ホルコンと突確に関する断想(攻略の糸口)

0
    ホルコン攻略
    ホルコンと突確、特定の大当たり回数には攻略上の重要な鍵が隠されている・・・

    人気急上昇コラムプレゼントパチンコ攻略法の誤った概念を正す!〜本物と偽物との違いを示す攻略ブログ

     

    突確が流行した背景


     海殺しX事務局便り海物語シリーズ攻略のための突確講座火←Click)を掲載した。最強攻略法・海殺しXの購入者から寄せられた突確に関する6つの質問に回答する形式でかなり専門的な領域にまで踏み込み、パチンコ業界に突確が導入された背景について述べ、突確に秘められた隠れた機能を解き明かした。一般のパチンコファンは突確(=突然確変、出玉のない当たり)を嫌う傾向がある。「スーパー海物語IN沖縄4は突確ばかり出る」というぼやきがネット上のあちらこちらに転がっている。しかし、エンドユーザー(パチンコファン)が歓迎しない突確機能を何故、SANYOに限らずメーカーは好んで新機種の搭載させるのであろうか。このこと深く考える人はほとんどいない。

    海物語今回、驚いたのは今までのコラムや記事とは異なり、プロ筋の方々(最強攻略法・海殺しX未購入の攻略専門家)から続々と賛辞が舞い込んできたことである。事務局便りのコメント欄は閉めているが、皆、公式ホームページ(文末参照)の「お問い合わせ」フォームから感想を述べてくる。これほど嬉しいことはない。

     私は一つのホームページと3つのブログを運営しているが、どのサイトにコラムや記事を執筆する時も、学者が学会に論文を提出するような心境で取り組んでいる。読者の大半は一般の人々であるため、「わかりやすさ」を最優先しているが、専門的論述も忌避しない。又、偽攻略法を販売している人たちのように無責任なことは何一つ書かない。冒頭にリンクした「突確講座」では、かなりヤバイことまで書いてしまった気がしないでもないが、日夜パチンコ攻略に取り組まれている方々の収支の向上に資するところ大であればこのうえない悦びである。

     結論から申し上げれば、突確というシステムは多数の台が当たるために設けられた。もちろん、ホールで発生する当たりの全てが満足のいく当たり(多連荘)ではない、各台のロムの強さ(サイクル状態の優劣)に応じて、良い台は多連荘が中心であり、稀に発生するハマリ台の当たりも最強攻略法・海殺しXのテキストで解説するタイミングで「サイクル変換」が生じていない限り、「ハマリ台の給料日」としての「くだらない当たり」(単発当たり、もしくは確変2〜3連荘)にすぎない。

     ある台が突確を出したために、あるいは、何度も突確を出したために他の台の当たりの時期は早められ、シマ全体が活気づく。(理由は後述)しかし、どの台に如何なる当たりが発生しようとも、シマの管理者はホルコン(ホールコンピュータ)である。強い台が何度も当たれば、弱い台は抑えつけられる。弱い台に一瞬だけ春が訪れたように見えても、それが「ハマリ台の給料日」にすぎないのであれば、ホルコンが複数台で束ねる同じグループ(ユニット)の強い台はさらに勢いを増す。そして、強いグループが大暴れすれば、弱いグループが抑えつけられ、好調台ですら弱いグループに組み込まれれば、強いグループの同格の台の半分くらいしかドル箱を積み上げることができない。


     結局、閉店時には、店長の忠実なる僕(しもべ)でもあるホルコンは、ホールが予め設定した出玉還元率に限りなく近い結果を残す。それゆえ、いろいろな台が当たったからといって、ホールが損害を被ることはない。全てがうまくできている。

     くだらない当たりしか出せない悪い台でも、たまに当たれば、愚かな人はその台で粘る。その結果、グループの稼働率(台の占有率)が上がれば、ホルコンはこのグループにはしばらくの間、悪い台を中心にかなりお金が落とされると予測して、グループ内の好調台に気前の良いプレゼント(多連荘中心の数珠連やいきなりの大連荘)を与えることになる。この「爆発ショー」が客を煽り、「明日こそは自分が主役」と意気込んだ人たちを足繁くホールに通わせる。

     パチンコメーカーは一人でも多くの人々に自社が開発した機種の楽しさを知ってもらいたいと願っている。そのためには当たってもらわなければ困る。はじめて打った機種で当たれば、たとえそれがくだらない当たりであったとしても、出たり飲まれたりの繰り返し(「遊び台」の特徴)であったとしても、そこそこに楽しんでもらえさえすれば、末永いおつきあいができると見込んでいる。ある機種が好きになり、パチンコの魅力にとりつかれた人たちが連日のようにホールに通い、お目当ての機種を何度も打てば、素人でも時には偶然の爆発に遭遇することになる。しかし、トータルすれば大負けするため、ホール側から見れば大勝ちとなる。このようにメーカーとホールの意向が見事に一致したため、突確という新システムが定着するに至ったわけである。

     

    突確は攻略においても重要な鍵を握る

     

     

     冒頭にリンクした「突確講座」では、突確を応用した高度な技法についても言及した。これは主に購入者向けのアドバイスであるため、最強攻略法・海殺しXを未購入の方々には少々難しいかもしれないが、すでに独自の攻略ノウハウを編み出されている方々には大いに参考になるものと自負する。「突確はどのような状況の時に発生するか?」という分析は攻略において非常に重要な要素となる。

     ところで、連日、ホールで他の客の行動を見ていると、滑稽に思えてならない時がある。長時間打つ人は適宜休憩をとるのが普通だが、当たる可能性が極めて高い時に手を休めて隣に座っている友人と談笑じていたり、打ってもまず当たらない時にせっせと打って他の台の連荘数の伸びに貢献したりしている。一番困るのは、休憩中の人の台が次に当たると直後に自分の台が当たることがわかっているのに、その人が一向に打とうとしない時である。ホルコン通の人はわかると思うが、自分の属するグループの他の台の当たりが中継役となり、自分の台に当たりが来ることが頻繁にある。

     トッププロであれば、各グループの強弱がわかる上、グループ内の台のコンディションまで全て頭の中に入っている。これまでの推移(グループ内の各台の初当たりの回数、当たるまでに要した回転数、当たった後の連荘数等)から見て、次に当たる台は大体察しがつく。「この台が当たってからこの台が当たる」という「未来予想図」が頭の中に一瞬のうちに描かれて、相当な確率でその通りになる。ホルコンマニア(=ホルコンの知識だけでパチンコに勝とうとする人たち)はすぐに当たった台と同じグループの中に入り、当たらなければ、すぐにグループ内の他の台に移動するが、この範疇でトップクラスの人はせいぜいグループの強弱くらいしかわからない。トッププロは他人の当たりを跳び箱の踏み台のように利用して、「つまらない台」に先に当たらせて、その後に本命の台でがっぽりと稼ぐことを考える。しかし、先に当たる人が打たないために、自分の台に当たりが入らない辛さは滑稽という表現ではすまされない。

     結局、パチンコの最大の難しさは他力本願の要素が入り込むことであろう。私の場合、自分のグループ内の他の台が全て埋まっていて全員がひたすら打ち続けていれば、負けることはまずない。当たる可能性が高い時にしか打たないというシビアな打ち方をするため、投資もほとんどかからない。それゆえ、この状況で勝つ時の大半は「大勝ち」である。

     

    妄想

     

     近頃は「パチンコ打ち子詐欺」という犯罪が流行していると聞く。「指定された台で打てば必ずすぐに当たるので稼いでこい。日当は何万円」というような話には絶対に乗ってはならない。もし本当にその通りになれば、ホールが違法である遠隔操作をしていることになる。(註・ホルコンによる大当たりの誘発はホールが意図した特定台の狙い撃ちとは異なるため、警察は遠隔操作として扱わない)

     

     打ち子詐欺にもいろいろあるらしく、登録料という名目で何十万、時には100万以上の大金を振り込ませてから行方をくらますという手口もあるらしい。あの手この手を使って人を騙して金儲けをする極悪非道の連中には言い知れぬ憤りを覚えるが、この私が打ち手を募集すれば、世のニートたちを救済(?)する自信が十分にある。

     自分が打つ日には二人を雇い、一人につき五千円の日当を支払う。打ち子には軍資金3万円を手渡し、私にとって都合の良い台に座ってもらう。その後はスマホのラインを使って、「10分打って5分休め」、「次の指示が出るまでずっと打たずに待機せよ」、「今、500円だけ打て」、「私がやめというまで打ち続けよ」、「ただちに○○○台に移動せよ」と司令官のように次々と命令を出す。彼らとの連携プレーで自分も楽勝する上、最低でも二人の打ち子のうち一人は勝てると思う。換金後は全額、私が回収する。打ち子は勝っても負けても五千円の日当で我慢してもらう。どちらかの打ち子が小額投資で多連荘すれば、しばらくは持ち玉プレーができるので軍資金は使い切らずにすむ。もし一人の打ち子が軍資金を使い切ってしまった場合はすでに持ち玉プレーをしている打ち子が使い切っていない軍資金をそちらに充当する。万一、両方とも軍資金を使い切ってしまうことがあれば、仕方がないので再び二人にいくらかを渡す。

     もしこのプロジェクトを本当に始動すれば、私のパチンコ勝率は9割8分近くまで上がるに違いない。打ち子に支払う日当、打ち子が使う軍資金にコストはかかるが、恐らく平均的な日で打ち子の軍資金6万円(二人合わせて)のうち2万円は余るであろう。自分と打ち子二人の稼ぎは全て自分のものとなるため、コストを差し引いても相当な利益が残る。これを毎日続けた場合、私の試算では、控えめに計算しても一か月で100万円から150万円の収益を打ち出すことができる。この額は今の私の月収を超えたものである。

     

    本音


     しかし、それでもこんなことを実行に移す気には到底なれない。こんなことを実際にやってしまえば、ニートの若者を廃人同然にしてしまう。又、私にも本業(通訳)がある。通訳という仕事は決して楽ではないが、時折、社会貢献度の高さを実感することがある。この仕事を通じて、今まで私は助けを必要としている人々に間接的に救いの手を差し伸べることができた。東日本大震災の直後には復興事業の一翼を担うことができた。最近はガンを患った外国人を救うこともできた。

     労働とは社会のために自分の時間や能力を捧げることに意義がある。パチンコだけで生計を立てるのは罪深いことのように思えてならない。一度限りの人生は金儲けのために捧げるべきものではない。


    たとえ話


     冒頭にリンクした「突確講座」の終わりに「オマケ」と称して、ホルコンに関する小論がある。非常にわかりやすいたとを用いて語ってみた。感想を送ってきて下さった方々の中には「爆笑した」とまで言って下さった人もいた。ユーモアセンスに欠ける私にとっては、これ以上に感涙を誘う賛辞はない。イスラム圏の一夫多妻制の話自動車のプレゼントの話はホルコンの性質を見事に表したものと自画自賛したい。ホルコンの本質を理解されている人は書かれている内容を見て、思わず膝を打つに違いない。

     

    好調台が突然ハマリ出す「デンジャラス・ゾーン」 

     

