額は回収できる。甘デジの場合はハマればハマるほど最悪の事態を招く。一気に爆発しない限り大損を免れない。

       

       甘デジの大ハマリほど気分を害するものはない。大雨の日に、晴れたら外出してショッピングを楽しもうと自宅に籠っていても、いっこうに雨が降りやまずイライラする時がある。この焦燥感に似たものが甘デジのハマリにはつきまとう。

       

       甘デジのハマリの最高記録

       

       私が目撃した甘デジにおける最高ハマリは962回転である。(962回転目にめでたくも当たった)500、600程度のハマリは頻繁に見るが、700以上のハマリとなれば甘デジでは滅多にお目にかかれない。900回転を超えるハマリ台を間近に見て、私は腰を抜かすほど驚いた。しかし、ネット上の情報を検索してみると、甘デジで2000回転超えのハマリを見たという目撃情報すらあるではないか。このような不可思議な出来事(甘デジの異常なハマリ)がどなたの身の回りにも溢れかえっているのであろう。このような事実からホールの遠隔操作(特定台に当たりの発生を許さない人為的介入)を疑う人が続出するのも無理のない話である。

       

       甘デジ=極端はハマリは有り得ない、という短絡思考が遠隔疑惑につながっている。

       

      遠隔操作もないわけではないが・・・

       

      甘デジでハマり出した台をおかしいと思う前にホルコンの仕組みを学ぶ必要がある しかし、実際は遠隔操作というものは滅多にない。「滅多にない」というのは法に触れることを承知の上で遠隔操作を行うホールも皆無とは言えないからである。遠隔疑惑の真実 ハマリ台に騙されるな遠隔操作はあるかでも解説したが、警察の目をくぐり抜けて遠隔操作を行うための設備を整えるだけでも莫大な費用がかかる。

       

       上記のコラムでも言及したが、遠隔操作を行うホールの真の目的は特定の客に当たらせないようにすることではなく、むしろその逆のケースが多い。客離れを防ぐために、景気づけに当たりや派手な連チャンを発生させ、それでもって客を刺激し、客を店に留めることが狙いなのである。足繁くホールに足を運ぶ常連客の存在なくして、ホールの安定経営は望めない。

       

       最近、あるホールの遠隔操作が発覚して経営者が逮捕されたが、警察の取り調べに対して、この経営者は「いつも負けているお客さんが可哀想になったので当たらせてあげた」と供述していた。一定数以上の客がホールで遊戯を続ければ、あとはホルコン(後述)が店に損をさせない程度にバリエーションに富んだ当たり(爆発、ちょっとした多連荘、しょぼい当たり等)を各台にばらまいてくれるのである。しかし、肝心要のお客さんがホールにいなければ、ホルコンといえども何もすることができない。

       

       遠隔操作を行っているホールは滅多にない。莫大な費用をかけて客にサービスをした挙句、遠隔操作の事実が発覚すれば、営業停止処分の憂き目に遭うばかりか店名まで公表されてしまう。コストがかかる上にハイリスクが伴い、しかも、たいしたメリットもないことに熱心になる経営者はほとんどいないのである。

       

      ホルコンの真実 

       

       では、信じられないような甘デジ大ハマリの正体はなんなのかということになるが、それは単にハマリ台が生じやすい環境が整ったということにすぎない。ここから先は少し専門的な話になる。

       

       ホルコンと台の稼働状況がとんでもないハマりの記録を作り出すご存知のように、昨今のパチンコ店経営には例外なくホルコン(ホールコンピュータ)が使用されている。

       

      遠隔操作とホルコンの違い 記録的なハマりはこうして作られるホールコンピュータ(ホルコン)による大当たりの誘発初心者向けの解説をしたが、ホールで発生する大当たりの大半はホルコンによって強制的に発生させられたものである。(※大当たり乱数的中による本当の当たりは全体の5パーセント程度にすぎない)

       

       ネット上では業界関係者を名乗る人たちがホルコンの隠れた機能(=大当たり誘発機能)を必死になって否定しているが、彼らの言説を決して信用することなかれ。

       

       当倶楽部に限らず、ホルコンを利用したパチンコ攻略情報を発信している人たちは無数に存在する。我々から見れば、ホルコン攻略を販売している業者はビジネス上の競合相手でもあるが、ホルコン攻略に関しては、どの業者も正しい情報を流していることを保証する。(それ以外のパチンコ攻略法には眉唾者が多いが・・・) ホルコン攻略だけで満足されるのであれば、当倶楽部の販売する最強攻略法・海殺しXを購入される必要は全くない。もっと安価なものもある。それらの攻略法を購入されて常勝組に入れるかどうかは別として(相当な個人差があろう)、ホルコン攻略法を購入されたことを悔やむ人はいないと断言できる。なぜならば、大半の購入者がホルコンの隠れた機能について確信するようになるからである。

       

       当然のことながら、ホルコンの知識があるのとないのとでは収支に大きな差が生じる。ホルコン攻略だけで勝負した場合、月間、年間のトータル収支は巧い人でもせいぜいプラマイゼロ程度にしかならない。しかし、素人が頻繁にパチンコを打ってトータルで負けないことはまず有り得ないことなので、間違いなくホルコンの知識なしにデタラメに打っていた頃よりは収支が格段に良くなる。それゆえ、ホルコン系の攻略を購入したことを後悔する人は滅多にいないと思われるのである。

       

       当倶楽部の顧客から寄せられるご感想の中で最も多いのは、「大当たりがホルコンの仕業であるなんて当初は半信半疑だったのですが、もはや否定しようがありません」といった内容のものである。もちろん、文章表現は人それぞれ異なるが、大きな驚き揺るぎない確信という二つの要素が共通項になっている。

       

       当倶楽部の攻略ノウハウ(ホルコン攻略とその他諸々の攻略技術を組み合わせたもの)を購入された方々の多くがホルコンの隠れた機能について確信に至るわけであるから同業他社のホルコン攻略法を購入された方々も同様の感想を抱かれていることは想像に難くない。

       

      ホルコンの仕組み

       

      甘デジのハマりの最高記録も驚くに値しない 通常、ホルコンは数台を束ねて一つのグループ(ユニット)を形成する。そして、必ず強いグループと弱いグループを作る。最強攻略法・海殺しXのテキストブックで解説する台のサイクル状態(俗に言うロムの優劣)がグループの強弱に多大な影響を与える。あるグループにサイクル状態の優れた台(好調サイクル台=以下、「好調台」と略)が多数あり、それらの台を打つ人がいれば、まずそのグループの中にある一つの好調台に当たりが発生する。好調台が当たった場合は高確率で多連荘(4連以上)に発展する。生憎、4連チャン未満の当たりであっても、その台が好調サイクル状態を維持している限り、2度目、3度目の初当たりも比較的容易に実現し、最終的には多連荘もしくは爆発に向かうことになる。

       

       グループ内の好調台が多連荘すると、同じグループに属する他の好調台も多連荘しやすい環境が整う。短時間内にあるグループから複数台が当たり、多連荘が多発した場合、そのグループは力を増し、好調台の相次ぐ多連荘の合間に遊び台(出たり飲まれたりを繰り返し、なかなか順調に出玉が増えない台=通常サイクル台=以下、「通常台」と略)にも当たるチャンスが訪れる。これを我々は遊び台の給料日と呼んでいる。時には、今まで死に台となってハマリ続け、グループ内の好調台に貢ぎまくっていたハマリ台(不調サイクル台=以下、「不調台」と略)さえもハマリ台の給料日としての当たりが許されることがある。

       

       しかし、遊び台、ハマリ台の給料日として、お情けの当たりをもらった台は、当たった瞬間、もしくは連チャン中にサイクル変換が実現しない限り、好調台には変貌せず、サイクル変換が発生しなければ、大半が単発当たりか確変2〜3連チャンで終わってしまい、その後、再び給料日を迎えるまでには長い道のりがある。

       

       しかし、強いグループには当たり番(次に当たる権利)のぐるぐる回しがあり、何度も当たり番をスキップされるからこそ当たり番になりやすくなるという皮肉な法則が成り立つ。必然的に強いグループの中にある通常台は「当たっては飲まれ、当たっては飲まれ」というダラダラとした展開の後、ある時を境に爆発に転じることが多い。

       

       大抵は不調台よりも先に通常台が好調台に化けるが、通常台が好調台に変身した後、爆発すると、多少の時間を経てからグループ内の不調台が爆発することもある。
       

       重要ポイント

       

         今回のコラムはホルコンの仕組みを解説することが目的ではないのでこれ以上複雑な話はしないが、以下のポイントだけはしっかりと把握していただきたい。

       

      ・強いグループのみ、短時間内に多数の台に当たりが発生する。

      ・強いグループのみ、多連荘中心の当たりが発生する。

      ・弱いグループはホルコンが滅多にそのグループをアクティブ(当たれる状態)にしないため、どの台もなかなか当たらない。

      ・弱いグループでは、特定の台(好調台)だけに何度も初当たりが発生し、他の台が天下を取る展開にはなりにくい。

      ・弱いグループの中にある強い台(好調台)が爆発した時はグループ内の他の台は壊滅状態になりやすい。

       

       たったこれだけの法則を覚え、ホルコンの基礎知識を身につけるだけで甘デジは非常に勝ちやすくなる。ミドルのシマとは異なり、甘デジのシマは当たりの発生するペースが速い。強いグループの中にある台を確保さえすれば、それが好調台の場合はすぐに当たる。確保した台が通常台であったとしても、ミドルのシマの同条件の台と比較すれば、早期に好調台に化ける。気が遠くなるような辛抱は強いられない。これこそが甘デジを打つ最大のメリットなのである。

       

      弱いグループのハマリ台は最悪

       

       一方、弱いグループのハマリ台は延々とハマり続ける宿命を背負っている。この原理はミドルにも甘デジにも当てはまる。弱いグループからは滅多に当たりが発生しないだけでなく、久々にホルコンがそのグループをアクティブにしたとしても、毎度のように同じ台が当たりやすい。それ以外の何台にも当たりが発生すれば(=グループの力が増せば)、それまで弱かったグループのハマリ台にも給料日が訪れるのであるが、弱いグループの台は総じてサイクル状態が芳しくない。そのために、グループの中で例外的にサイクル状態が優れている好調台に何度も何度も当たりを持っていかれてしまうのがお決まりのパターンなのである。

       

      台の稼働率も関係

       

      甘デジのハマリはおかしい? ハマリ台の生成メカニズムを知れば納得! もうひとつ、グループの強弱に影響を与えるファクターは台の稼働率である。通常、4台か5台で一つのグループを構成するわけであるが、全台が客に打たれているグループ、あるいは、大半の台が客に打たれているグループは強くなりやすい。すぐに強くならなくてもいつかは強くなる。

       

       ホルコンの知識のある方ならば飽きるほど経験されているはずなので、もはや説明は不要かもしれないが、自分がある台に座って打ち始めた途端、グループ内の他の台が当たってしまうという忌々しい現象が頻繁に生じる。このタイミングで当たる台は好調台が多い。ホルコンはそのグループ内の稼働率(台の埋まり具合)が上昇したことを感知すると、「当分の間、このグループには沢山のお金が落ちる」と将来を見越して、グループ内の好調台に予定よりも早い当たりを許すのである。自分が打ち始めた途端に当たった台は当たり番の台である。しばらく打ち続けていれば、サイクル状態が転落しない限り、ほどなくして当たる台なのである。グループ内の台の稼働率が上がることにより、当たる時期が早まったと理解してよい。

       

       グループ全台、もしくはグループの大半の台が客に打たれていれば、好調サイクル台の当たる時期が早まるだけでなく、他の台にもチャンスが巡ってくる。好調台でなくても回しているうちにサイクル変換によって好調台に変わる台も出てくる。稼働率が高いことを理由に許された当たりが遊び台、ハマリ台の給料日としての当たりであっても、当たった瞬間、もしくは連チャン中に、サイクル変換が生じ得る大当たり回数(※最強攻略法・海殺しXのテキストブックに記載)を迎えてサイクル状態が好転し、いきなり爆発することもある。そして、グループ内に多数の好調台が誕生すると、そのグループはますます強くなる。一つのグループの勢いが止まらなくなれば、その皺寄せは他のグループに及び、弱いグループはますます弱くなる。これがパチンコの真実なのである。

       

      ハマリ台が当たるタイミング

       

       もう一度言う。グループ内の各台のコンディションと稼働率がグループの強弱を左右する決定打となる。ホルコン攻略だけで勝てるほどパチンコは甘くないが、ホルコン系のプロは、自分の打つシマの全ての台のコンディションと各グループの強弱を完全に把握している。それゆえ、ホルコン系のプロは強いグループの強い台、もしくは、強いグループの中にあって将来的に強くなる可能性を秘めている台しか打たない。弱いグループのハマリ台にはよほどのことがない限り手を出さない。

       

      甘デジでも大連チャンや大ハマリがあるのはミドルと同じ ところが、素人の中にはあらゆるハマリ台が大好物という人が少なくなく、これには閉口するばかりである。彼らは「どんなハマリ台でも当たれば爆発する」と信じている。たしかに、強いグループのハマリ台は当たりさえすれば爆発しやすい。ハマリ台に当たりが発生するということは、今までそのハマリ台を嘲笑するかの如く快進撃を続けてきたグループ内の好調台がサイクル転落によって通常台、不調台に格下げされたか、出すぎた後の小休止の状態に陥っている時である。

       

       ハマリ台が当たるタイミングとして最も多いのは、好調台が危険領域(最強攻略法・海殺しXのオプショナル商品、カシオペア攻略術にて解説)に突入して、サイクル転落もしくは一時的不調に喘いでいる時である。強いグループのハマリ台であってもこういうタイミング以外では滅多に当たることはない。逆説的に言えば、強いグループのハマリ台を小額投資で当てて爆発させるためには、同じグループにある「出尽くした感のある好調台」が危険領域に突入した瞬間に狙えばよい。リヴィエラ門下生(最強攻略法・海殺しXユーザー)の中にはこの戦法だけで異常な頻度で爆発を実現させているスペシャリストが多い。

       

       メールを通じて門下生たちに指導をしているうちに、「危険領域速攻法」というネーミングが自然に定着した。

       

      悲しいハマリ台

       

      甘デジのハマリをおかしいと思う人は完全確率論から脱却しなければならない 弱いグループのハマリ台は待てど暮らせど当たることがない。弱いグループの死に台はそのグループの生贄台であるだけでなく、シマ全体の生贄としての悲しい使命を背負っているからである。

       

       昔、現在のメキシコにあたる場所にアステカ帝国という邪悪な国家が君臨していた。文明は栄えていたが、彼らは邪教(多神教の一種)に帰依していた。彼らが崇めた神々(もちろん、真の神ではない)は民に恩恵をもたらすための条件として生贄を求めた。アステカの祭壇には生きた人間が生贄としてカトリック教会公認の聖母出現第一号葬られ、心臓をえぐり取られたりする残虐な儀式が行われていた。何十万人とも言われる尊い命がこの邪教の犠牲となったと伝えられている。

       

       人身御供(ひとみごくう)と呼ばれたこの生贄の儀式はアステカ帝国滅亡後も続けられていたが、グアダルーペという場所に聖母マリアが出現したことが契機となり、村人のカトリックへの改宗が進み、人道に反した狂気の風習についに終止符が打たれたことは日本では全く知られていないが、海外では立派な教養人でも真剣に信じている人が多い隠れた歴史である。ご興味のある方は「グアダルーペの聖母」で検索していただきたい。カトリック教会が公認した数少ない聖母出現の一つであるため、無数の記事が出てくるはずである。ちなみに、聖母の示現の恵みを賜ったファン・ディエゴは後に卓越した人徳と聖性が称えられ、バチカン列聖省より聖人の列に加えられた。

       

       話が脱線したが、弱いグループのハマリ台はアステカ帝国の人身御供と同じと申しても過言ではなかろう。これに勝る喩えはないように思われる。ホルコンも生贄を好む。甘デジのシマに3台の生贄台があるとする。この3台を打った人が全員、2万円使って当たらなければ、6万円がプールされる。このようなプール金が溜まれば溜まるほど好調台の多連荘や数珠連が止まらなくなるのである。

       

       アステカ帝国では邪教が人々を洗脳していた。帝国の繁栄のために自らの命を差し出す者は聖者とされ、無知な人民から尊敬を集めたというが、パチンコでシマ全体の繁栄のために生贄にされている台をいつまでも打ち続ける間抜けな人を一体どこの誰が尊敬しよう。はまり台の爆発は特定グループの台に限られる

       

      哀しい人

       

       そういう人はホールの笑い者になっている。特に甘デジで同じ台に平気で1万円も2万円も注ぎ込む人は永遠に勝ち組には入れない。私の主戦場としているホールには甘デジのハマリ台を打つのが大好きなおじさんがいる。私はこの人を「ハマリ太郎」と呼んでいる。なんとなくタローという顔をしていているから。もちろん、本人に向かってそう呼んだりはしない。太郎さん以外にも常連客には勝手なニックネームをつけている。たとえば、いつも「ベルサイユのばら」を打っている体重が90キロ以上ありそうなおばさんは「ベルサイユの豚」。女性にこんなニックネームをつけてしまう自分は失礼な男であると痛切に反省しているが、パチンコの記録(日記)をつける上で便利なので、申し訳ないことにすでに10人以上の常連客に強烈なニックネームをつけてしまった・・・・・・

       

       さて、太郎さんはいつも夜の7時頃に出没して、手当たり次第に甘デジのハマリ台を打っている。きっと爆発を夢見ているのであろう。一つのハマリ台を200回転くらい回して当たらなければ、別のハマリ台に移動するという賢慮の欠片すら感じない無謀な打ち方をしている。ごく稀に爆発に成功することもあるため、こういうスタイルから脱却できないものと思われるが、時には弱いグループのハマリ台を次々と打って5万円くらいどぶに捨てた後、沈痛な表情でホールを出てゆく。太郎さんの背中にはいつも悲哀が漂っている。甘デジのハマりの台で爆発を夢見る人は専門知識を身につけなければならない

       

      ハマり台が翌日、爆発するかどうかは台のロム次第 ふと中村雅敏さんの持ち歌、『哀しい人』を思い出す。洗練されたメロディーと味わい深い歌詞がぐっと心に迫る名曲である。お時間に余裕のある人はYouTubeで検索にかけてこの名曲の素晴らしさをご鑑賞いただきたい。私が特に気に入ったフレーズを紹介しよう。

       

      ♪もうすべてを許してあげればいいだろ 失うためだけに生まれた様でも・・・

       

       「すべて」というのは自分の全てという意味である。この曲の主人公の女性はどうやら他人のために捧げ尽くす人生を歩み、自分は倖せとは縁のない薄幸な人である。そんな彼女を優しく見つめる男がいる。恐らく恋人かフィアンセであろう。「君は素晴らしい生き方をしているのだから自分を責める必要はない」と彼は言いたいに違いない。さらに歌詞は続く。

       

      ♪哀しい人 君のそばにいよう いつの日か僕も君の肩を借りたい日が来る・・・

       

      パチンコ ハマリ台の特徴 爆発するとは限らない。全てはホルコン次第 この女性の高潔な生き方に惚れた男が彼女に近づき慰める。そして、どんなことがあっても彼女を守ると決意するのである。全てを失いながらも至高の愛を手にした「哀しい人」はもはや「幸せな人」といえる。哀しい人ではあるけれども、ロマンティックな哀しさとはかけ離れた太郎さんの哀愁は不憫でならない。いつも自分の台を犠牲にして他の台の好調を助ける太郎さん。チャリティー精神旺盛な(?)人はあるが、さすがに中村雅敏さんも太郎さんには「君のそばにいよう」と声をかけてくれそうにない。一体、一か月にどれだけのお金を浪費しているのか。連日、歯を食いしばってハマリ台を打ち続ける太郎さんの根性だけは認める。しかし、決して賢い人とは言えない。いつまでもこんな単調な戦略でパチンコを勝とうとすること自体が愚の骨頂なのである。私は太郎さんに最強攻略法・海殺しXのクリアファイル(郵送希望者に送付しているもの)を差し上げたい衝動にいつも駆られている。

       

      最悪のハマリ台が生まれるメカニズム

       

       実は冒頭で触れた、私が目撃した甘デジの大ハマリ記録962回転の台は太郎さんが打っていた。この日の太郎さんはハマリ台を200回転くらい回して別のハマリ台に移動するいつものスタイルを捨て、ずっとこの台だけを打っていた。最後の方は採算を度外視して意地で打っていたようにも見受けられる。太郎さんが最初に打ち始めた頃にその台はすでに400オーバーのハマリとなっていた。甘デジにしては相当なハマリである。これを962回転させてついに当てたわけであるが、5連チャン後に再度ハマり、200回転を超えたところで、さすがの太郎さんもギブアップした。賢明な読者諸氏は太郎さんのこの日の収支を計算してみていただきたい。まさに哀しい人・・・

       

      パチンコのハマり台の翌日もすべてはホルコン次第。グループが弱ければ再びハマりやすい。

       

       太郎さんが打ったのは弱いグループの弱い台であった。強いグループのハマリ台は甘デジならばここまではハマらない。ハマるということは刑務所に入れられるようなものであるが、強いグループに属するハマリ台であれば、甘デジの場合、最悪でも400回転か500回転程度で刑務所から釈放されるものである。

       
      甘デジ 海物語 ハマり では、太郎さんが打った台は何故、962回転までハマったのか? それは弱いグループの弱い台というファクターに加え、そのグループの他の台を誰も打っていなかったからである。太郎さんが入店した頃は夜になって客の数がかなり減っていた。どのグループも満席からほど遠い状況であったが、強いグループにはいずれも二人か三人の打ち手がついていたため、いつまで経っても強いグループからしか当たりが発生せず、時々、弱いグループからも当たり台が出たが、申し訳程度のくだらない当たり(単発もしくは2〜3連チャン)で終わり、ホルコンはすぐに強いグループに戻り、強いグループは好調台を中心に多連荘のオンパレードになっていた。客の数が少ない時に多数の台が爆発したり、多連荘を何度も繰り返す展開になれば、そのシマは特定台以外はなかなか当たらない状況になる。

       

      パチンコ 前日のハマリ台が翌日もハマることも  爆発台が出ればハマリ台も出る。大爆発台が出れば大ハマリ台も出る。強いグループがより強大になれば、弱いグループはより弱小になる。これらは全て凹凸を好むホルコンの仕業なのである。特に弱いグループの台の稼働率が低く、冴えない台ばかりの時、そのグループはグループごとハマりやすくなる。これをグループハマリと呼ぶが、あるグループのグループハマリの恩恵を受けて、他のグループが躍進するのもホルコンの仕様によるものである。

       

       結果的に最弱グループの最弱台には限度を超えた大ハマリという厳罰(?)が与えられるのである。 

       

      ひどいグループ

       

       打つに値しない台(最弱グループの最弱台)を一所懸命に打ち続けた太郎さんの台と同じグループに入っている他の台の状況を私はチェックしてみた。このホールのこのシマは4台で一つのグループを作っている。残りの3台を便宜上、A台、B台、C台と呼ぶことにする。

       

       A台は何度も100回転代で単発当たりを出した後、200オーバーのハマリになっていた。(何度も続けて単発当たりを出す台は高確率でハマる法則がある)B台は3連チャンした後に300オーバーの大ハマリになっていた。(「3連チャンの恐怖」については後述) C台は初回の当たりが異常に早い段階に発生し、6連チャンした後に200オーバーのハマリになっていた。この台が最初に当たった時の回転数は諸々の状況から50回転未満と推定された。

       

      回っていない台がすぐに当たった時は要注意

       

       甘デジを頻繁に打たれる方ならば経験的におわかりであろう。開店直後などに異常に少ない回転数で当たる台がある。このような台の大半はしばらくの間、当たりから見放される傾向がある。異常にに少ない回転数とは50回転未満を指すが、中にはまだ一回も回っていない台を打ち始めた途端、わずか数回転で当たってしまう台もある。このような台は多連荘すればするほど、大抵はしばらくの間、干される。

       

      甘デジの大はまりとホルコンの関係 日頃の私は総回転数が極端に少ない台を打つことは滅多にないが、シマ全体の分析から次に当たる台はこの台しか考えられないという台(甘デジ)があり、その日まだ一度も回っていない台を単発当たりならば時短終了直後、連チャンした場合は連チャン終了直後に捨てるつもりで渋々打ったことがある。すると、驚いたことに最初の一回転で見事に当たり、それが13連チャンもした。(機種は地獄少女弐きくりの地獄祭り)アステカ帝国のおぞましい風習を紹介した後に薄気味悪い機種名を持ち出して誠に申し訳ない。

       

       さて、滅多に起こらない出来事(ゼロ回転台がすぐに当たって大連荘)を経験できたのは僥倖と言わざるを得ないが、私は13連チャン後に潔くその台を捨てた。私の台を拾った人は案の定、相当ハマっていた。繰り返し申し上げるが、開店時からほとんど回っていない台、あるいはゼロ回転の台が幸運にもお座り一発で当たった場合は連チャン数が多いほど、その後は高確率で干される(※例外的にそういう台がハマらずに何度も当たるとすれば、それは同じグループの他の台の大半が不調台の時に限られる)

       

       総回転数が極端に少ない台が呆気なく当たった場合、その当たり単発や2連チャンであれば、150回転あたりで再度の初当たりが来ることもあるが、3連荘以上した場合は次に当たるのは150回転どころではすまないことが多い。特に3連チャンは始末が悪い。遠隔とは言わせない爆発力で勝負! 甘デジ攻略技の紹介でも言及したように、3連チャンというのは、好調台を除き、最もハマリやすい連チャン数なのである。

       

       「哀しい人」の敗因

       

      計算 そろそろ総括しよう。太郎さんが打った台はひどいグループの中にあった。何度も続けて単発当たりを出したA台はグループ内の他の台が2台か3台当たらない限り、次の初当たりは発生しにくい状況にあった。(※これを単発続き後のハマリの法則という)

       

       しかし、グループ内にはサイクル状態の芳しくない台が2台(B台及び太郎さんの打っていた台)あり、これらの台もグループ内の他の台が2台、3台と当たらなければ当たりの発生が期待薄という全く同じ状況に置かれていた。(※300オーバー、400オーバーという甘デジの大ハマリは何度も当たり番をスキップされやすい)どの台もグループ内の他の台の先行当たりが頼みの綱であるのに、他の台がサイクル的に当たりにくい上に誰もそこには座っていない。(これも最悪の事態の一つ)

       

       例外的にC台のみサイクル状態が優れていたと思われるが、前述の如く、ほとんど回っていない台が一気に多連荘した後は好調台でもひと休みに入りやすい。ひと休みの間にグループ内から何台か当たれば、このような台は多少のハマリを経て再び躍進しやすい。しかし、ひと休み中に回し過ぎると最強攻略法・海殺しXのテキストブックで解説するサイクル変換が生じ得る回転数を迎えた時にサイクル転落の悲劇に見舞われることもある。

       

       C台はすでにサイクル落ちしていたのかもしれない。200オーバーというのは微妙な回転数である。もしそうだとすれば、このグループは全台が不調台という最悪中の最悪とも言うべき非常事態に陥っていたことになる。この状態ではこのグループで打つこと自体が自殺行為となる。

       

      甘デジがハマリすぎる理由 C台が好調サイクルを維持した状態で放置されていたと仮定した場合、この台を誰かが拾って打ち続ければ、(サイクル落ちさえ免れればという条件がつくが)300回転までは行かないうちにこの台が当たったはずである。総回転数が少ない台なので好調台といえども次の当たりは単発当たりになりやすいが、何度も当たっているうちに総回転数が増す。体力値(最強攻略法・海殺しXのテキストブックに記載)に余裕が出てきた時にこのような台は再び躍進しやすい。しかし、最近のパチンコファンは素人でも目が肥えている人が少なくなく、こういう台がすぐには爆発しないことを知っているせいか、こういう台は敬遠されやすい。(=誰も打たないことが多い)

       

       もしC台が好調サイクル状態で放置されていれば、このグループがアクティブになった時に最も当たり番に選ばれやすいのはこのC台である。C台が当たらなければグループ内の他の台はホルコンがこのグループをアクティブにした時でも異常な頻度でスーパーリーチが多発するものの、当たりには至らない。この状態で太郎さんはハマリ台を打ち続けていたのかもしれない。飽きるほど発生するスーパーリーチに熱くなりながら。

       

       そして、何百回転もさせてからようやくサイクル変換に成功して、再びホルコンがこのグループをアクティブにした時にC台ではなく太郎さんの台が新たな当たり番に選ばれて当たったという可能性も十分に考えられる。その後、5連チャンした事実から見ても太郎さんの打っていた台はサイクル好転したものと思われる。(※5連チャンする台の大半は好調サイクルに入っている)

       

      美しい虹

       

      甘デジの400ハマり、500ハマりを確率で計算することは無意味 今回のコラムをお読みになられた皆様はハマリ台が生まれる環境と要因について十分な知識を積まれたはずである。甘デジのハマリと遠隔操作が無関係なこともご理解いただけたことであろう。これだけの専門的な知識を修得されたとなれば、片っ端から甘デジのハマリ台を打つ太郎さんのような単純攻略(?)が現実的ではないこともおわかりいただけたと思う。

       

      ハマリ台の全てが爆発するのではない。単発で終わる台は再びハマリに向かいやすい こんなにハマっているので「もう出るだろう」と思っても実際は「まだ出ない」のである。又、今まで順調すぎた台を「もう出ないだろう」と思いたくもなるが、実際は「まだ出る」のである。しかし、「まだ出る台」もいつかは限界を迎えて遊び台やハマリ台に転落する。このようなタイミングで同じグループのハマリ台が爆発する。今までの鬱憤を一気に晴らすような大爆発はあたかも雨上がりの空に浮かび上がる美しい虹のようなものかもしれない。しかし、そのような一発逆転の大爆発は強いグループのハマリ台にしか生じないのである。ちなみに、一つのシマに8つのグループがあるとすれば、客入りが良い時でも強いグループはそのうちの3つくらいにすぎない。

       

      天空の彼方へ

       

       4倍ハマリ、5倍ハマリでも当たる時は当たるパチンコルネッサンスの幕開けの反響がとどまることを知らない。今の時代は先行き不透明な部分が多分にあるからこそ、ある人は怯え、ある人は何か新しいことに果敢に挑戦しようとするのかもしれない。数多くの夢追い人が当倶楽部に集結するようになって久しい。

      ハマリ台の特徴及び発生メカニズム

      nnull

       特に最近は女性門下生たちが大活躍している。中には数か月前までパチンコ初心者であった人がプロ級の稼ぎを実現している。リヴィエラ・レディースたちの活躍については、事務局便りにて折に触れて特集を組みたいと思っている。

       

       最強攻略法・海殺しXの別名は「夢の翼」である。リヴィエラ門下生の皆様は天高く舞い続けるこのかけがえのない翼と共に異次元空間に入り込み、普通のサラリーマン、OL、主婦とはスケールの違うダイナミックな人生を歩んでいただきたい。「海殺しXとの出逢いがなければ今の人生はなかった」と声高らかに宣言して下さる方々の数が現在の何百人規模ではなく何千人、何万人と膨れ上がり、静かな革命を起こすことを夢想する今日この頃である。

       

      リヴィエラ倶楽部 佐々木智親(海殺しX開発者)

       

      関連記事:【遠隔orホルコン?】パチンコ・ハマリ台の生成メカニズム(攻略編)

       

      <甘デジ特集>

      甘デジ一撃攻略【切れ味抜群】甘デジ版速攻法【ホルコン攻略】

      海物語 甘 攻略【甘デジ攻略】爆発力のある台選び(勝てる立ち回り)

      甘デジとミドルの攻略法の違い【海物語シリーズ】甘デジ攻略の必修事項

      甘デジのハマリの意味 原因【甘デジ攻略】保留連荘と特殊リーチの秘密

      海物語 大ハマリ台の爆発は知識で予測可能海物語アクアWith吉木りさ 好調台の特徴

      大海物語4 ハマリ台の攻略 遠隔を疑う前にホルコンの知識をカシオペア攻略術を甘デジに使用する際の注意点

      Pスーパー海物語IN沖縄2は甘デジ同然のスペックのためこの攻略法が通用します。【甘デジ海物語S】当たり番移動狙い撃ち攻略【ホルコン】

       

      <注目コラム> 

      遊パチ ミドルともにプロ【大殊勲】100万円プレイヤーの誕生!

      スーパー海物語IN沖縄4Withアイマリン【海物語S共通】連チャン継続テクニック【大海物語4攻略】

      甘デジ はまりの正体 翌日「ウルトラ速攻法」詳解

      ハマリ台 記録 甘デジパチンコを取り戻す!自由海物語党

      パチンコ規制になぜ攻略が必要なのか?

      【おすすめ】パチンコバラエティーコーナー攻略

       

      大海物語4 BLACK(ブラック)攻略のお問い合わせが殺到!

       

      <新時代のパチンコ攻略>

      【新パチンコ攻略】複数スペック混合のシマで勝つ!(前編)

      【新パチンコ攻略】複数スペック混合のシマで勝つ!(後編)

       

      <当倶楽部紹介>

      パチンコ攻略法の決定版海殺しX早わかり動画

      海殺しXの評価を問うリヴィエラ倶楽部の由来

       

      ★ 甘デジ攻略ならおまかせ  

      確変中、時短中の打ち方で差がつく最強攻略法・海殺しXの公式HP

      甘デジのハマリが遠隔操作と無関係であることを論破する

      にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ攻略・裏技へ

      JUGEMテーマ:パチンコ


      【機種不問】パチンコ攻略ネタ(厳選リンク集)

      0

         

        パチンコで爆発する台の選び方 機種別に考察

        当倶楽部首席門下生の偉業高確率攻略法2018【大殊勲】100万円プレイヤーの誕生!