     ところで、近頃は最強攻略法・海殺しXのオプショナル商品、カシオペア攻略術の売れ行きが好調である。このオプショナル商品を世に出した頃と比べると、今年に入ってからのカシオペア攻略術の月間購入者数の平均は約3倍に膨れ上がっている(※月商が3倍になったという意味ではありません)。購入された方々とのメールでの交流を通じて意外なことが判明した。少なからぬ数の人々が好調台が突然ハマり出す恐怖の大当たり回数(カシオペア攻略術ではそれを「危険領域」と呼んでいる)の存在を薄々気づいていて、危険防止の観点から購入されたというのである。

     

     本来のカシオペア攻略術は特定台を除いてなかなか一気呵成の爆発が難しい午後の早い時間帯(1時〜3時くらい)に小額投資で爆発もしくはそこそこの多連荘を狙う高度な技法を伝授するものであるが、爆発し損なって「ミニ爆発」(ミドル機であれば6〜8箱、甘デジであれば、(2〜3箱)で終わってしまうことも珍しくない。

     

     このようなケースの大半は危険領域を迎えて快進撃がストップしてしまうパターンである。そのために、カシオペア攻略術のテキストには危険領域の概念にも言及した。たとえ今までの多連荘もしくはスムーズな数珠連が如何にも好調台、爆発台によく見られるパターンであっても、危険領域を迎えた大当たり回数でサイクル転落が発生したり、サイクル転落は免れたものの、同じグループから何台かが当たらない限り復活が難しい「お仕置き期間」に突入することが多いので、あまりその台を深追いしてはならない、ということを強調したかっただけである。もちろん、爆発狙いで購入された人も少なくないと思われるが、危険防止の意味で購入された人もそれなりの数にのぼるという事実に私は仰天した。昨今では、パチンコの恐ろしさに誰もが気づいている。警戒心から一般のパチンコファンもかなり賢くなってきた感がある。

     

     読者諸兄の中には、世界のミステリー現象に詳しい人もいらしゃるに違いない。フロリダ半島とバミューダ諸島とプエルトリコを結ぶ海域は「魔の三角ゾーン」などと呼ばれる。この区域で船が沈没したり、飛行機が墜落する事故が過去に多発しているからである。パチンコにおける危険領域はまさにバミューダ海域のようなものであり、突如、船の操縦が不能になるが如く、今まで順風満帆の航海をしてきた好調台、爆発台がこの危険領域を迎えて、強力なスーパーリーチをことごとく外したり、当ブログの最人気コラム、スーパー海物語IN沖縄4 チャンス目の秘密で記した悪いパターンが頻出することがやけに多い。

     

     魔の三角ゾーンで多発する災難の原因はヴェールに包まれたままであるが、パチンコにおけるバミューダ海域ともいえる危険領域(※海物語シリーズに限らず、全機種共通)が何故、存在するのかということは、少し考えただけですぐに答えが出る。現在のホルコンのシステムにおいては、危険領域がなければ特定の台だけが際限なく当たり続けてしまうからである。危険領域はそのストッパーの役割を果たす。賢い方はもう気づかれたであろう。然様、ホルコンに完全に支配された現在のパチンコに勝つためには、自分の台が連荘中に、あるいは、初当たりで危険領域に入った時に如何にしてこの危機から脱出するかということを第一に考えなければならない。又、好調台と同じグループの台で勝負する時は、好調台が危険領域を迎えた時にチャンスが巡ってくるわけであり、このタイミングで勝負に出るという駆け引きが求められる。

     

    危険領域、ホルコン、突確の相互関係

     

     危険領域は突確とホルコンにも深い関連がある。確変中に危険領域を迎えて折角の連荘がストップしてしまう不運な台は一般人の想像以上に多い。しかし、好調台、爆発台によく見られる特徴の一つは危険領域で突確を出し、するりと危険領域から抜け出してしまう幸運なケースが実に多いことである。冒頭にリンクした「突確講座」でも解説しているが、突確というものはその台もしくはその台が属するグループが一時的な不調に陥っている時に発生しやすい。もしそれが台そのものの不調であれば、グループ内の他の台の「割り込み当たり」が発生しやすい状況となり、最強攻略法・海殺しXの切り札であるウルトラ速攻法が成功しやすい環境を整える。これは突確という新しいシステムが生み落とした思わぬ副産物である。

     

     又、連荘中の台が属するグループの一時的不調が原因で突確が発生した場合は、他のグループにホルコンが道草をした後(=他のグループの台が当たった後)、強いグループであればすぐにホルコンが戻ってきて、突確を出した台を当ててくれる。その台が弱い台であれば、突確後の当たりが単発当たりになりやすいが、強い台(好調台、爆発台)の場合はその後に大抵は確変当たりが来る。強い台には突確後に単発当たりを出して、一瞬打ち手を悲しませてから時短中に確変で当たって喜ばせるという心憎い演出も頻繁に見られる。強い台は突確→単発当たり→時短中、潜伏確変というパターンも珍しくない。

     

     話を元に戻そう。要するに、強いグループの強い台は突確を利用して危険領域を抜け出すことが多いということである。もう一つ、強い台の特徴を記す。強い台は連荘中に同じグループの他の台が割り込み当たりをしてくると、さらに連荘に弾みがつくことが多い。同じグループの台が割り込み当たりをした途端に撃沈してしまう弱い台とは好対照である。特に強いグループの強い台は最初はその台だけが気持ちよく多連荘する。しかし、あまりにも一台だけに当たりが集中するとバランスを欠くため、ある時点でホルコンはグループ内の他の台にも当たりを入れることが多い。すると、それによって、ホルコンはグループ内の他の台にも「一応顔を立てた」ということで、再びグループ内のチャンピオン台をえこひいきする。詳しくは「突確講座」をお読みいただきたい。

     

    新たな地平

     

     私はこのたびの「突確講座」でパチンコ攻略理論の松明をかかげることができたと思っている。「危険領域」、「ホルコン」、「突確」の知識を融合させたこの新攻略理論が皆様のお役に立てれば望外の幸せである。

     

     一般人にはあまり歓迎されない突確が従来のパチンコの「ゲーム性」を変えた。このことに気づく人は少ない。突確システムの誕生はロングシュートの成功に3点の得点を与える新ルールがバスケットボールのゲーム展開に大変革をもたらしたことを彷彿させる「パチンコ史の曲がり角」である。

     

    駐車場から中古自動車を駆逐せよ

     

     プロの将棋の世界では、日進月歩の定跡の進化に追いつけなくなった往年の名棋士が次々と檜舞台から姿を消してゆく。かつて「神武以来の天才」と騒がれた最年長棋士、加藤一二三九段(愛称ヒフミン)は62才までA級(ベストテン)の座を維持したが、その後は善戦空しく急降下を続け、多くのファンが悲しむ中、規定により引退に追い込まれてしまった。私は子供の頃から加藤先生の高潔な人格と天才的な読みの深さに魅了されていただけに残念でならない。加藤先生の将棋が急に弱くなったわけではない。加藤先生はすでに十年以上にわたって不振が続いているが、今年に入って引退が決まった直後、中堅棋士の強豪、飯島栄治七段には圧勝した。あまりにも鮮やかな勝利であり、その棋譜は最盛期と寸分違わぬ完勝譜であった。本来の実力が100パーセント発揮できれば、今でも十分に強いのである。しかし、昨今の序盤戦術に通じていないために、序盤で劣勢に陥り、本来の実力が発揮できぬままま相手に押し切られてしまうケースが目立つ。

     

     パチプロの世界も将棋界と相通じるものがある。かつてボーダー理論や釘読みなどで一世を風靡したプロたちも現代のパチンコには太刀打ちできない。ホルコンのスペシャリストもホルコンの知識だけでは、もはや常勝を続けることはできない。

     

     加藤先生の宿敵であった故・米長邦雄永世棋聖は中原 誠16世名人が衰え始めた「絶対王者不在の隙間の時代」に第二の最盛期を迎えた。米長氏が40歳前後の頃である。通常の棋士が下り坂に入るこの時期に米長氏は躍進を続け、一時期は4つのタイトルを保持していた。しかし、この幸せな時代も長くは続かず、次第に若手棋士との戦いで何度も敗れるようになった。かつての四冠王もあっというまに無冠に転落してしまった。そして数年間、長いトンネルから抜け出せずに苦しんだ。パチンコにたとえれば、600回転前後のハマリに喘いでいた。

     

     しかし、米長氏の偉大なところは、その後の巻き返しに成功したことである。四冠王から普通の九段に戻った米長氏は後輩たちに頭を下げて最新定跡を教わった。この努力が実を結び、46歳の時に王将位に返り咲き、49歳という史上最年長で名人位を奪取するというとてつもない偉業を成し遂げた。

     

     後年、あるインタビューで米長氏はこう語っている。

     

     「ふと気づいたら、自分の頭の中の駐車場が中古車だらけになっていた。昔はピカピカだった沢山の高級車がポンコツと化していた。これではいけないと思った。私は自分の駐車場から中古車を掃き捨てて、全て新車に入れ替えた。(※昔は通用した優れた戦法も今では通用しなくなったので最新の戦法に切り替えたという意味)これが熟年に至ってからのタイトル獲得につながった」

     

     人間的には尊敬できない面もある人だが、将棋に賭ける情熱とこの努力は称賛に値する。古い定跡を中古車、最新定跡を新車と表現した米長氏の名言はパチンコにも相通じるものがある。昔は通用したという攻略理論だけでは現代のパチンコを勝ち抜くことはできない。常に最新の攻略知識を吸収し、時代の変化に順応しない限り、トッププロの座を維持することは不可能なのである。

     

     リヴィエラ倶楽部は本気でパチンコに勝ち続けることを真剣に考えている人たちを牽引し、エンジン全開で走り続ける。我々が提供する常にアップデートされた攻略ノウハウの数々が皆様のパチンコライフ、ひいては人生そのものにDrastic Change(大転換)をもたらすことを心の底から願っている。 

     

    リヴィエラ倶楽部 佐々木智親(海殺しX開発者) 

     

    JUGEMテーマ:パチンコ

     

    <スーパー海物語IN沖縄4関連>

    【徹底ガイド】スーパー物語IN沖縄4の攻略〜好調台で勝つ!前編

    【徹底ガイド】スーパー物語IN沖縄4の攻略〜好調台で勝つ!後編

     

    <ホルコン関係> 

    パチンコ・ホルコン攻略の限界〜ホールコンピュータの魔術(前編) 

    パチンコ・ホルコン攻略の限界〜ホールコンピュータの魔術(後編)

     

    <注目コラム>

    パチンコ攻略情報アラカルトフォーク      

    本「ウルトラ速攻法」詳解

    【パチンコ攻略】リーチ信頼度の科学(好調台の打ち方)

     

    <購入者の声シリーズ>

    最強攻略法・海殺しX購入者の資産管理ノウハウ

    海殺しXで「人生の逆境」を凌ぐ人

    若い女性から届いた泣けるメールmoe

    はてなT.K氏の不思議な攻略法

    海殺しXで入院費を稼ぎ出した人

    にじ苦しみの中から立ち上がれ!苦戦中の購入者からのメール

     

    パチンコ攻略の最新テクニックは 

    Docomo123・海殺しX公式HP

     


     


    パチンコ勝ち組への転身〜縦横無尽に攻略法を駆使する!

    0

       

       知識の習得はたやすいが・・・

       

       自分が開発したパチンコ攻略法(攻略ノウハウ)の弱点に触れることは気が引けるが、最強攻略法・海殺しXが他の攻略法と決定的に違うのは覚えた知識を応用する力にある程度の個人差が発生してしまうことである。顧客から寄せられるメールを見ると、購入直後から連勝街道を驀進する猛者も少なくないが、せっかく身につけたテクニカルな知識をうまく活用できず、もどかしい思いをしている人もいる。もちろん、収支は購入前よりも格段に向上するのだが、小遣い程度の収入ではなく、収入の倍増を夢見ていた人は少し物足りなさを感じるようである。必然的にそのような方々にはメールで指導させていただくことになるが、大抵の場合は何度かメールのやりとりをしているうちに、「ようやく思い通りの展開になりやすくなりました」というコメントが引き出せるようになる。

       

       しかし、私の頭の中にある攻略知識の全てを完全に他人に頭の中に移転することは不可能に近い。シマの状況は常に変化している。サッカーの試合でドリブルをしている時、最初は味方のAにパスをしようと思っていたが、敵の邪魔が入り、瞬時の判断で味方のBにパスをすることがある。このようなフレキシビリティーがなければ優れた選手にはなれないのと同様に、パチンコの攻略も移り変わる周囲の状況を常に視野に入れ、柔軟に対応しなければならない。これこそが個人差を生む最大の要因なのである。最強攻略法・海殺しXのテキストブックは至って平易な言葉で書かれているため、読解力に個人差が生じる余地はない。

       

      麻雀のたとえ

       

       私が思うには、サッカーに限らず球技の得意な人や麻雀の得意な人は最強攻略法海殺しXに向いている。購入直後からいきなり目覚ましい活躍を始めるように思えてならない麻雀は自分が牌を引くたびに、他人が牌を捨てるたびに状況が変化する。自分の置かれた状況を見ながら咄嗟の判断で今まで狙っていた「役」を諦め、違う役を狙ったりする。パチンコにも似た側面がある。「あの台が当たった以上、この台は当分の間、生贄となる。しばらくの間は候補から外そう」、「あの台は今までの当たりの推移からノーマークであったが、他の台にこの現象が発生したのであれば、今では最有力の爆発台候補だ。他人が座る前にいち早く確保しておこう」といった要領で機敏に行動しなければパチンコ常勝者にはなかなかなれない。

       

      顧客の趣味との関係

       

       一方、読書や映画鑑賞などの静かな趣味を好まれる方は、沈思黙考型の人である。こういう人たちは最強攻略法・海殺しXを購入しても最初のうちは目覚ましい活躍ができないかもしれない。「収支がわずかにプラスにはなったものの、購入前はもっと期待していました」という残念なメールを顧客からいただくこともあるが、具体的なアドバイスを差し上げているうちに、彼らはメキメキと腕を上げていく。元々、頭の良い人たちなのである。咄嗟の判断力においては、スポーツ万能の人や麻雀の猛者には一歩譲るが、彼らは着実に力を伸ばしてゆく。初期の段階では、この攻略ノウハウの使い手として、アスリートや雀士ほどには向いていないかもしれないが、トッププロ(=月に数十万円を稼ぎ出す人たち)はこちらの人種から誕生する傾向がある。顧客とメールのやりとりをしていて驚くことは、最初は必ずしもその実力を評価できなかった人がトッププロに育つことが多いという事実である。

       

       私がクタクタになってしまうほど頻繁に質問攻め(?)をしてくる人たちがどの年も一定の割合でいるが、そういう人たちは総じて文章力に長じ、メールの中でしばしばパチンコとは関係ない話を交えることも多い。「最近、こういう本を読んで感動したのですが、佐々木さんの教えとも相通じるものがあります」というようなことを言ってくるため、顧客の趣味別の傾向までがわかってしまうのである。

       

       アスリートや雀士は頭の回転が早いので修得した知識の運用力、応用力、アレンジ力に長けている。(=すぐに勝ち組に入りやすい) 一方、静かな趣味の持ち主は物事を徹底的に追求する貪欲さがあり、最初は不器用でも幾多の経験から検証を積み重ねてゆき、最強攻略法海殺しXのグランドマスターになりやすい。(=荒稼ぎするトッププロはこちらの人種の方が断然多い) さて、皆さんはどちら?

       

      断面図

       

       私の頭の中にある攻略ノウハウは細かすぎる。すでに検証済みの攻略理論を一つひとつ詳細に解説すれば、無数の変化手順を網羅した将棋の定跡本のようになってしまうため、一般的な商品(攻略法)にはなりにくい。最強攻略法海殺しXの商品化においては、「これだけ知っておけば必要十分条件を満たす」という割り切った考え方でPDF100ページ(註ペシャルパックの場合)にパチンコ攻略の諸法則や立ち回りの一般的な例などをまとめ上げた。しかし、必要十分条件ではあっても理想的条件とは言い難い。テキストブックの行間を埋めるべく、当ブログをはじめ、公式HPリヴィエラ倶楽部青い鳥の詩海殺しX事務局便りのコラムや記事を通じて、多種多様な「具体的断面図」を披露している次第である。

       

      成功例の紹介

       

       今回も断面図の幾つかを提供したいと思う。「夢の翼」最強攻略法・海殺しXを駆使して軌道に乗っている人たちを紹介する。最近、私は事務局便りに3つの記事を掲載した。いずれもユーザー(購入者)を中心に評価が高く、中には自分の事例を紹介してもらえたことに感激してご丁寧に礼状まで下さったユーザーもいる。3つの記事を新しい順に以下にリンクする。

       

      ウルトラ速攻法」詳解

       

       TK氏の不思議な攻略法

       

       最強攻略法・海殺しX購入者の資産管理ノウハウ

       

       今回はこの3つの記事の概要を記して筆を休めたい。

       

       ,郎廼攻略法・海殺しXの切り札、ウルトラ速攻法についてユーザーから寄せられた質問に回答する目的で執筆したものである。この記事の中では、ウルトラ速攻法で負け組から勝ち組に転身したNさんの事例を紹介している。Nさんはコツコツど努力を重ねてじわじわと実力を伸ばしてきた人である。この人とは何度もメールのやりとりをしただけに、まだ成長の途上であるとはいえ、それなりに勝てるようになったという知らせに私は安堵の吐息をこぼした。Nさんは将来のトッププロ候補の筆頭である。この記事にはNさんの実力を遥かに凌ぐSさんからいただいたメールも紹介している。ウルトラ速攻法の詳細を解説するのが本来の趣旨であるため、Sさんがパチンコでいくら稼いでいるかというようなことまでは言及していないが、ひとことで言えば、とんでもない金額である。SさんもNさん同様、努力の人であるが、今では完全にトッププロの一員である。冒頭の分類でいえば、二人とも球技や麻雀が得意なタイプではなく、水彩画(Sさん)、クラシック音楽(Nさん)をこよなく愛される雅な人である。

       

       

       △録年前の購入者、Kさんが考案した奇妙奇天烈な攻略法に最近の購入者、Hさんが興味を示され、「分けてほしい」と依頼してきた話。Kさんには最強攻略法・海殺しXの購入者から希望があった時は無料提供OKという許可をいただいているのでHさんにはすぐにその攻略法をお渡しした。Kさんは最強攻略法・海殺しXの購入直後からいきなり勝ちまくった人であった。常に頭をフル稼働させ、鋭い嗅覚でもって誰もがふり向かない台に吸いつき、次から次へと爆発させる天才的なスーパー・トッププロである。正直な告白をすれば、私もパチンコの実力では、もうKさんには敵わないと思っている。知識ではまだ私の方に一日の長があるように思うが、弟子が師匠を超えた出藍の誉れの第一号かもしれない。Kさんに趣味を聞いたことがないが、購入直後からめざましい快進撃をされたことから察するに、学生時代は運動部で活躍された方とお見受けする。△離螢鵐をたどっていけば、Kさんが私に宛てたメール(転載許可済み)も読める。ご覧の通り、筆力も相当な評価に値する。文武両道の人と見た。Kさんの攻略法を手に入れたHさんはパチンコを始めたばかりという超初心者であるが、そのわりにはかなり立派な成績を上げている。上級者、中級者、初級者の違いこそあれ、各自の実力に応じて、購入者が善戦、奮闘している話を聞くたびに、私の胸には熱いものがこみ上げてくる。

       

       は以前、東京都庁に勤務される某氏からいただいたメールをベースに当ブログに執筆した記事のリメイク版である。元記事を発表した頃、当ブログの知名度はなきに等しく読む人も限られていたため、某氏が生み出した類稀な資産管理ノウハウを他の購入者にも紹介すべく角度を変えて執筆した。ほとんど書き下ろしに近い。パチンコで稼いだお金はヘソクリのような感覚があるため、大半の人はあっというまに散財してしまう。ところが、この人は官僚らしい抜け目なさでそれを完璧な方法で管理して、資産の一部に組み込んでいる。これだけの意志の強さがある人が確しかな攻略ノウハウを携えてパチンコを打てば、みるみるうちに貯蓄が進んでいく。人に紹介しておきながら、実は私も某氏ほどの自己管理力はないのだが、良い習慣は皆さんにも伝えたい。ちなみに、現在の某氏の秘密兵器は最強攻略法・海殺しXのオプショナル商品、「カシオペア攻略術」である。日頃は都庁で苦虫を噛み潰したような顔で(想像にすぎないが・・・)書類に目を通したり、許可印を押したりしている人が実はパチプロであったということが周囲に知れ渡れば、上司も部下も同僚もきっと仰天してしまうに違いない。先行き不透明な世の中となり、今、公務員の人気に再び火がついている。一般的に公務員という職業は身分が安定していることの代償として、民間企業で成功した同世代の人たちよりも収入が少ない。しかし、某氏はそのような世間常識をせせら笑い、豊かな人生を歩まれている。

       

       先日、某氏からいただいたメールの終わりには、当倶楽部のメンバー全員を泣かせる言葉が書き添えられていた。「私の人生を切り拓いたもの、それは一流の大学に進学できたことでもなければ国家試験に合格できたことでもありません。間違いなく海殺しXとの出会いです」。

       

       感動で胸が震えた。

       

      リヴィエラ倶楽部 佐々木智親(海殺しX 開発者)

       

      <注目コラム>

       

      海物語シリーズ攻略のための突確講座火

      【沖縄4攻略】海物語シリーズ 確変ダブルリーチ(1x9)の秘密

      【徹底ガイド】スーパー海物語IN沖縄4の攻略〜好調台で勝つ!(前編)

      【徹底ガイド】スーパー海物語IN沖縄4の攻略〜好調台で勝つ!(後編)

      【パチンコ攻略】リーチ信頼度の科学 (好調台の打ち方)

      パチンコ攻略情報アラカルトフォーク

      本「ウルトラ速攻法」詳解

       

      <購入者の声シリーズ>

       