         

         リヴィエラ倶楽部が発信するパチンコ攻略情報も今では相当な数になってきましたので分野別に整理する必要があります。記事数があまりにも多いため、攻略において特に重要なものだけを厳選します。

         

         真剣にパチンコの攻略に取り組まれる方は今回紹介する攻略コラムや攻略記事の中からご自分が手薄になっているジャンルに属するものをお読みいただきたく存じます。

         

        ※今後、新たな攻略ネタを当倶楽部が運営するサイトから発表する際、本記事にリンクを追加した上で加筆する予定ですので本記事をブックマーク(お気に入り)に登録されることをお勧め致します。

         

        1.海物語シリーズ編

         

        大海物語4 スーパー海物語IN沖縄4の本物の攻略法 パチンコで勝ちやすい機種の筆頭は申すまでもなく海物語シリーズです。「同スペックの他機種より勝ちやすいというのは論理的におかしいのでは?」というご意見は半分正しく、半分誤っています。たしかに専門的な攻略知識を一切有していない一般のパチンコファンにとってはその通りなのですが、海物語シリーズは当たる前の兆候も露骨ですし、しばらく当たらない台にもそれを暗示する兆候が発生します。それらのサインを読み解くことにより、近い将来に当たりそうな台を手放したり、当分当たりそうもない台でいつまでも粘るというミスが少なくなります。したがって、一連の海物語シリーズは確固たる攻略知識さえ有していれば「勝ちやすい機種」なのです。

         

         本記事のタイトルは「機種不問」となっていますが、最初に海物語シリーズに特化した攻略ネタを紹介致します。

         

        パチンコ攻略法の歴史はパチンコ攻略詐欺との戦いの歴史でもあった

         

        大海物語4BLACKもチャンス目で攻略【大海物語4 沖縄4攻略】チャンス目の秘密

         

         「大海物語4 沖縄4攻略」とありますが、チャンス目を搭載した海物語シリーズには共通の攻略情報です。チャンス目のパターンをしっかりと暗記することにより自分が今打っている台がホルコン(=ホールコンピュータ)が次に当たりを予定している当たり番であるかどうか、おおよそ見極めることができます。当ブログの月間アクセス数では常に1位か2位の人気コラムです。

         

        2018年 海物語の連チャン記録を作れ【海物語S共通】連チャン継続テクニック【大海物語4攻略】

         

         本記事を執筆している現時点においては最新攻略情報です。確変中、時短中にある努力をすることにより連荘数を伸ばすことができます。最強攻略法・海殺しXのテキストブックで解説する好調サイクルに入っている台には絶大な効果があります。しかし、不調サイクル台にはそれほど効果が見られません。通常サイクル台にはそれなりの効果が期待できます。

         

         確変中、時短中に魚群を外して危機に陥った時、この攻略テクニックで難を逃れたリヴィエラ門下生(海殺しXユーザー)は枚挙に暇がないのです。

         

        甘デジの海の攻略も海殺しX2017海物語シリーズ攻略のための突確講座

         

         最近の海物語シリーズ各機種に搭載された突確(=突然確変)機能を利用した攻略ノウハウです。敏腕の打ち手には凄まじい威力が実感できます。当倶楽部が密かに誇る攻略ネタですが、唯一の難点はリヴィエラ門下生以外の方々には難しいかもしれないことです。

         

        スーパー海物語INジャパンの時短引き戻し含む 確変中 魚群海物語シリーズ攻略のための「一発告知」学

         

         まだリヴィエラ門下生になっておられない方々にはこちらのコラムの方を推奨します。上のコラムとは対照的に単純明快です。一発告知(パールフラッシュ、ハイビスカスフラッシュ等)というものは鳴りさえすれば大当たり確定ですが、一発告知が鳴ったというだけで喜ぶのはド素人です。最も重要なことは、当たった台でどこまで稼げるかということです。

         

         パチンコというものは公平にはできていません。当たったのは幸いとしても、それが不運にも単発当たりであったり、確変が長続きせず、時短終了後の早い段階で再度の初当たりを引くこともできず、そのままズルズルとハマってしまう台もあれば、一回の当たりで期待を遥かに上回る出玉を獲得できる台もあります。又、最初は単発当たり、もしくは確変2〜3連荘と見せかけて、時短中に何度も確変を引き戻す台もあります。単発当たりや確変2〜3連荘で終わってしまう台の大半はその後にハマるものですが、中には例外的に再度の初当たりが早期に発生して多連荘、爆発に向かう台もあります。

         

         この攻略ネタは当たり方で台のサイクル状態を見抜くためのものです。「一発告知のこのパターンは良い台」、「一発告知のこのパターンは悪い台」と覚えておけば、良い台を捨てた直後に他人に拾われて当てられたり、悪い台で打ち続けて大損するという愚行を避けることができます。実際は例外的なケースも約3割の率で発生しますのでそれほど単純ではないのですが、上記リンク記事で書かれている内容が大方当たっているのは読者から寄せられた無数の証言を通じて明らかです。(※大半の証言、ご感想は公式HPのお問い合わせフォームを通じて入ります)

         

        パチンコのセグ情報はリヴィエラ倶楽部へスーパー海物語IN沖縄4 ウリンチャージ攻略

         

         ウリンチャージのパターンから早めに見切りをつける台であるかまだ粘る価値があるかどうかを見極める攻略ネタです。地味な内容のわりにアクセス数は大爆発しています。地味な内容といえどもこれを知っているのと知らないのとでは収支に大きな差が生じます。恐らくは今後の沖海シリーズでも通用するはずですので、沖縄系の海物語ファンには必読の攻略記事です。

         

        大海物語4blackの攻略は海殺しX海物語アクアの連荘継続テクニック

         

         古い機種のため、設置店はほとんどないでしょうが、ST機の攻略の基本を解説したものですので、他機種のST機にも、現在、稼働中の海物語シリーズST機にも、将来リリースされるであろう海物語シリーズST機にもそのまま応用可能な攻略理論です。要はST中に当たりそうもない時に打たず、当たりそうな時だけ打つという狙い撃ちです。ただデタラメに打っていれば連チャンが終わってしまったかもしれない台であっても、貴重なSTを大切に消化することにより多連荘、爆発が狙えます。

         

         現時点においては、まだスーパー海物語IN沖縄4桜バージョン等が稼働中のホールも少なくないため、便宜上、「海物語シリーズ編」に組み入れましたが、前述の如く機種不問の攻略情報でもあります。極言すれば、パチンコ攻略の基本的な部分は機種とは全く無関係なものなのです。今回、紹介する攻略ネタの中でもかなり重要な部類に入ります。ST機を好んで打たれる方は必ずお読み下さい。

         

        2.パチンコ全機種編

         

        機種不問の本物の攻略法 このコーナーでは、ホルコンの仕様に着目した全機種共通の攻略ネタをリンクします。本記事の内容もようやくタイトルに近づいてまいりました。とは申せ、当倶楽部は海物語シリーズのファンの方々を対象に攻略情報を発信している関係上、どうしてもコラムや記事のタイトルが海物語寄りになってしまいます。全機種共通の攻略ノウハウであっても海物語シリーズを例に説明することが多くなります。それゆえ、多少、頭を使ってお読みいただく必要があります。たとえば、「魚群」という言葉は他機種においては「信頼度の非常に高いスーパーリーチ」と読み替えるのです。
         

         

        検証済みの攻略法則【海物語シリーズ】連続リーチが意味するもの【パチンコ攻略】

         

         当ブログの人気コラムです。リーチが2回、3回、時にはそれ以上連続することがありますが、この現象はどのような状態の時に生じるものかご存知でしょうか。連続リーチにも歓迎すべきパターンとその逆のパターンがあります。後者の場合、そのまま打ち続けてもなかなか当たりませんので、台を休ませるか台を変える必要があります。しかし、世の大半のパチンコファンはそんなことを露知らず、平然と打ち続けるため、大金をどぶに捨てています。収支を上げるためには避けて通れない攻略理論です。ホルコンの仕様を説明するものですのでタイトルに「海物語シリーズ」とはありますが、どの機種にも通用します。

         

        法則の検証【パチンコ攻略】リーチ信頼度の科学(好調台の打ち方)

         

         一般のパチンコファンは各々のスーパーリーチの信頼度(確率)だけに興味を示します。しかし、重要なのは当たる前にどのようなパターンでスーパーリーチが発生するかということです。スーパーリーチの種類や推移により今、自分が打っている台が好調台(=最強攻略法・海殺しXのテキストブックで解説する好調サイクルに突入中の台)であるか否かを判断する手掛かりとなります。俗に言う「ロムの強い台」でなければ小額投資での当たりは望み薄ですので、それが判明した時点でその台から離れなければなりません。

                                   

        3.ホルコン編

         

        手順を踏むパチンコ攻略法は存在しない。当然ながら公開されているものも本物ではない。 全機種共通には変わりありませんが、パチンコ攻略において最重要となるホルコンについて知識を深めるコラムをリンクします。ネット上では業界関係者を名乗る人たちが「ホルコンは台のパフォーマンスを記録するだけのものであり、大当たりを誘発する機能はない」と平然と真っ赤な嘘をつきます。彼らはいろいろと専門的な話を交えながら語りますのでつい信じてしまいそうになりますが、騙されないように注意しましょう。一度でもホルコンの仕組みを覚えた方は、それだけでパチンコに勝つことはできなくても、ホルコンには裏の機能(=遠隔操作とは別の意味での大当たりのコントロール)があることを確信することになります。

         

        パチンコ攻略法を買ってみた人を決して落胆させないサイト  最強攻略法・海殺しXの購入者で今までホルコンのことを一切ご存知なかった人たちは声を揃えて同じご感想を送ってこられます。「ホルコンによる大当たり誘発の噂は本当だったのですね」、「今までホルコンのことを無視して台選びをしていた自分は愚かでした」、「連日、ホールで起きている法則性のある現象がとても偶然とは思えず、薄気味悪いものを感じます」・・・etc. 文章は人によって異なりますが、内容的にはこの3つのいずれかに当てはまるご感想を送ってこられるのです。攻略初心者の方はこのコーナーのコラムからお読みになられるとよいでしょう。

         

        ホルコンと遠隔操作は違うホールコンピュータ(ホルコン)による大当たりの誘発

         

         ホルコンの基礎となる知識はこのコラムから吸収して下さい。初心者向けに易しく解説したものです。

         

        パチンコ攻略法の掲示板にはない攻略情報パチンコ・ホルコン攻略の限界(前編)

         

        パチンコ攻略打法はホルコンの習得からパチンコ・ホルコン攻略の限界(後編)

         

         ホルコンの裏の機能を知った後は上記の二つのコラムをお読み下さい。パチンコの攻略というものが意外と奥深いものであり、ホルコン攻略だけではなかなか思うように勝てないことがおわかりになるはずです。しかしながら、パチンコの攻略はホルコンの知識を身につけることから始まります。ネガティブなタイトルではありますが、ホルコン攻略そのものを否定するものではなく、幅広い専門知識を持つことの重要性を説くものです。

         

        スーパー海物語INジャパンの時短引き戻し含む 確変中 魚群ホルコンと突確に関する断想(攻略の糸口)

         

         上記3つのコラムは初心者向けのものですが、こちらは中級者以上を対象に執筆したものです。読み物としては最も面白く、皆様の攻略活動にある種のインスピレーションを与えるものかもしれません。ここに書かれている内容に即座に同意される方は間違いなくプロ級の打ち手です。

         

        パチンコ攻略法の歴史甘デジのハマリと遠隔操作は無関係(ハマリの科学)

         

         タイトルだけ見れば次の「甘デジ編」に組み入れても良いのですが、このコラムの本質は副題(ハマリの科学)にあります。甘デジを例に出していますが、ハマリ台が作り出されるメカニズムは同じです。ミドル、ライトミドルを打たれる方も熟読して下さい。ハマリ台が生まれる背景にはホルコンの存在があり、このコラムではハマリ台の恐ろしさを解説するとともにハマリ台が突然当たるタイミングについても言及しています。わりとプロ好みの攻略コラムです。

         

        4.甘デジ編

         

        甘デジに勝てない人に送る攻略法 近頃は甘デジの人気が高まる一方です。甘デジがパチンコ規制の対象外であることも一因かもしれません。実際はプロにとってパチンコ規制などたいした問題ではないのですが、一般のパチンコファンは「ミドルスペック=勝ちにくい」という固定観念に縛られるのでしょうか。今ては甘デジのシマの方が活気のあるホールもあります。しかし、甘デジには甘い罠が仕掛けられています。実際、甘デジに勝つのはミドルに勝つよりも難しい面があります。千円か2千円だけ勝てればよいと考えるのであれば甘デジの方が簡単かもしれませんが、ある程度、満足のいく収益(例・+1万円以上)を実現させた上で勝つとなれば、甘デジの方が明らかに難しいと言えます。それゆえ、甘デジの打ち手にはより高い攻略力が必要となるのです。

         

        スーパー海物語INジャパンの時短引き戻し含む 確変中 魚群【甘デジ攻略】爆発力のある台選び(勝てる立ち回り)

         

         チャンス目の秘密と並び当ブログの二大看板となっている攻略コラムです。甘デジは一気に爆発する台かコンスタントに当たりが発生して順調に持ち玉が増える好調台で勝負しない限り、何度も当たりはしても出玉がすぐに飲まれてしまい振り出しに戻るだけです。当たることは楽しくても徐々に財布の中身が減っていく苦痛にお悩みの方は是非、ご高覧下さい。
         

        機種を問わない攻略カシオペア攻略術を甘デジに使用する際の注意点

         

         カシオペア攻略術とは最強攻略法・海殺しXのオプショナル商品です。最近では基本商品「スペシャルパック」をご購入された方々の半数以上が追加オーダーされる人気商品になりました。本来、カシオペア攻略術はミドル向けの攻略ノウハウなのですが、それを甘デジに最適化するためのガイドラインをまとめてみました。ホールに入店後、しばらく打たずに全体の流れを観察し、「今、勝てるのはこの台だ!」とわかった時に一気呵成に攻め込み、ある程度の収益を得た後はすぱっとやめて勝ち逃げする攻略スタイルを目指します。パチンコを楽しむという要素はありませんので少しも面白くはないかもしれませんが、コツコツと蓄財に励みたい方には向いています。

         

        台の波を見抜き爆発を狙う攻略法【海物語シリーズ】甘デジ攻略の必修事項

         

         甘デジの海が好きな人にお勧めの攻略コラムです。少々長いのが難点ですが、重要ポイントを網羅しています。リヴィエラ門下生からいただいたご質問(メール)に回答する形式をとっていますので後半はパチンコとは無関係な話題にも言及していますが、それはご愛嬌ということでお許し下さい。

         

        大海物語4BLACKの攻略法【甘デジ攻略】保留連荘と特殊リーチの秘密

         

         これも甘デジの海が好きな人を対象にした攻略コラムですが、保留連荘に関する記述は機種を問いません。ST中にリーチがかかると手を台から離してその成り行きを見守る人が少なくありませんが、その行為が如何に馬鹿げたものであるかおわかりになるはずです。

         

        大海物語4BLACKの攻略法【甘デジ海物語S】当たり番移動狙い撃ち攻略【ホルコン】

         

         これはかなり強烈な攻略情報です。成功する時はあっさり決まります。甘デジの海物語シリーズの台にある現象が発生した時、間髪入れずに別の台を打てば当たりやすいという極めて単純明快な攻略法です。甘デジを頻繁に打たれる方は必ずお読み下さい。

         

        5.その他

         

        本記事で紹介するパチンコ攻略リンクは全て自前のサイトの記事であり、パチンコ攻略詐欺とは完全に無関係です。 現在、パチンコの歴史は大きな曲がり角を迎えようとしています。かつてチューリップ台からハネモノへ、ハネモノからデジパチへと歴史の転換点となるトレンドの変遷がありましたが、今、まさにそれと同じくらい重要なターニングポイントにさしかかっているのです。

         

         このコーナーでは、新時代のパチンコで勝ち続けるために必須となる知識を伝授致します。ここにリストアップするコラムの本文中にリンクがあり、より詳細な情報はそちらに書かれています。両方をお読みになりますと相当な知識が身につきます。お手間ではありますが、本気で勝つことを考え、パチンコのプロを目指される方々は少々の犠牲を厭わず、確固たる攻略知識を習得することが必要です。上から目線のような言い方で恐縮の極みですが、私どもには皆様に真実を告げる使命があります。

         

        バラエティーコーナーは勝てる【おすすめ】パチンコバラエティーコーナー攻略

         

         極めて重要な攻略ネタです。今後、全国のホールは一つの機種でシマ全体を埋め尽くす従来のスタイルから多機種混合のシマへと徐々に移行することが予想されます。すでに甘デジのシマではバラエティーコーナー(多機種混合のシマ)が一般化していますが、今後はミドルと甘デジが一緒になったり、ミドル、ライトミドル、甘デジが一緒になったりする変則的なバラエティーコーナーが増えるものと思われます。大型店は従来通りの機種配置でも問題ないかもしれませんが、中規模以下のホールではこのような営業方針(変則バラエティ)に切り替えない限り、経営は難しくなります。その理由はここでは割愛致しますが、時代のトレンドに背を向けず、柔軟に適応した攻略が求められます。ホールのバラエティーコーナー化は新しい攻略ノウハウを生み出すに至りました。全てのパチンコファンにとって一見の価値のある情報です。

         

        大海物語4ブラックはパチンコ規制の救世主かパチンコ規制になぜ攻略が必要なのか?

         

         今、最もUp to dateなコラムです。「パチンコ規制で勝てなくなる」と悲観するのは素人の考え方にすぎません。正しくは「パチンコ規制によって今まで以上の攻略力が必要とされる時代になった」ということです。やる気満々の方にお勧めの攻略情報です。

         

        リヴィエラ倶楽部の理念です。当倶楽部は偽の攻略法を販売するパチンコ攻略会社ではなく正しい情報のみ公開するパチプロ集団です。パチンコルネッサンスとは?

         

         当倶楽部のキャッチフレーズ、「パチンコ・ルネッサンスの仕掛人」の意味を問うリヴィエラ門下生のご質問に対する回答です。当倶楽部にご興味を抱かれる方々には必ずお読みいただきたい内容です。パチンコに勝つためには強いモチベーションが必要です。私どもは精神訓話を好みません。パチンコに負け続けている人に対して高尚な精神訓話を飽きるほど聞かせても、収支が向上しなければなんの意味もありません。しかし、最も重要なことは「何が人をプロに変えるのか?」ということです。私どもをプロに導いたモチベーションはパチンコルネッサンスという概念の発見でした。

         

        パチンコ攻略法を買ってみた人が賞賛する「ウルトラ速攻法」詳解

         

         リヴィエラ門下生向けのコラムです。最強攻略法・海殺しXを購入された方は必ずお読み下さい。

         

         ウルトラ速攻法(詳細はこちら)は簡単に決まる時は実に呆気なく、「パチンコはこんなに簡単に当たるものなのか」と興奮しますが、一流の使い手でも成功率は3割程度です。野球でも3割打者は優秀とされます。野球の達人でも全打席ヒットというのは到底不可能です。ウルトラ速攻法は一回の勝負に費やす投資が千円か500円にすぎません。ウルトラ速攻法の3割打者になりさえすればパチンコは負けなしということになります。この記事では、リヴィエラ門下生を3割打者に成長させるためのエキスを凝縮しました。

         

        パチンコ攻略法の詐欺を見破り本物の攻略法を正しく評価するためにパチンコ攻略法の誤った概念を正す!〜本物と偽物との違い

         

         攻略ネタとは違いますが、パチンコの攻略ノウハウを正しく認識するために極めて重要なコラムです。当倶楽部公式ホームページのコンテンツの中でも屈指のアクセス数を誇ります。攻略活動のスタートラインで間違いを犯せば取り返しのつかない事態を迎えますが、はじめから攻略の概念を正しく理解していれば、個人差はあってもいずれは勝ち組に入れるのがパチンコという似非ギャンブルです。(知識と実力で勝てるものをギャンブルと呼ぶのはおかしいですよね?)

         

        爆発台の見分け方 沢山の攻略ネタを一気にリンクしましたので、本記事が当倶楽部との最初に出逢いであった方々にとっては、全てが未読の情報かもしれません。一つひとつ読み進めていけば半日くらいかかるかもしれませんが、パチンコの攻略力を上げるために薄目の本を一冊読むとでも思って忍耐していいただければ幸いです。きっと良いことがあるでしょう。全く通用しないくだらない攻略法を漁るよりも確実な攻略知識を数多く身につけることが勝ち組への第一歩です。皆様の努力が実を結び、バラ色の未来が開かれることを切望してやみません。

         

        リヴィエラ倶楽部 佐々木智親(海殺しX開発者)

         

        パチンコ攻略法詐欺と戦うひと味違うパチンコ攻略サイト
        最強攻略法・海殺しXの公式HP

        パチンコ攻略サイトが明かす攻略法の数々

        最強攻略法・海殺しXは攻略法の交差点

         

        にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ攻略・裏技へ

        攻略法のアプリは信用に値せずJUGEMテーマ:パチンコ パチスロ

        パチンコ攻略ネタの宝庫パチンコに勝つための攻略ネタは海殺しXへパチンコを取り戻す! 自由海物語党


        【海物語シリーズ攻略】時短中の確変引き戻し術etc.【連チャン数UP】

        0

          スーパー海物語IN沖縄4、大海物語4時短中、確率の高い確変引き戻しテクニック 確率で

          アクセス急上昇高確率攻略法 カシオペア攻略術の成功事例

           

           パチンコ攻略家のパワーアップを実感

           

           前回は「複数スペック混合のシマで勝つ」(バラエティーコーナー等)ための方法として、ホルコン攻略シリーズ(当ブログのカテゴリ)の一環として前編及び後編と2回にわたり重厚長大な攻略コラムを執筆致しました。その後、当倶楽部公式ホームページのお問合せフォームを通じて、この攻略ノウハウを用いて攻略に成功された方々からのご報告が幾つか舞い込み、筆者として大きな悦びに浸りました。上記のコラムは一般の人々には高度過ぎるのではないかと危惧しただけにひと安心した次第です。巷のパチンコ攻略研究家の実力向上を痛感した出来事でもありました。

           

          攻略初心者からセミプロ、プロまで支援

           

           今ではいわゆるホルコン系の攻略法というものが世に蔓延している感があります。それはホールでの客の動きを見れば明らかです。最強攻略法・海殺しXホルコン攻略だけではなかなか思うように勝てない人たちを勝ち組に導くことにその存在意義があります。当倶楽部では、今後も有料情報(購入のためのお申込み手続きが必要)、無料情報(当ブログや海殺しx事務局便りから発信される記事)を問わず、様々なレベルに属する攻略家の人々を視野に入れ、各階層に必要な攻略情報を提供してまいります。攻略初心者からセミプロ、プロに至るまで幅広い人々に愛される団体を目指す所存です。

           

          初心者向け攻略情報 

           

          大海物語4 時短引き戻し 魚群外れ さて、多少難しい攻略コラムを発表した直後ということもありますので、今回は比較的平易な攻略記事の紹介をさせていただきます。前出の事務局便りに下記の記事を発表致しました。

           

          スーパー海物語INジャパンの時短引き戻し含む 確変中 魚群 【海物語S共通】連チャン継続テクニック【大海物語4攻略】

           

           タイトルの一部に「大海物語4攻略」とあるのは、最近は大海物語4に熱中している方々が多いことを鑑み、検索上の便宜をはかっただけです。「海物語S共通」というのは字数の関係でこのような表記にせざるを得なかったのですが、「海物語シリーズ共通」という意味です。現在、ホールによってはスーパー海物語IN沖縄4、大海物語BLACK(ブラック)スーパー海物語IN JAPAN(ジャパン)等も残存していますので、当然ながらこれらの機種にも通用する攻略情報です。

           

           「初心者向け」というのは記事内容が誰でも簡単に読解できるという意味にすぎません。もちろん、すでにハイレベルの域に達しておられる攻略家諸氏にも是非とも使用していただきたいプロのクニックです。

           

          パチンコ連チャン打法はホルコンの仕組みを覚えることから

           

          攻略ノウハウの概要

           

          海物語シリーズ時短中の魚群確率の記事で公開している攻略ノウハウはミドルスペックとライトミドルスペックに適応可能です。甘デジ(遊パチ)向けの攻略情報は近いうちに発表する予定ですが、それまでの間、甘デジファンの方々は下記リンク欄の「甘デジ特集」でリストアップされた攻略情報をお読み下さい。

           

          確率 確変 魚群が外れた時海物語シリーズに限らず、確変ループタイプのパチンコに勝つために必要不可欠な技術は、確変が終了して時短に入った後、巧妙な手段を用いて時短中に確変引き戻しを実現させる技術です。これこそがこの攻略情報の最重要項目となります。海物語シリーズ特有の現象を利用してそれに挑みます。

           

          確変中、時短中に魚群外れが発生した時の対処次に重要な項目は連チャン数を伸ばすテクニックです。「好調台には何度も初当たりが発生するから普通に打っているだけでよい」という考えもあります。それはある意味では正論である一方、別の意味では不完全な理論です。「連チャン数を伸ばす打ち方」をするのとしないのとでは結果に大きな差が生じます。この記事では、その違いについて述べるとともに、連チャン数を伸ばすための秘策を公開しています。連チャン数がどれだけ伸びるかは台のコンディション(=サイクル状態…最強攻略法・海殺しXのテキストブックに記載)によります。たいしたことをするわけではないのですが、好調台には絶大な威力を発揮します。通常台(=良くも悪くもない平均的な台)にもそれなりの効果があります。(例・本来であれば2連チャンで終わってしまう台が4連チャンする等)残念ながら不調台にはあまり効果がありません。但し、不調サイクル中にサイクル変換(最強攻略法・海殺しXのテキストブックに記載)が発生した時は効果が生じます。

           

          大海物語4 確変中の大海チャンス、満月パチンコの大当たりにはホルコンによって誘発された当たりと「自力当たり」と呼ばれる本来の当たりがあります。通常時の大当たりの大半は前者ですが、確変中は後者の発生率が高まります。その違いを解説するとともに、確変中の自力当たり(危険を伴うもの)の発生を防止するプロのテクニック(誰でも簡単に実践可能なもの)を紹介します。確変中にハマリに入った時、魚群をはじめとする信頼度の高いスーパーリーチ(確変時、チャンス目の連続からリーチ発展、ノーマルリーチ等)を外した時の対処法にも言及します。この方法を実践すれば必ず次の大当たりも確変で来るとは限りませんが、好調台の場合は相当な確率で確変当たりを期待できます。確変中のハマリが発生するメカニズムについても解説し、台の善悪とは無関係に常に一定の確率でこのような現象が起こる以上、その対策を知らなければとんだ災難(確変中のハマリ→単発当たり→その後の泥沼ハマリ)を招く危険があります。

           

          海を制する王者となるために

           

          大海物語4BLACK(ブラック)は時短中の確変引き戻し攻略を狙わない限り、スペック的に勝ちにくいが、何度も引き戻しに成功すれば大爆発も可能  以上が概要となりますが、この記事をお読みになられる方々には下記リンク欄の「海物語シリーズ特集」にリストアップされた各記事も併せてお読みいただくことを強く推奨致します。それぞれが密接に関連し合っていますので、海物語シリーズを制することを本気で望まれる方々にはこれらの全てが必読記事と申しても過言ではないでしょう。海物語シリーズ各機種を真剣に攻略するためには、ありとあらゆる専門知識を身に着ける必要があるからです。

           

           今回も皆様から「試してみたらその通りだった」というご感想が寄せられることを楽しみにしております。

           

          リヴィエラ倶楽部 佐々木智親(海殺しX開発者)

          JUGEMテーマ:パチンコ パチスロ 

           

          <海物語シリーズ特集>

          大海物語4 BLACK(ブラック)攻略のお問い合わせが殺到!

          爆発 連チャンの謎 確率に目を奪われるな海殺しX、大海物語4で大爆発!

          【大海物語4 沖縄4攻略】チャンス目の秘密

          【徹底ガイド】スーパー海物語IN沖縄4の攻略〜好調台で勝つ!(前編)

          【徹底ガイド】スーパー海物語IN沖縄4の攻略〜好調台で勝つ!(後編)

          スーパー海物語IN沖縄4 ウリンチャージ攻略

          海物語シリーズ攻略のための「一発告知」学

          海物語シリーズ攻略のための突確講座確変継続

           

          <甘デジ特集>

          海物語 甘 時短攻略爆発力で勝負! 甘デジ攻略技の紹介

          甘デジとミドルの攻略法の違い 確変時の大当たり確率【海物語シリーズ】甘デジ攻略の必修事項

          確変中のハマリの意味 原因【甘デジ攻略】保留連荘と特殊リーチの秘密

          海物語 時短中の打ち方海物語アクアWith吉木りさ 好調台の特徴

          海物語 時短中 潜伏確変カシオペア攻略術を甘デジに使用する際の注意点

           

          <当倶楽部紹介>

          海物語連チャン継続打法海殺しX早わかり動画

          海殺しXの評価を問うリヴィエラ倶楽部の由来

           

           大海物語4、大海物語4BLACK(ブラック)の攻略は  

          確変中、時短中の打ち方で差がつく大海物語4、沖縄4攻略の(公式HP)

          海物語シリーズで連荘数を上げる攻略技術

          当倶楽部首席門下生の偉業

          謎めいた海物語シリーズの確変、時短時に連チャン数を増やす【大殊勲】100万円プレイヤーの誕生!

           

          にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ攻略・裏技へ

           


          【新パチンコ攻略】複数スペック混合のシマで勝つ!(後編)

          0

            甘デジ ミドル どっちで勝つか?

            関連コラム矢印おすすめ】パチンコ・バラエティーコーナー攻略

             

            ホルコンは好調台を溺愛する

             

            前編←Click からのつづき) 要するに、どの台が当たり番に選ばれやすいかどの台が当たり番をスキップされやすいかを読むわけであるが、やはり、安全パイは好調サイクル突入中の台(以下、好調台)であることは言うまでもない。過去のコラムでもいろいろと説明してきたので愛読者の方にはくどい説明になるが、はじめて読まれる方のために解説すると、現代のデジパチは好調サイクル、通常サイクル、不調サイクルがランダムに繰り返される仕組みになっている。メーカー発表の大当たり確率はそれらの全てを総合した上での確率にすぎない。

             

             サイクル別の大当たり確率は非公表のため推測の域を出ないが、一説によればミドル機好調台の大当たり確率はライトミドルの(総合)大当たり確率よりも甘いと言われる。さすがに甘デジの(総合)大当たり当たり確率よりは辛いと見られるが、時短を終えたミドル機の好調台が50回転もしないうちに再度の初当たりを獲得する現象を見るにつけ、相当な高確率であるとことは間違いない。一般の方は「だから当たりやすいのか」と思われるかもしれない。しかし、現実はホルコンが台のスペック状態を考慮して当たり番を選んでいるにすぎない。

             

             後述するが、複数スペック混合のシマでは当然ながらスペック上、大当たり確率の甘い機種の方に当たりは集中する。

             

             このことを詳説すればそれだけでかなりの長文になってしまうためここでは簡単にしか触れないが、グループ内の台に(サイクル状態の)優劣がない時はスペック甘優先の当たり番選びが行われる。但し、特定台が目にあまる形で美味しい思いを独り占めした後はホルコンのバランス調整機が作動し、不公平を解消する方向に向かう。しかし、それはごく僅かな時間にすぎず、しばらくすれば再びホルコンは特定台をえこひいきする理不尽大魔王に戻ってしまう。

             

             ホルコンのアンフェアぶりに興味があり、かつ時間に余裕がある方は事務局便りに掲載中の大人気記事、き海物語シリーズ攻略のための突確講座笑い笑いを堪えながらお読みいただきたい。長文のため最初からは読まずに下へ下へとスクロールしてゆき、グリーンのカエルがピョンピョン跳ねている巨大なアニメーションを探し、それ以降の雑文をご照覧あれ。

             

            好調台の識別

             

             ことほどさようにホルコンは好調台をえこひいきする習性を持つ。好調サイクル中の台を見極めるポイントは幾つもあるが、確実に識別する方法はオプショナル商品・カシオペア攻略術に詳しく記載されている。その中でも最も価値の高い情報は、ある回転数で当たる台、その回転数で当たらなくてもリーチがかかる台は好調サイクル中の台である可能性が極めて高いということであるさすがに、この攻略情報は当倶楽部の秘伝中の秘伝にあたるため、公の場で明かすことはできないが、他にも正確さの精度は落ちるものの、ある程度見抜く方法はいくらでもある。

             

             サムの出現等、プレミアで当たった台やハマリから当たり4連荘以上した台は好調台に化けたと仮定してもよい。逆に今まで好調な推移を見せていた台にプレミア当たりが発生したり、再度の初当たりで4連荘以上しても、前者ほどには信用できない。好調サイクル期間もいつまで続くかわからないからである。好調台に見られるその他の特徴としては以下のような現象があげられる。

             

            ・連荘中に多種多様な演出で確変で当たり、打ち手を興奮させる。

            ・何度も時短中に確変カムバックを果たす。

            ・イレギュラー系リーチ(ぶるぶるチャンス、ウリンチャンス、ガオガオチャンス、レッツマンボー、レッツシーサーetc.)からの当たりが確変中、時短中に多発する。(逆に通常時にこういうリーチで当たった場合は滅多に多連荘しない)

            ・通常時にイレギュラー系リーチで当たり、4連荘以上する。(法則の正反対の現象の発生)

            ・連荘中に同じグループの他の台が当たっても、それを境に沈むことなく逆に躍進する。

            ・連荘中にカシオペア攻略術で解説する危険領域を迎えても突確などを経由してするりと危険領域から抜け出す。

             

              他にもいろいろな特徴があるが、紙数の関係で割愛することをお許しいただきたい。前編でも触れたように、強いグループの好調台は初当たり4回くらいまではトントン拍子に獲得できる。4回目の初当たりを出すのに多少苦しむことはあるが、グループの力が強大であれば、2回目、3回目の初当たりは難なく出せる。(特に2回目は楽勝に近い)したがって、好調サイクルの状態のまま捨てられていると思われる台を拾って、2回目、3回目の初当たりを狙うのは最も安全な勝ち方であるが、注意点が三つある。

             

            好調台を拾うべきか?

             

            特殊な甘デジ攻略 バラエティコーナーでの勝ち方 前編で述べたように、爆発台の標準コースはミドルで15箱前後、ライトミドルで10箱前後、甘デジで5〜6箱が終点になりやすいので、最初の初当たりで15連荘前後を記録したミドルの台は2回目の初当たりが来ても大量出玉は期待薄であることが一つ。もう一つ心得ておかなければならないことは、狙い目の好調台がどの時点で好調サイクルに入ったかということたとえば、ミドルの場合、700回転オーバーのハマリ台は確実に不調サイクルに入っている。その台に当たりが発生して(好調台の基本である)4連荘以上を達成したとすれば、すでに内部でサイクル変換が生じている可能性が高い。(好調サイクルに転じたと断定はできないが、少なくとも通常サイクルに変わったと見ることができる)

             

             もしサイクル変換が生じていない単なる「ハマリ台の給料日」であれば、そのようなハマリ台は当たっても単発もしくは2〜3連荘で撃沈してしまう。(時短終了後の復活当たりもなく再びハマる。時短終了後、浅い回転数で当たり、今度はめでたく多連荘する台は初回の当たりは単発もしくは2〜3連荘であっても、は好調サイクルに切り替わった可能性大) ハマリから4〜5連荘した台が通常サイクルではなく好調サイクルに変換された状態で捨てられているのであれば、その台を拾うだけで10箱前後の出玉獲得が十分に可能である。一方、すでに出しまくっていた台が好調サイクルのまま捨てられていてもプロ的な感覚としてはあまり食指が動かない。しかし、その台が当たらない限り、同じグループの他の台(当たりさえすれば一撃大連荘も可能な台)も当たらないという状況も頻繁に発生するため、ホルコンマニアたちに美味しい部分を持っていかれてしまう(=自分が好調台で「出がらしの当たりをゲットした直後に同じグループの有望台で大連荘される)ことを覚悟の上で渋々、そういう台で当てることもある。

             

             最後の注意点は好調台がカシオペア攻略術テキストで解説する危険領域で停滞していないかということ。当ブログの人気コラム、きホルコンと突確に関する断想(攻略の糸口)でも力説したように好調台であっても危険領域で連荘がストップした場合、「魔のバミューダ海域」で喘ぎ苦しむことが少なくない。同じグループの他の台がスムーズに当たってくれさえすれば、無事に危険領域を脱出して更なる躍進も十分に可能なのであるが、運が悪いことに、打てばすぐに当たるグループ内の台を誰も打っていないとかホルコンが別のグループに道草している時に好調サイクルのまま危険領域に入った台を打ちすぎて、サイクル変換が生じうる回転数でサイクル落ちしてしまった場合などは、ぞっとするほど醜いハマリ台に変貌してしまう危険が常にある。

             

             したがって、最強攻略法・海殺しXのユーザー諸氏は危険領域の台が当たった後にグループ内の台が最低でも1台、できれば2台か3台、危険領域の台をスキップする形で当たったことを確認した上でおそる危険領域の台を打っていただきたい。しかし、深追いは厳禁である。危険領域の台は当たりさえすれば爆発することが多い反面、何回当たり番をスキップされれば当たりが許されるという絶対的な法則が成り立たないからである。(註・甘デジの場合は危険領域に入ってお仕置きを受けている台でもグループ内の他の台の当たりを経由せずに200回転代で当たることも珍しくない)

             

            今まで活躍した台 or これから活躍する台?