      はてなT.K氏の不思議な攻略法

      最強攻略法・海殺しX購入者の資産管理ノウハウ

      若い女性から届いた泣けるメールmoe

      海殺しXで「人生の逆境」を凌ぐ人

      海殺しXで入院費を稼ぎ出した人

      にじ苦しみの中から立ち上がれ!〜苦戦中の購入者からのメール

       

      パチンコで賢い攻略を目指す方は  

      Docomo123スーパー海物語IN沖縄4、ジャパン攻略の

      (公式HP)

       
      【追記】パチンコで勝ち組に入っている人の割合を示す正確なデータは存在しない。全体の何割というよりは、一桁のパーセンテージ(1割未満)と思われる。今回のコラムで紹介した三人のパチプロのうち二人は、負け組から這い上がってきた「灰になっても飛ぶ火の鳥」である。彼らの稼ぐ額は一回当たりの平均でKさん>某氏>Nさん(推定)となるが、稼ぐ額は大きな問題ではない。勝ち続けることがパチンコファンの至上課題といえる。Nさんのように月に十万円でもよいから確実に勝つことを積み重ねていけば、10年も経たぬうちに一千万円の資産ができるのだ。もし月20万円のペースで稼ぎ続ければ、5年も待たずに一千万円に届く。逆に言えば、負け組に属している限り、パチンコ依存度に応じて、ある人は10年以内に一千万円を失い、ある人は5年以内に一千万円を失うことになる。これほどの不幸が他にあろうか! 最強攻略法・海殺しXの購入前からセミプロレベルの実力があったKさんは例外として、残りの二人は購入前には悲しいほど負け続けてきた人たちであった。統計をとったわけではないが、購入者からからいただくメールを読ませていただくと、当倶楽部の顧客の大半は「元負け組」の人のように思えてならない。これからも一人でも多くの顧客と触れ合い、負け組の人を次々と勝ち組に送り込むインストラクターでありたい、と決意を新たにした次第である。

      【海物語全機種共通】1(タコ)と9(カニ)のクロスリーチ攻略

      0
        カニ
        1と9のダブルリーチは9(カニ)で当たらない方がよい・・・

         

        JUGEMテーマ:パチンコ

        必見プレゼントパチンコ攻略法の誤った概念を正す!〜本物と偽物との違いを示す攻略ブログ

        おすすめコラムにじ苦しみの中から立ち上がれ!〜苦戦中の購入者からのメール

         

         前回のコラム、【沖縄4にも有効】連続リーチが意味するもの【パチンコ攻略】には予想以上の反響があった。より具体的に申し上げると、リヴィエラ倶楽部の公式HPのお問い合わせフォームを通じて、一般の方々(最強攻略法・海殺しXの購入者以外の人々)からも幾つかのコメントが寄せられた。通常、私がコラムを発表してもリアクションを起こしてくれるのは購入者に限定される。しかし、今回は違った。未購入の方々からも高い評価を得ることができたので執筆の苦労が少しは報われた思いである。

         

         リーチの2連続、3連続(あるいは4連続以上)という現象はパチンコの機種を問わず、誰もが経験することである。しかし、これを吉報と見るか凶報と見るかということに関して正しい知識を持つ人はほとんどいない。リーチの2連続だけを見ても、4種類に分かれる。

         

        ‘鵑弔箸皀痢璽泪襯蝓璽舛離院璽

        二つともスーパーリーチのケース

        最初がノーマルリーチで次がスーパーリーチのケース

        ず能蕕スーパーリーチで次がノーマルリーチのケース

         

         前述のコラムで(長期的展望に立たずに)歓迎できるのはい里澆任△襪判颪い燭箸海蹇▲曠襯灰鷙粁に詳しいある方から「まさにその通りであることが実感できました。今までこの法則を知らずにかなり損をしていました」という嬉しいコメントを頂戴した。私は半分ビジネス、半分ボランティアというスタンスで当ブログを運営している。それゆえ、一般の方々からの高い評価は言い知れぬ悦びを私にもたらす。学者が学会で自説のプレゼンをする時、それは学者としてのステータスを上げるだけではなく、関係者各位を満足させることが自己満足にもつながっていると聞いたことがあるが、それと似たような心境と言えるかもしれない。残念ながら、パチンコ攻略に特化した学会は存在しないが、今後も私は学会で発表するような意気込みでコラムの執筆を続ける所存である。

         

         その後、私はリヴィエラ倶楽部・青い鳥の詩で前述のコラムの続編ともいえる別のコラムを発表した。(下記赤字リンク参照)

         

        【沖縄4攻略】海物語シリーズ 確変ダブルリーチ(1×9)の秘密

         

         連続リーチに関する論考をお読みになられて共鳴された方は是非、上記のコラムにも目を通していただきたいと思う。本稿を執筆している時点ではスーパー海物語IN沖縄4が最新機種であるため、タイトルには「沖縄4」という文字を入れたが、海物語シリーズ全機種に共通する不変の法則である。未来の新機種においてもこの法則は間違いなく守られるはずなので、一度頭に叩き込めば今後の攻略に大いに活用可能となる。

         

         この場を借りて、このコラムの概要を紹介する。海物語シリーズの各機種では1と9のクロスリーチが打ち手を興奮させる。どちらで当たっても確変なので特にスーパーリーチに発展した時はドキドキする人が多い。しかし、ただドキドキしているだけではパチンコは絶対に勝てない。このリーチに秘められた暗号を読み解く力がプロには要求される。1と9のクロスリーチの各種パターンから自分の台の当たりが近づいているのか、それともハマリに向かっているのかというようなことを的確に察知して、その台で粘るべきか他の台に移動すべきかの判断を下さなければならない。パチンコで常勝組に入るための第一関門は「如何に無駄な投資を省くか」である。

         

         冒頭で触れたコラム同様、こちらのコラムも海物語シリーズの攻略には不可欠な情報を提供しているものと自負する。前者はパチンコ全機種共通する攻略情報、後者は海物語シリーズに限定される攻略情報という違いはあるが、いずれのコラムも今までに私が発表したコラムの中では、汎用性が著しく高い攻略情報である。それほどの長文でもないので、お気軽にご一読願いたい。なお、スーパー海物語IN沖縄4の全般的な攻略情報については下記の<重要コラム>が資するところ大であろう。一番下の<参考資料>と併せてご高覧いただければ幸いである。

         

        リヴィエラ倶楽部 佐々木智親(海殺しX 開発者)

         

        <重ム>

        【徹底ガイド】スーパー海物語IN沖縄4の攻略〜好調台で勝つ!(前編)

        【徹底ガイド】スーパー海物語IN沖縄4の攻略〜好調台で勝つ!(後編)

        海物語シリーズ攻略のための突確講座火

        パチンコ攻略情報アラカルトフォーク

         

        <購入者の声シリーズ>       

        最強攻略法・海殺しX購入者の資産管理ノウハウ

        若い女性から届いた泣けるメール moe

        はてなT.K氏の不思議な攻略法

         海殺しXで入院費を稼ぎ出した人 

        海殺しXで「人生の逆境」を凌ぐ人

         

        <参考資料>   

        【パチンコ攻略】リーチ信頼度の科学〜好調台の打ち方

        スーパー海物語IN沖縄4動画集 

         

        スーパー海物語IN沖縄4を制するための攻略情報は 
        スーパー海物語IN沖縄4、ジャパン攻略の

        公式HP

         

        テキーラサンライズ
        海殺しXで勝利の美酒を!




         


        【沖縄4にも有効】連続リーチが意味するもの【パチンコ攻略】

        0

          ★人気急上昇!プレゼントパチンコ攻略法の誤った概念を正す!〜本物と偽物との違いを示す攻略ブログ

          JUGEMテーマ:パチンコ

           

           今回は当ブログのカテゴリーの一つ、ホルコン攻略シリーズ」の一環としての小論を執筆する。人気機種、スーパー海物語IN沖縄4のファンを視野に入れたものであるが、基本的に機種を問わない攻略情報である。大勢の人々、特にホルコン(ホールコンピュータ)攻略研究家の方々にこの貴重な攻略情報を提供したいと思う。

           

          連続リーチの発生=「当たり番」ではない

           

           パチンコを打っていて、リーチが2連続、3連続と発生すること自体は決して珍しいものではない。時には4連続、5連続という珍現象さえも起こる。私が今までに経験した最高の珍記録(?)7連続リーチ(そのうちの3つはスーパーリーチ)であった。連続リーチも2連続まではなんとも思わなくても、さすがに3連続以上となると薄気味悪い。では、このような連続リーチは果たして喜ぶべきことなのだろうか。その答えは「否」である。なぜならば、連続回数を問わず、大半のケースにおいて、リーチの連続発生は高確率で自分の打っている台が「当たり番」(ホルコンが次に当たりを予定している台)ではないことを示すものだからである。したがって、連続リーチが発生した場合はしばらく台を休ませるか別の台に移動する必要がある。(そのまま続けて打っても、そう簡単には当たらないことが多い)とはいえ、例外的に連続リーチの発生直後に当たることも稀にある。取りこぼしを防ぐ意味で、連続リーチが終わった後、数回転から10回転くらいは回した方がよい。基本的に連続リーチは喜ぶべきものではない。但し、実際はそれほど単純でもない。中には良いパターンもあるからである。

           

          連続リーチの良いパターンと悪いパターン

           

           連続リーチには大別して3つの種類がある。(○は良い現象、×は少なくとも一時的には悪い現象)

           

          (1)ノーマルリーチ又はスーパーリーチの2連続以上・・・X

          (2)ノーマルリーチの次の変動でスーパーリーチ・・・X

          (3)スーパーリーチの次の変動でノーマルリーチ・・・○ (※この2連続リーチの前後が通常出目であることが条件)

           

          ※註1:「ノーマルリーチ」→「スーパーリーチ」→「ノーマルリーチ」の3連続は(2)として扱う。

          ※註2:「スーパーリーチ」→「ノーマルリーチ」→「スーパーリーチ」も(2)の扱い。

          ※註3:「リーチ以外の出目」→「スーパーリーチ」→「ノーマルリーチ」→「リーチ以外の出目」のみを(3)とする。

           

           つまり、リーチの連続回数を問わず、「ノーマルリーチ」→「スーパーリーチ」というパターンがどこかに含まれていれば、その台は「当たり番」ではないと仮定してほぼ正しい。「スーパーリーチ」→「「ノーマルリーチ」と来て、てっきり(3)と思いきや、次になんらかのリーチが来てしまった場合は残念ながら悪い現象である。

           

           連続リーチが発生した時は自分の台が属するグループ(=ユニット)がアクティブ(当たりグループ)になっている可能性が高い。ネット上で様々な攻略情報が飛び交っている昨今なので、今更、グループについての詳細な説明は不要であろう。ホルコンが数台を束ねて一つのグループを構成し、ホルコンによって当たりに選ばれた(=アクティブになった)グループの1台は「当たり信号」を受信して自動的に当たることくらいは今では広く知れ渡っている。

           

           そして、ここからが重要なのだが、当たり信号を受信した当たりグループの「当たり番」の台には(3)の現象が当たる前に高確率で発生する。又、それと同時期に当たりグループの「当たり番」以外の台には(1)や(2)の現象が高確率で発生する。つまり、(3)だけが希望が持てるケースなのである。連続リーチで例外的に喜んでよいケースは(3)だけである。

           

          ホルコン攻略の難しさ

           

           しかし、厄介なのは、自分が打っている台に(3)が生じたからといって、必ずしもその台が当たるわけではないことである。(3)は当たりの前兆ではあるが、当たりを保証するものではない。当たる時は少し前に(3)の現象が発生していることが多いというだけである。好調サイクルに入っている台は「当たり番」でない時も良い現象が多発する。連続リーチでは例外的に良い現象とされる(3)もその一つにすぎない。目安として、(3)の現象が発生してから50回転以内に当たりが来なければ、その台はすぐには当たらないと考えてよい。

           

           (1)や(2)はどちらかといえば、悪い台(不調サイクル、通常サイクル)に頻繁に発生する傾向があるが、好調台にも時には悪い現象が起こるため、(1)や(2)が短いスパンで一回や二回生じたからという理由だけでそれほど悲観する必要はない。(註・同じ台を長時間打っていれば、連続リーチを10回以上経験するのも当たり前のことであるここでいう「一回や二回」というのは短いスパン、より具体的に言えば、ホールや時間帯、そして、客の多さにもよるが、30〜50回転中に一回や二回という意味である)たまに悪い現象が起きても極端に悲観する必要はないが、台を休ませる頻度は上げた方がよい。(「何度も打っては休む」を繰り返すことにより、ホルコンの仕様上、その台は不調サイクルに入っていない限り、次の当たり番に選ばれやすくなる)(1)や(2)があまりにも頻繁に生じる台は高確率でハマる。頻度が異常な場合は早期に見切りをつける必要がある。何度も台を休ませても、悪い現象がコンスタントに発生する台はハマリ台の特徴なのである。

           

          海物語シリーズの場合

           

           我々がパチンコ攻略において主なターゲットとしている物語シリーズは「台との会話を楽しむ要領」で感触をつかみながら攻略できることに最大のメリットがある。スーパー海物語IN沖縄4でも、近い将来の当たりを予兆させるサインやハマリのサインが他機種よりも遥かに多く現れる。海を打つ最大の理由はそこにある。(※スーパー海物語IN沖縄4攻略の具体的方法については、一番下にリンクをはった【徹底ガイド】参照

           

           海物語シリーズで(1)や(2)が生じた後、それほどハマらずに当たるとすれば、その当たり方の大半は特殊な当たりによるものである。特殊な当たり方とはノーマルリーチからの当たり(ピタ止まり&走り)、突確(341)、一発告知(スーパー海物語IN沖縄4でいえばハイビスカスフラッシュ)を伴った当たり、チャンス目からリーチに発展してからの当たり、レッツシーサー、レッツマンボー、ウリンチャンスなどのイレギュラー系リーチからの当たりを指す。滅多にないがプレミア当たり(サム出現、枠外揃いからの当たり等)も特殊な当たり方の一種である。したがって、(1)や(2)が出ても、ほどなくして特殊な当たり方で当たる可能性も残されているため、少しは判断に悩むが、海物語シリーズでも(1)や(2)が生じれば、その後すぐ当たることはそれほどなく、約70パーセントは法則通り、しばらくは当たらない傾向がある。詳しいことは一番下にあるスーパー海物語IN沖縄4の攻略コラム(【徹底ガイド】)をご参照されたい。

           

           

           

           なお、海物語シリーズ以外の機種で(1)や(2)が生じたにもかかわらず、その後、それほど待たずに当たるとすれば、激アツ系のスーパーリーチの場合が多い。海物語シリーズは他機種と比べて信頼度の高いリーチが少ない代わりに、信頼度の低いリーチでも当たりが期待できる仕組みになっている。魚群でさえ信頼度はそれほど高くなく、当たるまでは信用できないが、一番信頼度の低いノーマルリーチで当たることも決して珍しくない。この意外性が他機種との最大の違いである。

           

           最近は「特定のスーパーリーチでなければまず当たらない」、あるいは「特定の演出(保留変化等)を伴ったスーパーリーチでなければ当たらない」という機種が多くなった。そのような機種には激アツ系のスーパーリーチが用意されていることが多く、アニメをモチーフにした機種では、「次回予告」など「それが出れば普通は当たる」というスーパーリーチがある。悪いパターンの連続リーチが来て、その後に当たる例外的なケースは、そのようなレアもののスーパーリーチによることが多い。

           

          海物語シリーズは良い台と悪い台の特徴が正反対

           

           3連続以上のリーチ、特にそのうちの2回以上がスーパーリーチの台は好調台であれば、一回だけ「当たり番」をスキップされて(=グループ内の他の台が当たった後に)、ある程度の時間が経過した後に当たることがあるが、好調台でなければ、深いハマリに向かうことも珍しくはない。そのような台の深追いは厳禁である。特に当ブログで一番人気のコラム、ーパー海物語IN沖縄3 チャンス目の秘密で解説したチャンス目からリーチに発展する現象(それで当たらない限り芳しくない現象)の頻出を伴っていれば、ハマリの中でも相当醜いハマリに向かう可能性が濃厚であるため、迅速な判断が求められる。「チャンス目からスーパーリーチに発展して当たらない」という現象が呆れるほど繰り返される台は、ちょっとやそっと台を休ませたくらいでは当たり番は拾えない。このような「死に台」が存在するお陰でグループ内の好調台は何度も初当たりを繰り返すのである。

           

           余談であるが、連続リーチではなくても、短いスパンの中でリーチの異常発生が起こり、しかも、スーパーリーチまで何度も出るにもかかわらず当たらない台(例・10回転中にリーチが5〜6回、そのうちの3回がスーパーリーチ)は少なくともその時点においてはサイクル状態(サイクルの秘密に関しては、最強攻略法・海殺しXのテキストに記載済み)が悪いと見てよい。ひどい台は一時的にスーパーリーチのラッシュが来て、しかも、チャンス目からリーチ(スーパー、ノーマルを問わず)に発展することも度々あり、いつまで経ってもこういう現象がやまず、慢性的に悪いサインが延々と続く。そして、数え切れぬほどのスーパーリーチが出た後、魚群まで出たにもかかわらず、それがあっさり外れるという最悪の展開に至ることが多い。このような台が当たるためには、どこかで突然のサイクル変換(サイクル変換が生じる可能性のあるタイミングについても最強攻略法・海殺しXのテキストに記載済み)が発生しなければならない。

           

           そもそも良い台(好調サイクル突入中の台)はグループが強ければそれほどじらされることなく簡単に当たるものである。言い換えれば、打ち手の予想よりも当たりが来るのが遥かに早い。すでに何箱も積んでいる時などは、「あとひと箱くらいは使わされる覚悟でいたのにラッキー!」と思わず微笑んでしまう。

           

           短いスパンでリーチの異常発生が生じた場合、その中にスーパーリーチが2〜3回含まれていて、なおかつ最後のスーパーリーチが魚群をはじめとする派手な予告を伴ったものであれば、最強攻略法・海殺しXのユーザーの方々は、すぐにそれが「決め手」であることがわかる。良い台はリーチの多発、スーパーリーチの集中発生という打ち手の期待を膨らませた後、必ず「決め手」が出て、それを外すことは滅多にない。逆に悪い台は「決め手」が一向に出ないか、出ても外れる。

           

           又、良い台は悪い現象が一時的に生じても、その後、それほどハマらずに当たる。それとは対照的に、悪い台は悪い現象が腹が立つほど続く。もちろん、そんな台でも何時間も根性で打ち続ければ当たることもあるが、その当たりが発生する時期は打ち手の想定を遥かに超えた遠い未来である。長時間にわたってハマリ台を打つのが好きな人は昔も今も一定の割合でいる。彼らがすでに800回転以上ハマっている台に座る時は「これだけハマっているのだから、いくらなんでも1000回転までには当たるだろう」というような予想をしているものと思われる。(尋ねたわけではないが・・・) しかし、実際に当たるのは、そこからさらに1000回転以上回した後だったりする。時には2000回転以上の大ハマリすらある。これがパチンコの怖さであり、デタラメにパチンコを打つことの危険性である。ちなみに、プロもそういうハマリ台も打たないわけではないが、悪い現象が何度も続けば、すぐにその台を捨てる。

           

          まとめ

           

           ここで要点をまとめてみる。

           

          1.連続リーチは基本的には良くない現象であるが、例外的に希望が持てるのがスーパーリーチの次にノーマルリーチが来る2連続リーチである。その前後になんらかのリーチが加わり3連続以上になるのは良いとは言えない。

           

          2.当たりを呼びやすい「スーパーリーチ」→「ノーマルリーチ」もその後の50回転以内に当たりが来なければ、一瞬の喜びだけで終わってしまう。

           

          3.それ以外のパターンの連続リーチは基本的に歓迎できない現象であり、3連続、4連続と連続回数が増えれば増えるほど、又、その中にスーパーリーチが沢山含まれていればいるほど、(少なくともその時点においては)その台は悪い台であることが多い。短いスパンで悪い連続リーチが一回や二回来ても必ずしも悲観する必要はない。しかし、「その台が当たり番でない」か「その台の属するグループがアクティブでない」かのいずれかが疑われるため、定期的に打つのをやめ、しばらくの間(7分以上が望ましい)台を休ませる必要がある。

           

          唯一の注意点

           

           以上であるが、最後に一つだけ注意事項を加えたい。悪い連続リーチは必ずしもホルコンが当たりに選んだグループ内の台だけに起こるわけではない。ここにもパチンコの難しさがある。悪い連続リーチが何度も起こる時は、「ほぼ間違いなく自分の台が属するグループはアクティブ(当選状態)になっているが、次に当たる台はその台ではない」という意味しか持たない。しかし、自分のグループがアクティブでない時ですら悪い連続リーチが異常な頻度で発生するのであれば、これは救いようのないハマリ台である可能性を示唆している。自分の台が属するグループがアクティブでない時に、短いスパンで一回や二回の悪い連続リーチが出てもそれほど悲観する必要はない。但し、ホルコンが自分の台の属するグループをアクティブにしない限り、当たりの発生は見込めないため、ひたすら自分のグループがホルコンに選ばれることを待つ必要がある。グループがアクティブかどうかはしばらくの間、打たずに休んでいるだけでわかる。(アクティブ時にはグループ内の他の台が当たるため)

           

           良い台に悪い現象が起こるのは自分のグループがアクティブでない時に多く、逆にアクティブな時は良い現象が頻出する。又、良い台はアクティブでない時ですら本記事と下の攻略コラムで解説した良い現象が起こりやすい。このへんの識別は判断の材料が多すぎるためプロでも決して容易ではないが、初心者は下の攻略コラムに書かれている内容も含めて、良い現象が多発する台は粘りの対象とし、悪い現象が多発する台はすぐに捨てるという単純な作戦でもよいと思う。時にはそれが失策となり、捨てたばかりの台を他の客に拾われ例外現象による当たりをもっていかれてしまうこともあろうが、長い目で見れば、このスタンスを貫き通すことにより確実に収支が向上するはずである。スーパー海物語IN沖縄4に限らずパチンコ攻略の鉄則は、低確率で発生する現象に賭けることではなく、高確率で発生する現象を信じることだからである。