             

             かなり専門的な話になってしまったが、平たく言えば、まだまだ行けそうな好調台が落ちていれば迷わずに拾い、好調台とわかっていてもなんらかの危険因子がちらつく台はグループ内の他の台の動向を見て拾うかどうかの判断をすればよい。グループ内の他の台が軒並みハマリ気味の時は危険領域でストップした好調台がそれほど苦しまずに当たることもある。しかし、くどいようだが危険領域の台の深追いは慎むべきである。

             

             パチンコに勝つための基本戦略は二つしかない。好調サイクルに入っている台を拾って労せずして勝つか、これから好調サイクルに転じそうな通常サイクルの台を打つかの二者択一となる。後者の場合は多少の投資を覚悟しなければならないが、今までの好調台が出すぎて腹一杯のタイミングでチャンピオン交代を狙って成功すれば費やしたコストを遥かに上回るハイリターンが待っているところに魅力がある。

             

             ミドルやライトミドルの極端なハマリ台には手を出さない方が無難である。当たるための諸条件がよほど揃わない限り、そういう台は何度も魚群をはじめとする強力なスーパーリーチを外し続け、誰も打たなくなって何時間も経った後に突然当たったりする。終日、当たらないことも頻繁にあるので、このような死に台に2千円以上投資するのは自殺行為に等しいと覚えておこう。

             

            目将来を見通す目目

             

            新基準機に勝つ パチンコの攻略は大学生の就職活動と似ている。たとえば、今まで安定した業績を残してきた銀行に入行するのは最も堅実な選択であろうが、その銀行の経営状態が未来永劫、ずっと安定しているという保証はどこにもない。時代の変わり目には先を読む力も要求される。IT産業がまだ社会の脚光を浴びていなかった時代に一流企業の誘いを蹴って、ベンチャー企業に入社した若者たちは最初の数年間は浮かばれなかったかもしれないが、そのような英断を下した俊英たちの一部は今では若くして役員の座に就いている。これをパチンコにたとえれば、将来有望な通常台(通常サイクル台)を選び、打っている最中に、あるいは、当たってからの連荘中にその台を好調台(好調サイクル台)に変えて爆発に成功したようなものである。好調台を拾うのが原則ではあるが、チャンピオン交代(「時代の変わり目」に相当)が起こりそうな時に勇気を出して爆発する可能性が高い台を打てる人は確実にプロになれる。最強攻略法・海殺しXのテキストブックが教える台の潜在性体力値はこのような状況下での判断を助けるものである。

             

            復習

             

             さて、やや上級向きのレクチャーをひと通り終えたところで、本稿のテーマである複数スペック混合のシマ特有の攻略技術に踏み込むことにしよう。午後2時以降の当たりの大半が強いグループの台に発生し、多連荘の大半、爆発の大半も強いグループから発生するとなれば、複数機種混合のシマであれ、複数スペック混合のシマであれ、強いグループの台しか狙わないという基本戦略に変わりはない。

             

             前編で述べたことを念のためにおさらいするが、強いグループの定義は「短時間内に複数台(3台以上が望ましい)が当たり、不運なつなぎ役の台を除いて多連荘(4連以上)が中心のグループ」である。ホールに入ってから可能であれば20分か30分の間は打たずに、どこかの台に玉だけ置いて、台の横にぶら下がっている機種のルールや演出などを説明するガイドブックを読むふりなどして、巧みに時間をつぶすとよい。その間に発生する当たりを観察しながら強いグループを絞り込む。

             

            強いグループ識別法の一例

             

             慣れてくると入店した直後に強いグループはある程度、察しがつくようになる。A、B、C、D、Eの5台でグループを構成するホールであれば、A台が確変中ですでに4連荘、B台が5連荘→時短終了後50回転くらい、C台がハマリ、D台が単発当たり後の時短中、E台が7連荘→時短終了直後の状態で捨てられていた場合、当たった順番までは正確にはわからなくても、短時間内にめまぐるしい「当たり番のキャッチボール」が行われたことはひと目でわかる。

             

             D台が時短中ということは、ちょっと前に当たったことを意味する。B台も時短が終わってまだそれほど回されていないとなれば、近い過去に当たったことを意味する。E台は誰も打っていないので7連荘したのがいつ頃であったのかはわからないが、この台の7連荘がヨーグルトの種のような働きをして、同グループの多連荘(A台とB台)を発生させたと仮定することができる。あるいは、E台はA台もしくはB台とほぼ同時に当たり、一度は時短に入ったが、時短中に遊び台のD台に単発当たりが発生したので、この当たりによって「中継プレー」(つなぎ)が起こり、時短中に再び当たって、その連荘が終わったばかりの台かもしれない。

             

             単純に解説すると・・・

             

             いろいろな可能性が考えられるが、一般向けによりわかりやすく説明すれば、グループ内に連荘中の台時短中の台時短終了直後の台時短終了後、浅い回転数の台が二つか三つあれば、そのグループは強いと想定してよい。グループ内の台を打つ人の数は多ければ多いほど良い。グループ内の台の稼働率の高さは当たりやすさに直結する。

             

             逆にA台は600回転のハマリ、B台は1500回転の大ハマリ、C台はハマリというほどではなくても時短終了後もかなり回されていて、D台は朝から誰も打たない0回転の台、E台は15連荘後に即ヤメされた台というようなグループがあれば、このグループの台はどこも打つべきではない。短時間内に複数台が当たっていないからである。一台だけが絶好調というグループは強いとは言わない。他の台がサイクル状態が悪すぎるため、一台による独占状態が生じたのである。

             

            複数スペック混合のシミュレーション

             

             では、グループ内に複数スペックが混在するシマでも前編で解説したような台選びが妥当なのであろうか。もう一度、前編で登場した複数スペック混合のシマを例示する。

             

             大海物語4(ミドル)、スーパー海物語IN沖縄4(ミドル)、スーパー海物語N沖縄4withアイマリン(甘デジ)、大海物語BLACKライト(ライトミドル)で構成されるシマを教材として用いることにする。

             

             結論から申し上げると、台のサイクル状態が同じであれば、当たりの発生頻度は大当たり確率に比例する。大海物語4とスーパー海物語IN沖縄4は同スペックのため、いずれも同じサイクル状態であれば、当たり番獲得競争は同等の立場で行われることになる。つまり、同じグループに属するこの2台はホルコンに平等に扱われる。以下のシミュレーションは全て強いグループであることを前提に話を進める。(弱いグループでは当たりそのものがなかなか発生しないため)

             

             

            バラエティコーナーの攻略1考察1

             

             大海物語4とスーパー海物語IN沖縄4の2台がいずれも好調サイクルに入っていると仮定しよう。

             

             大海物語4が当たった後にスーパー海物語IN沖縄4も当たるという一般的展開になりやすい。どちらが先に当たるかは前編で述べた当たり番スキップの法則に基づく。時にはスーパー海物語IN沖縄4が先に当たり、時短終了後に大海物語4が当たる前に再びスーパー海物語IN沖縄4が当たるようなこともある。たとえば、4連荘+(ハマらず)8連荘で一気にドル箱を積み上げたとしよう。このような場合、スーパー海物語IN沖縄4は清々しい思いをした後にお灸を据えられ、好調台でありながら忍び難きを忍んでいた大海物語4には少し遅れて春が訪れる。のちに大海物語4同じように2回の初当たりに分けてドル箱を積み上げることもあれば、いきなり10連荘以上することもある。

             

            バラエティコーナーの攻略2考察2

             

             このくらいのことはホルコンに精通した人であれば熟知されている内容であろう。しかし、上記の複合スペック混合のシマで、仮に大海物語4とスーパー海物語N沖縄4withアイマリンが好調サイクルに入っているとして、この両台が覇権を競い合っている場合は如何であろうか。相当な識者でなければ仕組みを解き明かすことができないと思われる。

             

             サイクル状態は同じなので、この例では当たり番獲得競争において大海物語4がハンディを背負うことになる。大海物語4の大当たり確率は(計算しやすくするためにかなりアバウトに言えば)約300分の1である。一方、スーパー海物語N沖縄4withアイマリンの大当たり確率は(アバウトに言えば)約100分の1である。したがって、スーパー海物語N沖縄4withアイマリンに3回の初当たりが生じた後に大海物語4に1回の初当たりが入る計算となる。もちろん、これとは逆に大海物語4の初当たりが1回発生した後にスーパー海物語N沖縄4withアイマリンが3回初当たりすることもある。どちらが先に当たるかは当たり番スキップの法則が強く作用する。

             

             確率には偏りも生じるため、スーパー海物語N沖縄4withアイマリンに7回も8回も初当たりが入り、その間に大海物語4に全然当たりが発生しないこともありうる。しかし、「好調サイクルを維持している限り」という条件がつけられるが、どこかで大海物語4も必ず挽回する展開となる。これが好調台の特徴なのである。

             

             もちろん、これとは逆に大海物語4が爆発したために、この台さえなければ一気に突っ走れる可能性を秘めていたスーパー海物語N沖縄4withアイマリンが一時的に苦しめられることもある。スペック甘の特権で大きくハマることはなくても、大海物語4の爆発中に単発や2〜3連荘がポツンポツンと発生する程度に甘んじることもあるが、大海物語4が出すぎた後のひと休みに入った途端、スーパー海物語N沖縄4withアイマリンが怒涛の快進撃を開始する展開も考えられる。

             

            バラエティーコーナーの攻略3考察3

             

             次に好調サイクルに入っているスーパー海物語N沖縄4と大海物語BLACKライトとの対決を考えてみよう。

             

             スペック的にはミドルと甘デジほどの開きはない。大海物語BLACKライトの大当たり確率は(アバウトに言えば)約200分の1なので、単純計算では大海物語BLACKライトの初当たり発生頻度はスーパー海物語N沖縄4の約1.5倍となる。大海物語BLACKライトの初当たり3回につき、スーパー海物語N沖縄4に2回の初当たりが入る計算となるが、今までの例と同様、きちんとこの通りに収まるとは限らない。確率の偏りによって、一時的に不公平な状況も生じうる。しかし、両台が共に同じサイクル状態を維持している限り、「大海物語BLACKライトの初当たり回数がスーパー海物語N沖縄4の初当たりの1.5倍」という目標に向かって収束していく。

             

             便宜上、3つの考察だけに留めたが、実際にはもっと多くのパターンが存在する。たとえば、通常サイクルのスーパー海物語N沖縄4withアイマリンと好調サイクルの大海物語4の当たり番獲得競争はスーパー海物語N沖縄4withアイマリンの方が断然優勢となる。しかし、通常台の当たりはつなぎ役に使われやすいため、スーパー海物語N沖縄4withアイマリンが当たれば、ほどなくして(時にはほぼ同時に)大海物語4の好調台が当たりやすい。先に当たった方が必ずしも得でないことにパチンコの複雑さがある。通常台は当たっても単発もしくは2〜3連荘で終わることがほとんどである。強いグループの通常台は幸運にも多連荘することもあるが、サイクル変換が生じない限り、その後にハマるというしっぺ返しが待っている。

             

             好調台は多連荘が中心であり、グループ内の多数の台が当たれば当たるほど自分も伸びてゆく。好調台が不覚にも単発や2〜3連荘というくだらない当たりを出すこともあるが、それがつなぎ役となり、グループ内の他の台の当たりを誘発し、その恩恵を受けて早い段階で復活を遂げる。つまり、災い転じて福となす展開になりやすい。

             

             特に甘デジが含まれるシマでは甘デジが頻繁に当たってくれるために、ミドルの好調台が大爆発をすることも頻繁にある。ミドルの多連荘は出玉量が多いため、甘デジやライトミドルに何度も当たり番を持っていかれても、絶好のタイミングさえ捉えれ、ば小額投資で多連荘して、その後も2〜3回の初当たりを出して5〜6万円を一気に稼ぎ、「本日の仕事、これにて終了」と勝ち逃げすることもできる。

             

             この絶好のタイミングに最強攻略法・海殺しXが教えるリヴィエラ秘伝・ウルトラ速攻法で攻め込んだり、オプショナル商品カシオペア攻略術が教える「危険領域の概念」を利用した戦術を駆使して圧勝するという従来はなかった新たな戦術が確立された。これは複数スペック混合のシマがもたらした果実である。

             

             当倶楽部の座右の銘の一つに「善く戦う者は、勝ちやすきに勝つ者なり」という孫子の兵法がある。当倶楽部・首席門下生のK.A氏はチャンスが来るまでほとんど打たず、チャンスが来た時に一気呵成に攻め込む独自の攻略スタイルでパチンコ月収100万円を実現させた。(詳しくは下記コラム参照)

             

            パチンコの賢い立ち回り【大殊勲】100万円プレイヤーの誕生!

             

             月に22日打っただけで、売り上げではなく純益が¥1,123,800というのは驚愕に値する。

             

            4つの分析だけでパチンコは勝てる

             

             ここで今までのレクチャーのキーポイントをまとめてみる。

             

            1.入店後、強いグループの定義に照らし合わせた上で、いち早く幾つかの強いグループを見抜き、常にそのいずれかのグループに属する台で打つ。

            2.当たり番スキップの法則を利用して次の当たり番を予想する。

            3.今まで好調な推移を見せていた台を拾って取り逃し分の出玉を狙うか、これから好調台に転じそうな通常台で爆発を狙う

            4.グループ内の各台の実力(サイクル状態)をそれまでのパフォーマンスから見抜き、スペック差も考慮に入れた当たり番予想を行う。

            ※1〜3はシマの構成にかかわらず共通するもの。4のみ複数スペック混合のシマ特有の心得。

             

             最強攻略法・海殺しXのテキストブックを熟読した上でこの4つ分析がしっかりとできるようになれば、首席門下生のK.A氏の実力に迫ることができる。パチンコ収入だけで土地や家を買うのは非常に難しいが、パチンコ収入だけで新車を買ったり、海外旅行に行ったりするのは、要領さえ覚えればさほど難しいことではない。果敢にチャレンジしていただきたい。リヴィエラ倶楽部は夢追い人が夢の航海にを始める前に立ち寄る休息の港なのである。

             

            ライトミドル Easy Tactics おおすすめ2118

             

             本稿(前編及び後編)で触れた攻略テクニックは最強攻略法・海殺しXユーザーの方々には比較的平易な内容であろうが、当ブログの記事を読むのはこれがはじめてという方には、幾分、専門的色彩が強く疲れさせてしまったかもしれない。お詫びとして、少しは一般人にもわかりやすい攻略技法を3つほど紹介する。

             

            <甘デジ攻略派向き1>

             

             複数スペック混合のシマで甘デジの爆発が発生しやすいことには単純明快な理由がある。グループ内の甘デジ以外の機種に好調サイクル中の台(好調台)がなく、甘デジ機種に好調台があれば、甘デジ以外の機種がハマっている間に甘デジの好調台に呆れるほど頻繁に初当たりが発生する。

             

             グループ内に2台の甘デジ好調台があれば、相当な高確率で両者が共存共栄する展開に発展する。短時間内に複数台が多連荘したグループの中にある甘デジ以外の機種(スペック辛)に明らかなハマリ台、もしくはこれからハマリに向かうであろう台(限度を超えた爆発が終わり体力値をすり減らしている台など)がある時にそのグループの甘デジを打てばよい。その台が不調サイクルに入っている場合はなかなかすぐには当たらないが、通常サイクル以上であればさほど苦労せずに当たり、いずれはサイクル変換することが予想される。ミドルが苦しむのを横目に同じグループの甘デジが狂い咲きする。ミドルのハマリが深ければ深いほど甘デジのチャンピオン台が長期政権を築くことになる。よく当たり、よく多連荘することになるので、笑いが止まらない一日になることが多い。

             

            <甘デジ攻略派向き2>

             

             もう一つ、甘デジファンにお勧めの攻略テクニックがある。当ブログの人気ナンバーワンコラム、き【甘デジ攻略】爆発力のある台選び(勝てる立ち回り)どうなる!?を併読してこの方法を試していただきたい。

             

             上記のコラムでは当日の大当たり回数3回の甘デジ台をジョーカー台と呼んでいる。ジョーカー台は当たりにくいが、当たりさえすれば一気に爆発することが多い。甘デジだけで構成されるシマでは、ジョーカー台が属するシマに好調台が何台もあればジョーカー台がいつまでも苦しむ展開になることも少なくないが、複数スペック混合のシマの場合、同グループのミドルやライトミドルがハマリ台になった時にジョーカー台が爆発しやすい。賢明な方はすでにその理由がおわかりであろう。既述の如く、当たり番獲得競争において、台のサイクル状態と並んでホルコンが重視するファクターは台のスペック(大当たり確率)である。甘デジだけのシマではなかなか当たり番にしてもらえないジョーカー台も複数スペック混合のシマでは比較的容易に当たり番になりやすい。

             

             短時間内に複数台が多連荘したグループのジョーカー台には至宝が眠っている。ジョーカー台を打ち出すタイミングは上記のコラムの教える通りでよいが、複数スペック混合のシマの方が当たる確率が遥かに高い。特にグループ内のミドルやライトミドルがハマり出した時などは、スペック辛の機種が苦しむ間に、今までたったの3回しか当たっていなかった甘デジ台が猛スピードで大当たり回数20回くらいまで伸びることもある。ひとたび好調に転じたジョーカー台はどこかで少し停滞することはあっても、展開次第では大当たり回数30回まで伸びることすらある。

             

            <ミドル機種攻略派向き>

             

             甘デジ攻略の醍醐味が数え切れぬほどの初当たりの多さにあるとすれば、ミドル機種攻略の最大の魅力は一気に大量の出玉を獲得することにある。複合スペック混合のシマでミドルの攻略に専念したければ、甘デジが当たりはするけれども単発ばかりというグループに着目し、そのグループに属するミドルの通常サイクル以上の台を打てばよい。(※ミドルの不調台はどこまでハマるか見当がつかないため、700回転以上の極端なハマリ台は敬遠する方が無難) 100回転以上で単発当たりを一回出し、再び100回転以上回した後に単発当たりが来るというような「じれったい現象」が延々と続いている甘デジ台は(遠い将来に爆発することはあるが)その時点においては好調台とは言い難い。このような甘デジ台は単発当たりを何度も続けて出しているうちにハマリ台に転落する可能性が高い。甘デジであるため、ハマリといえども200、300で当たることも多いが、(サイクル状態が据え置きであれば)当たりはしても滅多に多連荘しない上、再びハマリに向かいやすい。このように甘デジが当たりはするけれども好調に出玉を増やすことのできない状態が続いている時に同グループのミドル好調台の快進撃が発生しやすい。

             

             但し、このようなグループは直近の過去に多連荘した台が複数存在しない傾向がある。これが唯一の難点である。複数台が短時間内に多連荘しなければグループは強くなりにくい。強いグループでなければ、ミドルの爆発は期待薄となる。したがって、たとえばの話であるが、ライトミドルの遊び台(通常台)が4〜5連荘した後、グループ内の甘デジ台が同規模の多連荘を記録し、その後は単発の雨あられ状態に陥り、その隙に最初に多連荘したライトミドルの台が少々ハマった後に再び多連荘したようなグループが狙い目となる。これは飽くまでも例である。この通りでなければならないという意味ではない。要は複数台の多連荘が発生していて、甘デジが冴えないパフォーマンスを繰り返しているグループのミドルは爆発の可能性を秘めているということである。

             

             ミドルだけで構成されるシマであれば、単発当たりばかりが発生するグループは高確率で弱くなる。

             

             しかし、シマに甘デジやライトミドルの機種が混在することにより、強いグループの第一条件である短時間内での当たり番の移動が実現し、遊び台が分不相応な多連荘を出すことにより、グループ内の他の台に千載一遇のチャンスが到来するのである。

             

            パチンコ バラエティ おすすめ ミドルの爆発は甘デジの爆発の3倍以上稼げる。ヘビー級ボクサーが繰り出すパンチの力はフライ級ボクサーのそれとは比較にならない。ノックアウトされた対戦相手の被るダメージも甚大である。複合スペック混合のシマでミドルの好調台が大暴れしている最中に好調サイクル以外の甘デジを打つと大怪我をしやすい。何度当たっても、持ち玉を使い切ってから追加投資を余儀なくされ、結果的に甘デジなのに2万円も3万円も失うという被害(?)に遭う。これがヘビー級ボクサーのパンチ力なのである。

             

             シマ全体の観察をせずに、各台のその日の大当たり回数、総回転数、過去数日間の状況などを見ながらなんとなく台選びをしている素人はこういう被害に遭いやすい。「何故だ? この台は今日は行けるはずなのに、どうしていつまでも本領を発揮しないのか?」と思い悩む人はパチンコ攻略の本質が全くわかっていない人である。台選びの判断材料そのものが無意味というわけではない。しかし、木を見て森を見ずの典型であり、この程度の台分析で勝てるほどパチンコは甘くはないのである。(甘デジと言えども甘くはない)このような素人がホールにうろちょろしているお陰でプロは大金を稼ぐことができる!

             

             

            攻略を楽しむ

             

             今回の長編コラムは前編、後編ともにパチンコ攻略の最重要ポイントに言及した。最近のトレンドになっている複合機種、複合スペック混合のシマを攻略する際の鍵となる情報も網羅したつもりである。

             

             複合スペック混合のシマの出現は従来になかった新たな攻略テクニックを生み出した。この戦法を用いることにより、同一スペック一色のシマよりも容易に攻略が可能になる。又、シマの状況を観察した後、「今日は甘デジで勝負しよう」、「今回はミドルで荒稼ぎだ」というように甘デジとミドルの二刀流攻略を楽しむこともできる。我々は日頃から顧客に対して「パチンコを楽しむな。勝負の鬼となれ」と指導しているが、攻略を楽しむのは結構なことである。

             

            パチンコ新攻略時代へ

             

            甘デジ 勝ちやすい機種 アイマリン 今年(2018年)に入ってから最強攻略法・海殺しXをマスターされたリヴィエラ門下生からの戦績報告のメールが激増している。従来の倍以上の数のメールが連日にわたって当倶楽部の事務局に舞い込むようになった。顧客の喜びは我々の喜びでもある。特に二刀流攻略に長けた方が増えたことが特筆に値する。

             

             複数スペック混合のシマでの攻略手腕に磨きをかければ、甘デジの不調に乗じたミドル機の爆発狙いはもちろんのこと、将来、パチンコ規制の要請を満たす新基準機が次々とお目見えした時も、複合スペック混合のシマで新基準機のハマリにつけこんだ甘デジ大爆発を簡単に実現させることができる。半日、ホールにいて3台の甘デジ台を爆発させれば相当な稼ぎになる。

             

             ライトミドルと甘デジの攻略桜の花が散り、新緑の季節を迎えた。2月からパチンコ規制がスタートして、パチンコ攻略も新たな時代に突入した。き「甘デジ流攻略」でパチンコ規制に勝つ!で申し述べたように、今後は真のテクニシャンだけが常勝を続ける時代になる。常に勝つためには技のレパートリーを増やさなければならない。今回のコラムを執筆した目的はそこにある。夢の翼、最強攻略法・海殺しXが皆様の飛翔の原動力となることを切に願っている。

             

             春の風が吹き荒ぶ日々が続く。ご自愛専一にお過ごしいただきたい。

             

            リヴィエラ倶楽部

            佐々木智親(海殺しX開発者)

             

            JUGEMテーマ:パチンコ パチスロ

             

            <甘デジ攻略>
            【甘デジ攻略】保留連荘と特殊リーチの秘密
            【海物語シリーズ】甘デジ攻略の必修事項

            風営法改正カシオペア攻略術を甘デジに使用する際の注意点

            <人気コラム>

            パチンコ規制の強化に対処する攻略ノウハウ【大海物語4 沖縄4攻略】チャンス目の秘密
            パチンコ規制で何が変わるかリヴィエラ倶楽部の由来
            パチンコ規制に勝つための攻略パチンコルネッサンスの幕開け

            パチンコ規制時代の甘デジ攻略海殺しX、大海物語4で大爆発!

            【海物語S共通】連荘継続テクニック【大海物語4攻略】

             

            パチンコ規制に負けない賢い立ち回りあらゆる状況下でパチンコを攻略する
            最強攻略法・海殺しXの公式HP

            甘デジ 爆発力 2018

            バラエティコラム

             

            にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ攻略・裏技へ


            【新パチンコ攻略】複数スペック混合のシマで勝つ!(前編)

            0

              パチンコ・バラエティコーナーの攻略

              関連コラム矢印おすすめ】パチンコ・バラエティーコーナー攻略

               

              はじめに

               

               前回記事き「甘デジ流攻略」でパチンコ規制に勝つ!にほんブログ村の「パチンコ攻略・裏技」部門で記事ランキング第一位の座を射止めたためかアクセス爆発が止まらない。熱心な読者の皆様に心よりお礼申し上げる。全国のパチンコ攻略研究家の皆様に私の執筆するコラムが愛読されている事実を重く受け止め、これからも数々の小論を公開してゆきたいと思う。

               

              読者からのリクエスト

               

               最近は最強攻略法・海殺しXの購入者から「こういうテーマでコラムを書いてほしい」とリクエストをいただく機会がやけに増えた。今では当ブログの人気ナンバーワン記事となっているき【甘デジ攻略】爆発力のある台選び(勝てる立ち回り)はそのようなリクエストに応える形で執筆したものである。やはり顧客からのリクエストとなればペンを握りしめる手にも力がこもる。

               

               最近になって急増した顧客からの質問に「一つのシマに沢山の機種があってややこしい。こういう場合の攻略の要点は?」というものがある。これをテーマにコラムを書いてほしいという要望も寄せられている。顧客から頂戴するメールの内容は歴史の流れを反映したものでもある。たしかに近頃は一つのシマに複数機種が混合するトレンドが定着しつつある。

               

               従来は一つのシマに一つの機種というのがホールの基本的なスタイルであった。ところが、昨今は「バラエティーコーナー」と称して、なんの関連性もない無数の機種を一つのシマに配置するホールが増えてきた。無数の機種とまではいかなくても、シマを4等分して4つの機種で一つのシマを構成するホールも少なくない。

               

               このような構成が流行している背景には、パチンコファン(ホールに足を運ぶ人)の減少既存ファンの甘デジ転向などが考えられる。大型店ではまだこのような動きはそれほど盛んではないかもしれないが、規模の小さな店舗では従来のようにミドルスペックの最新機種だけで一つのシマを埋め尽くすことが難しくなっているのかもしれない。

               

              混合配置の例

               

               海物語シリーズを重視するホールであれば、一列の半分が大海物語4(大当たり確率319.6分の1)、残りの半分がスーパー海物語IN沖縄4(大当たり確率319.6分の1)になっていて、その対面の列ではスーパー海物語N沖縄4withアイマリン(大当たり確率99.9分の1)が半分を占め、残り半分に大海物語BLACKライト(大当たり確率199.8分の1)が置かれているというようなケースが目立つ。

               

               たしかにこのような構成は混乱する。単に複数機種が混在しているだけにとどまらず、複数スペック機種が混在しているからである。大海物語4とスーパー海物語IN沖縄4はミドルスペック(以下、ミドルと略す)、スーパー海物語N沖縄4withアイマリンは甘デジ、大海物語BLACKライトはライトミドルスペック(以下、ライトミドル)である。このようなシマでは、甘デジの好調サイクル台(以下、好調台)が際限なく当たりを引き続ける現象が頻発する。又、甘デジとライトミドルの好調台が共に協力し合う形でドル箱を積み上げていくパターンも十分に考えられる。

               

               では、ミドルは全く駄目なのかと言えば、決してそういうことではない。少し寄り道となるが、パチンコ攻略の礎となるホルコン(ホールコンピュータ)というものについて、ここで簡単に復習してみたい。

               

              ホルコンの動き

               

              バラエティコーナーでの立ち回り ホルコンの仕様に詳しい方であればおわかりのように、ミドルの台にもいつかはチャンスが巡ってくる。ホルコンは数台を束ねて一つのグループ(ユニット)を作る。そして、グループ内に好調サイクル突入中の台(好調台)が2台以上ある時、それらの好調台を中心にそのグループからは多連荘(4連以上)が多発する仕組みになっている。グループ内の複数台が多連荘を繰り返すことにより、そのグループの力は強大なものとなる。グループ内の複数台が多連荘したグループからはやがて同規模の多連荘が発生しやすい環境が生まれる。

               

               強いグループの中でどの台が次の当たり(当たり番)に選ばれるかということに関しては、サイクル状態の善し悪しが最重要のファクターとなるが、それに加えて、初当たり回数と限度を超えた多連荘もホルコンの意思決定に大きな影響を与える。

               

               如何なる優秀台もあまりにも一台だけで何度も初当たりを獲得しすぎると、どこかで一度は「お休み」となる。(=グループ内の他の台に当たり番を譲る) 又、一気に爆発した台やハマリを経ない好調な数珠連(例・7連荘+5連荘+8連荘)が発生した台もしばらくの間、主役の座をグループ内の他の台に譲る展開になりやすい。

               

               グループ内に極端に悪い台がある場合、その台は死に台にされてしまい、想像を遥かに上回る長時間にわたり「貢ぎ役」を続け、その台を嘲笑うかのようにグループ内の他の台が躍動する。不調サイクル台(以下、不調台)は滅多に当たることがなく、通常サイクル台(以下、通常台)は当たっても単発もしくは2〜3連荘で終わり、通常台の当たりが「つなぎ役」となり、好調台に2度目、3度目、4度目の初当たりが入る。

               

               しかし、このようにして、特定の好調台が目に余るほど大儲けをした後に好調台にもペナルティーが科され(=当たり番を何度もスキップされるようになり)、その隙を突く形で通常台(ごく稀に不調台)が当たり、初当たりの瞬間、もしくは連荘中に最強攻略法・海殺しXのテキストブックが教えるサイクル変換が起こりうる大当たり回数を迎えて、好調台に化けた場合、新チャンピオンの誕生となり、今まで虐げられていた鬱憤を晴らすかのように、しばらくの間は主役となり気持ちよく出玉を増やしていく・・・・・・

               

               パチンコ攻略の基本

               

               この図式が頭の中にしっかりと入り込んでいれば、シマの構成がどうであろうと極端なハマリ台(死に台の可能性大)を避けて、強いグループの空席を見つけては打つというスタンスだけでパチンコは勝ち続けることができる。今後、パチンコ規制に伴う新基準機が次々と導入されても、この戦略が通じないことは有り得ない。勇気を出して「攻略の海」に飛び込もう!

               

               

               通常、強いグループは一つのシマに3つか4つできる。各グループの強弱が定まらない午前中や昼下がりは素人だけが喜ぶ時間帯であり、プロはこういう時間帯を好まないが、午後の早い時間帯での爆発を狙うカシオペア攻略術(※最強攻略法・海殺しXのオプショナル商品)を使用すれば、午前中はともかく午後の1時や2時になれば十分に勝負できる。そして、夕方以降はグループの強弱の差があまりにも露骨になり、当たりの大半は強いグループから発生し、多連荘や爆発の大半も強いグループから発生することになる。

               

               この法則に気づいた人は弱いグループの中に魅力的な台があっても、よほどのことがない限り飛びつかなくなる。弱いグループに属する台は当たりにくい上に当たってもそれほど伸びないことが経験的に痛いほどわかっているからである。レアケースとして、弱いグループの最強台が爆発したり、好調な数珠連で最終的には一気に爆発した台と同じくらいの出玉になることもあるが、このような幸運な展開になるという絶対的な保証はないため、そのような台を打つのは一か八かの賭けとなる。パチンコで常勝を続けるためには、高確率で起こる現象(法則)を熟知してアクションプランを策定する能力が必須となる。低確率で起こる僥倖に期待する作戦は時には成功しても、長い目で見れば決して得策とは言えない。手堅い戦術しか用いないことが当倶楽部の提唱するパチンコで蓄財するスーパーノウハウなのである。

               

              ホルコンマニアがしでかす愚行の功罪

               

               強いグループの好調台がなかなか当たらない時、換言すれば、強いはずのグループが鳴りを潜めている時、そのグループの空き台に当たり番が入っていることが多い。幾つかの強いグループを見抜いた上でこういうタイミングを見計らって空き台を打つのが小額投資で大連荘を狙うプロの攻略なのである。

               

               インターネットの普及とともに近頃はホルコンの知識を有する人が急増した。ホールによっては客の3割以上がホルコンを意識した行動をとっている。しかしながら、肝心なことがわかっていない間抜けな人が少なくなく、我々は彼らを「ホルコンマニア」と呼んでいる。(註・ホルコンという言葉で検索をかければ、ウィキペディアの記事が上位に出てくる。かつては、ここにもホルコンの大当たり誘発機能についての言及があったが、その後、何者かの手によって編集され、今ではパチンコ業界側に都合の良い「虚偽の記述」に変わっている。トップシークレットが公然と暴かれたことに慌てた業界関係者が改鼠したものと思われる。騙されぬようくれぐれも注意されたい

               

               ホルコンマニアはどこかの台が当たるとすぐに同じグループに入って打ち始めるという愚行を犯すが、これがグループ内の台の稼働率の急上昇を招く。稼働率に敏感なホルコンはこれに反応して、このグループには当分の間、お金が落ちるであろうことを見越して、グループ内の好調台の連荘数を伸ばしてしまう。好調台の限度を超えた大爆発はこのようにして発生する。

               

               しかし、ホルコンマニアの愚行は別の観点で見れば、それなりの産物をももたらす。かなりの時間が経過した後のことであるが、「同じグループからは同規模の連荘が発生しやすい」という法則に基づき、そのグループから新たな爆発台が誕生しやすくなる。したがって、ホルコンマニアのある程度の増加はプロにとっては歓迎すべきことであり、彼らの軽率な行動の恩恵を受ける形で思いもよらぬ大爆発に成功する機会が増える。

               

               さて、好調台が出すぎて干されている時、グループ内の他の台が2台、3台、4台とその台をスキップして当たることにより、調子に乗りすぎたあまりペナルティーを科された好調台の「お仕置き期間」が短縮され、再びスターダムに舞い戻る展開も大いに有り得る。出すぎた罪(?)で刑務所に送り込まれた好調台を移動すべき台が見当たらぬためにいまだに自分が打っている時、次ようなことを考える。

               

               「自分の台はスーパーリーチの発生頻度やその種類から判断して、まだサイクルは転落していない。グループ内のライバル(元好調台)はハマり始めているのですでにサイクル落ちしている可能性が高い。自分の台は今までにあまりにも当たり番を独占しすぎた。だから今はホルコンが定期的に行うバランス調整の時期に来ている。自分の台は好調サイクルでありながらすでに2回も当たり番をスキップされているので、グループ内のあの遊び台(通常台)が当たればたちまち復活することだろう。自分の台は当たりさえすれば、あと5〜6箱は行ける。しかし、あの台に誰も座っていない・・・」

               

               このような悩ましい状況の時にやる気満々のホルコンマニアがその空き台に座り、珍しくお座り一発で当たり、見るからに空しい(?)ガッツポーズを決めた直後、自分の台の打ち出しを再開した途端、魚群が走って当たり、当初の予測の5〜6箱どころではなく8箱くらいになったという痛快な経験がリヴィエラ門下生(最強攻略法・海殺しXの購入者)の皆様には数え切れぬほどあるに違いない。

               

              台選びホルコンマニアに感謝基準

               

               このようにホルコンマニアたちと巧みな連携を図り、彼らにつなぎ役となってもらって、本命台を当てるテクニックも必要である。昔は大半の人がホルコンの大当たり誘発機能を知らなかった。それゆえ、新たな客が入ってきても、気が利かない(?)というか、どうしようもない台(全く当たりが見込めない台)に好んで座っていたため、このような連係プレーもなかなか実現しなかった。しかし、最近ではこういうことが連日のように起こっている。この場を借りてホルコンマニアの人たちに感謝の意を表したい、と申し上げれば、「馬鹿にするな!」と叱られてしまうだろうか。別にこれは皮肉でもなんでもなく本心から感謝しているのだが・・・

               

              読み筋の一例

               

              バラエティコーナーでの台の選び方 ホールに入ってから最初のうちはあまり積極的には打たずに観察に徹し、強いグループ、すなわち、短時間内にグループ内の複数台(3台以上が望ましい)が当たり、不運なつなぎ役の台を除いて多連荘(4連以上)が中心のグループを幾つか見抜き、そのいずれかのグループが鳴りを潜めた後に(=どの台も当たらなくなってから)打つのが最も手堅い勝ち方であるが、確実に勝つためにはそれなりの分析力が問われる。

               

               複数機種混合のシマでも大当たり確率がほとんど変わらない機種(例・大海物語4とスーパー海物語IN沖縄4)だけが混在する場合は、グループ内の各台のサイクル状態や過去のパフォーマンスを分析するだけで攻略はできる。たとえば、こんなふうに。

               

              パチンコ規制後「あの好調台はまだまだ行ける。体力値(※最強攻略法・海殺しXのテキストブックに記載)がマイナスになるまでは伸び続けるだろうから、それまでの間は他の台は厳しい」

               

              バラエティコーナーのデメリット「あの好調台はすでに3回も初当たりが入っているので、このへんであの通常台が給料日を迎えるだろう」(※給料日・・・多連荘するかどうかは別として、ひとまず当たることを意味するリヴィエラ用語)

               

              バラエティコーナーのメリット「あの台は最後の当たりが単発だったので、しばらくの間、当たり番をスキップされるに違いない」(註・通常、単発当たりを出すと、その台はグループ内の他の台が最低でも1回、大抵の場合、2回か3回の初当たりをするまでの間、なかなか再度の初当たりが難しい。但し、好調サイクル台は例外的にハマらずに単発当たりを出した直後、すなわち時短終了後の浅い回転数で当たる力があるので要注意

               

              酒「あの台は直前の当たりが2回続けて単発だったので、かなりハマるはずだ。迂闊に手を出さない方がよい」(註・直前の単発当たり2回がかなり前の出来事であり、それ以降、同じグループから2台、3台、4台と当たりが発生している状況であれば、このような台が当たり番に選ばれることもあるが、単発当たりを連続で出した台は単発当たりを1回だけ出した台以上にハマりやすい)

               

              攻略の要領「A台とB台はともに直前の当たりが単発であったが、A台が単発当たりを出したのはB台が単発当たりを出した時よりも前であった。したがって、A台とB台を比較すれば、今はA台の方が当たり番が入りやすい」(註・通常、不甲斐ない結果を残した台が複数存在する場合、不甲斐ない出来事が発生した時期が古い台ほど当たりやすい。しかし、この法則は比較する台のサイクル状態が等しい時のみ当てはまる。たとえば、好調台と通常台がともに単発当たりを出した場合、通常台の単発当たりの方が古くても、好調台が再び当たり番をさらってしまうことは日常茶飯事)

               

              パチンコ規制「あの好調台はすでに4回の初当たりを出している。このへんでお灸をすえられる頃だ。(=当たり番が何度もスキップされる頃だ)サイクル変換が生じうる直前の大当たり回数で停滞しているあの遊び台を打ってみよう。当たった瞬間にサイクル変換が実現すれば、いきなり爆発する可能性がある」(註・強いグループの好調台でも順調に初当たりを4回出すと、ミドルの場合それ以降は当たりにくくなる。5回目の初当たりを獲得して出玉をさらに増やすためには、グループ内から次から次へと複数台が当たり、しかも、多連荘が中心であることが条件となる

               

              新基準機「あの爆発台はどう見てももう終わっている。すでに17箱も積み上げたので、栄光の時代は終わった。あの台と同等の活躍をグループ内の他の台で狙おう」(註・爆発台の標準コースはミドルで15箱前後、ライトミドルで10箱前後、甘デジで5箱前後。このくらいの出玉が爆発台のゴールであることが多い。稀にすでにゴールに達した爆発台がその後も快調に当たり続けることもあるが、それはグループ内の他の台のサイクル状態が軒並み悪いか、グループ内の他の台があまりにもハイペースで当たり続けた結果である。このような幸運なケースでは、すでにゴールに達している爆発台でも伸び続けることがあるが、ピークは過ぎているので以前ほどの勢いはないのが普通。ミドルの場合、最盛期を過ぎた爆発台は遊び台的な当たり(リヴィエラ用語で言うところの「出がらしの当たり」)が何度か来た後にハマリに転じるのが通例である)

               

               細々と講義をしているうちに字数制限を迎えてしまった。この続きはパチンコ バラエティ おすすめ後編にて。 

               

              パチンコ規制の詳細な内容あらゆる状況下でパチンコを攻略する
              最強攻略法・海殺しXの公式HP

              パチンコバラエティおすすめの攻略

              【海物語S共通】連荘継続テクニック【大海物語4攻略】

               

              甘デジで勝てるのか?バラエティコラム

              JUGEMテーマ:パチンコ

               


              「甘デジ流攻略」でパチンコ規制に勝つ!

              0

                 

                2018年2月風営法改正(パチンコ規制)後の立ち回り

                撤去リスト事務局便りの新記事紹介→なぜか人気抜群の攻略法!?

                 

                ホームページに新コンテンツ追加

                 

                 リヴィエラ倶楽部の公式ホームページに新しいコンテンツを追加したところ、予想を上回る反響がありましたので、当ブログにおいても追加部分を紹介させていただきます。

                Advice−パチンコ新時代の攻略

                 

                  2018年2月1日、新しい風営法施行規則(パチンコ規制)がスタートするとともに、パチンコ攻略は新たな時代に突入しました規制後も2018年2月1日以前に検定にパスした従来機種は最長3年の稼働が認められるため、2017年105日に検定通過となった爆発機種、大海物語4は「上限出玉の規制」を受けることなく202010月4日まで設置可能ですが、今後は規制の枠内に収まるスペックの新機種が徐々に増える見込みです。

                 

                 このたびの規制はパチンコ依存症患者を救済するという美名のもとにホール経営者、パチンコメーカー、パチンコファンの全てを圧迫する悪法です。パチンコファンにとっての緊急課題は、「従来機種がホールから姿を消した後、如何にして出玉の少ない新機種で勝ち続けるか?」という一点に尽きます。新規制から導き出される結論をパチンコファンに必要な部分のみ平易な言葉に要約すれば、「規制前と同じ勝率でも、勝った時の稼ぎが今までよりも減る」ということです。

                 

                 パチンコ新時代に突入した今日、確実に勝つためのノウハウに通暁する重要性が今まで以上に増すことは論を待ちません。規制後にホールに導入される新機種で勝負する場合、甘デジの攻略のように軽いフットワークを生かして、一日に2台、3台、4台・・・と複数台を次々と当てる攻略技術を身につけなければ満足のいく稼ぎにはなりません。

                 

                 プロ養成道場を自任する当倶楽部の存在意義が問われる時を迎えました。パチンコに必勝法はありませんが、パチンコには数々の法則を利用したプロの戦術がありますパチンコには「非常に勝ちやすい瞬間」というものがあります。何も考えずにダラダラと打つのではなく、辛抱強く頻繁に休みを入れながら(投資額をセーブしながら)勝機を待ち、勝ちやすいタイミングを捉えて一気に攻め込むのがプロの技です。

                 

                 リヴィエラ流「パチンコ総合攻略ノウハウ」(最強攻略法・海殺しX)が暗闇の中の一条の光となればこのうえない悦びです。

                 

                「善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり」 (孫子の兵法より)

                 

                しばらくの間は安泰

                 

                 ごく当たり前のことを書いたつもりでしたが、大勢の方々がホームページ右上にあるお問合せフォームを利用され、ご感想を述べてこられたことには少々、驚きました。コメント欄を閉鎖している当ブログや海殺しX事務局便りも同様ですが、ホームページでも新しいコラムや記事を発表するたびに読者の皆様からのコメントがお問合せフォームを通じて入ってくることはライターとして嬉しい限りです。

                 

                 今回、寄せられたコメントの中で最も多かったのは、「そうか。これからはミドルもライトミドルも甘デジみたいになっちゃうのか」というものでした。別に規制後に導入される新基準機(新規則機)が甘デジ並みの出玉になるというわけではありません。新基準機(新規則機)も甘デジよりは遥かに出玉の多い仕様になります。しかし、勝つ時の収益がパチンコ規制が施行される前に滑り込みで検定を通過した機種(例・大海物語4)と比べて少なくなりやすいということです。

                 

                 現在は2018年1月31日までに検定を通過した機種(旧式タイプ)が依然としてホールの主役になっています。今後、お披露目される新台も滑り込みで検定を通過した機種が中心となりますが、新機種の検定に必要な期間(※合格通知が来るまでに数か月以上かかることもざらにある)等を考慮しますと、恐らく今年(2018年)の夏以降には規制の内容に沿った新基準機(新規則機)が続々とデビューすることになり、それと並行する形で人気のある従来機種は「検定通過後、3年までは設置可」という救済措置を最大限に利用して、撤去の義務が生じる時期が来るまでの間、据え置かれることが予想されます。そして、ギリギリまで粘った挙句、旧式タイプの機種が徐々にホールから姿を消すことになる再来年(2012年)の暮れが近づくにつれ、パチンコファンの心の不安はとてつもなく大きなものとなるはずです。

                 

                 今まで「パチンコに攻略法など存在しない」と戯けたことを言っていた人もパチンコを続けるという決心を固めたからには真剣に勝つためのノウハウを模索することになると思われます。それを裏付けるかの如く、ホームページの記載中の下記のコラムのアクセス数が今、物凄い勢いで爆発しています。

                 

                パチンコ攻略法の誤った概念を正す!〜本物と偽物との違いなぜ勝てないのか?

                 

                2018年のパチンコ規制により設定付きの台が可能に

                 

                 甘デジ流の攻略とは?

                 

                 それはさておき、甘デジ流の攻略とは如何なるものでしょうか。

                 

                パチンコ規制後の新台攻略  甘デジを打つ人をじっくりと観察していますと、10連荘前後の多連荘をした人が連荘終了後、すぐに打つのをやめ、席から離れる傾向があることに気付きます。きっと、なかなか出玉が増えない甘デジ特有のもどかしさを日頃から痛感しているが故に、「これだけ出れば十分だ。これ以上、粘っても増えることはない」と判断して、家に帰るのでしょう。甘デジの大連荘が終わってから席を立つものの、家路につくわけでもなく、別の台に移動して勝負を続行するする人もいます。見るからにプロっぽい人が台移動をした直後にまたしても当て、5〜6連荘してから再び台移動をしている光景を見たことのある人は多いでしょう。

                 

                 このように台を移動するたびに移動先の台で当て続ける猛者が甘デジ攻略プロには多いのです。ミドルやライトミドルでも今後伸びそうもない台には早期に見切りをつけることが重要ですが、ミドルやライトミドルの台は当たりさえすれば爆発しそうな手応えのある台を見抜ける人が素人の中にも少なくないと見えて、甘デジと比べた場合、一つの台で粘る人が圧倒的多数を占めます。

                 

                 しかし、新基準機(新規則機)で埋め尽くされる2020年の後半以降は甘デジ的感覚の攻略手腕(台を次々と移動させて当て続ける技術)を持たなければ、満足のいく稼ぎにはなりません。今、世間ではパチンコ規制について的外れなくだらない議論でもちきりですが、これこそが最重要の論点なのです。

                 

                 今までのように運と山勘だけに頼り、デタラメな台選びをしていたり、ハマリ台特有のサイン(発生する現象)を見抜けぬために見込みのない台を延々と打ち続ける人は、投資がかさむ一方ですし、仮に運よく当たったとしても投資額を回収することは困難です。

                 

                 今までは、大抵の人が運任せでパチンコを打ち、偶然、大爆発に成功してしまったために、その後は何度負けようともパチンコにハマってしまうという時代でした。これがパチンコ依存症患者を多数生み出す結果となり、政府は人々の射幸心を抑制するため、最初にスペック的に大爆発が生じやすいマックス機を禁止しました。今度は出玉の上限を設けるという愚策に出ました。これしきの対策で依存症患者が減ることにはなるとは到底思えませんが、とばっちりを受けたのは依存症とは無関係な健全なパチンコファンです。ホールにとってもメーカーにとっても大きな打撃を受けました。

                 

                カジノ依存症は放置?

                 

                 きっと忙しすぎてパチンコを打ったこともないような国会議員が空想をめぐらし、こうすれば依存症の対策にもなると本気で思っているのでしょう。又、依存症を減らすという名目で規制を開始して、パチンコファンをホールから遠ざけ、カジノの客になってもらうという別の狙いも見え隠れします。将来、カジノ依存症が深刻な社会問題に発展しても経済効果を優先して平然と放置するのであれば、私は二度と自民党には投票しません。(しかしながら、自民に代わるまともな党が見当たらないのも大きな悩みですが・・・)

                 

                デメリットばかりでもない

                 

                 しかし、今はそんなことをとやかく言っている場合ではありません。パチンコを続ける以上、私たちは勝ち続けなければならないのです。今回の規制は悪いことばかりでもありません。クギ調整の禁止というのは良い知らせでもあります。ホールは入荷した台のクギを勝手にいじれなくなります。

                 

                 当倶楽部はクギの善し悪しを少しも重視しないスタンスをとりますが、それはクギ読みは現代のパチンコを攻略するための本質的な要素ではないというだけの意味でしかなく、クギが良くてもなんのメリットもないと極言しているわけではありません。

                 

                 クギの状態が良好であれば必然的に玉もちも良くなりますので、少ない金額で沢山回せるようになります。

                 

                 その結果、出目の推移スーパーリーチの頻度と種類チャンス目の出方(海物語シリーズ限定攻略情報…詳細は下記リンク欄の「人気コラム」参照)等から台のサイクル状態を読み解くことが今までよりも容易になりますし、そろそろ当たる台であるかどうかを識別する手掛かりにもなります。台を捨てようと思った矢先に当たる前の兆候を見る機会も増えます。これは大きなミスを防ぐことにもなります。そのサイン(当たりの前兆)に導かれる形で台から離れることなくそのまま打ち続け、めでたくも当たり、「捨てなくてよかった」と安堵することにもなるでしょう。まともな攻略知識があればの話ですが。

                 

                クギの重要性は意外なところに・・・

                 

                 以前、まわるんパチンコ大海物語3という機種がありました。電チューが頻繁に開き、とにかくよく回りました。どういうわけかこの機種は大海シリーズの中では他の機種ほどにファンの人気を得ることができませんでした。専門知識をお持ちの方には説明不要でしょうが、現代のデジパチにおいて、よく回る台=すぐに当たる台という図式は成り立ちません。パチンコが完全確率のゲームであるといまだに信じている人は目を覚まして下さい。

                 

                 ホルコン(ホールコンピュータ)は数台で一つのグループ(ユニット)を作り、常にどこかのグループを当選状態にしています。当たる台というのは当選グループの中から誕生します。趣旨から離れますので、ホルコンに関する詳しい説明はここでは割愛します。(ご存じない方は下記リンク欄の「ホルコン関係」参照

                 

                撤去台 ここで注意すべき点があります。それはホルコンが全てのグループを平等に扱うことは絶対にないということです。自ずから強いグループと弱いグループが生まれます。(日替わりで) 一つのシマに8グループがあるとすれば、客入りが良い状態で強いグループは3つくらい、弱いグループも3つくらい、残りはその中間(強くも弱くもないグループ)となります。ホールで発生する現象を入念に観察すればおわかりのように、当たりの大半は強いグループから出て、多連荘の大半も強いグループから出ます。こういう基本的なことを知らない素人が「よく回るのに当たらない」(ごく普通の現象にすぎないのですが・・・)と腹を立て、裏切られた期待(失望)が反感に変わり、予想外の不人気につながったものと私は見ています。

                 

                 しかし、まわるんパチンコ大海物語3は最強攻略法・海殺しXのユーザー(顧客)の間では非常に人気の高い機種でした。その理由は上述した通りです。つまり、クギの善し悪しは決して勝敗を左右する直接の要因には成り得ませんが、小額投資で台から様々な情報を引き出すという観点では、よく回る台の方が断然有利であるということです。

                 

                読者の皆様へ

                 

                 話を戻しますが、凄腕の攻略力が今まで以上に要求される時代がすぐそこに迫っています。プロの技を修得し、異なる台を次々と当てる実力のない人は、負ける時の額は変わらなくても勝つ時の額が減るという空虚な気持ちに襲われることでしょう。これではパチンコを楽しむことすらできません。当倶楽部は顧客に対し、日頃から「パチンコを楽しもうとは思うな。勝負の鬼となれ」と口酸っぱく叱咤激励していますので一見矛盾するようですが、一般の人々が楽しむことすらできなくなれば、パチンコ業界が被るダメージ(パチンコ人口の減少等)は甚大です。やはり、この業界あってのリヴィエラ倶楽部です。

                 

                 今後も最強攻略法・海殺しXのユーザーにはメールによる個別指導(※返信に時間がかかることはご容赦下さい)を一層強化する所存です。それ以外の方々にも業界の凋落を防ぐ目的で今まで通り、当ブログを中心に表に出せる範囲内で攻略情報を積極的に発信してゆきますので、更新頻度は高めとは言い難いものがありますが、当ブログのご愛読を続けていただきたいと心より願っております。

                 

                リヴィエラ倶楽部

                佐々木智親(海殺しX開発者)

                <推奨コラム>

                新基準機と新台の攻略【大殊勲】100万円プレイヤーの誕生!
                パチンコ勝ち組への転身〜縦横無尽に攻略法を駆使する!
                【パチンコ攻略】リーチ信頼度の科学(好調台の打ち方)
                海物語シリーズ攻略のための突確講座新基準機はいつから
                T.K氏の不思議な攻略法

                最強攻略法・海殺しX購入者の資産管理ノウハウ規制緩和
                【海物語S共通】連荘継続テクニック【大海物語4攻略】

                <甘デジ攻略>
                【甘デジ攻略】爆発力のある台選び(勝てる立ち回り)
                【甘デジ攻略】保留連荘と特殊リーチの秘密
                【海物語シリーズ】甘デジ攻略の必修事項

                風営法改正カシオペア攻略術を甘デジに使用する際の注意点

                <人気コラム>

                パチンコ規制後の立ち回り海殺しX、大海物語4で大爆発!  

                パチンコ規制の強化に対処する攻略ノウハウ【大海物語4 沖縄4攻略】チャンス目の秘密
                いつから本格的な規制が始まるのかリヴィエラ倶楽部の由来
                大海物語4ブラックの出玉上限パチンコルネッサンスの幕開け

                パチンコ規制の緩和はあるのか「ウルトラ速攻法」詳解

                パチンコ規制と大海物語4パチンコ・コラム名作アーカイブ

                 

                 

                <ホルコン関係>

                設定パチンコ・ホルコン攻略の限界〜ホールコンピュータの魔術(前編) 

                なぜパチンコ・ホルコン攻略の限界〜ホールコンピュータの魔術(後編)

                ホールコンピュータ(ホルコン)による大当たりの誘発

                ホルコンと突確に関する断想(攻略の糸口)

                 

                パチンコ規制の詳細な内容パチンコ規制時代に明かりをともす
                最強攻略法・海殺しXの公式HP

                パチンコ出玉規制と封入式パチンコ

                パチンコ規制後の攻略を海殺しXで!

                にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ攻略・裏技へ


                Stress-free Life (リヴィエラ流人生哲学)

                0

                  (★旧「リヴィエラ倶楽部・青い鳥の詩」の移転に伴う転載)

                   

                  世界一痛快なジョーク


                   フィリピンのジョセフ・エストラーダ元大統領が副大統領時代の話。東洋随一の天才政治家と謳われたリー・クアンユー(当時、シンガポール首相)がフィリピンを訪れ、数人の政治家の前で痛烈なひと言を放った。
                  「この国はアジアの中では学歴水準がきわめて高く、国民の大半が英語を理解できるという利点を生かし切っていない。社会は混沌としており、私の目には全てが無秩序に映る。もし私にこの国を任せてくれるのであれば(=もし自分がフィリピンの大統領であれば)、あと15年でこの国をシンガポール並みに発展した国家にしてみせる」。
                   

                   フィリピン人は温厚で陽気な反面、ちょっとした屈辱にも耐えられないという弱さ、すなわち異常なまでのプライドの強さを持つ。しかし、決して感情を表には出さない。どんな屈辱に対しても、笑みを浮かべながら内心では逆上している。堪忍袋の緒が切れたエストラーダは、すかさず強烈なカウンターパンチを見舞った。
                  「シンガポールの統治を私に任せてほしい。15年とは言わない。たった1年で貴国をフィリピン並みにメチャクチャにしてみせよう」。

                   カタブツのリー以外は全員大爆笑。かくしてシンガポールVSフィリピンの舌戦は、エストラーダの華麗な返し技が見事に決まり、フィリピンの大逆転勝利で幕をおろした。その場に居合わせたフィリピンの政治家たちは溜飲を下げた。学識の深さ、頭脳の緻密さ、勤勉さにおいては、誰ひとりとしてリーには勝てない。経済的繁栄においては、絶対にシンガポールを超えられない。しかし、ユーモアの才能、人生をエンジョイする能力においては、自分たちが世界一であるという誇りが彼らにはあったのだ・・・


                  その後のエストラーダ


                   遊び過ぎて大学を2回も中退しているエストラーダはインテリ層には支持されない。しかし、元俳優としての好感度(正義の味方キャラ)に助けられ、1998年には大統領の座を射止める。ところが、2年半後、「不正な手段を用いて私腹を肥やした」という議会の糾弾に抗えず退陣。これは彼の政敵がマスメディアを利用して仕掛けた罠だった。

                   不幸にも、かつての人気俳優は刑務所暮らしの身となるが、2007年の恩赦によって地獄から生還。2010年に再び大統領選に挑むという暴挙を試みるも落選。それから3年後、年老いた元俳優は人生最後の勝負に出る。マニラ市長選に奇跡の当選!「私は世界初の囚人出身の市長である」と声高らかに宣言した。苦境に屈せず、どこまでも明るく生きるポジシティブな生き方がファンの感動を呼ぶ。

                   彼の愛称はErap(エラップ)。これは現地語のPare(兄弟)の逆さま読み。政治家としての能力は最後までリー・クアンユーに遠く及ばず、そもそも大統領の器ではなかった。とはいえ、女好き、賭博好き、いい加減という人間味溢れる欠点を除けば、誰に対しても優しい、頼もしい兄貴だった・・・ 


                  エラップに続け!


                   優等生でなくてもよい。学歴なんてどうでもよい。社会的地位もいらない。パチンコの凄腕にものを言わせ、日々の暮らしをエンジョイする。夢に向かって前進する。自分らしく生きる。そして、世界に愛を灯す・・・・・・ 
                  This is how we live.(リヴィエラ流人生哲学)

                      X   X   X   X   X    X   X   X   X   X   X   X   X   X   X   X   X   X   X   X   X   X   X   X   X   X   X   X   X    

                  1.弱気ではなく強気
                  2.陰気ではなくなく陽気
                  3.ネガティブではなくポジティブ


                   この3条件さえ満たせば、ストレスの少ない健やかな人生を送ることができる。しかし、決して怠ってはならないことは、自分だけでなく周囲の人々も幸せにする努力である。上記3条件が揃っていても、自分の利益しか考えない人間は社会的に通用しない。隣人愛の実践が心の余裕を生む。他人を幸せにできる人は間違いなく自分自身も幸せにすることができる。


                   「タフでなければ生きていけない。優しくなければ生きる資格がない」

                  (探偵小説の主人公、フィリップ・マーローの名言)

                  リヴィエラ倶楽部 佐々木智親(海殺しX開発者) 

                   

                  JUGEMテーマ:人生訓


                  海殺しX早わかり動画


                  <推奨コラム>

                  パチンコ勝ち組への転身〜縦横無尽に攻略法を駆使する!
                  【パチンコ攻略】リーチ信頼度の科学(好調台の打ち方)
                  海物語シリーズ攻略のための突確講座
                  T.K氏の不思議な攻略法
                  スーパー海物語IN沖縄4桜バージョンとドラム海物語の攻略
                  ホルコンと突確に関する断想


                  <甘デジ攻略>

                  【甘デジ攻略】爆発力のある台選び(勝てる立ち回り)
                  【甘デジ攻略】保留連荘と特殊リーチの秘密
                  【海物語シリーズ】甘デジ攻略の必修事項

                  カシオペア攻略術を甘デジに使用する際の注意点

                  <人気コラム>
                   

                  海海殺しX、大海物語4で大爆発!    
                  プレゼントパチンコ攻略法の誤った概念を正す!〜本物と偽物との違い
                  リヴィエラ倶楽部の由来
                  パチンコルネッサンスの幕開け

                  最強攻略法・海殺しXの公式HP

                  にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ攻略・裏技へ


                  海殺しX/パチンコ事始

                  0

                    鉛筆2008年4月8日、別のブログで産声を上げた、佐々木智親によるパチンコ・コラムのデビュー作。事情により、現在、そのブログがパスワード認証制となっているため、当ブログからリバイバル版を発表します。一人の少年が幾多の体験を経てパチンコ攻略のプロに育ってゆく過程を綴った半生記は「パチンコ史」の縮図でもあります。最強攻略法・海殺しXが誕生するまでには、これだけの熟成期間がありました。

                     

                    元日からパチンコ


                     昨年の11月頃から本業が急に忙しくなってしまった。度重なる海外出張に悲鳴を上げ、猫の手も借りたくなるほど身動きが取れなくなってしまった。ようやく訪れた日本での休日、元日からハイパー海物語INカリブを打ってみようと思った。

                     ところが、行きつけのホールは超満員。パチプロといえども、この状況では負けることもある。「すぐに当たる台」、「爆発する台」は見抜けても、すでにそこには人が座っている。やめるのを待っても、やめればもう座席が取れないとでも思うのか誰もやめてくれない。ホールにとっては最高の状況が訪れた。一人ひとりが休むことなく打ち続けるので、お金が落ちる、落ちる。その結果、一部の台が爆発し、爆発しなくても時間をかけて好調にドル箱を増やす台もあり、全体的には出しまくっているように見えるが、ハマリ台からの回収で十分な利益になっている。

                     こんな時、妥協してあまり気の進まない台を打つとプロでも簡単に負けてしまう。私はじっと忍耐して3時間ほど打たなかった。3時間も打たずにブラブラしているのは苦痛以外のなにものでもない。私の行きつけのホールにはソファがなく、ずっと立ちっぱなしを余儀なくされた。このような状況に備えて日頃からジムで体を鍛えているが、それでも精神的な疲労は防ぎようもない。

                     やっとお目当ての台が空いた。その台を打っていたおじさんは800回転を超えるハマリにうんざりしたのか如何にも不機嫌そうな表情で帰っていった。その台がひとたび当たればとてつもない爆発をする可能性を秘めているとは知らずに・・・。


                     私はその席をキープした後、しばらく打たずに台を寝かせた。そして、リヴィエラ倶楽部の秘伝「ウルトラ速攻法」が使用できるチャンスが到来したのを確認して、間髪入れずに打った。わずか500円で単発当たりが来て、それが時短で確変を引き、最高9連荘を含む計18箱まで伸びた。わずか2時間の出来事であった。

                     

                    私のパチンコデビュー


                     その晩、私は元日から営業しているカフェバーでひとり酒を飲みながら、パチンコとの出会いと今日までの歩みを思い出していた。店のシャンデリアから放たれた光がグラスのカクテルに反射して不思議な残影を浮かべていた。

                     はじめてパチンコを打ったのは14歳の時であった。年齢の割には長身で少し老けて見えた私は18歳以上と思われたのであろう。店員からお咎めを受けることは一度もなかった。当時のパチンコはチューリップ台が主役であった。CR機が世に出る遥か前の話である。チューリップ台はクギ読みで全てが決まる。当時は釘師が、毎日、各台のクギをいじり、良い台、悪い台、普通の台を作っていた。今でこそクギなど見ずに打っているが、当時はクギ読みに全力を注いだ。クギさえ良ければ必ず勝てる時代でもあった。逆にクギの悪い台に座れば、中学生のポケットマネーなどたった一回のパチンコで消えてしまう。

                     はじめて勝った時の興奮は今でも忘れられない。300円の投資が1200円になった。わずか900円の利益にすぎないが、中学生の私には自分の力で稼ぎ出した、たった900円の利益が嬉しくてならなかった。

                     

                    不気味な換金所


                     当時の換金所は今とは違い、摩訶不思議な場所にあり、一種独特の怪しげな雰囲気を漂わせていた。たとえば、ラーメン屋の脇に10センチ四方の小さな窓があり、ブザーを押すと窓が開く。窓には片手しか入らない。換金用の景品を窓越しに渡すと、お金を握ったおばあさんの手がにょろりと出てきたりする。

                     あるホールの換金所はさらに不気味であった。昭和初期か大正末期に建てられたと思われる廃屋があり、窓ガラスの一部は割れ、お化け屋敷のようなその家は蔦(つた)の葉で覆われている。その家の脇に幅1メートルの狭い通路があり、陽は当たらず、塀にはコケが生い茂っている。人がすれ違う時、一人は廃屋に、もう一人は汚い塀に背をもたれ、視線がぶつかり合う気まずいムードの中、しばらくカニ歩きをしなければならない。


                     女性ならばとても行く気にはなれない場所であった。通路を10メートルほど進み右に回ると、何故か上にはヘチマがぶら下がっている。ヘチマの下をうつむきながら歩いていくと、足元にはガラスの破片、錆だらけのブリキ板、誰かの小便の痕跡などが嫌でも視界に入ってくる。薄汚いことこのうえなく、息を止めながら、そして、ヤクザ風の人とすれ違いながら、ようやく換金所にたどりつく。そこにはプレハブ作りの小屋があり、やはり小さな窓があった。もちろん、こんな場所は好きではなかったが、一人の少年にとって、形容し難いスリルとちょっとした背徳の匂いがそこにはあった。それがかえって勝利の興奮を増幅させたのかもしれない。

                     

                    チューリップ台からハネモノへ


                     たまには負ける時もあったが、チューリップ台で負けてもたかが知れていた。勝つ時もたいしたことないが、負ける時もかわいいものであった。毎回のように千円、2千円と稼いでは、それをコツコツと貯金して、一年で20万円ほどの貯蓄ができた。中学生にとっては大金である。私は不覚にも震えた。

                     一年が経ち、高校受験の準備で忙しい時期にハネモノ台が登場した。はじめは怖くて手が出せなかった。ハネモノはチューリップ台と違って、千円、2千円がまたたくまに消える。今のCR機は1万円、2万円を簡単にすってしまう危険があるが、当時はハネモノすら怖かった。私はチューリップ台にこだわり続けたが、ハネモノは玉がVゾーンに入賞すると、一気に出玉が増える上、チューリップ台にはない爽快感があった。

                     ハネモノは人々の射幸心を煽ると同時にゲーム好きな人を熱狂させた。ストローク調節のテクニックを駆使すれば、羽の開閉時間を長引かせることもできた。私はやらなかったが、機種によっては、予め玉にハンドクリームを塗っておくとV入賞率が高まると言われたものもあり、ゴトまがいのことを普通の人がやっていた。効果のほどはわからぬが、羽が開いた瞬間にハンドルを少し動かし、羽の先端に玉を拾わせるとVに入りやすいと信じて、そればかりを狙っている人もいた。これも実際に効果があったかどうかは疑わしいが、羽が開いた瞬間に、ある方向から台を叩き、圧力をかけることによってV入賞が容易になると信じ込んでいる人もいた。

                     ともあれ、勝った時の金額が倍増したことと様々なテクニック(効果のないものも含め)が実践できるということが人々を魅了し、ハネモノはホールの新しい主役になった。その結果、チューリップ台はどのホールからも次第に姿を消していった。 

                     やむを得ず、ハネモノに転向した私であったが、当時、人気のあったゼロタイガーやビッグシューターをとことん研究し、気がつけば、ハネモノでも勝てるようになっていた。20万円の貯蓄は軍資金としては十分すぎた。ハネモノで勝つ時は5千円、6千円と勝てる。受験勉強そっちのけで私はハネモノにはまっていた。今のCR機は素人でも爆発さえすれば、ただ座っているだけで5万円、6万円と簡単に勝てるが、当時は数千円勝っただけで大人が小躍りする時代であった。中学生の少年にとって、数千円規模の勝利が言い知れぬ興奮をもたらしたことは言うまでもない。

                     

                    ついにデジパチの時代へ


                     さらに一年が過ぎた。ハネモノの次に出たのはデジパチであった。今のような確変はなかったが、オールセブンが揃うと大きな箱がいっぱいになる今思えば、この頃からパチンコのファン層が変わってきたように感じる。

                     チューリップ台の頃、パチンコは頻度の差こそあれ、誰もが時折楽しむ庶民の娯楽であった。それがハネモノの出現によってゲーム性が格段に上がり、一時的にはファンを増やしたように見えたが、数千円単位で勝ったり負けたりするため、堅実な人はパチンコを打たなくなっていった。とはいえ、堅実な人ではあっても、たまにはパチンコを打ってみようという遊び心が十分に持てた時代であった。負けてもせいぜい数千円にすぎない。しかし、デジパチの出現はギャンブル好きを熱狂させた一方で多くの人々をパチンコから遠ざけてしまった事実は否めない。


                     今のデジパチほどの博打性はないが、デジパチの出現はパチンコを万単位の勝ち負けのゲームに変えてしまった。当時のデジパチは確変こそなかったが、一度オールセブンが出ると、2円50銭の換金率(当時の平均相場)でも、ひと箱8千円弱にはなった。オールセブンが揃うたびに出玉を交換しなければならないホールが大半であったが、大当たり確率も甘く、何度も挑戦して当たり続ければ、結構な収入になったものである。

                     高校に進学したばかりの頃の私はデジパチが怖くて打てなかった。ハネモノ以上のスピードでお金がなくなり、ハネモノと違って、いくら回ってもオールセブンが揃わなければなんの意味もない。せっかく習得したクギ読み能力もあまり役に立たなくなってしまった。よく回る台が勝てる台でもない。そのくらいのことは本能的に察知した。そして何かウラがあるに違いないとも思った。「遠隔操作」、「コンピュータ制御」といった話題が噂にのぼり始めたのもこの頃からである。


                    私の人生を変えた週刊誌記事
                     

                     そんな折、私の人生に決定的な影響を与える記事が『週刊宝石』誌に出た。私の行きつけのホールでは、ルーキーZという名のデジパチがあった。その攻略法が全国に流通する誰もが目にする一般誌に、なんとリークされてしまったのである。

                     

                     ルーキーZは上に一つのデジタル、下に三つのデジタルを持ち、その全てに7が揃った場合のみ当たりが発生する。『週刊宝石』には、そのリーチ目が公表されていて、7−553、7−331、7−035、5−035がそれであった。「この目が出れば、約50パーセントの確率で30回転以内に当たります」と某パチプロのコメントが紹介されていた。

                     今でこそリーチ目はそれほどあてにならないが、この情報は恐ろしいほど事実であった。はじめは私も半信半疑であったが、ものは試しとばかりに最初からその出目で放置されている台を探して何度か打ってみた。そして、本当に約50パーセントの確率で30回転以内に当たった。 

                     当時を知らない若い世代の方は「そんなに都合よくリーチ目で捨てられている台があちこちに落ちているものか」と疑問に思われるかもしれない。しかし、ルーキーZは0から9の全ての数字が使われているわけではなかった。0、3、5、7しか使われていなかったため、数字の組み合わせも限定されていた。しかも、そのホールでは、全体の70パーセントの台がルーキーZという偏った機種の配置をしていたため、空席の台はいくらでもあった。30分も巡回を続ければ、一つくらいはリーチ目状態で放置されている台が見つかったし、2台並んでリーチ目状態で放置されていることも珍しくはなかった。(ホルコンに詳しい方は「おっ、並びだな」と独り言をつぶやいていませんか?) そんな時は一台の上皿にタバコかハンカチでも置いておいて、残りの台を攻めた。そして、うまくいかない時はスペアとして押さえておいた隣の台に移り、簡単に当てることができた。 

                     まだ高校生の身分にすぎなかった私はますます震えた。ルーキーZで30回転といえば千五百円か2千円の投資である。時には10回転以内で当たることもある。そして、当たれば約8千円がポケットに転がり込む! 

                     連日、私はリーチ目が出た状態で放置されている台を拾っては勝ちまくった。見つからない場合は打っている人を背後から観察し、リーチ目が出てすぐにやめた人の台を拾って勝った。30回転で当たらなければ別の台を攻める。時には4台連続で攻略に失敗することもあったが、次に2回連続で攻略に成功すれば、十分に挽回できた。又、自分の経験から上記のリーチ目の上段の数字が3に入れ替わった場合、それがハマリ目であることも看破した。時には、リーチ目が出た台を打つとすぐにハマリ目が出ることもあった。そんな台はすぐに捨てたため、無駄な投資を省くことができた。


                    栄光の時代の終焉


                     しかし、こんな単純で面白い話はそう長くは続かない。雑誌で攻略法が暴かれたことと関係があるのかもしれないが、ルーキーZはどのホールからもすぐに撤去され、攻略法のわからないデジパチとハネモノだけが残った。しばらくは、ハネモノに戻って、小銭を稼いでいた私であるが、ルーキーZでぼろ儲けした栄光の時代が忘れられず、次第にハネモノでは満足できなくなった。
                     

                    人は生活水準のダウンに耐えられない


                     人は一度手にしたリビングスタンダード(生活水準)を落とすことができないと言われる。たとえば、一度でも洒落たマンションに住んだことのある人は、どんなに生活が苦しくても、二度と安アパートには住めなくなる。長年、車を持っていた人は、たとえ乗る機会が減っても、あらゆる犠牲を払って車を維持することに執念を燃やす。実際は収入が激減すれば、贅沢も言っていられなくなるが、ひとたびリビングスタンダードをダウンさせると、人は大変な失望感と向き合って生きなければならない。

                     私は仕事柄、芸能人、スポーツ選手との交流があったが、最盛期を過ぎ、あるいは引退して、今はかつてほどリッチでなくても、彼らの金銭感覚は少し普通の人とは違っていた。たいした距離でなくても決して歩こうとはせず、手を上げてすぐにタクシーを呼ぶ。外で食事を共にすると、食後は高級な喫茶店に場所を移し、お茶やケーキの飲食だけで通常レストランの夕食以上の勘定を支払う。 

                     芸能界には「アゴアシ付き」という業界用語がある。イベントなどで芸能人を招聘する時、「アゴアシ付きでお願いします」と言われれば主催者は食事代(アゴ)と交通費(アシ)を高額なギャラに上乗せしなければならない。又、芸能界には「並び」という業界用語もある。(ホルコンの並びではありません!)

                     たとえば、ある人のギャラが70万円とすれば、実際には源泉徴収税(10パーセント)を差し引いた63万円がその人の銀行口座に振り込まれる。ところが、「七並びでお願いします」と言われれば、777,777円という半端な金額がギャラになる。そこから源泉徴収税を引くと、ジャスト70万円になる計算である。たった一言で7万円も稼いでしまうのは解せない話であるが、すでに慣例化していることなので誰も文句が言えない。 

                     そのような厚遇に慣れた人々はそれが普通であると思い込んでいる。そのため、性格の良い人であってもつまらぬことで怒り出すこともある。

                     

                    ある女優の話


                     かつて、まだ少しは人々の記憶に名前が残っている引退女優にある仕事をお願いした時、予算の都合上、交通費は支払えたが、食事代が出せなかったことがある。ギャラは現役時代の5分の1で快諾してもらえたが、食事代(5千円払えば十分)を出す余裕がなかった。後でその人から「私は本当に惨めな思いをしました。こんな会社であれば、もう二度と仕事はしません」と三行半をつきつけられ、私は謝罪のためお土産持参で彼女が指定した高級ホテルのレストランまで足を運んだ。

                     

                     また怒られてはたまらないので、当然、食事代は会社の負担にするつもりでいたが、彼女は私が多忙であるにもかかわらずわざわざ指定の場所まで出向いたことに満足し、高い食事代を平然と支払った。私は「これでは、なんのためのお詫びかわかりません」と彼女の奢りを固辞したが、「いいんですよ。私はお金が欲しくて怒ったわけではありませんから」とかわされてしまった。つまり、自分が大事にされなかった(実際はそういうわけではないのだが)との思いが彼女に深い悲嘆をもたらしたのであった。


                    心の中での昇進


                     随分と話が横道にそれたが、人は誰でも段階的なレベルアップを楽しむ習性がある。サラリーマンであれば、主任、係長、課長、次長、部長、取締役と徐々に昇進してゆくところに醍醐味がある。転職でたとえ給料が上がっても、肩書きが下がったり、権限が弱まったりするだけで不愉快に思うものである。

                     パチンコも同じである。一度、デジパチで稼ぎまくった栄光の時代が忘れられず、私はハネモノなんてものは三流プロが攻略する機種であると勝手に決めつけ、デジパチ以外は打たなくなってしまった。チューリップ台のプロ→ハネモノのプロ→デジパチのプロと、心の中で昇進を楽しんでいたともいえる。


                    爆発機種の誕生と社会問題


                     その後、CR花満開という確変機能が付いたパチンコが登場したのを機に、大工の源さん、モンスターハウスといった爆発機種が次々と誕生した。この頃から「パチンコ依存症」という言葉が生まれ、パチンコに負けてサラ金地獄に落ちる人、配偶者に愛想をつかされ離婚の憂き目に遭う人、そこまでひどくはなくても、給料の大半を連日のパチンコですり減らし、なんのために働いているのかわからない人などが珍しくなくなった。それが大きな社会問題となり、かつての庶民の娯楽が悪いものの代名詞のようになってしまったのは残念でならない。

                     一時期は人々の射幸心を煽らないためという理由から連荘の上限は5連荘までという理不尽な規制もあった。しかし、こんな規制を始めたところで、世の中の流れは変えることができない。5連荘制限もやがて撤廃され、どのホールも次第にアツイ鉄板と化し、人々の悲喜こもごもの舞台と変容していった。


                    攻略研究の開始!


                     もうハネモノに戻る気力は完全に失せていた。いつしかハネモノも時代遅れの斜陽機種に成り下がっていた。メーカー各社がどんなに工夫を凝らしても、運さえ良ければ、500円が1時間で5万円に化けるCR機の魅力を超えるハネモノ機など開発できるわけがない。 

                     海物語シリーズの元祖、CR海物語が出た頃から私は「海」しか打たなくなった。(※その後、紆余曲折を経て、現在は何でも打つようになりました)「海」に勝つためにホルコンの研究もした。しかし、ホルコンの知識だけでは収支は格段に上がっても爆発しなければ、たいした儲けにならないばかりか深追いすれば負けてしまう。

                     私は次第に爆発狙いの研究に全てのエネルギーを傾注するようになった。そして、最終的にはホルコン攻略と爆発狙いの攻略を併用するしか勝ち目がないという結論に達した。そして、連日のように勝ちまくり、パチンコ収入が本業収入を超えるまでになった。当初は筆舌に尽くし難い苦労があったが、何事も精進を続ければいつかは花開くことを信念に前進を続けた自分がいた。 

                     私の所属するパチプロ集団、リヴィエラ倶楽部の切り札、最強攻略法・海殺しXはたゆまぬ努力と反省の繰り返しから生まれた、血と汗と涙の結晶であり、またの名を「夢の翼」という。


                    夢の実現は幸せの第一歩
                     

                     富だけで人は絶対に幸せにはなれない。築いた富を自分の夢の実現のために用いてはじめて幸せになれる。厳密に言えば、それでも完全な幸福にはほど遠い。これが富の限界なのである。人を幸せに導く友情、恋愛、家族愛などは富とは無縁のものである。富こそが人に幸福をもたらすものと考えるのは拝金主義者の妄想にすぎない。だが、 お金に全く興味を持たないロマンチストにも大きな見落としがある。夢の実現は幸福の一翼を担うものと知りながら、夢の実現と富との間に存在する、切っても切れない関係を彼らは直視しようとしない。 

                     薄暗いカフェバーの片隅で、ただひとり酒を飲んでいた私は900円を儲けて得意がっていた生意気な少年時代の日々を追懐していた。もしあの時の興奮がなければ今の自分はなかったと断言できる。そして、『週刊宝石』のあの記事に出会っていなければ、ハネモノの衰退とともにパチンコをやめていたに違いない。 

                     たった900円儲けただけの興奮と『週刊宝石』の記事。この二つの出来事が一人のパチプロを生み出した。人生は不思議な形で転機が訪れる。


                    ネバーギブアップ


                     将棋の故・米長邦雄永世棋聖は幼い頃、まぐれで大人を将棋で負かし、「坊や、君は天才だ。きっと名人になる」と言われたという。当時の米長氏は将棋のルールを覚えたばかりの超初心者にすぎなかった。その米長氏に負かされた大人はどうしようもないほど弱かった。超初心者に負けてしまう人物に他人の才能を論じる力などあるはずもない。しかし、子供は純情である。米長氏は大人の戯言を真に受けて、「プロになれば名人になれる」と本気で信じたという。その後、めきめきと頭角を現した米長氏は本当にプロになってしまった。これだけでも十分に面白い逸話であるが、事実は小説よりも奇なり。米長氏は棋士としてのピークをとうに過ぎた49歳の時、7度目の挑戦でついに悲願であった名人の座を射止める。史上最高齢での名人奪取はマスコミの大絶賛を浴びた。何事も決して最後まで諦めてはならない。 

                     もしあの時、大人の戯言がなければ・・・運命とは数奇なものである。

                     

                    リヴィエラ倶楽部 佐々木智親(海殺しX開発者) 

                     

                    <注目コラム>

                     

                    海海殺しX、大海物語4で大爆発!    