           

           

          勝利への近道

           

           短時間内に複数台(理想的には3台以上)に当たりが発生して、4連荘以上が中心のグループは間違いなく強い。このようなグループは一時的にホルコンが他のグループに浮気をしていても、それほど待たずにホルコンはそのグループに戻ってきてくれる。したがって、常に強いグループの台を確保して、グループ内の最後の連荘が終わってからしばらく経った後に打ち始めるのがプロの打ち方である。いつも同じことばかり言っているが、これこそが最も手堅いパチンコの勝ち方なのである。 

          ホルコンマニア(グループ構成だけ知っている人)はある台が当たるとすぐにその台と同じグループの台に飛びつくが、大抵の場合はすぐには当たらず、好調台の多連荘に弾みをつけてしまう。自分が貢ぎ役になっていることに気づかない。見ていて実に滑稽である。もう一つ覚えていただきたいことがある。上記(3)以外の連続リーチやチャンス目からのリーチ発展は原則として(少なくとも一時的には)良くない現象であるが、最後のリーチで当たりさえすれば問題ない。又、リーチやチャンス目が集中的に発生しながらも連続リーチにはならず、又、チャンス目にしても連続はしてもリーチに発展しない台は近い将来に当たる可能性を秘めている。連一例を示せばこんな感じである。通常出目ノーマルリーチチャンス目通常出目チャンス目通常出目通常出目スーパーリーチノーマルリーチ※(3)の現象発生!通常出目通常出目チャンス目チャンス目通常出目通常出目ノーマルリーチチャンス目・・・こういう形のリーチラッシュ、チャンス目ラッシュは将来に期待が持てるパターンである。こういう台は簡単に手放すべきではない。

           

           スーパー海物語IN沖縄4は間違いなく長寿機種になる。今回解説したリーチやチャンス目の法則を知っているだけでも、無駄な投資をセーブすることができるし、当たる台を当たる直前に捨てるという痛恨のミスを回避することができる。さらに学習を積んでご自身の「攻略力」をアップされたい方は一番下にリンクした我々のホームページを隅々までご覧いただきたい。

           

           最強攻略法・海殺しXが皆様の生涯にとって「最高の友」となることを今日も願っている。

           

          リヴィエラ倶楽部 佐々木智親(海殺しX 開発者)

           

          <注目コラム>

          【徹底ガイド】スーパー海物語IN沖縄4の攻略〜好調台で勝つ!(前編)

          【徹底ガイド】スーパー海物語IN沖縄4の攻略〜好調台で勝つ!(後編)

          【沖縄4攻略】海物語シリーズ 確変ダブルリーチ(1×9)の秘密

           

          <推奨記事>

          海物語シリーズ攻略のための突確講座火

          本「ウルトラ速攻法」詳解

           

          <購入者の声シリーズ>       

          最強攻略法・海殺しX購入者の資産管理ノウハウ

          若い女性から届いた泣けるメールmoe

          はてなT.K氏の不思議な攻略法

          海殺しXで「人生の逆境」を凌ぐ人

          にじ苦しみの中から立ち上がれ〜苦戦中の購入者の方からのメール

           

          <参考>

          パチンコ攻略情報アラカルトフォーク

          【パチンコ攻略】リーチ信頼度の科学〜好調台の打ち方

          スーパー海物語IN沖縄4動画集 *ひとくちメモ付き

           

          スーパー海物語IN沖縄4を制するための攻略情報は 
          Docomo123スーパー海物語IN沖縄4、ジャパン攻略の

          (公式HP)



          スーパー海物語IN沖縄4の攻略コラムが完成!

          0
             スーパー海物語IN沖縄4を制して会心のVサインを! 


            JUGEMテーマ:パチンコ 海殺しX事務局便りの記事、スーパー海物語IN沖縄4の攻略に胸の高鳴りが止まらないにて予告していたスーパー海物語IN沖縄4の攻略コラムがついに完成を見た。(下記リンク参照・・・)

             

            【徹底ガイド】スーパー海物語IN沖縄4の攻略〜好調台で勝つ!(前編)

             

            【徹底ガイド】スーパー海物語IN沖縄4の攻略〜好調台で勝つ!(後編)

             

             公式HPに発表した待望の長編コラムは前編と後編に分けれている。前編では、スーパー海物語IN沖縄4の沖縄モードで打つ際の攻略の道標となる4人娘、5人娘の「秘められた意味」を解説した上で好調台と不調台の識別法、ある特定の現象が生じた際の対処並びにプロ的なテクニックについて解説した。後編では、スーパー海物語IN沖縄4のウリンチャンス、レッツシーサー、レッツマンボー等のイレギュラー系リーチの秘密の解明をはじめ、ウリンチャンスの頻度から台の好不調を識別する手法や時短中の現象から時短後も同じ台で打ち続けるべきか台を変えるべきかの判断の礎となる攻略理論を提示した。

             

            沖縄の景観

             今、スーパー海物語IN沖縄4の人気は凄まじいものがある。沖縄は日本国内でありながら、本土に住む人間にとっては、ともすれば近隣の外国に行くよりも難しい場所かもしれない。日本の領土でありながら日本でない場所、実質異国でありながら日本語が通用する不思議な場所というなんともいえぬ神秘感が一般の日本人を魅了するのかもしれない。そこに着目したSANYOは打ち手の興奮の坩堝に誘い込むべく、沖縄モードに凝った演出を加えて勝負に出た。現在は新しく導入されたハイビスカスモードの斬新さにファンの目が釘付けになっているが、しばらくすれば、多くの打ち手が沖縄モードに戻ってくるだろう。しかし、この沖縄モードの演出が実に曲者であり、ひとたび判断を誤ると、奈落の底に突き落とされかねない危険を孕んでいる。パチンコは楽しむために打つべきではない。パチンコで築いた資産で豊かな人生を送ることに最大の意義があると我々(リヴィエラ倶楽部)は考える。

             

             

             スーパー海物語IN沖縄4が皆様の人生にとって幸運をもたらすものになるか、不運をもたらすものになるかは、各自の攻略手腕にかかっている何も考えずに、ただ山勘で台を選び、様々な演出に一喜一憂しているだけであれば、永遠に勝ち組には入れない。科学的な攻略理論に裏打ちされた冷静沈着な打ち方を知らずに、日々、直感的に惰性に流されるまま打っていれば、何度爆発してもトータル収支は確実に赤になる。スーパー海物語IN沖縄4に狙いを定めた今回のコラムは主として最強攻略法・海殺しXのユーザーを対象に執筆したため、一般の人には少し難しい部分もあるかもしれない。しかし、スーパー海物語IN沖縄4を攻略する糸口が見つからずに悶々とした日々を送っておられる方々には、暗闇に一条の光を差し込むものとなろう。

             

             自画自賛するのも気が引けるが、非常に読み応えのあるエキサイティングなコラムに仕上がっている。今、本記事をお読みになっておられる方々の大半は電車の中でスマホを使用されているものと拝察するが、リンク満載、ボリューム満点のこのコラムは是非ともご自宅で薫りたつ珈琲でも飲みながら、じっくりと隅々まで熟読していただきたいと思う。

             

             コラムの読者の皆様がスーパー海物語IN沖縄4で連戦街道を驀進されることを願っている。獅子奮迅の敢闘を祈る。

             

            リヴィエラ倶楽部 佐々木智親(海殺しX 開発者)

             

            <関連リンク>

            海物語シリーズ攻略のための突確講座火

            スーパー海物語IN沖縄4動画集 *ひとくちメモ付

            【パチンコ攻略】リーチ信頼度の科学〜好調台の打ち方

            【沖縄4攻略】海物語シリーズ 確変ダブルリーチ(1×9)の秘密

            【沖縄4にも有効】連続リーチが意味するもの【パチンコ攻略】

             

            <推奨>

            プレゼントパチンコ攻略法の誤った概念を正す!〜本物と偽物との違いを示す攻略ブログ

            パチンコ攻略情報アラカルトフォーク

            本「ウルトラ速攻法」詳解

             

             

            <購入者の声シリーズ>       

            最強攻略法・海殺しX購入者の資産管理ノウハウ

            海殺しXで「人生の逆境を」を凌ぐ人

            海殺しXで入院費を稼ぎ出した人

            若い女性から届いた泣けるメール moe

            はてなT.K氏の不思議な攻略法

            にじ苦しみの中から立ち上がれ!苦戦中の購入者からのメール

             

            スーパー海物語IN沖縄4の攻略情報は 
            Docomo123スーパー海物語IN沖縄4、ジャパン攻略の

            (公式HP)



            スーパー海物語M55X3のコラム追加

            0

              JUGEMテーマ:パチンコ

               

               当倶楽部の公式ホームページ「スーパー海物語M55Xの攻略で腕に磨きを!」(←クリック)と題した新コラムを追加した。現在のSANYOが置かれている状況を分析し、今後の海物語シリーズの展開を占うものである。最強攻略法・海殺しXのユーザー以外の方々にも是非ともお読みいただきたいエッセイといえる。

               

               今、再び行政の締めつけが厳しさを増すようになり、パチンコ業界全体が重大な岐路に立たされている。現在のデジパチを「いたずらに射幸心を煽るもの」と決めつけ、昔のようなゲームの一種に戻したい行政側の意向とパチンコに大きな夢を求めるパチンコファンの気質及びそのニーズを反映した遊技機を製作したいパチンコメーカーの意向が真っ向から対立している。たとえば、「一般入賞口の賞球を大幅に増やせ」という要求は必然的にスタートチャッカー(始動口)に玉が入りにくくなる事態を招くことになる。遊びでパチンコを打つ人の中にはこの路線を歓迎する人もいるかもしれないが、パチンコで稼ぐ者にとっては、実に迷惑な話といえる。スピーディーな攻略が阻害されるからである。パチンコ屋はゲームセンターではないのである!

               

               昨今は若年者の就職難、正社員雇用の激減などが影響して、パチンコ人口は以前ほど多くない。パチンコ依存症が大きな社会問題となり、それが行政の締めつけを惹起している。それにパチンコファンの経済事情の悪化も加わり、パチンコ人口が減り続ける中で、パチンコメーカーが生き残るためには、何か大きな起爆剤が必要となる。やはり、一般大衆を熱狂させる大ヒット機種の誕生が不可欠といえよう。私どもはSANYOこそがそれを実現する能力を有した業界のリーダーであると信じてやまない。愛すべき海物語シリーズが今後も存続するためにも、パチンコそのものが世の中から消えてしまうという最悪の事態を回避せねばなるまい。

               

               国は競馬や競輪には甘いくせにパチンコにだけイチャモンをつける。これは実に不条理な話である。当倶楽部の顧客の中には「パチンコを続けていてよかった」、「パチンコのお陰で夢が実現できた」という人が無数にいる。決して誇張はしない。事実をそのまま述べただけである。このビジネスを始める前は、攻略法の購入者から礼状をもらうことなど想像したこともなかった。もちろん、パチンコファン全体から見れば、そういう人たちは非常にラッキーなごく少数の例外にすぎぬのかもしれないが、一部の悲惨な体験(パチンコで破産等)をした人にだけ同情する国のあり方には大きな疑問を感じる。フェアであるということは、必ずしも弱者にのみ加担することではない。当倶楽部の顧客の中には、「パチンコとの出会いがなければ、自分はホームレスになっているところだった」と告白した人もいた。どのような手段で生計を立てようと、悪行さえしなければそれは人の自由である。そういう人たちの生活を規制で圧迫してよいものなのか。そもそも大人の社会というものは、何事においても自己責任が原則ではありますまいか。

               

               一見非常識なことを申し上げたかもしれないが、成熟した社会の到来を希求し、お上に諫言することも時には必要であろう。当倶楽部はパチンコ文化の続く限り、少しでも皆様のお役に立てる攻略情報を発信してゆく所存である。ご期待を乞う次第である。

               

              リヴィエラ倶楽部 佐々木智親(海殺しX 開発者)

               

              関連サイト:スーパー海物語M55X3動画集

              最新コラム:【徹底ガイド】スーパー海物語IN沖縄4の攻略〜好調台で勝つ!(前編)

                    【徹底ガイド】スーパー海物語IN沖縄4の攻略〜好調台で勝つ!(後編)

              推奨コラム:【パチンコ攻略】リーチ信頼度の科学(好調台の打ち方)

              面白コラム:海物語シリーズ攻略のための「一発告知」学

              スーパー海物語シリーズの攻略情報は 
              最強攻略法・海殺しXのホームページへ
               
               


              【熊本地震】被災者支援のお願い

              0

                海殺しX事務局便り〉より転載

                JUGEMテーマ:熊本イベント情報


                カリタスジャパン 最強攻略法・海殺しXのユーザーの皆様にお願いがございます。ご周知の通り、熊本で発生した大地震は甚大な被害をもたらしました。死者の数では東日本大震災、阪神大震災には遠く及ばぬものの、避難民の数は20万人を突破し、道路が遮断されたり、橋が崩落するなどして、現在でも救援態勢がなかなか整わない状況が続いております。復興のための前途は明るくなく、間違いなく最大級の自然災害といえます。命を落とした人がそれほど多くはなかったという理由で軽視されがちですが、熊本の災害は我が国の行く手を覆う黒い影となるものを思われます。

                 当倶楽部では売り上げの一部を被災者支援のためにカリタスジャパンに寄付致しました。カリタスジャパンはバチカン市国を本拠地とする国際カリタス(国際NGO)の下部組織であり、私どもが最も信頼を置く慈善団体です。過去にも東日本大震災、ネパール大地震、ミャンマー洪水被害等に際して、私どもは売り上げの一部を義捐金として寄付してまいりました。

                 熊本地震の発生直後、親日国の台湾からは馬英九総統らの呼びかけにより、政府及び民間から多額の寄付が寄せられています。今、台湾からは政治家、政党、企業、一般個人等、様々な送り主からの義捐金が次々と我が国にもとに届けられています。大変有難いことですが、日本国内の出来事ですので、本来は我々日本人が隣人のためにひと肌脱ぐべきではないでしょうか。

                 最強攻略法海殺しXユーザーの皆様に改めてお願い申し上げます。パチンコで爆発した時の稼ぎの一部で構いませんので、熊本で苦しむ人々のために義侠心を見せていただけないでしょうか。当倶楽部はトッププロ集団としてのプライドがあり、少しは懐の痛む額を寄付しましたが、個人で寄付をされる方は小額でも全く構わないと思います。たとえ五百円、千円程度であろうと塵も積もれば山となります。

                 ちなみに、カリタスジャパンのウェブサイトは当サイトのリンク欄にもありますが、ここにもリンクをはっておきます。

                http://www.caritas.jp/
                                               
                 寄付の方法は至って単純です。 お近く郵便局に行って振替用紙をもらい、郵便振替番号に00170-5-95979、加入者名に宗教法人カトリック中央協議会カリタスジャパン 通信欄に「熊本地震」と書くだけです。

                 次にATM機に振替用紙を挿入し(振替用紙専用の挿入口があります)、後は画面の指示に従い、常識的判断でボタン操作を繰り返し、次へ次へと進んでいくだけで最終的にお金を納める入口が開きます。若干の手数料がかかりますが、窓口で払うよりもATM操作の方が手数料が少しだけお得です。

                 気をつけていただきたいことが一つだけあります。カリタスジャパンは便宜上、宗教団体の扱いとならざるを得ないため、寄付金控除の対象外です。控除を受けたい方は控除特典を伴う団体への寄付をお願い申し上げます。そもそも義捐金の送金先はカリタスジャパンでなければいけないわけではありません。

                 私どもがカリタスジャパンに絶大な信頼を寄せる理由は主に二つあります。

                 そのうちの一つは長年の活動実績を通じて国内外のネットワークとノウハウが豊富に構築されていることです。特に海外の被災地・戦災地の支援活動においては、その強みをいかんなく発揮します。カリタスジャパンは通常の政府系ルートに加えて、「カトリック教会ルート」という別のチャンネルを有します。

                 カトリック教会は世界各国にあり、大半の国において、日本におけるカリタスジャパンに相当する国際カリタスの下部組織が存在します。このような横の連携により、迅速な救援活動が可能となるのです。

                 又、自然災害等が発生した時、どこを重点的にサポートすればよいのかという判断には長年のキャリアが問われることになります。「まず優先的にやらなければならないことは医療支援なのか、食料支援なのか?」というようなことから始まり、「このようなケースにおいては、○○の支援が手薄になりやすい」といった過去の教訓から臨機応変に支援の方向性を定めることができます。人々から集めた貴重な浄財を無駄なところに使っては効果が半減します。

                 二つ目の理由ですが、カリタスジャパンは常にバチカン(ローマ教皇庁)の厳しい監視下に置かれています。不正が行われる可能性は通常国家の政府監視下に置かれている団体、国連監視下に置かれている団体よりも低いと言われています。

                 カトリック教会の三大使命は(1)秘跡の執行、(2)福音の宣教、(3)愛の行為の実践と定められており、国際カリタスならびにその傘下団体は(3)の一部を受け持つ重要な機関です。カトリック教会の存在意義の根幹にかかわる部分だけに凡人の想像を絶した厳しさでもって管理されています。

                 当然ながら、皆様から寄せられる寄付金は一円たりともカトリック教会に流れることはありません。カリタスジャパン運営支援のための寄付を除く)

                 かつて安部首相が提唱した「美しい国日本」が今、度重なる災害で大変なピンチに立たされています。愛国心のある方は当倶楽部の呼びかけに応えていただきたいものです。

                 寄付をしていただいた方は当倶楽部の事務局までメールでご一報いただければ幸いです。(なんのお礼もできませんが・・・


                リヴィエラ倶楽部 佐々木智親(海殺しX 開発者)

                元記事:http://umigoroshi.seesaa.net/article/436979563.html

                海物語シリーズの攻略情報は 
                最強攻略法・海殺しXのホームページへ
                 

                 
                 

                 


                スーパー海物語INジャパンの動画

                0

                  人気急上昇コラムプレゼントパチンコ攻略法の誤った概念を正す!〜本物と偽物との違いを示す攻略ブログ

                   

                   YouTubeチャンネル海殺しXファンの皆様のためにに再生リスト、スーパー海物語INジャパン動画集(←クリック)を追加しました。最近は新機種を乱発気味のSANYOですが、スーパー海物語INジャパンは海物語神話の復活とパチンコ業界における覇権奪回に向けて、ただならぬ意気込みを感じさせる海物語シリーズの後継機に仕上がっています。
                   再生リストの筆頭に掲げたSANYO制作のプロモーションムービーは一見の価値があります。凝りすぎるあまり思わぬ失敗を招いた数年前のハイパー海物語INカリブを反省材料にして、不動の人気を誇るスーパー海物語IN沖縄シリーズと大海物語シリーズを機軸に人気の回復を狙ってきたSANYOですが、さすがにスーパー海物語IN沖縄シリーズも大海物語シリーズも出し尽くした感は否めません。「スーパー海物語」という名称を辛うじて残して親しみやすさを誘い、今までになかった日本各地の美景を盛り込むという発想はパチンコ機作りの天才、SANYOの豊かな才能を感じさせます。恐らくスーパー海物語INジャパンはスーパー海物語IN沖縄4への布石と思われます。

                   最強攻略法・海殺しXのユーザーの皆様、ならびにプロ、セミプロの方はこの動画を視聴してスタンバイしていて下さい。ちなみに、スーパー海物語INジャパンは12月に導入される見通しです。
                   
                  リヴィエラ倶楽部 佐々木智親(海殺しX 開発者) JUGEMテーマ:パチンコ

                  <海物語シリーズ共通攻略情報>
                                                                                       

                  海物語シリーズの攻略情報は 
                  Docomo123最強攻略法・海殺しXの公式HP

                   

                  スーパー海物語IN沖縄4の新攻略コラム(ウリンチャンス編)

                  0
                    JUGEMテーマ:パチンコ 追記・スーパー海物語IN沖縄3の撤去及びスーパー海物語IN沖縄4の導入に伴い、タイトルを変更しました。本記事で紹介するスーパー海物語IN沖縄3のコラムはそのままスーパー海物語IN沖縄4の攻略にも通用します。


                     リヴィエラ倶楽部・青い鳥の詩(うた)をアップデートして、久々に本格的な攻略コラムを発表しました。(下記リンク参照)

                      コラムの概要は以下の通りです。
                    ★ウリンチャンスで当たる台は好調といえるのか?
                    ★通常時に発生するウリンチャンスと確変中、時短中に発生するウリンチャンスの重大な違い
                    ★通常時にウリンチャンスが発生して、当たらなかった台の対処法


                     主にこの3点について詳説しています。これ以外にもスーパー海物語IN沖縄3を攻略する上で必須となるノウハウがぎっしりと詰まった長編コラムです。又、このコラムの中で軽く触れている台選びの方法(消去法)はスーパー海物語IN沖縄3に限らず、パチンコの大半の機種にそのまま通用するオールマイティーな理論です。ホルコン(ホールコンピュータ)の知識を持たれる方には、特にお勧めの情報です。

                     宜しくご愛読の程、お願い申し上げます。
                    リヴィエラ倶楽部 佐々木智親(海殺しX 開発者)

                    <当ブログ最人気コラム>

                    スーパー海物語IN沖縄4に勝つための攻略情報は 
                    Docomo123最強攻略法・海殺しXのホームページへ

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     


                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     


                    一発告知(海物語シリーズ)の秘密解明

                    0
                      一発告知 
                       海殺しX事務局便りき海物語シリーズ攻略のための「一発告知」学という新記事を発表しました。海物語シリーズの一発告知(パールフラッシュ、ハイビスカスフラッシュ等)には様々なパターンがありますが、素直に喜んでよいものとあまり歓迎できないものがあります。好調台で起こる一発告知には明らかに「あるパターン」が存在し、ハマリから抜け出せない台(当たってもその後、再びハマリに向かう台)にもお決まりのパターンが存在します。ロングの一発告知(確変確定)が来て、けたたましい音が鳴り響く中、喜びのあまりはしゃぎまくっている人をよく見かけますが、実はそういう一発告知に限って「巧みな罠」であることも少なくないのです。今後の攻略活動にお役立ていただきたくご一読を勧める次第です。海物語シリーズ各機種に共通する攻略情報です。

                       私はきスーパー海物語IN沖縄3 ウリンチャージ攻略を執筆している時、つくづくパチンコ攻略の奥深さというものを実感しました。パチンコという大きなカテゴリーの中に海物語シリーズがあり、海物語シリーズの中にスーパー海物語IN沖縄3があり、このスーパー海物語IN沖縄3という一機種を攻略するだけでも、山頂に至るための幾多のルートがあります。言語学の一分野に構造言語学があり、その中からノーム・チョムスキーの変形生成文法理論が生まれましたが、変形生成文法だけで言語学全体をマスターしたとは言えません。

                       パチンコも同じです。パチンコ攻略には学問のような小難しさはありませんが、学問と同じ奥深さがあります。優秀な学者は自説を論証する際に隣接分野の学問のノウハウなども駆使して、精度の高い論文を書きますが、私が発表する一連のコラムは最強攻略法・海殺しXを様々なアングルから論証するためのものにほかなりません。

                       今回は一発告知を読み解くヒントを皆さんに提供します。真剣に攻略に挑まれる方のニーズを満たすものであれば、このうえない悦びです。
                      リヴィエラ倶楽部 佐々木智親(海殺しX 開発者)

                       

                       

                      <注> 

                      海物語シリーズ攻略のための突確講座火(New!)  