                    本物のパチンコ攻略ネタ「ウルトラ速攻法」詳解

                    【パチンコ攻略】リーチ信頼度の科学(好調台の打ち方)

                    海パチンコを取り戻す!自由海物語党

                    プレゼントパチンコ攻略法の誤った概念を正す!〜本物と偽物との違い

                     

                    <甘デジ関連>

                     

                    甘デジ 攻略 海物語【海物語シリーズ】甘デジ攻略の必修事項

                    甘デジ爆発台の出玉【甘デジ攻略】保留連荘と特殊リーチの秘密

                    爆発力で勝負! 甘デジ攻略技の紹介甘デジで勝つ方法

                    海海物語アクアWith吉木りさ 好調台の特徴

                    指輪カシオペア攻略術を甘デジに使用する際の注意点

                     

                    <リヴィエラ倶楽部紹介>

                     

                    海殺しX紹介動画(YouTube)

                    クローバーリヴィエラ倶楽部の由来

                     

                    パチンコ・ルネッサンスの仕掛人           

                    最強のパチンコ攻略最強攻略法・海殺しXの公式HP

                    JUGEMテーマ:パチンコ パチスロ
                    にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ攻略・裏技へ


                    「リヴィエラ門下生」による大海物語4の攻略

                    0

                      大海物語4の攻略においては、スペック上、海殺しXが教えるサイクル変換の秘密が重大な鍵を握る

                      事務局便りより矢印大海物語4 BLACK(ブラック)攻略のお問い合わせが殺到!

                       

                      事務局便り更新

                       

                       大海物語4がリリースされて以来、当倶楽部の事務局には最強攻略法・海殺しXのユーザー(リヴィエラ門下生)の方々から戦績報告のメールが連日にわたって続々と届いています。このたびはき海殺しX事務局便りにおいて、その中から二つの事例を紹介させていただきました。(下記リンク参照)

                       

                      最強攻略法・海殺しX、大海物語4で大爆発! 

                       

                      今後の予定

                       

                       上記記事では、二人の門下生のご活躍に言及しつつ、大海物語4の攻略において最重要の心得についても簡単に説明しています。同じような記事内容の連発は極力避けたいと思いますが、今後も必要に応じて、他の記事とのバランスを考慮しながら残りの戦績報告メールを転載する用意があります。

                       

                       又、現在は皆様からいただいた物凄い数のメールへの返信に忙殺されている関係上、なかなか時間がとれませんが、返信に一段落ついた暁には、当ブログにおいて大海物語4の本格的な攻略コラムを発表することも視野に入れているところです。

                       

                      大海物語4をボーダーで勝とうと思うのは素人 大海物語4のトレジャーステージ(モード)は攻略対象として非常にわかりやすいところに最大の魅力があります。それに加えて、最強攻略法・海殺しXは歴代の大海物語シリーズ各機種との相性が抜群に良いという喜びの二重奏に胸がときめく人が後を絶ちません。きウルトラ速攻法きカシオペア攻略術などの各種攻略ノウハウも決まりやすく、リヴィエラ門下生は総じて熱狂しています。

                       

                      お問い合わせに関して

                       

                       なお、現在は前述の如く皆様から頂戴するメールの返信に膨大な時間を費やしており、迅速な返信が実現していませんが、最強攻略法・海殺しXの未購入者からのご質問にも(答えられる)可能な範囲内で回答を差し上げています。

                       

                       下記リンク欄末尾の公式ホームページの「お問合せフォーム」はどなたにも開放されています。ご質問の内容によっては返信に一週間以上の時間を要することもありますが、気長にお待ちいただければ幸いです。

                       

                      大海物語4に限らず裏ボタンに攻略の鍵は隠されていない 大海物語4の攻略関係の話はここまでですが、最後に非常に重要な連絡事項がございます。お時間の許される方は最後までおつき合いください。人道的見地からも報道しなければならない義務感を感じております。

                       

                       

                      Docomo5拡散希望Docomo5 現在、スマホの利用者を狙った悪質な犯罪行為が猛威を奮っています実際はウイルスに感染していないにもかかわらず、「あなたのスマホはウイルスに感染している」と虚偽の警告を出し、ウイルス対策ソフト(実際は全く違うアプリ)を巧みにダウンロードさせようとします。スマホの画面がフリーズしていて、一見すると元に戻ることもできないため、仕方なく指示された手順でダウンロードする人が多いようですが、それでは敵の罠にかかってしまいます。絶対に指示に従わないで下さい。このような偽警告に遭遇した場合は、スマホの履歴で過去に閲覧していたサイトに戻るだけで問題は簡単に解決します。

                       

                      大海物語4の評価は海物語の歴史を左右することになろう 当ブログの姉妹サイトでもある「リヴィエラ倶楽部・青い鳥の詩」もその被害に遭いました。記事にアクセスした途端に偽警告が出て、あたかも私どもがウイルスを撒き散らしているかのような誤った印象を世間に与え、腹立たしい思いをしました。

                       

                       対策を施した結果、偽警告はほとんど出なくなりましたが、FC2ブログ自体が狙われていると見えて、誤って何かの広告に触れた時だけ依然として偽広告が出るようです。やむを得ず、FC2運営者がこの問題を解決するまでパスワード認証形式を採用することに致しました。

                       

                       このような悪質な犯罪行為に警鐘を鳴らす下記の記事(とても有益な情報です!)をスマホの利用者は自衛のために必ずお読み下さい。

                       

                      「あなたのスマホはウイルスに感染しています」という悪質広告に注意

                       

                      大海物語4のプレミアム演出は好調台に頻出する

                       

                       そして、上記の記事をフェイスブック、ツイッター等を通じて拡散していただきたいと願っております。このような情報はただちに拡散して、一人でも多くのスマホ利用者を救済する義務が誰にでもあると私どもは考えます。良心ある方のご協力をいただければ幸甚に存じます。

                       

                      JUGEMテーマ:パチンコ

                       

                      リヴィエラ倶楽部 佐々木智親(海殺しX開発者) 

                       

                      <参考>

                       

                      テレビ大海物語4動画集

                       

                      <併せて読みたい攻略情報>

                       

                      海物語シリーズ攻略のための「一発告知」学

                      海物語シリーズ攻略のための突確講座

                       

                      <甘デジ関連>

                       

                      甘デジ 攻略 海物語【海物語シリーズ】甘デジ攻略の必修事項

                      甘デジ爆発台の出玉【甘デジ攻略】保留連荘と特殊リーチの秘密

                      爆発力で勝負! 甘デジ攻略技の紹介甘デジで勝つ方法

                      海海物語アクアWith吉木りさ 好調台の特徴

                      甘デジ攻略】爆発力のある台選び(勝てる立ち回り)ケーキ

                      甘デジもミドルスペックも攻略は海殺しXでカシオペア攻略術を甘デジに使用する際の注意点

                       

                      <注目コラム>

                         

                      てパチンコルネッサンスの幕開け

                      【パチンコ攻略】リーチ信頼度の科学(好調台の打ち方)

                      海パチンコを取り戻す!自由海物語党

                      「遊びのデザイナー」になる

                       

                      <リヴィエラ倶楽部紹介>

                       

                      海殺しX紹介動画(YouTube)

                      クローバーリヴィエラ倶楽部の由来

                       

                      大海物語4、スーパー海物語IN沖縄4の攻略は   

                      最強のパチンコ攻略大海物語4、沖縄4攻略の秘伝公開(公式HP)

                      大海物語4が人気ナンバーワンの新台になるとは間違いない


                      にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ攻略・裏技へ


                      甘デジ攻略派のための★☆カシオペア攻略術

                      0

                         

                        甘デジ攻略の決め手はこれだ!
                        注目コラム→てパチンコルネッサンスの幕開け

                         

                        個別指導から生まれたガイドライン

                         

                         海殺しX事務局便りに読者(最強攻略法・海殺しXの購入者が中心)の要望に応えて、きカシオペア攻略術を甘デジに使用する際の注意点を重要周知事項として発表した。

                         

                         元来、カシオペア攻略術(オプショナル商品)はきカシオペア攻略術の詳細をご覧になっていただければおわかりのように、ミドルスペック機種を午後の早い時間帯に打ち、小額投資で多連荘させるために開発した当倶楽部のオリジナル攻略ノウハウ(秘伝)である。しかし、ミドルでなければ通用しないというわけではない。当時、甘デジはホールの脇役的存在にすぎなかった。ただこれだけの理由でカシオペア攻略術のテキストブックはミドル向けに書かれている。

                         

                         2年前から私はカシオペア攻略術を甘デジ(遊パチ)の攻略にもたびたび使用するようになった。甘デジ特有のスペックを意識した多少のアレンジが必要ではあるが、根幹となる狙い筋に違いはない。甘デジはターゲットとなる台を少し打てばすぐに結論が出る。そのまま打てば当たる台、当たりはするがそれまでの道のりが長い台、全く話にならない台・・・感触を確かめながら次々と台を変え、午後の1時から2時の間に入店して甘デジで1〜2万円を稼ぎ、4時くらいにはそれを軍資金にしてミドルのシマに移動、第2ラウンドの勝負に入るという行動パターンが自分の定番となった。

                         

                         驚いたことに、海殺しXのユーザー(購入者)の中にも私と同じようにカシオペア攻略術を甘デジに使用する猛者が現れ始めた。冒頭で紹介した新記事にも事の次第を述べているが、このたび発表したガイドラインは甘デジ派ユーザーとの間で個別に展開していた質疑応答の内容をコンパクトにまとめたものである。ユーザーの方々でまだご覧になっておられない方は必ず目を通していただきたい。甘デジ攻略の新たな秘密兵器となろう。

                         

                        大当たり確率の意味

                         

                          ご存知のように、現代のデジパチは機種を問わず、好調サイクル、通常サイクル、不調サイクルがランダムに繰り返される仕様となっている。良い台はサイクル状態が転落しない間はいともたやすく当たり、しかも、確変中心の初当たりが何度も入る。一気に爆発せず数珠連に発展した場合は必ずどこかで満足のいく多連荘が発生する。時にはスペック上の連荘継続率を遥かに上回る大連荘(爆発)も発生する。

                         

                         こういう台をたまたま打ったラッキーな素人はメーカー発表の大当たり確率が全く信用できなくなるかもしれない。逆に悪い台はどれだけハマっても一向に当たらず、これもまた別の意味でメーカー発表の大当たり確率が怪しく思えてくるに違いない。しかし、実際はどの機種も国の検定をパスしている。したがって、メーカー発表のスペックに偽りはない。情報通の方には知れ渡っていることであるが、メーカー発表の大当たり確率というのものは、全てのサイクル状態を総合して打ち出した平均値なのである。したがって、良い台は初当たりの大半が確変であり、確変中も何度も確変当たりが続くようになる。

                         

                        カシオペア攻略術の骨子

                         

                         好調サイクル台のことを一般人は「好調台」と呼び、少しパチンコに詳しい人は「ロムの強い台」とか「ロムの良い台」と呼んだりする。カシオペア攻略術は前日の閉店間際にホールを偵察することから攻略が始まる。そして、調査の結果に基づき、優良ロム台の可能性が極めて高い台を片っ端からメモする。(※慣れれば、いちいちメモしなくても10台以上を簡単に暗記できるようになる)台のサイクル状態は閉店時、電源をオフにした後もそのまま翌日に持ち越される。この法則を利用して、翌日にある条件が満たされた時にメモした台を打ち出す。この極めて単純な攻略ノウハウがカシオペア攻略術の骨子となるものである。そもそもパチンコそのものが単純なものである。必然的にそれを攻略する方法も決して難解なものにはならない。しかし、単純であっても非常に奥が深いのがパチンコというものなのである。

                         

                          「ある条件が満たされた時」というのが素人にはわからない。一撃多連荘というのはそれを可能にする環境が整った時に実現する。したがって、好調台とおぼしき台を開店直後に熱心に打ち続けても、大抵はすぐには当たらない。又、回し過ぎると、サイクルが転落する危険が常につきまとっており、無謀なことをすれば、折角の良い台が台無しとなってしまう。素人の中にもサイクル状態が翌日に持ち越されることに気づいている人はいる。彼らは「明日はあの台で勝負だ!」と意気込む。しかし、偶然、正しいタイミングで打った時だけこの作戦は図星となる。それ以外のケースではひどい目に遭わされることも多い。

                         

                         良い台であっても打てばすぐに当たって多連荘するわけではない。ホルコン(ホールコンピュータ)の働きやホルコンが複数台を束ねて作るグループ(ユニット)の他の台の動向を視野に入れ、機が熟し、当たる環境、一気に多連荘する環境が整った時に打つのがプロの技である。そのやり方をカシオペア攻略術は教える。今回のガイドラインによって、最強攻略法・海殺しXユーザーの方々が甘デジでもこのノウハウを駆使していただければ開発者としてこれに勝る悦びはない。

                         

                         休日の昼下がりにホールに行き、待機している時間を含めて2時間くらいの滞在で、甘デジで1万円か2万円を稼ぐことができれば、それはもう十分すぎる結果といえないだろうか。1台でそこまで勝てなくても、前日にメモした台を3台、4台と打てば、時には2台以上が爆発する幸運にめぐり逢うこともある。そういう時は甘デジだけで3万、4万と稼ぐことになり、笑いが止まらなくなる。とはいえ、理論的なことは簡単に学べても、実戦で成功するためには多少のOJT(実戦トレーニング)が必要であることだけは予め断っておきたい。

                         

                        パチンコルネッサンスとは?

                         

                         話は変わるが、当倶楽部の公式HPのコラム、きパチンコルネッサンスの幕開けのアクセス数が今、大爆発している。私の執筆するコラムや記事の全てがヒットするわけではないが、常に何かがヒットしている状態がここ数年続いており、これはライター冥利に尽きる。当倶楽部が提唱するパチンコルネッサンスについて解説したこのコラムは、現代日本の社会システムを.丱屮詈壊前、▲丱屮詈壊後、21世紀の3つに区分し、それぞれの時代の社会風潮の考察を通じて導き出された結論、すなわち、「今、日本人が真剣に向き合わなければならないこと」をパチプロの視点から述べたものである。

                         

                         詳しくはリンク先のコラムを熟読していただくとして、私が訴えかけたかったことは、豊かになったように見えて実は少しも豊かではない今の時代をそつなく生き抜くためには、生活に少しでも潤いをもたらす副収入夢をはぐくむダイナミックな遊びが必要であるということである。旧来の社会常識が根底から覆され、我が国も欧米先進国並みに遊びが少しも罪悪視されず、むしろ人生をエンジョイする人々が評価される好ましい風潮にはなった。しかし、先行き不透明な時代に特有の不安が人々の遊び心に待ったをかけ、堅実な人ほど遊ばないで将来の危機に備えるという面白くもなんともない選択肢を選んでしまう。先のことだけを考えて、「今」をどう生きるかということを重視しないのは多くの日本人に共通する重大な欠点といえよう。

                         

                        「今」を生きる

                         

                         人生80年とすれば、40歳になったばかりの人の余命は14,600日(365×40)しかない。(迂闊にも、うるう年を計算に入れるのを忘れてしまった悲しい) 将来を憂う一日を過ごすたびに、14,600という数字が徐々にカウントダウンしてゆく。こんな日々が続き、ついに余命日数が5000を割った時、初老の身となった彼は果たして何を思うのか。現在の余命日数が5000の初老の紳士が「今」を楽しむことを忘れ、将来の不安に思い煩い、遊ぶことを忘れて、余命日数が1000を割った時、後期高齢者となった彼は果たして何を思うのか・・・

                         

                        遊び・夢・生き甲斐

                         

                         将来への不安が経済的な事情に絡んだものであれば、知恵を使って稼ぐしかない。夢の翼、最強攻略法・海殺しXがその一助となれば、私の一連のコラムも社会に大きな貢献を果たしたことになる。将来の不安が全くないというのも能天気すぎてどうかと思うが、いにしえより聖書も「明日のことは思い煩うな」と教えている。「今が輝いている人生」を送ることが人の幸福指数を高めるのである。

                         

                         遊ぶ。とにかく遊ぶ。ひたすら遊ぶ。これがリヴィエラ流の人生訓である。もちろん、悪い遊びは奨励しない。健全な遊びを通じて人は夢を膨らませ、夢と共に歩むことにより、人は真の生き甲斐を見出すのである。

                         

                        仕事のできる会社員に学ぶ

                         

                         優秀な会社員は始業時刻になってから「今日はどういう段取りで仕事をするか」と考えることはない。始業時刻を迎える前に、電車の中で、あるいは、前日にすでに仕事のデザインができている。

                         

                         たとえば、午前中は事務処理その他の単純作業に1時間、企画書の作成に2時間、午後は得意先回りで2時間半、帰社後に会議、その会議で発言する内容は得意先訪問を終えた後に喫茶店に立ち寄り珈琲を飲みながら30分でまとめて手帳に書き込む、というような計画がすでに頭の中にある。明確なシミュレーションができているため、想定外の出来事で予定が多少狂っても、大体は予定通りの展開となる。逆に能力の低い会社員は頭の中になんのビジョンもないため、ただ成り行き任せで仕事をして、一日が終わってから、「あの仕事をするのを忘れていた」、「あの仕事にあんなに時間をかけるべきでなかった」と後悔する。

                         

                        遊びのデザイナー


                         この程度の仕事能力は、精鋭揃いの企業に入社すれば2〜3年もしないうちに自然と身につくことであるが、遊びもこれと同様であることに気づく人は少ない。会社員であれば、アフターファイブの遊び、週末の遊びも生産効率を考えて巧みにデザインすべきである。たとえば、こんなデザインは如何?

                         

                         

                        金曜日 8時・・・いつもより少し早めに出社し、毎日行っている単純なルーティンジョブの半分くらい始業前に片付ける。この日は定時に仕事を終える。18時・・・カラオケボックスで歌の練習兼夕食。20時・・・行きつけのパチンコ屋で甘デジ勝負(※閉店までに十分な時間がない時はミドルよりも甘デジの方が安全)22時・・・甘デジで一万円ほど稼いだ後、明日に備えてカシオペア攻略術ための偵察を30分。22時45分・・・レンタルビデオで家族向けの映画を借りる。23時30分・・・帰宅後、ビールを飲みながら奥さんや子供たちとビデオ鑑賞。午前1時・・・寝る前に前回の旅行で買った洒落た絵葉書にたった2行の文章を10秒で殴り書き。「しばらく会っていないね。至急電話されたし(以下電話番号)」これを仰々しく速達で親友に送る。(深夜、コンビニに煙草を買いに行くついでにポストに投函)

                         

                        ●土曜日 10時・・・起床。少しだけ寝坊して一週間の疲れを取り除く。11時・・・朝食兼昼食。正午・・・ベランダで午後の日差しを浴びながら読書30分。12時30分・・・書斎に戻り、メールの返信などに30分。13時30分・・・パチンコ屋へ。前日の調査に基づき、カシオペア攻略術をミドルで実践。15時30分・・・3万円ほどの利益が出たところで勝ち逃げ。16時・・・行きつけのジムで汗を流す。水泳、エアロバイクなどで体を鍛えた後はジムのお風呂で入浴。(もう家で入浴する必要がないので一石二鳥!)19時・・・株主になっている洋品店で株主優待券を使ってスーツを購入し、裾直しとジャケットの内ポケットにネーム入れを頼む。20時・・・食事のできるジャズ喫茶で夕食兼名曲鑑賞。22時・・・再びパチンコ屋へ。明日に備えて再びカシオペア攻略術の偵察を30分。23時・・・帰宅後、スマホのゲームアプリなどに興じる。24時…インターネットでスポーツ観戦。

                         

                        日曜日 8時・・・起床、すぐに朝食。9時・・・YouTubeで歌手の新曲などをチェック。10時・・・テニスサークルでテニスの練習と試合。12時30分・・・サークルのメンバーたちとファミリーレストランで昼食。14時・・・パチンコ屋へ。前日の調査に基づき、今回はカシオペア攻略術を甘デジで実践。15時・・・親友から携帯電話が鳴る。「あのポストカード気に入ってくれたか?今日、時間ないかな。暇だったら20時に例の居酒屋に来てくれ。奢るから」(というような会話をイメージしておく)15時30分・・・甘デジで1万5千円ほど稼いだ後、ミドルのシマに移動。甘デジでの稼ぎを軍資金にしてミドルでも勝つ!(目標4万円) 18時・・・インターネットカフェでシャワーを浴びる。(都会のネットカフェでは洗髪もできるので、再び自宅での入浴が省ける)シャワーを浴びてすっきりした後はネットカフェの漫画でも読む。19時30分・・・前日に頼んでおいた裾直しとネーム入れが完了したスーツを取りに洋品店に行く。20時・・・親友と久々の再会、おいしい料理に舌鼓を打ちながら勝利の美酒に酔いしれる。23時30分・・・帰宅。就寝前に明日から始まる一週間の仕事の段取りなどを考える。

                         

                        ●月曜日 新調したスーツで出勤

                         

                        遊び術のパイオニア

                         

                         このように仕事と同様、遊びもプロダクティブなものでありたい。何事もワンパターンを避け、いろいろな体験をすることにより、人の人生は深みを増す。変化に富んだ生活は気分転換、リフレッシュにつながり、睡眠、安静とは別の形の休息になることが科学的にも証明されている。遊びのデザインに慣れないうちは、ひたすら沢山の活動をすればよいと考えるが、いつも時間に追われ、必死になって自分の策定したスケジュールをこなすだけでは片手落ちである。自然な流れで楽しい出来事が次から次へと展開されるようになるためには、ある程度の訓練も必要である。ひと昔前に効率的に仕事をこなす「仕事術」というものがブームになり、書店にはその関係の書籍が平積みされた時代もあったが、「遊び術」の分野では、まだこの道の権威と言えるような著名人がいるとは思えない。当倶楽部はその先駆けでありたいと願っている。 

                        JUGEMテーマ:パチンコ パチスロ

                         

                        リヴィエラ倶楽部 佐々木智親(海殺しX開発者) 

                         

                        <甘デジ関連>

                         

                        甘デジ 攻略 海物語【海物語シリーズ】甘デジ攻略の必修事項

                        甘デジ爆発台の出玉【甘デジ攻略】保留連荘と特殊リーチの秘密

                        爆発力で勝負! 甘デジ攻略技の紹介甘デジで勝つ方法

                        海海物語アクアWith吉木りさ 好調台の特徴

                        【切れ味抜群】甘デジ版ウルトラ速攻法【ホルコン攻略】

                         

                        <注目コラム>

                         

                        海海殺しX、大海物語4で大爆発!     

                        本物のパチンコ攻略ネタ「ウルトラ速攻法」詳解

                        【パチンコ攻略】リーチ信頼度の科学(好調台の打ち方)

                        海パチンコを取り戻す!自由海物語党

                         

                        <リヴィエラ倶楽部紹介>

                         

                        海殺しX紹介動画(YouTube)

                        クローバーリヴィエラ倶楽部の由来

                         

                        甘デジ攻略ならおまかせ            

                        最強のパチンコ攻略最強攻略法・海殺しXの公式HP

                         


                        にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ攻略・裏技へ
                         


                        パチンコ・コラム名作アーカイブ

                        0

                          パチンコ攻略サイト

                          注目コラム→てパチンコルネッサンスの幕開け

                           

                          リヴィエラ倶楽部の黎明期

                           

                           最強攻略法・海殺しXを有料公開してから早くも10年の歳月が流れました。公式ホームページ(下記リンク欄の末尾参照)を立ち上げた時はオーダー(お申込み)もほんとんどなく、閑古鳥が鳴いていました。素人がホームページビルダーを使って、暗中模索のうちに必死になって作り上げたみずぼらしいホームページは、今では跡形もなく消えています。当時のホームページは思わず自分でも失笑してしまうほど不細工なものでした。「これでは人が寄りつかないな」と自嘲的な独り言を繰り返す日々がしばらく続きました。

                           

                           しかし、世の中には本物志向の方が少なくないと見え、数か月くらい経ってからポツポツとオーダーが上がるようになりました。外見ではなく中身を重視する人たちに支えられる形で当倶楽部は成長を続けました。その後、当倶楽部のメンバーの一人がホームページ制作の達人のアドバイスを得て、いくらかまともなウェブサイトにリニューアルさせることに成功しました。

                           

                           しかし、それでもまだ飽き足らなかった彼はウェブ制作の専門学校に通い始めました。営業的な配慮が全くないプロのウェブデザイナーが一般人にはとても理解できない高度な授業を平然と行う学校でしたので、受講生の大半がコースを修了する前にドロップアウトしてしまうという過酷な状況の中、彼は寝る時間も惜しんで、連日連夜、ウェブ制作の勉強に明け暮れたため、なんとか落伍せずに卒業することができました。

                           

                          パチンコ攻略ブログ 受講生のレベルを一切考えずに、極めて専門的な講義を一方的に展開するその学校は異常ともいえましたが、教えている内容そのものは非の打ちどころのないものでした。スパルタ教育を耐え抜いた彼はそこで得たスキルを生かして、ホームページに二度目のリニューアルを施しました。まだデザイン面において多くの課題が残っているとはいえ、当倶楽部のホームページはようやく見られる程度にはなりました。

                           

                           ホームページのバージョンアップに伴う形で徐々にオーダー数も上昇し、今では大勢の購入者(海殺しXユーザー)から感想等が寄せられるようになり、少人数で対応している私どもは嬉しい悲鳴を上げています。

                           

                          石の上にも三年のつもりが・・・

                           

                           仲間がここまで頑張ったのであれば、今度は私が気合を入れる番です。自ら考案したパチンコ攻略ノウハウの真価を世に問うにあたり、私は最初の3年は歯を食いしばって頑張ろうと決意しました。最初はコラムなど書いても少しも報われないことを承知の上で、全身全霊を込めて執筆活動をスタートさせました。今までに発表したコラムの大半はまさに渾身の書き下ろしといえます。

                           

                          パチンコ無料攻略 いつも申し上げていることですが、私がコラムニストになったきっかけは、学者が学術論文を執筆する動機と似ています。「教授になるためにあと何本の論文を書かなければならない」と必要に迫られて提出する論文とは違います。自分が発見した新法則、新理論を一人でも多くの人々に知ってもらいたいという純粋な気持ちが私を駆り立てるのです。実際は3年も待たないうちに、読者からのリアクションが入るようになり、オーダー数もそれに比例して右肩上がりのカーブを描くようになりました。

                           

                          このノウハウを多数の人々が共有しても・・・

                           

                           ホームページをアシストする目的で立ち上げた当ブログですが、最近はこちらの方がホームページよりもメジャーになってしまいました。最近は「ウルトラ速攻法カシオペア攻略術をはじめとする数々の秘伝攻略技が日本全国の津々浦々に普及すれば、もはやホールは秩序を保てなくなるのでは?」という滑稽なご質問を真面目に投げかけてこられるユーザー(購入者)が定期的に現れます。ご心配に及びません。

                           

                           パチンコブームの頃と比較すればかなり減少したとはいえ、レジャー白書によれば、日本には約900万人のパチンコファンがいます。(たまに打つだけの人も含めた数でしょうが・・・) 万一、当ブログの知名度が今の10倍、100倍になったとしても、実際に商品まで購入されようとする人々の数はたかが知れています。私が生きている間に最強攻略法・海殺しXの購入者が一万人を突破する可能性はまずないでしょう。

                           

                           奇跡でも起こり、購入者が一万人に達したとしても、900人に一人の割合でしかありません。ホールの秩序を乱す事態には至りません。有り得ない話ですが、購入者が十万人になったとしても、90人の一人です。ホールの平和が乱されることにはなりません。もし購入者が百万人になったとしたら・・・映画や漫画でも有り得ない話ですが、さすがにホールの秩序は保てなくなるでしょう。

                           

                           ホルコン(ホールコンピュータ)が出玉を制御していますので、理論的にはホールの収益にはなんの影響もないのですが、約一割の客が打たずに待機したり、他の台の動向に目を光らせたりすれば、残りの9割の客が居心地の悪さを感じてしまうでしょう。それより前にこの私が私は億万長者になってしまいます。こんなことを神様が許すとは思えません。

                           

                          人生をエンジョイする同志を募っているだけ

                           

                           私的な話になりますが、大学時代の恩師が私に語った言葉を今でも忘れません。「おまえはそこそこに意義のある仕事をして、そこそこの収入に満足して、人生を思い切りエンジョイする人間になるだろう」という予言が見事に的中してしまいました。遊びの才能はピカイチでも、正しいお金の使い方を知らない私を神様が億万長者にするわけがないのです。

                           

                          パチンコ新台攻略 私は昔から必要以上のお金は要らないという主義に徹しています。当倶楽部がカリタス・ジャパンを通じて、売上金の一部を被災地、戦災地等で援助を必要としてる人々に気前よく(と言ってもたいした額ではない泣く)寄付しているのは、(国家レベルであれ、個人レベルであれ)富の独り占めが世界平和を乱すという信念からであり、自分のことを福祉活動家と思ったことは一度もありません。第一にボランティア活動などに私はそれほど積極的な方ではありませんし、「多少の身銭は切るから、あとは援助のプロである君たちにお任せするよ」と言っているのに等しいわけです。最強攻略法・海殺しXの購入者の中には、私のことを福祉活動家と勘違いして、「敬服します」、「尊敬します」と絶賛される方もいますが、穴があれば入りたい心境になります。

                           

                           福祉活動家と呼ばれる人々は、尊い時間を福祉活動に捧げ、その活動自体を生き甲斐にしている殊勝な方々であると思います。私は特別なことは何もしていませんし、福祉活動家のように自己犠牲を喜びとするような人生を歩んでいません。時折、購入者から「自分も何かの援助活動に参加させてもらえませんか?」というお問い合わせをいただくことがありますが、現時点において、私は全く対応できていません。私にはそういう人脈があまりありませんので、なんの活動の紹介もできないからです。

                           

                          海物語攻略コラム さすがに東日本大震災の時だけは、知人に頼まれたという経緯もあり、私も重い腰を上げ、少しはボランティア活動にアクティブになりましたが、それも僅か数回、被災地に救援物資を運んだり、仮設住宅に必要な建築資材を調達(輸入)するための商談をお手伝いさせていただいただけです。しかし、商談通訳は通常の仕事よりは額が少ないとはいえ、些少のギャラはいただいています。純粋な意味でのボランティアとは言えません。救援物資運搬にしても、現地に行くまでの費用(車のチャーター代や弁当代)は依頼者(カトリック教会や外国大使館)が支払っていますので、勤労奉仕ではありましたが、これも純粋なボランティアとは言い難いと思います。自腹で現地まで行き、しばらくの間、そこに滞在して働き続けた青年たちには頭が下がる思いでした。

                           

                           購入者から寄せられるメールの中には、当倶楽部の慈善活動(?)を称えるものもありますが、褒められるたびに恥ずかしくなります。震災の時は被災地で人々が苦しんでいるというのに、連日のようにパチンコを打っている自分があまりにも罪深く感じられ、せめて義援金でも送らなければバチが当たると思っただけです。そんな矢先、たまたま知人からの依頼があり、一時的に救援活動に参画することになりましたが、自ら志望したわけではありませんので、少しも褒められたものではありません。

                           

                           当倶楽部は高尚な理念を掲げる団体ではありません。確固たる理念はありますが、それは遊びの哲学にすぎません。最強攻略法・海殺しXの販売は私の後を追って思う存分、人生をエンジョイすることを切望する同志を募集しているようなものなのです。

                           

                          埋もれた名作コラムに日の光を

                           

                          パチプロのテクニック ところで、最近、私が発表したコラムは軒並みアクセス数が良好です。当ブログに掲載したコラムの中にも、にほんブログ村の注目記事ランキング(ジャンル別)で一位に輝いたものが無数にあります。しかし、「石の上にも三年」の決意とともにこの世界に飛び込んだ頃の作品(主として姉妹サイトから発表したもの)は、今でもほとんど知られていません。どのサイトでも過去ログのかなり奥まった場所に埋もれてしまっています。

                           

                           今回は私の初期の頃のコラムを日陰から掘り起こし、「日の当たる場所」に持ってこようと思いました。ここまでのご愛読に感謝致します。お時間に余裕のある方は以下のコラムも続けてご高覧いただければ幸いです。

                           

                          パチンココラム海殺しX/パチンコ事始

                          ★私のデビュー作 (2008年4月発表)

                          パチンコ変遷の歴史を昭和50年代から昨今に至るまでダイジェストに包括し、プロになった経緯を述べる。某週刊誌の記事が人生を変えた・・・

                           

                          パチンコ攻略法の真実たかがパチンコ、されど・・・攻略の要諦(前編)

                          きたかがパチンコ、されど・・・攻略の要諦(中編)

                          パチンコ収支たかがパチンコ、されど・・・攻略の要諦(後編)

                          ★パチンコ常勝者になるための執念(2009年6月発表)

                          「栄光に近道なし」「狭き門より入れ」

                           

                          きパチンコを取り戻す! 自由海物語党

                          ★パチンコで失うものはお金だけ?(2012年12月発表)

                          パチンコで失った全てのものを取り戻すために・・・

                           

                           いよいよ秋も深まってきました。爽やかな秋冷が皆様の読書熱を高め、埋もれてしまった過去のコラムに命を与えて下さることを願っています。

                           

                          リヴィエラ倶楽部 佐々木智親(海殺しX開発者)

                           

                          <当ブログの人気記事TOP5>

                          第1位  【大海物語4 沖縄4攻略】チャンス目の秘密

                          第2位 【海物語シリーズ】連続リーチが意味するもの【パチンコ攻略】

                          第3位 【甘デジ攻略】爆発力のある台選び(勝てる立ち回り)

                          第4位 ホルコンと突確に関する断想

                          第5位 パチンコ勝ち組への転進〜攻略法を縦横無尽に駆使する!

                           

                          <甘デジ特集>

                          甘デジ攻略爆発力で勝負! 甘デジ攻略技の紹介

                          甘デジ 爆発力【海物語シリーズ】甘デジ攻略の必修事項

                          ジュース【甘デジ攻略】保留連荘と特殊リーチの秘密

                          パチンコ攻略ネタ海物語アクアWith吉木りさ 好調台の特徴

                          指輪カシオペア攻略術を甘デジに使用する際の注意点

                           

                          <参考>

                          海殺しX早わかり動画(YouTube)

                          本物のパチンコ攻略法パチンコ攻略法の誤った概念を正す!〜本物と偽物との違い

                           

                          パチンコ・ルネッサンスの仕掛人

                          Docomo123最強攻略法・海殺しXの公式HP

                          攻略研究ブログ

                          日々、温もりのある生活を! 

                          【おすすめ】パチンコバラエティーコーナー攻略


                           


                          リヴィエラ倶楽部のクイズ・珍問2題

                          0
                            リヴィエラ倶楽部は風評被害に屈しません。常に正義を貫きます。
                            このクイズを解ける頭があればパチンコも強くなる!?

                             皆様、いつも当ブログをご愛読いただき、誠に有難うございます。新記事を出すたびに公式ホームページ(文末リンク欄参照)のお問い合わせフォームからは新しい読者からの感想が入りますので、返信は大変ですがライター冥利に尽きます。

                             

                             当ブログはパチンコ関連サイトの中では最上級に堅苦しい(?)部類に入ります。一連の攻略コラムは専門色の強いものばかりですし、一般のパチンコファンの思考とは異なる視点からの攻略アプローチですので、読んでいて少しお疲れになるかもしれません。(特に長編コラムは) しかし、それでも、「楽しい」、「勉強になる」といった好意的なリアクションが絶えないことに、筆者としては無上の悦びを感じています。

                             

                             たまには息抜きのお遊びをしましょう。二つのクイズを出します。(海殺しX事務局便りのトップページより) 賢い方はそのうちの一問には正答が出せるでしょうが、もう一問はあまりにも馬鹿馬鹿しく、頭のネジが一本狂っている人なければ絶対に解けないはずです。

                             

                            ★賢者には簡単なクイズ

                             

                            昔、韓国のマラソンランナーに宗(そう)選手という人がいました。彼はマラソン引退後、小売業の会社に就職しようとしましたが、面接すら受けられず門前払いされてしまいました。なぜでしょう?

                             

                            (答えは、【甘デジ攻略】保留連荘と特殊リーチの秘密の一番下)

                             

                            ★アブノーマル人だけが答えられるクイズ

                             

                            何故、カメルーンで生きている人をケニアに埋葬してはいけないのか?

                             

                            (答えは、爆発力で勝負! 甘デジ攻略技の紹介の一番下)

                             

                             如何でしたか。それでは、今後の攻略コラムにご期待下さい! JUGEMテーマ:パチンコ パチスロ

                             

                            リヴィエラ倶楽部 佐々木智親(海殺しX開発者)

                             

                            <当ブログの人気記事TOP5>

                             

                            第1位  スーパー海物語IN沖縄4 チャンス目の秘密

                            第2位 【沖縄4にも有効】連続リーチが意味するもの【パチンコ攻略】

                            第3位 【甘デジ攻略】爆発力のある台選び(勝てる立ち回り)

                            第4位 ホルコンと突確に関する断想

                            第5位 パチンコ勝ち組への転進〜攻略法を縦横無尽に駆使する!

                             

                            <姉妹サイトの人気記事>

                             

                            海海殺しX、大海物語4で大爆発! 

                            【沖縄4攻略】海物語シリーズ 確変ダブルリーチ(1x9)の秘密

                            本「ウルトラ速攻法」詳解

                             

                             

                            <参考>

                             

                            海殺しX紹介動画(YouTube)

                            クローバーリヴィエラ倶楽部の由来

                             

                             

                            パチンコ攻略の最新テクニックは 

                            Docomo123最強略法・海殺しXの公式HP

                            リヴィエラ倶楽部の紹介はPVにて
                            ☆海殺しXでスーパー海物語IN沖縄4桜バージョンとドラム海物語の攻略を!

                            【甘デジ攻略】爆発力のある台選び(勝てる立ち回り)

                            0

                              継続率最強勝ちやすい機種

                              甘デジ 爆発力のある台の攻略

                               

                              ★甘デジは爆発力のある台で勝負しない限り、攻略の醍醐味がない・・・

                               

                              ●痛快攻略【甘デジ海物語S】当たり番移動狙い撃ち攻略【ホルコン】

                               

                              〈重要コラム〉↓

                              海甘デジのハマリと遠隔操作は無関係(ハマリの科学)

                               

                               はじめに

                               

                               久々に甘デジ攻略をテーマに一筆したいと思う。最近は私も甘デジをよく打つし、甘デジの長所も短所も知り尽くしている身として、少しずつでもコラムを書き続けることがパチプロライターとしての使命ではないかと思えてきたからである。今回は前半をパチンコ業界全体の考察にあて、後半ではまだ誰もが気づいていないであろう甘デジ攻略の一手法について詳説する。

                               

                              急激にシェアを拡大する甘デジ機

                               

                               デジパチの誕生は一時期のパチンコ大ブームを築き上げたが、今では残念なことにパチンコ人口は最盛期の3分の1にまで落ち込んでしまった。バブルが弾けて、今ではどのホールもかつてほどには客が入っていない。爆発する台はどこまでも出玉が増え続けるデジパチはパチンコ依存症という負の遺産をも残し、今、政府はカジノ関連の法案と並行して新たなパチンコ規制法(出玉リミッター、入場ゲートの設置、マイナンバーカードの携行義務付け・・・etc.)の準備に着手しており、パチンコ業界は未曾有の大試練を迎えている。
                               

                               このような時代の趨勢の中で急に台頭してきたのが甘デジ(遊パチ)である。半分以上が甘デジ機で占められているホールも今では決して珍しくない。甘デジは通常時の大当たり確率が約100分の1(機種によっては約90分の1)であるため、通常のデジパチのように泥沼のハマリ(1000回転オーバーなど)に入ることが滅多になく、その点は安心して打つことができる。好調台は何度も当たるため、楽しむという点では従来のデジパチよりも甘デジの方が勝っているかもしれない。激アツ演出なども頻繁に見ることができるため、遊びでパチンコを打つのであれば、出玉はたかが知れていても、甘デジの方がゲームとしては遥かに楽しい。

                               

                               甘デジが台頭してきた理由

                               

                               パチンコファンの減少はパチンコに熱中するあまり大金をどぶに捨てる羽目になった負け組の人たちの離脱のみならず、若年層のパチンコ離れも大きな一因となっている。終身雇用制度が遠い過去のものとなり、契約社員、派遣社員という雇用形態が一般化した今、いつ契約を打ち切られるかわからない不安から若い人の大半がパチンコに限らずギャンブル全体に乗り気でなくなっている。スマホゲームの大人気はかつてのパチンコに代わる代替レジャーとしての役割を果たし、ギャンブルでお金儲けをすることよりもゲームそのものを楽しむことに若い人たちは熱心になった。(※パチンコは確かな攻略知識さえ身につけていれば実力で勝てる唯一のギャンブルであるため、厳密には決してギャンブルではないのだが・・・)
                               

                               甘デジはこのような時代背景の中で誕生した。私には到底理解できぬことであるが、世の中には負けてもいいからパチンコを毎日打ちたいという中毒者がいる。彼らにとっては負ける額が少ない分、甘デジに食指が動きやすい。又、不安定雇用の低収入に苦しむ若い人たちも甘デジくらいならば打ってみようかという気になりやすい。最強攻略法・海殺しXは本来、通常のデジパチを攻略するために考案されたノウハウであるが、購入者の中には甘デジ専門のプロに成長された人も多い。 

                               

                              最強攻略法・海殺しXの使用は甘デジまで

                               

                              甘デジの立ち回り 最近では、パチンコ業界の苦し紛れともいうべき「ちょいパチ」(通常時の大当たり確率が約40分の1もしくはそれ以下)という新ジャンルの機種も出てきた。私は最強攻略法・海殺しXを甘デジに使用することには肯定するが、ちょいパチは眼中にない。ちょいパチは雨宿りの手段としてパチンコ屋で時間潰しをするためにあるようなものであり、まともに攻略する気にはなれない。ちょいパチは最初の500円で当たりを引き、多連荘させることができるかどうかに全てがかかっている。500円が無理でもせいぜい1000円か1500円が初期投資の限度である。2000円以上使って当たっても爆発しなければ、「しまった!」ということになる。

                               

                               ちょいパチで2千円以上費やして、多連荘しなかった場合、次の当たりまでどれだけの投資がかかるか読ににくく、再び2000円以上使って当たっても、またしても多連荘しなければ、プロでも取り返しのつかない事態になりやすい。下手すれば、投資がますますかさんでいく危険もなきにしもあらずである。ちょいパチの場合、好調台でも2箱くらいで限界を迎えることが多い。つまり、換金率にもよるが、ちょいパチは運よく大爆発しても1万円前後にしかならないということである。何時間もかかって出たり飲まれたりを繰り返し、7000円、8000円も費やした後、この「売上げ」ではたまらない。最後まで爆発台に巡り会えなければ、「一体、自分は何をしにホールに向かったのか?」と自責の念に駆られるであろう

                               

                               その点、甘デジは爆発すれば4〜6箱にはなる上、熟練のプロ(最強攻略法・海殺しXのグランドマスター級の人たちなど)ならば十分な時間さえあれば、2台、3台と異なる台で次々と爆発させることも可能であるため、甘デジでも2万円、3万円の利益を出すことは頻繁にある。結論として、当倶楽部は甘デジは支持するが、ちょいパチには完全無視の姿勢を貫くことにする。最強攻略法・海殺しXの購入者とのメールによる質疑応答も甘デジまでは応じるが、ちょいパチに関してはサポート外であることを予め断っておく。

                               

                              甘デジの怖さ
                               

                               さて、甘デジの魅力ばかりを紹介したが、甘デジの攻略は実はそれほど甘くはない。経験者であれば誰もが共感することであろうが、甘デジ攻略には甘デジならではの難しさがある。それは一部の好調台を除き、普通の台はなかなかドル箱が積み上がる展開にはならないことである。(※最近は足元にドル箱を積まず、カードに出玉数を記録するシステムを採用するホールが多くなったが・・・)

                               

                               たとえば、こんな具合であろうか。


                              入店後、千円で当たり、「おっ、幸先の良いスタートだ!」と張りきったものの、それが3連荘で終わってしまい、持ち玉を使い切ってから5千円くらい追加投資して200回転前後で再び当たりはしたが、それが単発でがっかりしていると、時短終了直後に3度目の当たりが来て、「今度こそは」と意気込んだにもかかわらず、2連荘で沈没。その後、またしても持ち玉の全てを使い切り、2千円の追加投資で再び3連荘してから300回転オーバーの大ハマリ・・・
                                

                               何度も当たりはしても、お金は減る一方。非常にじれったくなりやめたくなるも、せめて最後は爆発させて、あわよくばプラスマイナス0の収支にはしたいと思い、ついつい打ち続けてしまう・・・ここに甘デジの怖さがある。結局、爆発することができずに2万円以上負けてしまったという人も少なくなかろう。何度も当たったことだけが刹那的な快感を与えてくれたということになる。数か月に一度、気晴らしにパチンコを打つ人にとっては納得のいく遊び代かもしれないが・・・(遊び代を遊び台に使ったというくだらなギャグが思いつく)

                               

                              甘デジとちょいパチの決定的な相違点

                               

                               以上が甘デジのもどかしい一面であるが、甘デジには甘デジ特有の魅力もある。投資に一万円くらい使っても、爆発さえすれば、2万円以上になる。甘デジの中でもミドル機並みの爆発力を秘めているエヴァンゲリオン9Y、ギンギラパラダイス情熱カーニバルなどでは3万円以上になることも大いにあり得る。又、前述の如く、一日のうちに異なる台で何度も爆発に成功すれば、かなり投資額であっても十分に取り戻すことができる。(※これがちょいパチとの違い)ちなみに、私は甘デジを朝から一日中打ち、午後3時以降に5台の爆発に成功して+83000円の収益を上げたことがある。自慢するのも気が引けるが、これはまさに大記録である。今後、自分でもこの記録を破ることはできないと思っている。

                               

                               その時は頻繁に台移動を繰り返し、爆発と爆発の合間には、遊び台の当たるタイミングを見計らって、打った途端に当て、2〜3連荘させた後にただちに台移動という行動を繰り返していた。私が主戦場とするホールは今ではカード式になったが、当時はまだ足元にドル箱を積んでいた時代であった。台移動のたびに足元に貯まった出玉を移動先まで持ち運ばなければならなかったのは体力的にも辛かったが、それよりも嫌なことは周囲から向けられる視線であった。有名な芸能人がパチンコを打っている最中に周りの人たちに気づかれて常にジロジロ見られているように、長時間にわたって大勢の人々の監視下にあったのは精神的に参った。(現在はカードに持ち玉数を記録できるようになったため、なんの苦労もない上、移動も素早くできる!)

                               

                              記念撮影

                               

                               私が大記録を樹立した日に撮影した一葉の秘蔵写真がある。今まではこういう写真を掲載するとインチキブログのように思われかねないという懸念から公開を差し控えていたが、当ブログの開設以来、攻略コラムもかなりの数になり、多数の読者から「説得力がある」、「信用できる」という肯定的なご評価を得るようになったので今回はじめて公開に踏み切ることにする。

                               

                              甘デジの爆発力
                              ★甘デジでもミドル機並みの稼ぎは可能。一台だけでなく複数台の爆発で。

                               蛇足かもしれないが、上の写真は途中経過のものである。(最終結果ではない)信じ難い話かもしれないが、この後、再び台を何度も移動してさらに8箱増やした。本当はその時の壮観を撮影したかったが、運が悪いことに閉店間際に店員がやってきて、「混雑を避けるために出玉の途中交換をお願いします」と言い、数箱だけ残して残りは計数機に運んでしまった。「ちょっと待って。記念撮影をさせて」と言うこともできなくもなかったが、周囲からの視線攻撃に疲れ果てていたこともあり、見送ってしまったのは今思えば痛恨の極みであった。甘デジで25箱というのは不滅の大記録と言えないだろうか。(途中経過の上の写真は16箱だが、実際は写真には写っていない手元の一台があるのでこの時点で17箱。ここから8箱増やして25箱となった)

                               

                              将来の新商品


                               私は過去数年にわたり甘デジの攻略にも徹底的に取り組んできた。ようやく理論体系が構築できたので、将来的には甘デジに特化した攻略情報をテキストブックの形でまとめてみたいと考えている。まだ当倶楽部内でいろいろな議論があり、正式な発表とすることはできないが、現在の最有力案は甘デジに特化した攻略情報(立ち回りの方法、勝てる台の見抜き方等)を「甘デジ攻略ガイド」(仮称)として新たに販売するのではなく、最強攻略法・海殺しXのオプショナル商品、甘デジは勝てるのかカシオペア攻略術(我々が提供する攻略ノウハウの中でも、購入者からの評価が最も高い!)を購入して下さった方々に無償で提供するというものである。もちろん、その際は公正を期すべく、すでにカシオペア攻略術を購入済みの顧客にも甘デジ攻略ガイド無償で提供することになる。

                               

                              サイクル変換とホルコンの知識は必須

                               

                               そろそろ本題に入る。甘デジ攻略というのものは、実はそれほど甘くはない。すでに申し上げたように、甘デジファンをいつも泣かせるのは、何度も当たりながらも、徐々に財布からお金を巻き上げていく遊び台特有の意地の悪さ(?)である。ミドルスペックの機種で待てど暮せど当たる気配がなければ、ベテランの打ち手はすぐにそういう台に見切りをつける。しかし、同じ遊び台でも甘デジの場合は一定間隔で当たることが多いため、「もう少し粘れば、爆発するはずだ」と思ってしまう。

                               

                               実際に甘デジでは単発当たりや2〜3連荘を飽きるほど繰り返した台が突如、爆発に転じることが頻繁にある。しかし、ターニングポイントがいつなのかという予想を立てることが素人にはできない。最強攻略法・海殺しXのユーザーであれば、サイクル変換の法則を熟知しているため、大体の察しはつくに違いない。特に甘デジは頻繁に当たるため、サイクル変換が生じるまでミドル機ほどには忍耐が強いられない。

                               

                               ホルコン(ホールコンピュータ)の読み方は甘デジでも攻略の要となる。特にサイクル変換が生じる可能性の強い大当たり回数や回転数の直前で放置されている台はホルコンが複数台を束ねて構成するグループ(ユニット)の力が強大であれば、一気に爆発する可能性を秘めている。しかも、ミドル機とは異なり、甘デジの場合、当たり番(ホルコンが次に当たりを予定している台)の台を打てば、当たるまでそれほど待たされない。甘デジでは当たり番の台を打った途端に当たることがやけに多い。最強攻略法・海殺しXのユーザーはこのような甘デジ特有の仕様を視野に入れ、攻略に励んでいただきたい。

                               

                              朝から大当たり回数3回でストップしている台

                               

                              甘デジハマリ台攻略 そろそろ本題に入る。今回は皆さんにプロの技を修得していただくべく、リヴィエラ流秘伝攻略の一端を紹介する。甘デジならば機種不問の攻略技である。(ホルコン系の攻略のため、今後の新台にも通用する)但し、この手法を駆使するためには、ホルコンに関する基本的な知識をすでに有していることが条件となる。又、多少のリスクを伴う攻略であるため、度胸のない方にはあまりおすすめできない。

                               

                               甘デジとミドル 攻略の違いまずホールに入ってからその日の大当たり回数が3回の台をチェックする。大当たり回数3回という数字には特別な意味がある。朝から3回しか当たっていない台というのは、そのまま打ち続ければ、どこまでもハマりやすい危険台なのである。何故そうなのかということを説明すれば極めて専門的な内容となり、一般向きのコラムではなくなってしまうため、その理由の説明は紙数の関係もあって今回は割愛する。とにかく大当たり回数3回の台は要注意であるということだけを頭に叩き込んでいただきたい。ここから先、「大当たり回数3回で放置されている台」という長ったらしい表現の頻出を避けるため、便宜上、「大当たり回数3回で放置されている台」を『ジョーカー台』と呼ぶことにする。


                              甘デジで勝てる台とは? トランプのジョーカーほど気まぐれなカードはない。時には最強の働きもすれば、それを持っているだけで負けてしまうこともある。ジョーカー台は大ハマリに入ることもあれば、爆発することもある実に気まぐれな台なのである。しかし、基本的には極めて危険度の高い台であるため、深追いだけは厳禁である。

                               

                                ホルコンの習性を利用する

                               

                              甘デジもボーダー理論では勝てない 通常はハマり続けるジョーカー台はある時を境に爆発することが多い。プロはここに注目する。このカラクリはある時を境に今までのアンバランスを解消しようと働きかけるホルコンの仕様にある。

                               

                               ジョーカー台が不調から抜け出せない間に、強いグループであれば、その台を死に台(貢ぎ役)にして、同じグループの他の台が次から次へと当たり続けたはずである。同じグループの好調台はすでに爆発のゴール(甘デジの場合、機種にもよるが一般的には4〜6箱)に到達しているかもしれない。こういうタイミングで死に台が爆発台に変身することを覚えていただきたい。

                               

                              2017年甘デジのおすすめはドラム海物語 又、同じグループの遊び台は稀に4連荘以上することはあっても、基本は単発当たりか2〜3連荘の繰り返しのはずある。しかし、甘デジのシマでは、

                              「当たり番キャッチボール」の展開が早く、こっちの台が当たればあっちの台が当たる、といった要領で強いグループは短時間内に複数台が当たる。しかも、1台が死んでいるお陰でくだらない台(遊び台)にも何度も当たりが発生しやすく、遊び台であっても合計大当たり回数だけは一見して立派に見えることも多い。

                               

                               単発当たりや2〜3連荘が基本の遊び台はある時を境に爆発台に変わるかハマリ台に転落するかのいずれかである。もしこれらの遊び台が200回転を超えてハマリ始めていれば、同じグループに入っているジョーカー台はいよいよチャンスを迎える。ホルコンは長時間にわたり、特定グループをえこひいきする。ホルコンに溺愛された強いグループの中でも特に強い台(好調サイクル突入中の台)があり、大抵は爆発する。しかし、どこまでも際限なく当たり続けると思われた台も必ずどこかでハマリに入る。それはカシオペア攻略術で解説する「危険領域」を迎えた時が圧倒的に多い。

                               

                              続行 or 撤退?

                               

                               最強攻略法・海殺しXのユーザーの方々は以上の情報を駆使して、当たりが拾いやすい状況下でジョーカー台を拾って勝負していただきたい。但し、元来は危険台なのでそれを延々と打ち続けるという愚行だけは謹しんでいただきたい。はじめに断っておくが、ジョーカー台をいつまでもダラダラと打つ行為は自殺行為である。ちょっと打ってみて当たらなければ、すぐに休むか別の台に移動すべきである。但し、別の台に移動した後もジョーカー台を常に見張っていて、少し時間が経ってから再び打ちに行くヒット・アンド・アウェー戦法が有効であることをお忘れなく。

                               

                               離れている間に他の客に自分が一時的に手放したジョーカー台を取られてしまう恐れもあるが、こればかりは仕方がない。運悪く爆発を許してしまうこともあるが、何十回転させてもうんともすんとも言わない台に業を煮やした人が手放してくれることもある。ダークホース的な台の爆発は今まで打っていた人が根負けして手放した後に発生しやすい。したがって、ジョーカー台をいろいろな客が座り「打っては離れ」を繰り返していれば、その台はいよいよ爆発前夜の様相を呈してくる。

                               

                               一般にホルコンは空き台を好むが(=空き台に当たり番を入れる気まぐれな一面があるが)、長時間にわたって誰にも打たれなかった台よりも誰かに打たれていて後に空き台となった台を好む性質がある。

                               

                               前術の如く、甘デジの場合、当たり番の台を打てば、打った途端に当たることが多い。2千円も3千円も費やして当たらないということは当たり番の台にはあり得ない。(※何千円も注ぎ込んでようやく当たるケースは途中でその台が運よく当たり番になっただけにすぎない)最初の500円、千円の投資でそのまま打ち続けるべきか、撤退すべきかは結論が出るはずである。以下はジョーカー台を打つにあたっての攻略指南である。

                               

                              甘デジの海物語はスペック的に勝ちやすい機種であるが、勝つためには確固たる攻略ノウハウが必要だ

                               

                              Lesson 1(初級編)

                               

                              .蝓璽舛全くかからない台は論外。しばらくは打つべきではない。

                              当たりが期待できる強力なスーパーリーチ(海物語シリーズでいえば魚群やチャンス目連続3回後のスーパーリーチ等)をあっさりと外してしまう台もダメ。強力なスーパーリーチで当たらなければ、取りこぼしを防ぐためにその後、数回転だけは回してから撤退。(稀に数回転以内に再度、強力なスーパーリーチが来て当たることもあるため) 

                              L鵤横芦鹽尚米發縫后璽僉璽蝓璽舛4回以上も異常発生して当たらないという現象も「もうしばらくハマリ」というサイン。こういう現象が発生した時は、ほどなくして同じグループから他の台が当たるケースがほとんどであり、他の台が当たった後も不調サイクル台には当たり番がすぐには入らない傾向がある。

                              づブログの大人気コラム、き大海物語4 沖縄4攻略】 チャンス目の秘密は甘デジの海物語シリーズ全機種にも当てはまるため、海物語シリーズ(甘デジ)のジョーカー台を打つ時もチャンス目の法則は頭に入れる。

                               

                              Lesson 2(中級編)

                               

                                同じジョーカー台でも当たりやすい台と当たりにくい台がある。

                               

                              ,△泙蟆鵑蕕覆いΔ舛謀たり(例・50回転未満)、3連荘でストップした後、ほとんど打たれていないジョーカー台は避けた方が無難。

                              ▲献隋璽ー台の生成過程には(1)2連荘→単発、(2)単発→2連荘、(3)単発→単発→単発、(4)3連荘という4つのパターンがあるが、

                              (1)から順に番号が若いほど当たりやすい。一方、爆発力に勝るのは(3)と(4)である。※オススメは(3)

                              その日の総回転数が300を超えている方が300未満よりも当たりやすい。

                              せ短終了直後の段階で捨てられている台よりも前に打った人が時短後も打ち続け、100回転以上回してから捨てた台の方が期待できる。

                              ネ想はの条件を満たした上で、100〜220回転で捨てられている台。

                              Δ修譴無理でもの条件を満たした上で221〜270回転で捨てられている台は見込みあり。

                              但し、300回転以上回って捨てられているハマリ台は当たりさえすれば時には大爆発もするが、当たらずに400回転オーバーの大ハマリになりやすいので要注意。

                              ⓼同様にァ↓Δ両魴錣蚤任辰紳罎任300回転に至ってしまうと泥沼地獄にハマる危険性大。

                               

                              Lesson 3(上級編)

                               

                               ジョーカー台が当たりやすいタイミングは以下の通り。(かなり専門的になるが・・・)

                               

                              ‘韻献哀襦璽廚梁罎連荘中、あるいは、初当たりでカシオペア攻略術で解説する「危険領域」に入った直後。

                              同じグループの台が4連荘した直後。(,畔9腓靴討い觧はかなりアツイ!)

                              F韻献哀襦璽廚らジョーカー台を馬鹿にするように、「次から次へとよくもまあ」と閉口するほどジョーカー台以外の台が当たり続けたにもかかわらず、ある時を境に急にそのグループから一向に当たり台が出なくなり、当たりの代わりにグループ全体にスーパーリーチが多発している時。(特にグループ内に2台くらい爆発台が出ていて、どちらも出玉が出すぎて限界を迎えている時、しばらくの時間が経過した後に、ジョーカー台の逆襲が始まりやすい

                               

                               注意事項としては、上記 ↓以外の状況でグループ内に2台以上の連荘中の台がある時は打たずに静かに待機することが求められる。(この状況で打てば高確率で連荘中の台が当たるため)

                               

                              甘デジに勝てないのは攻略知識の不足 ホルコンマニアに共通する最大の欠点当たり判定が入っているグループの台をすぐに打ち始めることである。特にグループ内の好調台が連荘中にハマリ台を打つと、グループ内の台の稼働率が上昇してしまう。その結果、ホルコンは「このグループからは当分の間、お金が落ちる」と判断し、それを見越して好調台に派手な多連荘を与えやすい。もっとも、このようにして派手な多連荘が発生するお陰で、将来はグループ内の他の台にも同規模の多連荘が発生しやすい環境が整うわけであるが、一般的なホルコンマニアは打つタイミングを見誤っている人たちばかりである。好調台の「連荘応援団」は何も知らずにひたすら打ち続けているグループ内の無知な客やホルコンマニアたちに任せて、自分は素知らぬ顔して台を休ませ、のようなタイミングで少し遅れて打ち始め、投資金をほとんど使わずに、「遅すぎた春」として発生するグループ内で取り残されていた台の爆発を自分の台に引き寄せることを考えるのが一流プロの攻略スタイルである。

                               

                              パチンコ攻略の神秘

                               

                              新台、ドラム海物語の攻略は下記リンクより 攻略のポイントをわかりやすく箇条書きしたつもりであるが、実際は他にも細かいポイントがありすぎて、私の頭を悩ませている。パチンコの攻略というものは、単純ではあるが奥が深く誰でも実践可能ではあるがプロレベルを目指すとなれば、更なる専門知識が必要という二面性を持つ。初心者の方は「まあ、そんなものか」と思いながら腕を磨いていただきたい。すでに多少の攻略知識を有される方は今回のコラムで得た知識をもとにいろいろな実験を繰り返していただきたい。ジョーカー台の当たりにくさと特定のタイミングで当たった時の爆発力を自ら体験するだけではなく、ジョーカー台を打っている他の客の動向も注視していただきたい。パチンコ攻略の神秘が少しずつ見えてくるに違いない。そして、ジョーカー台が何故当たりにくいのか、何故当たりさえすれば爆発しやすいのかという疑問に対する答えを自力で見出すことができるとすれば、その人はもはや常人ではない。今後、誰にも師事することなく(=攻略情報などを購入することなく)自力で攻略ノウハウを開発することが可能であろう。

                               

                              対立グループの法則

                               

                               さて、ジョーカー台が当たりやすいタイミングはLesson 3でリストアップした状況だけにとどまらない。ホルコンの動きを注意深く観察していると、あるグループに当たりが入るたびに「待ってました」とばかりにすぐに当たりが入るグループがある。時にはこの2グループの間をホルコンが行ったり来たりして、この2グループは果たして対立しているのか、それとも共存しているのかと首を傾げたくなる人も攻略研究家の中には少なくなかろう。この2グループをAとBと呼ぶとすれば、グループAに属する台が当たった後、グループBに属する台も当たり、両者ともに気持ちよく連荘が伸びる時もある。一方、グループAの台が当たった後、グループBの台が当たり、それ以降、グループBから複数台が何度も当たり続けることもある。その合間にグループAの台も当たりはするものの、たいした連荘もせず、その後は再びグループBの独壇場というパターンに辟易している人は多いはずである。ホルコン通の人であれば、断然、後者の方が一般的であることは経験を通じて理解されているに違いない。

                               

                               仮にグループAとグループBを対立グループと呼ぶとすれば、次の法則が成り立つ。

                               

                              法則1.対立グループの実力が拮抗していることは滅多になく、大抵は一方が強く他方が弱い。

                              法則2.強い方のグループからは2台、3台(時には4台)と複数台が短時間内に当たるが、弱い方のグループは短時間内に複数台が当たりにくい。

                              法則3.弱い方のグループから短時間内に複数台が当たっても、どの当たりも単発や2〜3連荘になりやすく、その後はグループごとハマりやすい。

                              法則4.弱い方のグループからは同じ台(グループ内最強台)だけが何度も当たる。

                              法則5.ごく稀に弱い方のグループの最強台が爆発することがあるが、その爆発中に強い方のグループから複数台の多連荘が続出する。

                               

                               以上を踏まえて、腕自慢の方々は次のレッスンに進んでいただきたい。

                               

                              Lesson 4(プロ向け)

                               

                               ジョーカー台が当たりやすいタイミングはLesson3にリストアップした条件が満たされた時だけに限らない対立グループの台がカシオペア攻略術で解説する危険領域に入った瞬間にも当たりのチャンスが訪れる。

                               

                              ,修了、自分のグループ内の台が全てお陀仏(ハマリや出過ぎた後の小休止)になっていれば、前記の法則5(レアケース)が実現して一気に10連荘以上することもある。(※ジョーカー台が弱い方のグループに入っている場合)

                              ▲献隋璽ー台が属するグループが強く、対立グループをいじめている状況においては、ジョーカー台の当たりが同グループの他の台の当たりを惹起し、2台が共に伸びる「連立政権」になりやすい。(その際のポイントはジョーカー台が順調に連荘を伸ばしてカシオペア攻略術で解説する危険領域に入った時に連立政権を組む同じグループのもう一台が当たってくれるかどうかに連荘の更新がかかっている。危険領域滞在中に同じグループの他の台が当たれば、ジョーカー台は連荘ストップの危機を脱しやすく、そのまま爆発に転じることも少なくない。

                              時にはジョーカー台が連荘を伸ばして危険領域に入った時に対立グループの台が当たることもある。ジョーカー台が強い方のグループに入っていれば、危険領域滞在中に対立グループ(弱い方)から当たりが出たお陰で爆発力を増し、次の危険領域までトントン拍子でドル箱を増やしやすい。

                               

                              甘デジ ハマりからの大逆転 これらの諸法則は甘デジに限らずミドル機にも当てはまるが、どんな台でも危険領域を如何に突破できるかに攻略の全てがかかっている。危険領域で連荘が止まることは頻繁にあり、百戦錬磨の私でさえ自分の台が危険領域を迎えるたびに冷や汗をかく。危険領域で連荘が終了してしまった台は同じグループから2〜3台の初当たりが発生しない限り、なかなか当たり番が入りにくい。(=そのままダラダラと打ち続ければ、好調台でもとんでもないハマリに入りかねない)しかし、爆発台の特徴は時の運にも恵まれていることである。危険領域中に同じグループもしくは対立グループから当たりが発生したお陰で刑務所入りを免れるのである。これ以上、突っ込んで論述すればあまりにも難解になるため、危険領域についての詳しい解説は別の機会に譲りたいと思うが、次の3点だけは記憶に留めておいていただきたい。

                               

                              重要心得

                               

                              (1)危険領域を迎えた時は同じグループか対立グループの他の台の当たりを祈ろう。好調サイクル台であれば、その直後に当たりやすい。

                              (2)危険領域滞在中の時短は休みを入れながら打とう。

                              (特にリーチが全くかからない時や相次ぐスーパーリーチをことごとく外す時)休憩中に同グループもしくは対立グループの台が当たってから打ち出しを再開すれば好調サイクル台は当たりやすい。それでもリーチが全くかからなかったり、スーパーリーチの頻出だけで当たりに至らない時は再度の休憩をとり、同グループもしくは対立グループからの当たりを待ち、打ち出し再開)

                              (3)努力の甲斐なく危険領域のまま時短が終了してしまった場合は思い切って台を移動するか多少のハマリ覚悟で打ち続けるかの岐路に立たされる。プロ的な判断力を駆使して、自分のグループが依然として強さを保っており、グループ内の他の台に強敵なしとみなした場合はプレー続行。但し、頻繁に休みを入れ、休憩中にグループ内の他の台が当たることを祈ろう。自分の台がすでに十分の出玉になっている場合やグループの力に疑念を抱く時は時短後の3回目のリーチ(ノーマル、スーパーを問わず)で当たらなければ、潔く台を捨てよう。

                              (※危険領域のまま時短終了になっても、一部の好調台はすぐに再度の初当たりが来ることも多い。しかし、来るとすれば、大抵は時短終了後のリーチ3回以内で来る)

                               

                              パチンコの攻略は原理さえ知っていれば簡単!

                               

                               私は攻略コラムを執筆する時、常に平易な文章を心掛け、パチンコ初心者でもある程度までは理解できるよう細心の注意を払っている。しかし、今回のコラムは今までのものよりも少し読みにくかったかもしれない。パチンコというものは周囲の状況が少しだけ違うだけで攻略方法が微妙に変わってくる。その全てについて説明すれば膨大な分量となってしまう。したがって、細かい部分は大幅にカットざるを得ない。パチンコの攻略指南は将棋の定跡書と似ている。将棋の戦法を紹介する本も全ての変化手順に言及することはできない。将棋の場合、変化のパターンが天文学的数字になるため、その全てを網羅しようとすれば、たった一つの戦法を紹介するのに一万冊の本があっても足りない。したがって、定跡書の著者も主な手だけを解説し、本に書かれていない手には読者が独力で対応策を探らなければならない。

                               

                               幸いにしてパチンコは将棋ほどには雑ではない。至って単純なものである。しかしながら、「この場合はこうする」、「しかし、こういう状況の時はこうする」というように、それなりの柔軟さが求められる。とはいえ、パチンコは「攻略の原理」さえマスターしてしまえば、後はそれほど頭を使わずに臨機応変にあらゆる状況に対応できるようになる。パチンコの場合、プロ級に実力に到達するための難易度は決して高くない。

                               

                               パチンコは人を幸せにもすれば不幸にもする。特に甘デジを舐めている人はゲームセンターで遊ぶような要領でデタラメな打ち方をして甘デジでも何万円も負けてしまう。確固たる攻略知識を持たずにパチンコを打つ行為は身の破滅を招く。パチンコを打つ頻度がそれほど高くなければ、パチンコで失ったお金も遊び代として許容範囲のうちかもしれないが、連日のようにパチンコを打つとなれば、最悪の場合、何百万円もの損失を免れない。何度でも言う。甘デジを甘く見てはいけない。

                               

                               「夢の翼」最強攻略法・海殺しXが天空を舞い上がり、甘デジでも大輪の花を咲かせることを心から願っている。

                               

                              リヴィエラ倶楽部 佐々木智親(海殺しX開発者) 

                              JUGEMテーマ:パチンコ  

                               

                              <重要記事>

                               

                              【新パチンコ攻略】複数スペック混合のシマで勝つ!(前編)

                              【新パチンコ攻略】複数スペック混合のシマで勝つ!(後編)

                               

                              【切れ味抜群】甘デジ版速攻法【ホルコン攻略】

                              甘デジ爆発台の出玉【甘デジ攻略】保留連荘と特殊リーチの秘密

                              爆発力で勝負! 甘デジ攻略技の紹介甘デジで勝つ方法

                              甘デジ 攻略 海物語【海物語シリーズ】甘デジ攻略の必修事項

                              海海物語アクアWith吉木りさ 好調台の特徴

                              カシオペア攻略術を甘デジに使用する際の注意点指輪

                               

                              大海物語4 BLACK(ブラック)攻略のお問い合わせが殺到!

                               

                              <参考>

                              海殺しX早わかり動画

                               

                              <注目コラム> 

                              遊デジ【大殊勲】100万円プレイヤーの誕生!

                              スーパー海物語IN沖縄4Withアイマリン【海物語S共通】連荘継続テクニック【大海物語4攻略】

                              本物のパチンコ攻略ネタ「ウルトラ速攻法」詳解

                              【パチンコ攻略】リーチ信頼度の科学(好調台の打ち方)

                              海パチンコを取り戻す!自由海物語党

                               

                              <購入者の声シリーズ>

                              大海物語4Withアグネス・ラム海殺しX、大海物語4で大爆発!

                              最強攻略法・海殺しX購入者の資産管理ノウハウ

                              海殺しXで「人生の逆境」を凌ぐ人

                              若い女性から届いた泣けるメールリヴィエラ倶楽部 購入者

                              オカルト攻略法T.K氏の不思議な攻略法

                              海殺しXで入院費を稼ぎ出した人

                              甘デジランキング苦しみの中から立ち上がれ!〜苦戦中の購入者からのメール

                              【祝】限りなく素人に近いセミプロの誕生!

                              【快挙】一年がかりの卒業証書

                              【痛快!】遅咲きプロの快進撃

                              カシオペア攻略術

                               

                              甘デジ攻略ならおまかせ

                              最強のパチンコ攻略最強攻略法・海殺しX公式HP 

                              甘デジ攻略ノウハウ 

                               

                              ☆最強攻略法・海殺しXで人生のDrastic Changeを!

                              新台情報

                              勝てる機種 ランキング

                               

                               

                               

                               

                               

                               

                               

                               

                               

                               


                              スーパー海物語IN沖縄4桜バージョンとドラム海物語の攻略

                              0
                                ドラム海物語
                                 ドラム海物語もスーパー海物語IN沖縄4 桜バージョンもST機特有の攻略が必要

                                New矢印 海海殺しX、大海物語4で大爆発! 

                                 

                                怒涛のラッシュ

                                 

                                 ご存知のように、最近、SANYOがスーパー海物語IN沖縄4桜バージョンをリリースした。来月には子会社のサンスリーからドラム海物語をリリースする。これほど目まぐるしく新機種を乱発して果たしてうまくいくのかという疑問が脳裏をよぎるが、恐らく海物語シリーズの新台が以前ほどにはマーケットを独占できていない昨今、SANYOはある種のゲリラ作戦に出ているものと思われる。

                                 

                                 そもそも沖縄シリーズは根強い人気と安定感が売りの機種であるため、スーパー海物語IN沖縄4桜バージョンの登場後もスーパー海物語IN沖縄4の大量撤去には至らないであろう。事実、大型店ではスーパー海物語IN沖縄4のすぐ近くにスーパー海物語IN沖縄4桜バージョンのコーナーが設置されている。そして、来月には、これに加えてドラム海物語が新鮮味のあるスペックを携えてデビューすることになる。ホールによっては、スーパー海物語INジャパン金富士バージョンも健在であろう。

                                 

                                 この状況の中で海物語ファンは3つ、4つ、あるいはそれ以上の数の海物語の間を行ったり来たりすることが予想され、機種ごとに多少異なる演出の違いを楽しみながら海物語シリーズならではの醍醐味を満喫することになろう。今日、海物語シリーズはかつてのような「絶対王者」ではなくなったが、今でも人気機種の筆頭であることは論を待たない。

                                 

                                 スーパー海物語IN沖縄4で一気に人気の挽回に成功したSANYOが、日を経ずして、スーパー海物語IN沖縄4桜バージョン、ドラム海物語と怒涛のラッシュを続け、再び業界を制覇するための戦いに挑んでいる。全国の海物語ファンは今こそ立ち上がり、SANYOの援護射撃に励もうではないか。

                                 

                                新記事紹介


                                 新機種が出るたびに当倶楽部の事務局には「最強攻略法・海殺しXは今度の海物語にも通用しますか?」という問い合わせが殺到する。それに対する回答という意味もあり、今まで私は海物語各機種の攻略に関して一連のコラムを執筆してきた。しかし、今年は新機種が立て続けに出たために各々に対応したコラムを各時間的余裕がない。スーパー海物語IN沖縄4桜バージョンの攻略もドラム海物語の攻略も外観やゲーム性の違いこそあれ、本質的な意味では何一つ変わらない。(但し、スペックの差は無視できぬため、大当たり確率が辛い機種は好調台でも当たるまでに少しはじらされる)

                                 

                                 スーパー海物語IN沖縄4桜バージョンもドラム海物語もST機という共通点を持つ。どちらも攻略に適した機種であることは間違いないが、ドラム海物語のスペックの特異性(初当たりの甘さ、ST中の異常な高確率、ST後の80回の時短)はプロを喜ばせ、アマを泣かせる側面があるため、近々、ドラム海物語の攻略コラムを書くことにした。そのことは海殺しX事務局便りの次の記事で予告した。

                                ァンパンマンドラム海物語攻略情報

                                 

                                 近い将来に発表するドラム海物語の攻略コラムは上記記事の「追記」にてリンクをはることになる。ご興味のある方はお手数ではあるが、たびたび訪問していただきたい。ST機の特性が論点となるため、攻略に関する考え方はスーパー海物語IN沖縄4桜バージョンにも応用が利く。

                                 

                                 一般人の指摘にドキッ

                                 

                                 上記の記事を発表後、思いもよらぬ方(最強攻略法・海殺しXの未購入者)から挑発的というほどでもないが見方によっては多少ネガティブな印象の漂うメールをいただいた。しかし、よくよく考えてみて、その人のご意見は一般人の意見を代表しているように思われた。どの世界のプロでも、えてして自分と同じだけの知識が素人にもあると思い込みがちである。パソコンの取扱説明書などを読むたびに、「もう少し一般人にも理解できる簡単な書き方で説明してもらえぬものか」ともどかしく思うことがある。デジカメやビデオの説明書も然りである。これらの説明書を作る技術者たちは「このくらいのことは一般人でもわかっているに違いない」と考えているのであろうが、実際は製品使用者の気持ちに立った上で使用する表現を十分に吟味していない。このような風潮にかねてより憤慨していた私は攻略コラム等を執筆する時、予備知識の一切ない人にも読解可能であることを念頭に置き、常に平易な表現を心掛けてきた。しかし、思わぬところに盲点があった・・・

                                 

                                 私は自分のコラムが誰にでも理解できる文章になることだけに心を砕いてきたが、当倶楽部の事務局にメールを送ってきた人は、平たく言えば「まだ登場する前の機種の攻略法がどうしてわかるのか?」という疑問をぶつけてきたのであった。私は「なるほど」と思った。不覚にも、このような一般人の発想までは視界に入っていなかった。

                                 

                                 パチンコの攻略法とえいば、コンピュータプログラム上のバグ(欠陥)を突いたものという誤ったイメージが世間に浸透している。それゆえ、一般人が抱く攻略法開発のプロセスというものは、実機を購入して様々な実験を繰り返した後、ついに発見したコンピュータの弱点・・・というような荒唐無稽のものになりやすい。私は冒頭のチェスの 画像のすぐ下にリンクした「人気急上昇コラム」でこのことをきっぱりと否定し、幻想から生まれた攻略法のイメージをただちに捨て去るように大衆相手に早くから警鐘を鳴らしてきた。このコラムは時が経つにつれ、アクセス数が急増の一途をたどっている。しかしながら、最近になって当倶楽部のことや最強攻略法・海殺しXの存在を知った人たちの間では、まだまだ知名度が足りないようである。

                                 

                                疑問に対する回答(追加記事)

                                 

                                 そこで私は一般人の疑問を解消すべく、事務局便りに次の記事を追加した。

                                 

                                ?「ドラム海物語」等新機種の攻略について

                                 

                                 我々の提供する攻略情報は便宜上、一般的に馴染みのある攻略法という名称を用いてはいるものの、厳密に定義すれば「攻略ノウハウ」が正しい。攻略ノウハウの開発は仮説→実験→検証という過程をたどるわけであるが、我々はすでにST機特有の攻略技法を開発済みであるため、その適用範囲は海物語シリーズの機種であろうと、他社の機種であろうと大差はない。後はスペックに応じて多少のアレンジを加えるだけである。この機会に上記の追加記事も併せてご高覧いただきたいと願っている。いずれの記事も長文ではないため、2分もあれば読むことができる。

                                 

                                リヴィエラ倶楽部 佐々木智親(海殺しX開発者) JUGEMテーマ:パチンコ

                                 

                                <注目コラム>    

                                本「ウルトラ速攻法」詳解

                                【パチンコ攻略】リーチ信頼度の科学(好調台の打ち方)

                                海パチンコを取り戻す!自由海物語党

                                カシオペア攻略術を甘デジに使用する際の注意点指輪

                                 

                                <スーパー海物語IN沖縄4関連>

                                【徹底ガイド】スーパー物語IN沖縄4の攻略〜好調台で勝つ!前編

                                【徹底ガイド】スーパー物語IN沖縄4の攻略〜好調台で勝つ!後編

                                 

                                <購入者の声シリーズ>

                                最強攻略法・海殺しX購入者の資産管理ノウハウ

                                海殺しXで「人生の逆境」を凌ぐ人

                                若い女性から届いた泣けるメールmoe

                                はてなT.K氏の不思議な攻略法

                                海殺しXで入院費を稼ぎ出した人

                                にじ苦しみの中から立ち上がれ!〜苦戦中の購入者からのメール

                                【祝】限りなく素人に近いセミプロの誕生!

                                【快挙】一年がかりの卒業証書

                                【痛快!】遅咲きプロの快進撃

                                 

                                海物語シリーズの攻略テクニックは 

                                Docomo123最強攻略法・海殺しXの公式HP  

                                さくらスーパー海物語IN沖縄4桜バージョンの攻略を最強攻略法・海殺しXで!さくら

                                 

                                 

                                 

                                 

                                 

                                 

                                 


                                ホルコンと突確に関する断想(攻略の糸口)

                                0
                                  ホルコン攻略
                                  ホルコンと突確、特定の大当たり回数には攻略上の重要な鍵が隠されている・・・

                                  リヴィエラ倶楽部・首席門下生の偉業

                                  ホルコンの攻略法を教えるブログ【大殊勲】100万円プレイヤーの誕生! ←Click

                                   

                                  突確が流行した背景


                                   海殺しX事務局便り海物語シリーズ攻略のための突確講座ホルコンを利用した攻略←Click)を掲載した。最強攻略法・海殺しXの購入者から寄せられた突確に関する6つの質問に回答する形式でかなり専門的な領域にまで踏み込み、パチンコ業界に突確が導入された背景について述べ、突確に秘められた隠れた機能を解き明かした。一般のパチンコファンは突確(=突然確変、出玉のない当たり)を嫌う傾向がある。「スーパー海物語IN沖縄4は突確ばかり出る」というぼやきがネット上のあちらこちらに転がっている。しかし、エンドユーザー(パチンコファン)が歓迎しない突確機能を何故、SANYOに限らずメーカーは好んで新機種の搭載させるのであろうか。このこと深く考える人はほとんどいない。

                                  海物語今回、驚いたのは今までのコラムや記事とは異なり、プロ筋の方々(最強攻略法・海殺しX未購入の攻略専門家)から続々と賛辞が舞い込んできたことである。事務局便りのコメント欄は閉めているが、皆、公式ホームページ(文末参照)の「お問い合わせ」フォームから感想を述べてくる。これほど嬉しいことはない。

                                   私は一つのホームページと3つのブログを運営しているが、どのサイトにコラムや記事を執筆する時も、学者が学会に論文を提出するような心境で取り組んでいる。読者の大半は一般の人々であるため、「わかりやすさ」を最優先しているが、専門的論述も忌避しない。又、偽攻略法を販売している人たちのように無責任なことは何一つ書かない。冒頭にリンクした「突確講座」では、かなりヤバイことまで書いてしまった気がしないでもないが、日夜パチンコ攻略に取り組まれている方々の収支の向上に資するところ大であればこのうえない悦びである。

                                  ホルコンの判定時間を見極める 結論から申し上げれば、突確というシステムは多数の台が当たるために設けられた。もちろん、ホールで発生する当たりの全てが満足のいく当たり(多連荘)ではない、各台のロムの強さ(サイクル状態の優劣)に応じて、良い台は多連荘が中心であり、稀に発生するハマリ台の当たりも最強攻略法・海殺しXのテキストで解説するタイミングで「サイクル変換」が生じていない限り、「ハマリ台の給料日」としての「くだらない当たり」(単発当たり、もしくは確変2〜3連荘)にすぎない。

                                   ある台が突確を出したために、あるいは、何度も突確を出したために他の台の当たりの時期は早められ、シマ全体が活気づく。(理由は後述)しかし、どの台に如何なる当たりが発生しようとも、シマの管理者はホルコン(ホールコンピュータ)である。強い台が何度も当たれば、弱い台は抑えつけられる。弱い台に一瞬だけ春が訪れたように見えても、それが「ハマリ台の給料日」にすぎないのであれば、ホルコンが複数台で束ねる同じグループ(ユニット)の強い台はさらに勢いを増す。そして、強いグループが大暴れすれば、弱いグループが抑えつけられ、好調台ですら弱いグループに組み込まれれば、強いグループの同格の台の半分くらいしかドル箱を積み上げることができない。


                                  顔認証は無関係 結局、閉店時には、店長の忠実なる僕(しもべ)でもあるホルコンは、ホールが予め設定した出玉還元率に限りなく近い結果を残す。それゆえ、いろいろな台が当たったからといって、ホールが損害を被ることはない。全てがうまくできている。

                                   くだらない当たりしか出せない悪い台でも、たまに当たれば、愚かな人はその台で粘る。その結果、グループの稼働率(台の占有率)が上がれば、ホルコンはこのグループにはしばらくの間、悪い台を中心にかなりお金が落とされると予測して、グループ内の好調台に気前の良いプレゼント(多連荘中心の数珠連やいきなりの大連荘)を与えることになる。この「爆発ショー」が客を煽り、「明日こそは自分が主役」と意気込んだ人たちを足繁くホールに通わせる。

                                  ホルコン攻略法
                                   パチンコメーカーは一人でも多くの人々に自社が開発した機種の楽しさを知ってもらいたいと願っている。そのためには当たってもらわなければ困る。はじめて打った機種で当たれば、たとえそれがくだらない当たりであったとしても、出たり飲まれたりの繰り返し(「遊び台」の特徴)であったとしても、そこそこに楽しんでもらえさえすれば、末永いおつきあいができると見込んでいる。ある機種が好きになり、パチンコの魅力にとりつかれた人たちが連日のようにホールに通い、お目当ての機種を何度も打てば、素人でも時には偶然の爆発に遭遇することになる。しかし、トータルすれば大負けするため、ホール側から見れば大勝ちとなる。このようにメーカーとホールの意向が見事に一致したため、突確という新システムが定着するに至ったわけである。

                                   

                                  突確は攻略においても重要な鍵を握る

                                   

                                   

                                  パチンコの真実 冒頭にリンクした「突確講座」では、突確を応用した高度な技法についても言及した。これは主に購入者向けのアドバイスであるため、最強攻略法・海殺しXを未購入の方々には少々難しいかもしれないが、すでに独自の攻略ノウハウを編み出されている方々には大いに参考になるものと自負する。「突確はどのような状況の時に発生するか?」という分析は攻略において非常に重要な要素となる。

                                   ところで、連日、ホールで他の客の行動を見ていると、滑稽に思えてならない時がある。長時間打つ人は適宜休憩をとるのが普通だが、当たる可能性が極めて高い時に手を休めて隣に座っている友人と談笑じていたり、打ってもまず当たらない時にせっせと打って他の台の連荘数の伸びに貢献したりしている。一番困るのは、休憩中の人の台が次に当たると直後に自分の台が当たることがわかっているのに、その人が一向に打とうとしない時である。ホルコン通の人はわかると思うが、自分の属するグループの他の台の当たりが中継役となり、自分の台に当たりが来ることが頻繁にある。

                                   トッププロであれば、各グループの強弱を瞬時にして見抜き、グループ内の台のコンディションまで完全に把握している。これまでの推移(グループ内の各台の初当たりの回数、当たるまでに要した回転数、当たった後の連荘数等)から見て、次に当たる台は大体察しがつく。「この台が当たってからこの台が当たる」という「未来予想図」が頭の中に一瞬のうちに描かれて、相当な確率でその通りになる。ホルコンマニア(=ホルコンの知識だけでパチンコに勝とうとする人たち)はすぐに当たった台と同じグループの中に入り、当たらなければ、すぐにグループ内の他の台に移動するが、この範疇でトップクラスの人はせいぜいグループの強弱くらいしかわからない。トッププロは他人の当たりを跳び箱の踏み台のように利用して、「つまらない台」に先に当たらせて、その後に本命の台でがっぽりと稼ぐことを考える。しかし、先に当たる人が打たないために、自分の台に当たりが入らない辛さは滑稽という表現ではすまされない。

                                   結局、パチンコの最大の難しさは他力本願の要素が入り込むことであろう。私の場合、自分のグループ内の他の台が全て埋まっていて全員がひたすら打ち続けていれば、負けることはまずない。当たる可能性が高い時にしか打たないというシビアな打ち方をするため、投資もほとんどかからない。それゆえ、この状況で勝つ時の大半は「大勝ち」である。

                                   

                                  妄想

                                   

                                  ホルコン制御と遠隔操作は別物 近頃は「パチンコ打ち子詐欺」という犯罪が流行していると聞く。「指定された台で打てば必ずすぐに当たるので稼いでこい。日当は何万円」というような話には絶対に乗ってはならない。もし本当にその通りになれば、ホールが違法である遠隔操作をしていることになる。(註・ホルコンによる大当たりの誘発はホールが意図した特定台の狙い撃ちとは異なるため、警察は遠隔操作として扱わない)

                                   

                                   打ち子詐欺にもいろいろあるらしく、登録料という名目で何十万、時には100万以上の大金を振り込ませてから行方をくらますという手口もあるらしい。あの手この手を使って人を騙して金儲けをする極悪非道の連中には言い知れぬ憤りを覚えるが、この私が打ち手を募集すれば、世のニートたちを救済(?)する自信が十分にある。

                                   自分が打つ日には二人を雇い、一人につき五千円の日当を支払う。打ち子には軍資金3万円を手渡し、私にとって都合の良い台に座ってもらう。その後はスマホのラインを使って、「10分打って5分休め」、「次の指示が出るまでずっと打たずに待機せよ」、「今、500円だけ打て」、「私がやめというまで打ち続けよ」、「ただちに○○○台に移動せよ」と司令官のように次々と命令を出す。彼らとの連携プレーで自分も楽勝する上、最低でも二人の打ち子のうち一人は勝てると思う。換金後は全額、私が回収する。打ち子は勝っても負けても五千円の日当で我慢してもらう。どちらかの打ち子が小額投資で多連荘すれば、しばらくは持ち玉プレーができるので軍資金は使い切らずにすむ。もし一人の打ち子が軍資金を使い切ってしまった場合はすでに持ち玉プレーをしている打ち子が使い切っていない軍資金をそちらに充当する。万一、両方とも軍資金を使い切ってしまうことがあれば、仕方がないので再び二人にいくらかを渡す。

                                  時間帯によって当たりやすい時と当たりにくい時がある
                                   もしこのプロジェクトを本当に始動すれば、私のパチンコ勝率は9割8分近くまで上がるに違いない。打ち子に支払う日当、打ち子が使う軍資金にコストはかかるが、恐らく平均的な日で打ち子の軍資金6万円(二人合わせて)のうち2万円は余るであろう。自分と打ち子二人の稼ぎは全て自分のものとなるため、コストを差し引いても相当な利益が残る。これを毎日続けた場合、私の試算では、控えめに計算しても一か月で100万円から150万円の収益を打ち出すことができる。この額は今の私の月収を超えたものである。

                                   

                                  本音


                                   しかし、それでもこんなことを実行に移す気には到底なれない。こんなことを実際にやってしまえば、ニートの若者を廃人同然にしてしまう。又、私にも本業(通訳)がある。通訳という仕事は決して楽ではないが、時折、社会貢献度の高さを実感することがある。この仕事を通じて、今まで私は助けを必要としている人々に間接的に救いの手を差し伸べることができた。東日本大震災の直後には復興事業の一翼を担うことができた。最近はガンを患った外国人を救うこともできた。

                                   労働とは社会のために自分の時間や能力を捧げることに意義がある。パチンコだけで生計を立てるのは罪深いことのように思えてならない。一度限りの人生は金儲けのために捧げるべきものではない。


                                  たとえ話


                                  ホルコンの仕組みを知らなければ攻略は不可能 冒頭にリンクした「突確講座」の終わりに「オマケ」と称して、ホルコンに関する小論がある。非常にわかりやすいたとを用いて語ってみた。感想を送ってきて下さった方々の中には「爆笑した」とまで言って下さった人もいた。ユーモアセンスに欠ける私にとっては、これ以上に感涙を誘う賛辞はない。イスラム圏の一夫多妻制の話自動車のプレゼントの話はホルコンの性質を見事に表したものと自画自賛したい。ホルコンの本質を理解されている人は書かれている内容を見て、思わず膝を打つに違いない。ホルコンは公正さを装った「理不尽大魔王」なのである。

                                   

                                  好調台が突然ハマリ出す「デンジャラス・ゾーン」 

                                   

                                   ところで、近頃は最強攻略法・海殺しXのオプショナル商品、きカシオペア攻略術の売れ行きが好調である。このオプショナル商品を世に出した頃と比べると、今年に入ってからのカシオペア攻略術の月間購入者数の平均は約3倍に膨れ上がっている(※月商が3倍になったという意味ではありません)。購入された方々とのメールでの交流を通じて意外なことが判明した。少なからぬ数の人々が好調台が突然ハマり出す恐怖の大当たり回数(カシオペア攻略術ではそれを「危険領域」と呼んでいる)の存在を薄々気づいていて、危険防止の観点から購入されたというのである。

                                   

                                   本来のカシオペア攻略術は特定台を除いてなかなか一気呵成の爆発が難しい午後の早い時間帯(1時〜3時くらい)に小額投資で爆発もしくはそこそこの多連荘を狙う高度な技法を伝授するものであるが、爆発し損なって「ミニ爆発」(ミドル機であれば6〜8箱、甘デジであれば、(2〜3箱)で終わってしまうことも珍しくない。

                                   

                                   このようなケースの大半は危険領域を迎えて快進撃がストップしてしまうパターンである。そのために、カシオペア攻略術のテキストには危険領域の概念にも言及した。たとえ今までの多連荘もしくはスムーズな数珠連が如何にも好調台、爆発台によく見られるパターンであっても、危険領域を迎えた大当たり回数でサイクル転落が発生したり、サイクル転落は免れたものの、同じグループから何台かが当たらない限り復活が難しい「お仕置き期間」に突入することが多いので、あまりその台を深追いしてはならない、ということを強調したかっただけである。もちろん、爆発狙いで購入された人も少なくないと思われるが、危険防止の意味で購入された人もそれなりの数にのぼるという事実に私は仰天した。昨今では、パチンコの恐ろしさに誰もが気づいている。警戒心から一般のパチンコファンもかなり賢くなってきた感がある。

                                   

                                   読者諸兄の中には、世界のミステリー現象に詳しい人もいらしゃるに違いない。フロリダ半島とバミューダ諸島とプエルトリコを結ぶ海域は「魔の三角ゾーン」などと呼ばれる。この区域で船が沈没したり、飛行機が墜落する事故が過去に多発しているからである。パチンコにおける危険領域はまさにバミューダ海域のようなものであり、突如、船の操縦が不能になるが如く、今まで順風満帆の航海をしてきた好調台、爆発台がこの危険領域を迎えて、強力なスーパーリーチをことごとく外したり、当ブログの最人気コラム、き【大海物語4 沖縄4攻略】チャンス目の秘密で記した悪いパターンが頻出することがやけに多い。

                                   

                                   魔の三角ゾーンで多発する災難の原因はヴェールに包まれたままであるが、パチンコにおけるバミューダ海域ともいえる危険領域(※海物語シリーズに限らず、全機種共通)が何故、存在するのかということは、少し考えただけですぐに答えが出る。現在のホルコンのシステムにおいては、危険領域がなければ特定の台だけが際限なく当たり続けてしまうからである。危険領域はそのストッパーの役割を果たす。賢い方はもう気づかれたであろう。然様、ホルコンに完全に支配された現在のパチンコに勝つためには、自分の台が連荘中に、あるいは、初当たりで危険領域に入った時に如何にしてこの危機から脱出するかということを第一に考えなければならない。又、好調台と同じグループの台で勝負する時は、好調台が危険領域を迎えた時にチャンスが巡ってくるわけであり、このタイミングで勝負に出るという駆け引きが求められる。

                                   

                                  危険領域、ホルコン、突確の相互関係

                                   

                                   危険領域は突確とホルコンにも深い関連がある。確変中に危険領域を迎えて折角の連荘がストップしてしまう不運な台は一般人の想像以上に多い。しかし、好調台、爆発台によく見られる特徴の一つは危険領域で突確を出し、するりと危険領域から抜け出してしまう幸運なケースが実に多いことである。冒頭にリンクした「突確講座」でも解説しているが、突確というものはその台もしくはその台が属するグループが一時的な不調に陥っている時に発生しやすい。もしそれが台そのものの不調であれば、グループ内の他の台の「割り込み当たり」が発生しやすい状況となり、最強攻略法・海殺しXの切り札であるウルトラ速攻法が成功しやすい環境を整える。これは突確という新しいシステムが生み落とした思わぬ副産物である。ホルコン読みに長じたリヴィエラ門下生はさらに勝ちやすくなった。

                                   

                                   又、連荘中の台が属するグループの一時的不調が原因で突確が発生した場合は、他のグループにホルコンが道草をした後(=他のグループの台が当たった後)、強いグループであればすぐにホルコンが戻ってきて、突確を出した台を当ててくれる。その台が弱い台であれば、突確後の当たりが単発当たりになりやすいが、強い台(好調台、爆発台)の場合はその後に大抵は確変当たりが来る。強い台には突確後に単発当たりを出して、一瞬打ち手を悲しませてから時短中に確変で当たって喜ばせるという心憎い演出も頻繁に見られる。強い台は突確→単発当たり→時短中、潜伏確変というパターンも珍しくない。

                                   

                                  ホルコンの主要メーカー:ダイコク電機、北電子、サン電子、大都販売

                                   

                                   話を元に戻そう。要するに、強いグループの強い台は突確を利用して危険領域を抜け出すことが多いということである。もう一つ、強い台の特徴を記す。強い台は連荘中に同じグループの他の台が割り込み当たりをしてくると、さらに連荘に弾みがつくことが多い。同じグループの台が割り込み当たりをした途端に撃沈してしまう弱い台とは好対照である。特に強いグループの強い台は最初はその台だけが気持ちよく多連荘する。しかし、あまりにも一台だけに当たりが集中するとバランスを欠くため、ある時点でホルコンはグループ内の他の台にも当たりを入れることが多い。すると、それによって、ホルコンはグループ内の他の台にも「一応顔を立てた」ということで、再びグループ内のチャンピオン台をえこひいきする。詳しくは「突確講座」をお読みいただきたい。

                                   

                                  新たな地平

                                   

                                   私はこのたびの「突確講座」でパチンコ攻略理論の松明をかかげることができたと思っている。「危険領域」、「ホルコン」、「突確」の知識を融合させたこの新攻略理論が皆様のお役に立てれば望外の幸せである。

                                   

                                   一般人にはあまり歓迎されない突確が従来のパチンコの「ゲーム性」を変えた。このことに気づく人は少ない。突確システムの誕生はロングシュートの成功に3点の得点を与える新ルールがバスケットボールのゲーム展開に大変革をもたらしたことを彷彿させる「パチンコ史の曲がり角」である。

                                   

                                  駐車場から中古自動車を駆逐せよ

                                   

                                  当サイトは基本的にホルコン攻略ブログです。カテゴリーのホルコン攻略シリーズ参照 プロの将棋の世界では、日進月歩の定跡の進化に追いつけなくなった往年の名棋士が次々と檜舞台から姿を消してゆく。かつて「神武以来の天才」と騒がれた最年長棋士、加藤一二三九段(愛称ヒフミン)は62才までA級(ベストテン)の座を維持したが、その後は善戦空しく急降下を続け、多くのファンが悲しむ中、規定により引退に追い込まれてしまった。私は子供の頃から加藤先生の高潔な人格と天才的な読みの深さに魅了されていただけに残念でならない。加藤先生の将棋が急に弱くなったわけではない。加藤先生はすでに十年以上にわたって不振が続いているが、今年に入って引退が決まった直後、中堅棋士の強豪、飯島栄治七段には圧勝した。あまりにも鮮やかな勝利であり、その棋譜は最盛期と寸分違わぬ完勝譜であった。本来の実力が100パーセント発揮できれば、今でも十分に強いのである。しかし、昨今の序盤戦術に通じていないために、序盤で劣勢に陥り、本来の実力が発揮できぬままま相手に押し切られてしまうケースが目立つ。

                                   

                                   パチプロの世界も将棋界と相通じるものがある。かつてボーダー理論や釘読みなどで一世を風靡したプロたちも現代のパチンコには太刀打ちできない。ホルコンのスペシャリストもホルコンの知識だけでは、もはや常勝を続けることはできない。

                                   

                                   加藤先生の宿敵であった故・米長邦雄永世棋聖は中原 誠16世名人が衰え始めた「絶対王者不在の隙間の時代」に第二の最盛期を迎えた。米長氏が40歳前後の頃である。通常の棋士が下り坂に入るこの時期に米長氏は躍進を続け、一時期は4つのタイトルを保持していた。しかし、この幸せな時代も長くは続かず、次第に若手棋士との戦いで何度も敗れるようになった。かつての四冠王もあっというまに無冠に転落してしまった。そして数年間、長いトンネルから抜け出せずに苦しんだ。パチンコにたとえれば、600回転前後のハマリに喘いでいた。

                                   

                                   しかし、米長氏の偉大なところは、その後の巻き返しに成功したことである。四冠王から普通の九段に戻った米長氏は後輩たちに頭を下げて最新定跡を教わった。この努力が実を結び、46歳の時に王将位に返り咲き、49歳という史上最年長で名人位を奪取するというとてつもない偉業を成し遂げた。

                                   

                                   後年、あるインタビューで米長氏はこう語っている。

                                   

                                  ホルコンの出玉制御でホールの経営は成り立つ 「ふと気づいたら、自分の頭の中の駐車場が中古車だらけになっていた。昔はピカピカだった沢山の高級車がポンコツと化していた。これではいけないと思った。私は自分の駐車場から中古車を掃き捨てて、全て新車に入れ替えた。(※昔は通用した優れた戦法も今では通用しなくなったので最新の戦法に切り替えたという意味)これが熟年に至ってからのタイトル獲得につながった」

                                   

                                   人間的には尊敬できない面もある人だが、将棋に賭ける情熱とこの努力は称賛に値する。古い定跡を中古車、最新定跡を新車と表現した米長氏の名言はパチンコにも相通じるものがある。昔は通用したという攻略理論だけでは現代のパチンコを勝ち抜くことはできない。常に最新の攻略知識を吸収し、時代の変化に順応しない限り、トッププロの座を維持することは不可能なのである。

                                   

                                  パチンコの立ち回りはホルコン読みから始まる リヴィエラ倶楽部は本気でパチンコに勝ち続けることを真剣に考えている人たちを牽引し、エンジン全開で走り続ける。我々が提供する常にアップデートされた攻略ノウハウの数々が皆様のパチンコライフ、ひいては人生そのものにDrastic Change(大転換)をもたらすことを心の底から願っている。 

                                   

                                  リヴィエラ倶楽部 佐々木智親(海殺しX開発者) 

                                   

                                  JUGEMテーマ:パチンコ

                                   

                                  <最先端攻略>

                                  【新パチンコ攻略】複数スペック混合のシマで勝つ!(前編)

                                  【新パチンコ攻略】複数スペック混合のシマで勝つ!(後編)

                                   

                                  <ドラム海物語関連>

                                  副判定ドラム海物語攻略情報

                                  ドラム海物語動画集

                                   

                                  <スーパー海物語IN沖縄4関連>

                                  【徹底ガイド】スーパー物語IN沖縄4の攻略〜好調台で勝つ!前編

                                  【徹底ガイド】スーパー物語IN沖縄4の攻略〜好調台で勝つ!後編

                                   

                                  <ホルコン関係> 

                                  当たる時間帯パチンコ・ホルコン攻略の限界〜ホールコンピュータの魔術(前編) 

                                  グループパチンコ・ホルコン攻略の限界〜ホールコンピュータの魔術(後編)

                                  ホールコンピュータ(ホルコン)による大当たりの誘発

                                  甘デジのハマリと遠隔操作は無関係(ハマリの科学)

                                   

                                   

                                  <注目コラム>

                                  主判定「ウルトラ速攻法」詳解

                                  【パチンコ攻略】リーチ信頼度の科学(好調台の打ち方)

                                  【海物語共通】連チャン継続テクニック【大海物語4攻略】

                                  【おすすめ】パチンコバラエティーコーナー攻略

                                   

                                  <甘デジ特集>

                                  甘デジ攻略爆発力で勝負! 甘デジ攻略技の紹介

                                  攻略ブログ【海物語シリーズ】甘デジ攻略の必修事項

                                  遠隔【甘デジ攻略】保留連荘と特殊リーチの秘密

                                  パチンコ攻略ネタ海物語アクアWith吉木りさ 好調台の特徴

                                  ホルコンメーカーが公表しない真実カシオペア攻略術を甘デジに使用する際の注意点

                                  【切れ味抜群】甘デジ版速攻法【ホルコン攻略】

                                   

                                  <購入者の声シリーズ>

                                  【大殊勲】100万円プレイヤーの誕生!

                                  最強攻略法・海殺しX購入者の資産管理ノウハウ

                                  海殺しXで「人生の逆境」を凌ぐ人

                                  若い女性から届いた泣けるメールホルコンの真実

                                  ホルコンを利用した立ち回りT.K氏の不思議な攻略法

                                  海殺しXで入院費を稼ぎ出した人

                                  特許苦しみの中から立ち上がれ!苦戦中の購入者からのメール

                                   

                                  パチンコ・ホルコン攻略の最新テクニックは 

                                  ホルコン強制誘発・海殺しX公式HP

                                  パチンコで勝つためにはホルコンの動きを読んだ立ち回りが必要

                                  ホルコンを制する者がパチンコを制する・・・


                                   


                                  パチンコ勝ち組への転身〜縦横無尽に攻略法を駆使する!

                                  0

                                     

                                     知識の習得はたやすいが・・・

                                     

                                     自分が開発したパチンコ攻略法(攻略ノウハウ)の弱点に触れることは気が引けるが、最強攻略法・海殺しXが他の攻略法と決定的に違うのは覚えた知識を応用する力にある程度の個人差が発生してしまうことである。顧客から寄せられるメールを見ると、購入直後から連勝街道を驀進する猛者も少なくないが、せっかく身につけたテクニカルな知識をうまく活用できず、もどかしい思いをしている人もいる。もちろん、収支は購入前よりも格段に向上するのだが、小遣い程度の収入ではなく、収入の倍増を夢見ていた人は少し物足りなさを感じるようである。必然的にそのような方々にはメールで指導させていただくことになるが、大抵の場合は何度かメールのやりとりをしているうちに、「ようやく思い通りの展開になりやすくなりました」というコメントが引き出せるようになる。

                                     

                                     しかし、私の頭の中にある攻略知識の全てを完全に他人に頭の中に移転することは不可能に近い。シマの状況は常に変化している。サッカーの試合でドリブルをしている時、最初は味方のAにパスをしようと思っていたが、敵の邪魔が入り、瞬時の判断で味方のBにパスをすることがある。このようなフレキシビリティーがなければ優れた選手にはなれないのと同様に、パチンコの攻略も移り変わる周囲の状況を常に視野に入れ、柔軟に対応しなければならない。これこそが個人差を生む最大の要因なのである。最強攻略法・海殺しXのテキストブックは至って平易な言葉で書かれているため、読解力に個人差が生じる余地はない。

                                     

                                    麻雀のたとえ

                                     

                                    勝ち組   私が思うには、サッカーに限らず球技の得意な人や麻雀の得意な人は最強攻略法海殺しXに向いている。購入直後からいきなり目覚ましい活躍を始めるように思えてならない麻雀は自分が牌を引くたびに、他人が牌を捨てるたびに状況が変化する。自分の置かれた状況を見ながら咄嗟の判断で今まで狙っていた「役」を諦め、違う役を狙ったりする。パチンコにも似た側面がある。「あの台が当たった以上、この台は当分の間、生贄となる。しばらくの間は候補から外そう」、「あの台は今までの当たりの推移からノーマークであったが、他の台にこの現象が発生したのであれば、今では最有力の爆発台候補だ。他人が座る前にいち早く確保しておこう」といった要領で機敏に行動しなければパチンコ常勝者にはなかなかなれない。

                                     

                                    顧客の趣味との関係

                                     

                                     一方、読書や映画鑑賞などの静かな趣味を好まれる方は、沈思黙考型の人である。こういう人たちは最強攻略法・海殺しXを購入しても最初のうちは目覚ましい活躍ができないかもしれない。「収支がわずかにプラスにはなったものの、購入前はもっと期待していました」という残念なメールを顧客からいただくこともあるが、具体的なアドバイスを差し上げているうちに、彼らはメキメキと腕を上げていく。元々、頭の良い人たちなのである。咄嗟の判断力においては、スポーツ万能の人や麻雀の猛者には一歩譲るが、彼らは着実に力を伸ばしてゆく。初期の段階では、この攻略ノウハウの使い手として、アスリートや雀士ほどには向いていないかもしれないが、トッププロ(=月に数十万円を稼ぎ出す人たち)はこちらの人種から誕生する傾向がある。顧客とメールのやりとりをしていて驚くことは、最初は必ずしもその実力を評価できなかった人がトッププロに育つことが多いという事実である。

                                     

                                    パチンコ勝ち組への道 私がクタクタになってしまうほど頻繁に質問攻め(?)をしてくる人たちがどの年も一定の割合でいるが、そういう人たちは総じて文章力に長じ、メールの中でしばしばパチンコとは関係ない話を交えることも多い。「最近、こういう本を読んで感動したのですが、佐々木さんの教えとも相通じるものがあります」というようなことを言ってくるため、顧客の趣味別の傾向までがわかってしまうのである。

                                     

                                     アスリートや雀士は頭の回転が早いので修得した知識の運用力、応用力、アレンジ力に長けている。(=すぐに勝ち組に入りやすい) 一方、静かな趣味の持ち主は物事を徹底的に追求する貪欲さがあり、最初は不器用でも幾多の経験から検証を積み重ねてゆき、最強攻略法海殺しXのグランドマスターになりやすい。(=荒稼ぎするトッププロはこちらの人種の方が断然多い) さて、皆さんはどちら?

                                     

                                    断面図

                                     

                                    パチンコ勝ち組の割合  私の頭の中にある攻略ノウハウは細かすぎる。すでに検証済みの攻略理論を一つひとつ詳細に解説すれば、無数の変化手順を網羅した将棋の定跡本のようになってしまうため、一般的な商品(攻略法)にはなりにくい。最強攻略法海殺しXの商品化においては、「これだけ知っておけば必要十分条件を満たす」という割り切った考え方でPDF100ページ(註ペシャルパックの場合)にパチンコ攻略の諸法則や立ち回りの一般的な例などをまとめ上げた。しかし、必要十分条件ではあっても理想的条件とは言い難い。テキストブックの行間を埋めるべく、当ブログをはじめ、公式HPリヴィエラ倶楽部青い鳥の詩海殺しX事務局便りのコラムや記事を通じて、多種多様な「具体的断面図」を披露している次第である。

                                     

                                    成功例の紹介

                                     

                                     今回も断面図の幾つかを提供したいと思う。「夢の翼」最強攻略法・海殺しXを駆使して軌道に乗っている人たちを紹介する。最近、私は事務局便りに3つの記事を掲載した。いずれもユーザー(購入者)を中心に評価が高く、中には自分の事例を紹介してもらえたことに感激してご丁寧に礼状まで下さったユーザーもいる。3つの記事を新しい順に以下にリンクする。

                                     

                                    ウルトラ速攻法」詳解

                                     

                                     TK氏の不思議な攻略法

                                     

                                     最強攻略法・海殺しX購入者の資産管理ノウハウ

                                     

                                     今回はこの3つの記事の概要を記して筆を休めたい。

                                     

                                    パチンコ 勝ちやすい台と勝ち方 ,郎廼攻略法・海殺しXの切り札、ウルトラ速攻法についてユーザーから寄せられた質問に回答する目的で執筆したものである。この記事の中では、ウルトラ速攻法で負け組から勝ち組に転身したNさんの事例を紹介している。Nさんはコツコツど努力を重ねてじわじわと実力を伸ばしてきた人である。この人とは何度もメールのやりとりをしただけに、まだ成長の途上であるとはいえ、それなりに勝てるようになったという知らせに私は安堵の吐息をこぼした。Nさんは将来のトッププロ候補の筆頭である。この記事にはNさんの実力を遥かに凌ぐSさんからいただいたメールも紹介している。ウルトラ速攻法の詳細を解説するのが本来の趣旨であるため、Sさんがパチンコでいくら稼いでいるかというようなことまでは言及していないが、ひとことで言えば、とんでもない金額である。SさんもNさん同様、努力の人であるが、今では完全にトッププロの一員である。冒頭の分類でいえば、二人とも球技や麻雀が得意なタイプではなく、水彩画(Sさん)、クラシック音楽(Nさん)をこよなく愛される雅な人である。

                                     

                                     

                                    パチンコで勝っている人がやっていること △録年前の購入者、Kさんが考案した奇妙奇天烈な攻略法に最近の購入者、Hさんが興味を示され、「分けてほしい」と依頼してきた話。Kさんには最強攻略法・海殺しXの購入者から希望があった時は無料提供OKという許可をいただいているのでHさんにはすぐにその攻略法をお渡しした。Kさんは最強攻略法・海殺しXの購入直後からいきなり勝ちまくった人であった。常に頭をフル稼働させ、鋭い嗅覚でもって誰もがふり向かない台に吸いつき、次から次へと爆発させる天才的なスーパー・トッププロである。正直な告白をすれば、私もパチンコの実力では、もうKさんには敵わないと思っている。知識ではまだ私の方に一日の長があるように思うが、弟子が師匠を超えた出藍の誉れの第一号かもしれない。Kさんに趣味を聞いたことがないが、購入直後からめざましい快進撃をされたことから察するに、学生時代は運動部で活躍された方とお見受けする。△離螢鵐をたどっていけば、Kさんが私に宛てたメール(転載許可済み)も読める。ご覧の通り、筆力も相当な評価に値する。文武両道の人と見た。Kさんの攻略法を手に入れたHさんはパチンコを始めたばかりという超初心者であるが、そのわりにはかなり立派な成績を上げている。上級者、中級者、初級者の違いこそあれ、各自の実力に応じて、購入者が善戦、奮闘している話を聞くたびに、私の胸には熱いものがこみ上げてくる。

                                     

                                    本物のパチンコ攻略法 は以前、東京都庁に勤務される某氏からいただいたメールをベースに当ブログに執筆した記事のリメイク版である。元記事を発表した頃、当ブログの知名度はなきに等しく読む人も限られていたため、某氏が生み出した類稀な資産管理ノウハウを他の購入者にも紹介すべく角度を変えて執筆した。ほとんど書き下ろしに近い。パチンコで稼いだお金はヘソクリのような感覚があるため、大半の人はあっというまに散財してしまう。ところが、この人は官僚らしい抜け目なさでそれを完璧な方法で管理して、資産の一部に組み込んでいる。これだけの意志の強さがある人が確しかな攻略ノウハウを携えてパチンコを打てば、みるみるうちに貯蓄が進んでいく。人に紹介しておきながら、実は私も某氏ほどの自己管理力はないのだが、良い習慣は皆さんにも伝えたい。ちなみに、現在の某氏の秘密兵器は最強攻略法・海殺しXのオプショナル商品、「カシオペア攻略術」である。日頃は都庁で苦虫を噛み潰したような顔で(想像にすぎないが・・・)書類に目を通したり、許可印を押したりしている人が実はパチプロであったということが周囲に知れ渡れば、上司も部下も同僚もきっと仰天してしまうに違いない。先行き不透明な世の中となり、今、公務員の人気に再び火がついている。一般的に公務員という職業は身分が安定していることの代償として、民間企業で成功した同世代の人たちよりも収入が少ない。しかし、某氏はそのような世間常識をせせら笑い、豊かな人生を歩まれている。

                                     

                                    パチンコ攻略サイト 先日、某氏からいただいたメールの終わりには、当倶楽部のメンバー全員を泣かせる言葉が書き添えられていた。「私の人生を切り拓いたもの、それは一流の大学に進学できたことでもなければ国家試験に合格できたことでもありません。間違いなく海殺しXとの出会いです」。

                                     

                                     感動で胸が震えた。

                                     

                                    リヴィエラ倶楽部 佐々木智親(海殺しX 開発者)

                                     

                                    <パチンコ規制関連>

                                     

                                    パチンコ規制になぜ攻略が必要なのか?

                                    甘デジ流攻略」でパチンコ規制に勝つ!

                                     

                                    <注目コラム>

                                     

                                    海物語シリーズ攻略のための突確講座

                                    【徹底ガイド】スーパー海物語IN沖縄4の攻略〜好調台で勝つ!(前編)

                                    【徹底ガイド】スーパー海物語IN沖縄4の攻略〜好調台で勝つ!(後編)

                                    【パチンコ攻略】リーチ信頼度の科学 (好調台の打ち方)

                                    【海物語S共通】連チャン継続テクニック【大海物語4攻略】連チャン 記録 時短 引き戻し 海物語

                                     

                                    <甘デジ特集>

                                    勝ち組とっ負け組の比率【甘デジ攻略】保留連荘と特殊リーチの秘密

                                    爆発力で勝負! 甘デジ攻略技の紹介パチンコに勝つためには

                                    海物語の勝ち組【海物語シリーズ】甘デジ攻略の必修事項

                                    勝ち逃げカシオペア攻略術を甘デジに使用する際の注意点

                                    【甘デジ攻略】爆発力のある台選び(勝てる立ち回り)

                                     

                                    <購入者の声シリーズ>

                                     

                                    【祝】限りなく素人に近いセミプロの誕生!

                                    若い女性から届いた泣けるメール海殺しXの評判

                                    海殺しXで「人生の逆境」を凌ぐ人

                                    海殺しXで入院費を稼ぎ出した人

                                    パチンコの勝ち方苦しみの中から立ち上がれ!〜苦戦中の購入者からのメール

                                     

                                    パチンコで賢い攻略を目指す方は  

                                    最強攻略法・海殺しX大海物語4、沖縄4攻略の

                                    (公式HP)

                                    真の攻略法を使ってパチンコに勝ちまくり勝ち組の仲間入りをするために

                                     

                                    甘デジで勝てるのか?
                                    【追記】パチンコで勝ち組に入っている人の割合を示す正確なデータは存在しない。全体の何割というよりは、一桁のパーセンテージ(1割未満)と思われる。今回のコラムで紹介した三人のパチプロのうち二人は、負け組から這い上がってきた「灰になっても飛ぶ火の鳥」である。彼らの稼ぐ額は一回当たりの平均でKさん>某氏>Nさん(推定)となるが、稼ぐ額は大きな問題ではない。勝ち続けることがパチンコファンの至上課題といえる。Nさんのように月に十万円でもよいから確実に勝つことを積み重ねていけば、10年も経たぬうちに一千万円の資産ができるのだ。もし月20万円のペースで稼ぎ続ければ、5年も待たずに一千万円に届く。逆に言えば、負け組に属している限り、パチンコ依存度に応じて、ある人は10年以内に一千万円を失い、ある人は5年以内に一千万円を失うことになる。これほどの不幸が他にあろうか! 最強攻略法・海殺しXの購入前からセミプロレベルの実力があったKさんは例外として、残りの二人は購入前には悲しいほど負け続けてきた人たちであった。統計をとったわけではないが、購入者からからいただくメールを読ませていただくと、当倶楽部の顧客の大半は「元負け組」の人のように思えてならない。これからも一人でも多くの顧客と触れ合い、負け組の人を次々と勝ち組に送り込むインストラクターでありたい、と決意を新たにした次第である。

                                    【海物語シリーズ】連続リーチが意味するもの【パチンコ攻略】

                                    0

                                      リーチの連続

                                      大海物語ファンの方は矢印  海海殺しX、大海物語4で大爆発!

                                      大海物語4 BLACK(ブラック)攻略のお問い合わせが殺到!

                                       

                                      カスタマーフィードバック矢印カシオペア攻略術の成功事例

                                       

                                      JUGEMテーマ:パチンコ

                                       

                                       今回は当ブログのカテゴリーの一つ、ホルコン攻略シリーズ」の一環としての小論を執筆する。人気機種、スーパー海物語IN沖縄4のファンを視野に入れたものであるが、基本的に機種を問わない攻略情報である。大勢の人々、特にホルコン(ホールコンピュータ)攻略研究家の方々にこの貴重な攻略情報を提供したいと思う。

                                       

                                      連続リーチの発生=「当たり番」ではない

                                       

                                       パチンコを打っていて、リーチが2連続、3連続と発生すること自体は決して珍しいものではない。時には4連続、5連続という珍現象さえも起こる。私が今までに経験した最高の珍記録(?)7連続リーチ(そのうちの3つはスーパーリーチ)であった。連続リーチも2連続まではなんとも思わなくても、さすがに3連続以上となると薄気味悪い。では、このような連続リーチは果たして喜ぶべきことなのだろうか。その答えは「否」である。なぜならば、連続回数を問わず、大半のケースにおいて、リーチの連続発生は高確率で自分の打っている台が「当たり番」(ホルコンが次に当たりを予定している台)ではないことを示すものだからである。

                                       

                                       したがって、連続リーチが発生した場合はしばらく台を休ませるか別の台に移動する必要がある。(そのまま続けて打っても、そう簡単には当たらないことが多い)とはいえ、例外的に連続リーチの発生直後に当たることも稀にある。取りこぼしを防ぐ意味で、連続リーチが終わった後、数回転から10回転くらいは回した方がよい。基本的に連続リーチは喜ぶべきものではない。但し、実際はそれほど単純でもない。中には良いパターンもあるからである。

                                       

                                      連続リーチの良いパターンと悪いパターン

                                       

                                       連続リーチには大別して3つの種類がある。(○は良い現象、×は少なくとも一時的には悪い現象)

                                       

                                      (1)ノーマルリーチ又はスーパーリーチの2連続以上・・・X

                                      (2)ノーマルリーチの次の変動でスーパーリーチ・・・X

                                      (3)スーパーリーチの次の変動でノーマルリーチ・・・○ (※この2連続リーチの前後が通常出目であることが条件)

                                       

                                      ※註1:「ノーマルリーチ」→「スーパーリーチ」→「ノーマルリーチ」の3連続は(2)として扱う。

                                      ※註2:「スーパーリーチ」→「ノーマルリーチ」→「スーパーリーチ」も(2)の扱い。

                                      ※註3:「リーチ以外の出目」→「スーパーリーチ」→「ノーマルリーチ」→「リーチ以外の出目」のみを(3)とする。

                                       

                                       つまり、リーチの連続回数を問わず、「ノーマルリーチ」→「スーパーリーチ」というパターンがどこかに含まれていれば、その台は「当たり番」ではないと仮定してほぼ正しい。「スーパーリーチ」→「「ノーマルリーチ」と来て、てっきり(3)と思いきや、次になんらかのリーチが来てしまった場合は残念ながら悪い現象である。

                                       

                                       連続リーチが発生した時は自分の台が属するグループ(=ユニット)がアクティブ(当たりグループ)になっている可能性が高い。ネット上で様々な攻略情報が飛び交っている昨今なので、今更、グループについての詳細な説明は不要であろう。ホルコンが数台を束ねて一つのグループを構成し、ホルコンによって当たりに選ばれた(=アクティブになった)グループの1台は「当たり信号」を受信して自動的に当たることくらいは今では広く知れ渡っている。

                                       

                                       そして、ここからが重要なのだが、当たり信号を受信した当たりグループの「当たり番」の台には(3)の現象が当たる前に高確率で発生する。又、それと同時期に当たりグループの「当たり番」以外の台には(1)や(2)の現象が高確率で発生する。つまり、(3)だけが希望が持てるケースなのである。連続リーチで例外的に喜んでよいケースは(3)だけである。

                                       

                                      ホルコン攻略の難しさ

                                       

                                      大海物語4のハマリ台の特徴 

                                       

                                       

                                       

                                       

                                       

                                       

                                       

                                       

                                       

                                       

                                       

                                       しかし、厄介なのは、自分が打っている台に(3)が生じたからといって、必ずしもその台が当たるわけではないことである。(3)は当たりの前兆ではあるが、当たりを保証するものではない。当たる時は少し前に(3)の現象が発生していることが多いというだけである。好調サイクルに入っている台は「当たり番」でない時も良い現象が多発する。連続リーチでは例外的に良い現象とされる(3)もその一つにすぎない。目安として、(3)の現象が発生してから50回転以内に当たりが来なければ、その台はすぐには当たらないと考えてよい。

                                       

                                       (1)や(2)はどちらかといえば、悪い台(不調サイクル、通常サイクル)に頻繁に発生する傾向があるが、好調台にも時には悪い現象が起こるため、(1)や(2)が短いスパンで一回や二回生じたからという理由だけでそれほど悲観する必要はない。(註・同じ台を長時間打っていれば、連続リーチを10回以上経験するのも当たり前のことであるここでいう「一回や二回」というのは短いスパン、より具体的に言えば、ホールや時間帯、そして、客の多さにもよるが、30〜50回転中に一回や二回という意味である)たまに悪い現象が起きても極端に悲観する必要はないが、台を休ませる頻度は上げた方がよい。(「何度も打っては休む」を繰り返すことにより、ホルコンの仕様上、その台は不調サイクルに入っていない限り、次の当たり番に選ばれやすくなる)(1)や(2)があまりにも頻繁に生じる台は高確率でハマる。頻度が異常な場合は早期に見切りをつける必要がある。何度も台を休ませても、悪い現象がコンスタントに発生する台はハマリ台の特徴なのである。

                                       

                                      海物語シリーズの場合

                                       

                                       我々がパチンコ攻略において主なターゲットとしている物語シリーズは「台との会話を楽しむ要領」で感触をつかみながら攻略できることに最大のメリットがある。スーパー海物語IN沖縄4でも、近い将来の当たりを予兆させるサインやハマリのサインが他機種よりも遥かに多く現れる。海を打つ最大の理由はそこにある。(※スーパー海物語IN沖縄4攻略の具体的方法については、一番下にリンクをはった【徹底ガイド】参照

                                       

                                      海物語の好調台見極め 海物語シリーズで(1)や(2)が生じた後、それほどハマらずに当たるとすれば、その当たり方の大半は特殊な当たりによるものである。特殊な当たり方とはノーマルリーチからの当たり(ピタ止まり&走り)、突確(341)、一発告知(スーパー海物語IN沖縄4でいえばハイビスカスフラッシュ)を伴った当たり、チャンス目からリーチに発展してからの当たり、レッツシーサー、レッツマンボー、ウリンチャンスなどのイレギュラー系リーチからの当たりを指す。滅多にないがプレミア当たり(サム出現、枠外揃いからの当たり等)も特殊な当たり方の一種である。したがって、(1)や(2)が出ても、ほどなくして特殊な当たり方で当たる可能性も残されているため、少しは判断に悩むが、海物語シリーズでも(1)や(2)が生じれば、その後すぐ当たることはそれほどなく、約70パーセントは法則通り、しばらくは当たらない傾向がある。詳しいことは一番下にあるスーパー海物語IN沖縄4の攻略コラム(【徹底ガイド】)をご参照されたい。

                                       

                                       

                                       

                                      海物語の不調出目と好調出目 なお、海物語シリーズ以外の機種で(1)や(2)が生じたにもかかわらず、その後、それほど待たずに当たるとすれば、激アツ系のスーパーリーチの場合が多い。海物語シリーズは他機種と比べて信頼度の高いリーチが少ない代わりに、信頼度の低いリーチでも当たりが期待できる仕組みになっている。魚群でさえ信頼度はそれほど高くなく、当たるまでは信用できないが、一番信頼度の低いノーマルリーチで当たることも決して珍しくない。この意外性が他機種との最大の違いである。

                                       

                                       最近は「特定のスーパーリーチでなければまず当たらない」、あるいは「特定の演出(保留変化等)を伴ったスーパーリーチでなければ当たらない」という機種が多くなった。そのような機種には激アツ系のスーパーリーチが用意されていることが多く、アニメをモチーフにした機種では、「次回予告」など「それが出れば普通は当たる」というスーパーリーチがある。悪いパターンの連続リーチが来て、その後に当たる例外的なケースは、そのようなレアもののスーパーリーチによることが多い。

                                       

                                      海物語シリーズは良い台と悪い台の特徴が正反対

                                       

                                      スーパー海物語IN沖縄4と大海物語4の共通点 3連続以上のリーチ、特にそのうちの2回以上がスーパーリーチの台は好調台であれば、一回だけ「当たり番」をスキップされて(=グループ内の他の台が当たった後に)、ある程度の時間が経過した後に当たることがあるが、好調台でなければ、深いハマリに向かうことも珍しくはない。そのような台の深追いは厳禁である。特に当ブログで一番人気のコラム、【大海物語4 沖縄4攻略】 チャンス目の秘密で解説したチャンス目からリーチに発展する現象(それで当たらない限り芳しくない現象)の頻出を伴っていれば、ハマリの中でも相当醜いハマリに向かう可能性が濃厚であるため、迅速な判断が求められる。「チャンス目からスーパーリーチに発展して当たらない」という現象が呆れるほど繰り返される台は、ちょっとやそっと台を休ませたくらいでは当たり番は拾えない。このような「死に台」が存在するお陰でグループ内の好調台は何度も初当たりを繰り返すのである。

                                       

                                       余談であるが、連続リーチではなくても、短いスパンの中でリーチの異常発生が起こり、しかも、スーパーリーチまで何度も出るにもかかわらず当たらない台(例・10回転中にリーチが5〜6回、そのうちの3回がスーパーリーチ)は少なくともその時点においてはサイクル状態(サイクルの秘密に関しては、最強攻略法・海殺しXのテキストに記載済み)が悪いと見てよい。ひどい台は一時的にスーパーリーチのラッシュが来て、しかも、チャンス目からリーチ(スーパー、ノーマルを問わず)に発展することも度々あり、いつまで経ってもこういう現象がやまず、慢性的に悪いサインが延々と続く。そして、数え切れぬほどのスーパーリーチが出た後、魚群まで出たにもかかわらず、それがあっさり外れるという最悪の展開に至ることが多い。このような台が当たるためには、どこかで突然のサイクル変換(サイクル変換が生じる可能性のあるタイミングについても最強攻略法・海殺しXのテキストに記載済み)が発生しなければならない。

                                       

                                       そもそも良い台(好調サイクル突入中の台)はグループが強ければそれほどじらされることなく簡単に当たるものである。言い換えれば、打ち手の予想よりも当たりが来るのが遥かに早い。すでに何箱も積んでいる時などは、「あとひと箱くらいは使わされる覚悟でいたのにラッキー!」と思わず微笑んでしまう。

                                       

                                       短いスパンでリーチの異常発生が生じた場合、その中にスーパーリーチが2〜3回含まれていて、なおかつ最後のスーパーリーチが魚群をはじめとする派手な予告を伴ったものであれば、最強攻略法・海殺しXのユーザーの方々は、すぐにそれが「決め手」であることがわかる。良い台はリーチの多発、スーパーリーチの集中発生という打ち手の期待を膨らませた後、必ず「決め手」が出て、それを外すことは滅多にない。逆に悪い台は「決め手」が一向に出ないか、出ても外れる。

                                       

                                      海物語シリーズのはまり目 又、良い台は悪い現象が一時的に生じても、その後、それほどハマらずに当たる。それとは対照的に、悪い台は悪い現象が腹が立つほど続く。もちろん、そんな台でも何時間も根性で打ち続ければ当たることもあるが、その当たりが発生する時期は打ち手の想定を遥かに超えた遠い未来である。長時間にわたってハマリ台を打つのが好きな人は昔も今も一定の割合でいる。彼らがすでに800回転以上ハマっている台に座る時は「これだけハマっているのだから、いくらなんでも1000回転までには当たるだろう」というような予想をしているものと思われる。(尋ねたわけではないが・・・) しかし、実際に当たるのは、そこからさらに1000回転以上回した後だったりする。時には2000回転以上の大ハマリすらある。これがパチンコの怖さであり、デタラメにパチンコを打つことの危険性である。ちなみに、プロもそういうハマリ台も打たないわけではないが、悪い現象が何度も続けば、すぐにその台を捨てる。

                                       

                                      まとめ

                                       

                                       ここで要点をまとめてみる。

                                       

                                      リーチの連続は好調とは限らない。全てのバターンを暗記せよ。

                                       

                                      1.連続リーチは基本的には良くない現象であるが、例外的に希望が持てるのがスーパーリーチの次にノーマルリーチが来る2連続リーチである。その前後になんらかのリーチが加わり3連続以上になるのは良いとは言えない。

                                       

                                      2.当たりを呼びやすい「スーパーリーチ」→「ノーマルリーチ」もその後の50回転以内に当たりが来なければ、一瞬の喜びだけで終わってしまう。

                                       

                                      3.それ以外のパターンの連続リーチは基本的に歓迎できない現象であり、3連続、4連続と連続回数が増えれば増えるほど、又、その中にスーパーリーチが沢山含まれていればいるほど、(少なくともその時点においては)その台は悪い台であることが多い。短いスパンで悪い連続リーチが一回や二回来ても必ずしも悲観する必要はない。しかし、「その台が当たり番でない」か「その台の属するグループがアクティブでない」かのいずれかが疑われるため、定期的に打つのをやめ、しばらくの間(7分以上が望ましい)台を休ませる必要がある。

                                       

                                      唯一の注意点

                                       

                                       以上であるが、最後に一つだけ注意事項を加えたい。悪い連続リーチは必ずしもホルコンが当たりに選んだグループ内の台だけに起こるわけではない。ここにもパチンコの難しさがある。悪い連続リーチが何度も起こる時は、「ほぼ間違いなく自分の台が属するグループはアクティブ(当選状態)になっているが、次に当たる台はその台ではない」という意味しか持たない。しかし、自分のグループがアクティブでない時ですら悪い連続リーチが異常な頻度で発生するのであれば、これは救いようのないハマリ台である可能性を示唆している。自分の台が属するグループがアクティブでない時に、短いスパンで一回や二回の悪い連続リーチが出てもそれほど悲観する必要はない。但し、ホルコンが自分の台の属するグループをアクティブにしない限り、当たりの発生は見込めないため、ひたすら自分のグループがホルコンに選ばれることを待つ必要がある。グループがアクティブかどうかはしばらくの間、打たずに休んでいるだけでわかる。(アクティブ時にはグループ内の他の台が当たるため)

                                       

                                      海物語シリーズのリーチ信頼度 良い台(好調サイクル台)に悪い現象が起こるのは自分のグループがアクティブでない時に多く、逆にアクティブな時は良い現象が頻出する。又、良い台はアクティブでない時ですら本記事と下の攻略コラムで解説した良い現象が起こりやすい。このへんの識別は判断の材料が多すぎるためプロでも決して容易ではないが、初心者は下の攻略コラムに書かれている内容も含めて、良い現象が多発する台は粘りの対象とし、悪い現象が多発する台はすぐに捨てるという単純な作戦でもよいと思う。時にはそれが失策となり、捨てたばかりの台を他の客に拾われ例外現象による当たりをもっていかれてしまうこともあろうが、長い目で見れば、このスタンスを貫き通すことにより確実に収支が向上するはずである。スーパー海物語IN沖縄4に限らずパチンコ攻略の鉄則は、低確率で発生する現象に賭けることではなく、高確率で発生する現象を信じることだからである。

                                       

                                       

                                      勝利への近道

                                       

                                       短時間内に複数台(理想的には3台以上)に当たりが発生して、4連荘以上が中心のグループは間違いなく強い。このようなグループは一時的にホルコンが他のグループに浮気をしていても、それほど待たずにホルコンはそのグループに戻ってきてくれる。したがって、常に強いグループの台を確保して、グループ内の最後の連荘が終わってからしばらく経った後に打ち始めるのがプロの打ち方である。いつも同じことばかり言っているが、これこそが最も手堅いパチンコの勝ち方なのである。 

                                      ホルコンマニア(グループ構成だけ知っている人)はある台が当たるとすぐにその台と同じグループの台に飛びつくが、大抵の場合はすぐには当たらず、好調台の多連荘に弾みをつけてしまう。自分が貢ぎ役になっていることに気づかない。見ていて実に滑稽である。もう一つ覚えていただきたいことがある。上記(3)以外の連続リーチやチャンス目からのリーチ発展は原則として(少なくとも一時的には)良くない現象であるが、最後のリーチで当たりさえすれば問題ない。又、リーチやチャンス目が集中的に発生しながらも連続リーチにはならず、又、チャンス目にしても連続はしてもリーチに発展しない台は近い将来に当たる可能性を秘めている。連一例を示せばこんな感じである。通常出目ノーマルリーチチャンス目通常出目チャンス目通常出目通常出目スーパーリーチノーマルリーチ※(3)の現象発生!通常出目通常出目チャンス目チャンス目通常出目通常出目ノーマルリーチチャンス目・・・こういう形のリーチラッシュ、チャンス目ラッシュは将来に期待が持てるパターンである。こういう台は簡単に手放すべきではない。

                                       

                                       スーパー海物語IN沖縄4は間違いなく長寿機種になる。今回解説したリーチやチャンス目の法則を知っているだけでも、無駄な投資をセーブすることができるし、当たる台を当たる直前に捨てるという痛恨のミスを回避することができる。さらに学習を積んでご自身の「攻略力」をアップされたい方は一番下にリンクした我々のホームページを隅々までご覧いただきたい。最強攻略法・海殺しXが皆様の生涯にとって「最高の友」となることを今日も願っている。

                                       

                                      リヴィエラ倶楽部 佐々木智親(海殺しX 開発者)

                                       

                                      ※本気で海物語シリーズの攻略に取り組まれる方は下記リンク欄の「推奨コラム」だけは必ずお読み下さい。

                                       

                                      <甘デジ特集>

                                      【甘デジ攻略】爆発力のある台選び(勝てる立ち回り)パチンコの当たり抽選

                                      好調台のやめ時の見極め【海物語シリーズ】甘デジ攻略の必修事項

                                      【甘デジ攻略】保留連荘と特殊リーチの秘密ホルコンの働き

                                      海海物語アクアWith吉木りさ 好調台の特徴

                                      カシオペア攻略術を甘デジに使用する際の注意点おかしい

                                       

                                      <ドラム海物語>

                                      連続はまりを未然防止ドラム海物語攻略情報

                                      ドラム海物語動画集

                                       

                                      <推奨コラム>

                                      【海物語S共通】連チャン継続テクニック【大海物語4攻略】

                                      海物語シリーズ攻略のための突確講座沖海4の攻略

                                      海物語シリーズ攻略のための「一発告知」学

                                      【徹底ガイド】スーパー海物語IN沖縄4の攻略〜好調台で勝つ!(前編)

                                      【徹底ガイド】スーパー海物語IN沖縄4の攻略〜好調台で勝つ!(後編)

                                      スーパー海物語IN沖縄4 ウリンチャージ攻略

                                       

                                      <アクセス爆発>

                                      甘デジのハマリと遠隔操作は無関係(ハマリの科学)

                                      前兆【大殊勲】100万円プレイヤーの誕生!

                                      海殺しX、大海物語4で大爆発

                                      【おすすめ】パチンコバラエティーコーナー攻略

                                      大海物語4の攻略「ウルトラ速攻法」詳解

                                      パチンコ規制になぜ攻略が必要なのか?

                                       

                                      <購入者の声シリーズ>       

                                      最強攻略法・海殺しX購入者の資産管理ノウハウ

                                      若い女性から届いた泣けるメール記録

                                      はてなT.K氏の不思議な攻略法

                                      海殺しXで「人生の逆境」を凌ぐ人

                                      魚群苦しみの中から立ち上がれ〜苦戦中の購入者の方からのメール

                                      【祝】限りなく素人に近いセミプロの誕生!

                                      【快挙】一年がかりの卒業証書

                                      【痛快!】遅咲きプロの快進撃

                                       

                                      <参考>

                                      パチンコ攻略情報アラカルト甘デジ 遊パチ

                                      【パチンコ攻略】リーチ信頼度の科学〜好調台の打ち方

                                      スーパー海物語IN沖縄4動画集 

                                      大海物語4動画集

                                       

                                      大海物語4、スーパー海物語IN沖縄4の攻略情報は 
                                      アイマリン大海物語4、沖縄4攻略の

                                      (公式HP)

                                      パチンコ 当たり 確率 制御

                                      ★パチンコの連続リーチに攻略の鍵が・・・良いパターンと悪いパターンを識別するプロの技!

                                       


                                      スーパー海物語IN沖縄4の攻略コラムが完成!

                                      0
                                         スーパー海物語IN沖縄4の攻略法
                                        ☆スーパー海物語IN沖縄4を制して会心のVサインを! 

                                        大海物語4攻略のヒント最強攻略法・海海殺しX、大海物語4で大爆発!
                                        JUGEMテーマ:パチンコ 

                                         

                                         海殺しX事務局便りの記事、スーパー海物語IN沖縄4の攻略に胸の高鳴りが止まらないにて予告していたスーパー海物語IN沖縄4の攻略コラムがついに完成を見た。(下記リンク参照・・・)

                                         

                                        【徹底ガイド】スーパー海物語IN沖縄4の攻略〜好調台で勝つ!(前編)

                                         

                                        【徹底ガイド】スーパー海物語IN沖縄4の攻略〜好調台で勝つ!(後編)

                                         

                                         公式HPに発表した待望の長編コラムは前編と後編に分けれている。前編では、スーパー海物語IN沖縄4の沖縄モードで打つ際の攻略の道標となる4人娘、5人娘の「秘められた意味」を解説した上で好調台と不調台の識別法、ある特定の現象が生じた際の対処並びにプロ的なテクニックについて解説した。後編では、スーパー海物語IN沖縄4のウリンチャンス、レッツシーサー、レッツマンボー等のイレギュラー系リーチの秘密の解明をはじめ、ウリンチャンスの頻度から台の好不調を識別する手法や時短中の現象から時短後も同じ台で打ち続けるべきか台を変えるべきかの判断の礎となる攻略理論を提示した。

                                         

                                         今、スーパー海物語IN沖縄4の人気は凄まじいものがある。沖縄は日本国内でありながら、本土に住む人間にとっては、ともすれば近隣の外国に行くよりも難しい場所かもしれない。日本の領土でありながら日本でない場所、実質異国でありながら日本語が通用する不思議な場所というなんともいえぬ神秘感が一般の日本人を魅了するのかもしれない。そこに着目したSANYOは打ち手を興奮の坩堝に誘い込むべく、沖縄モードに凝った演出を加えて勝負に出た。現在は新しく導入されたハイビスカスモードの斬新さにファンの目が釘付けになっているが、しばらくすれば、多くの打ち手が沖縄モードに戻ってくるだろう。しかし、この沖縄モードの演出が実に曲者であり、ひとたび判断を誤ると、奈落の底に突き落とされかねない危険を孕んでいる。パチンコは楽しむために打つべきではない。パチンコで築いた資産で豊かな人生を送ることに最大の意義があると我々(リヴィエラ倶楽部)は考える。

                                         

                                        アイマリン

                                         

                                         スーパー海物語IN沖縄4が皆様の人生にとって幸運をもたらすものになるか、不運をもたらすものになるかは、各自の攻略手腕にかかっている何も考えずに、ただ山勘で台を選び、様々な演出に一喜一憂しているだけであれば、永遠に勝ち組には入れない。科学的な攻略理論に裏打ちされた冷静沈着な打ち方を知らずに、日々、直感的に惰性に流されるまま打っていれば、何度爆発してもトータル収支は確実に赤になる。スーパー海物語IN沖縄4に狙いを定めた今回のコラムは主として最強攻略法・海殺しXのユーザーを対象に執筆したため、一般の人には少し難しい部分もあるかもしれない。しかし、スーパー海物語IN沖縄4を攻略する糸口が見つからずに悶々とした日々を送っておられる方々には、暗闇に一条の光を差し込むものとなろう。

                                         

                                        スーパー海物語IN沖縄4桜バージョンの立ち回り 自画自賛するのも気が引けるが、非常に読み応えのあるエキサイティングなコラムに仕上がっている。今、本記事をお読みになっておられる方々の大半は電車の中でスマホを使用されているものと拝察するが、リンク満載、ボリューム満点のこのコラムは是非ともご自宅で薫りたつ珈琲でも飲みながら、じっくりと隅々まで熟読していただきたいと思う。

                                         

                                         コラムの読者の皆様がスーパー海物語IN沖縄4で連戦街道を驀進されることを願っている。獅子奮迅の敢闘を祈る。

                                         

                                        リヴィエラ倶楽部 佐々木智親(海殺しX 開発者)

                                         

                                        <関連リンク>

                                        「リヴィエラ門下生」による大海物語4の攻略

                                        海物語シリーズ攻略のための突確講座パチンコ連続リーチ

                                        スーパー海物語IN沖縄4動画集 *ひとくちメモ付

                                        【パチンコ攻略】リーチ信頼度の科学〜好調台の打ち方

                                        【沖縄4にも有効】連続リーチが意味するもの【パチンコ攻略】

                                        スーパー海物語in沖縄4桜バージョンとドラム海物語の攻略

                                         

                                        <推奨>

                                        大海物語4「ウルトラ速攻法」詳解

                                        評価大海物語4動画集

                                        【海物語S共通】連チャン継続テクニック【大海物語4攻略】

                                         

                                        <購入者の声シリーズ>       

                                        最強攻略法・海殺しX購入者の資産管理ノウハウ

                                        海殺しXで「人生の逆境を」を凌ぐ人

                                        海殺しXで入院費を稼ぎ出した人

                                        若い女性から届いた泣けるメール 魚群

                                        確変中 時短中T.K氏の不思議な攻略法

                                        感想苦しみの中から立ち上がれ!苦戦中の購入者からのメール

                                        【祝】限りなく素人に近いセミプロの誕生!

                                        【快挙】一年がかりの卒業証書

                                        【痛快!】遅咲きプロの快進撃

                                         

                                        大海物語4、スーパー海物語IN沖縄4の攻略情報は 
                                        本物の攻略法大海物語4、沖縄4攻略の

                                        (公式HP)

                                        スーパー海物語IN沖縄4桜バージョンの攻略はリンク先参照

                                         


                                        スーパー海物語M55X3のコラム追加

                                        0

                                          JUGEMテーマ:パチンコ

                                           

                                           当倶楽部の公式ホームページ「スーパー海物語M55Xの攻略で腕に磨きを!」(←クリック)と題した新コラムを追加した。現在のSANYOが置かれている状況を分析し、今後の海物語シリーズの展開を占うものである。最強攻略法・海殺しXのユーザー以外の方々にも是非ともお読みいただきたいエッセイといえる。

                                           

                                           今、再び行政の締めつけが厳しさを増すようになり、パチンコ業界全体が重大な岐路に立たされている。現在のデジパチを「いたずらに射幸心を煽るもの」と決めつけ、昔のようなゲームの一種に戻したい行政側の意向とパチンコに大きな夢を求めるパチンコファンの気質及びそのニーズを反映した遊技機を製作したいパチンコメーカーの意向が真っ向から対立している。たとえば、「一般入賞口の賞球を大幅に増やせ」という要求は必然的にスタートチャッカー(始動口)に玉が入りにくくなる事態を招くことになる。遊びでパチンコを打つ人の中にはこの路線を歓迎する人もいるかもしれないが、パチンコで稼ぐ者にとっては、実に迷惑な話といえる。スピーディーな攻略が阻害されるからである。パチンコ屋はゲームセンターではないのである!

                                           

                                           昨今は若年者の就職難、正社員雇用の激減などが影響して、パチンコ人口は以前ほど多くない。パチンコ依存症が大きな社会問題となり、それが行政の締めつけを惹起している。それにパチンコファンの経済事情の悪化も加わり、パチンコ人口が減り続ける中で、パチンコメーカーが生き残るためには、何か大きな起爆剤が必要となる。やはり、一般大衆を熱狂させる大ヒット機種の誕生が不可欠といえよう。私どもはSANYOこそがそれを実現する能力を有した業界のリーダーであると信じてやまない。愛すべき海物語シリーズが今後も存続するためにも、パチンコそのものが世の中から消えてしまうという最悪の事態を回避せねばなるまい。

                                           

                                           国は競馬や競輪には甘いくせにパチンコにだけイチャモンをつける。これは実に不条理な話である。当倶楽部の顧客の中には「パチンコを続けていてよかった」、「パチンコのお陰で夢が実現できた」という人が無数にいる。決して誇張はしない。事実をそのまま述べただけである。このビジネスを始める前は、攻略法の購入者から礼状をもらうことなど想像したこともなかった。もちろん、パチンコファン全体から見れば、そういう人たちは非常にラッキーなごく少数の例外にすぎぬのかもしれないが、一部の悲惨な体験(パチンコで破産等)をした人にだけ同情する国のあり方には大きな疑問を感じる。フェアであるということは、必ずしも弱者にのみ加担することではない。当倶楽部の顧客の中には、「パチンコとの出会いがなければ、自分はホームレスになっているところだった」と告白した人もいた。どのような手段で生計を立てようと、悪行さえしなければそれは人の自由である。そういう人たちの生活を規制で圧迫してよいものなのか。そもそも大人の社会というものは、何事においても自己責任が原則ではありますまいか。

                                           

                                           一見非常識なことを申し上げたかもしれないが、成熟した社会の到来を希求し、お上に諫言することも時には必要であろう。当倶楽部はパチンコ文化の続く限り、少しでも皆様のお役に立てる攻略情報を発信してゆく所存である。ご期待を乞う次第である。

                                           

                                          リヴィエラ倶楽部 佐々木智親(海殺しX 開発者)

                                           

                                          関連サイト:スーパー海物語M55X3動画集

                                          最新コラム:【徹底ガイド】スーパー海物語IN沖縄4の攻略〜好調台で勝つ!(前編)

                                                【徹底ガイド】スーパー海物語IN沖縄4の攻略〜好調台で勝つ!(後編)

                                          推奨コラム:【パチンコ攻略】リーチ信頼度の科学(好調台の打ち方)

                                          面白コラム:海物語シリーズ攻略のための「一発告知」学

                                          スーパー海物語シリーズの攻略情報は 
                                          最強攻略法・海殺しXの公式HP


                                           


                                          | 1/4PAGES | >>

                                          calendar

                                          S M T W T F S
                                                1
                                          2345678
                                          9101112131415
                                          16171819202122
                                          23242526272829
                                          3031     
                                          << December 2018 >>

                                          最強攻略法・海殺しX

                                          パチンコ総合攻略ノウハウです。 (ミドルスペック & 甘デジ対象)  パチンコで蓄財するスーパーノウハウを伝授します。お勧めの機種は海物語シリーズ。Pスーパー海物語IN沖縄2、大海物語4、大海物語4BLACK、スーパー海物語IN沖縄4の攻略を最強攻略法・海殺しXで!

                                          リヴィエラ倶楽部

                                          最強攻略法・海殺しXの研究・改良を行う少数精鋭のパチプロ集団です。 最強攻略法・海殺しXをホームページで販売中!

                                          ひとことメッセージ

                                          最強攻略法・海殺しXサロンは海物語シリーズの攻略に命を賭けた男が自らの攻略理論と人生哲学を世に問うブログです。通常のパチンコブログとはひと味違うコラム & エッセイをご堪能下さい! 優等生でなくてもよい。学歴なんてどうでもよい。社会的地位もいらない。 パチンコの凄腕にものを言わせ、日々の暮らしをエンジョイする。夢に向かって前進する。 自分らしく生きる。そして世界に愛を灯す・・・This is how we live.(リヴィエラ流人生哲学)

                                          パチンコ攻略法の正体

                                          パチンコの攻略法について頓珍漢な解釈をしている人が後を絶ちません。イメージと実体があまりにもかけ離れています。この下のLinksの中にある「パチンコ攻略法の誤まった概念を正す!」でその真相を明かします!

                                          にほんブログ村

                                          selected entries

                                          categories

                                          archives

                                          recommend

                                          links

                                          profile

                                          search this site.

                                          others

                                          mobile

                                          qrcode

                                          powered

                                          無料ブログ作成サービス JUGEM