                      本「ウルトラ速攻法」詳解

                      総合攻略ノウハウとしての海殺しX

                       

                      <沖縄4関連>

                      【徹底ガイド】スーパー海物語IN沖縄4の攻略〜好調台で勝つ!(前編)

                      【徹底ガイド】スーパー海物語IN沖縄4の攻略〜好調台で勝つ!(後編)

                       

                       

                      <購入者の声シリーズ>       

                      最強攻略法・海殺しX購入者の資産管理ノウハウ

                      若い女性から届いた泣けるメール moe

                      はてなT.K氏の不思議な攻略法

                      海殺しXで入院費を稼ぎ出した人

                      海殺しXで「人生の逆境」を凌ぐ人

                      にじ苦しみの中から立ち上がれ!〜苦戦中の購入者からのメール

                       

                      海物語シリーズのマニアックな攻略情報は

                      Docomo123・海殺しX公式HP

                       

                       


                      スーパー海物語IN沖縄4 ウリンチャージに関する攻略情報

                      0

                         

                        ウリンチャージ
                        スーパー海物語IN沖縄4の導入に伴い、タイトルを変更しました。
                        本記事は沖海3の時代に発表しました。
                        文中のリンク先の記事は
                        そのままスーパー海物語IN沖縄4の攻略に通用します。

                         前回は海物語シリーズの最新機種、大海物語BLACK(ブラック)の攻略情報を紹介したが、今回はスーパー海物語IN沖縄3の攻略情報をとりあげてみたい。「今頃、沖縄3?」と言われそうだが、全国のホールの設置台数を調べてみると、今でも海物語シリーズの中では、スーパー海物語IN沖縄3が主役のような気がしてならないのである。

                         蝉の一生のように、導入後1〜2週間で飽きられてしまう新台もあるというのに、海物語シリーズの底力は恐ろしい。鶴は千年、亀は万年と言われるが、亀の図柄が入っているから長命ということなのだろうか。冗談はさておき、2年前に出た機種がいまだに現役バリバリであるという事実に驚かされる。(追記:スーパー海物語IN沖縄4の導入条件として沖縄3は撤去された)

                         

                         最強攻略法・海殺しXの購入者からリヴィエラ倶楽部に寄せられる質問の中でも、スーパー海物語IN沖縄3絡みのものは一番多い。(追記:現在はスーパー海物語IN沖縄4の攻略に関する質問がそれに代わっている)その中でもウリンチャージに関する質問は特に多く、個々に返信すれば他の質問に回答する時間がなくなってしまうため、海殺しX事務局便り(※従来の事務局便りを廃してブログで再スタート)に小文をしたため、質問者各位にはそれを参照してほしい旨を伝えた。

                         題して、スーパー海物語IN沖縄3 ウリンチャージ攻略 ←クリック(※沖海4対応可

                        ★ウリンチャージがコンスタントに発生する台は良い台か悪い台か?
                        ★真珠貝が何度も開きそうになるのに開かないという現象は吉か凶か?
                        ★なんの前触れもなしに突然、ウリンチャージが発生した台の行方は?
                        ★ウリンチャージ中にピンクのイルカが出て当らなかった台は捨てるべきなのか?


                         これらの疑問に回答を示すと同時に、発生した現象ごとに、それ以降の打ち方に関するガイダンスを加えています。私にしては珍しく長文でなく、簡潔な記事ですので、是非、ご一読下さい。

                         

                        ウリンチャージ
                        ウリンチャージを沖海4攻略の道標に・・・

                        リヴィエラ倶楽部 佐々木智親

                        (海殺しX 開発者)

                        外部リンク:

                         

                        海物語シリーズ攻略のための突確講座火

                        海物語シリーズ攻略のための「一発告知」学

                         

                        プレゼントパチンコ攻略法の誤った概念を正す!〜本物と偽物との違いを示す攻略ブログ


                         

                        海物語シリーズのマニアックな各種情報は 
                        Docomo123最強攻略法・海殺しXのホームページ

                         

                        大海物語BLACK(ブラック)攻略コラム公開!

                        0

                            

                           リヴィエラ倶楽部のホームページを更新しました。回の新コンテンツは大海物語BLACK(ブラック)の攻略を題材とした前編と後編からなる長編コラム(下記リンク参照)です。

                           
                           長編ではありますが、当ブログとは異なり、スマホでも分割されませんのでスムーズにお読みいただけます。前編、後編ともに楽しい読み物に仕上げましたが、主として前編は海物語シリーズのメーカーであるSANYOの戦略に関する分析、後編はST中の連荘継続にかかわる攻略ノウハウとなっております。お時間に余裕のない方は後編よりお読み下さい。

                           大海物語BLACK(ブラック)の攻略にご興味のある方はどうぞお見逃しなく。ちなみに、この攻略ノウハウは大海物語BLACK(ブラック)のマックス、ライトを問わず、ご利用可能です。

                          リヴィエラ倶楽部 佐々木智親(海殺しX 開発者) JUGEMテーマ:パチンコ
                                                                                     
                          <最新攻略情報>
                                                                                      
                          <沖縄4関連>

                          <推奨>


                          大海物語BLACK(ブラック)、海物語シリーズの徹底攻略は 

                          Docomo123最強攻略法・海殺しXのホームページへ

                           
                           
                                                                                                       

                          海殺しXを詐欺呼ばわりする詐欺業者

                          0
                             捏造情報ふたたび

                             リヴィエラ倶楽部の最強攻略法・海殺しXを詐欺と決めつけるような卑劣な方法で当倶楽部の名誉を著しく傷つけている探偵事務所の存在が明るみに出た後、私は別のブログで徹底的に反論した。(下記参照)


                             最初はこの探偵事務所なる団体の意図が読み取れず、身に降る火の粉を振り払うことしかできなかったが、最近は彼らの真意が見えてきた。最近、似たような手口の姑息な商法を見つけたからである。

                            今度は興信所

                             つい先日、またしてもリヴィエラ倶楽部の評判を貶めかねないウェブサイトが出現したことを私は最強攻略法・海殺しXを購入して下さった顧客からの通報によって知るに至った。なんと探偵事務所の次は興信所である。武士の情けで今回もその団体の実名を出さずにおくが、私はなんともやるせない気持ちになった。虚偽の情報を記載することに対しての憤りというよりも、彼らが行っている罪深い行為に対して、憤慨がおさまらぬのである。

                             このサイトは興信所が開設する「相談センター」という形でフリーダイヤルを設け、詐欺被害の救済をうたっているが、実情は被害の拡大をもたらしているようである。

                            検索にかけると・・・

                             私はその相談センターのことを知らなかったので不審に思い、ネット上の情報を模索すべく、検索にかけてみた。すると、彼らの悪事の数々が山ほど出てきた。ある組織への嫌がらせを目的に行う事実無根の中傷であれば、信憑性に乏しい怪しい記事が一つや二つ出てくる程度であるが、この相談センターの被害者と思われる人から寄せられた情報は次から次へと出てくる。一人や二人の人物が恨みつらみから捏造記事を乱発しているとは思えない。しかも、この相談センターの被害者の会まで存在するという呆れた話である。

                             数々の情報を統合すればこうなる。彼らは詐欺被害にあった人たちに対し、「騙し取られたお金を必ず取り戻してみせる」と豪語して着手金を振り込ませるが、その後、問題の解決には決して至らない。結局、彼らを信じてお金を払った人たちは泣き寝入りをするしかないようである。

                             本来、この仕事はこのような領域の紛争解決を専門とする弁護士の業務範囲のはずである。弁護士は訴訟を起こして勝つノウハウを心得ているため、詐欺業者も怯む。一時期、世間を騒がせたパチンコ偽攻略法を販売していた業者は弁護士らの活躍により、次第に姿を消していった。今やパチンコ雑誌でも明らかに偽物とかわる攻略法の広告はほとんど見かけない。(※以前はパチンコ雑誌の広告は胡散臭い攻略法で埋め尽くされていた)

                             全ての業者を詐欺呼ばわり

                             その相談センターのウェブサイトには、「投資・出資」、「競馬・競艇」、「パチ・スロ」、「ロト」、「副業・在宅」、「出会い・交際クラブ」、「架空請求」、「占い・その他」というようにジャンル分けして、それぞれをクリックすると無数の企業名、団体名、商品名が出てくる仕組みになっている。当たり前のことであるが、リヴィエラ倶楽部に限らず、そこに記載されている全ての業者が詐欺を働いているわけではない。商品を善し悪しは別として、詐欺でない方が遥かに多いといえるだろう。

                             前述の探偵事務所は「全ての業者が詐欺を行っているわけではない」という旨の但し書きを小さな文字で添え、巧みに言い逃れの道を作ってはいるが、この相談センターにはそれすらない。そのサイトにリストアップされた無数の業者の何割が詐欺商法を行っているのかは見当もつかないが、そもそも調べもせずに他団体の名を列記して、あたかも全てが詐欺業者であるかのような決めつけを行う人たちにまともな神経があるとは到底思えない。

                             こういう信用の置けない組織に藁をもすがる思いで相談に行く人々は、申し訳ないが、相当頭が弱い。頭が弱いので詐欺被害に遭い、頭が弱いので再び騙される。頭の弱い人たちを餌食にする正義の仮面を被った救済者に私は言い知れぬ憤りを感じている。

                            狡猾な手口

                             賢明な方々であれば、彼らの狙いが見えてくるはずである。今までに度々あった同業者からの嫌がらせは競争相手である私たちの評判を落とし、自分たちの攻略法に誘導することにその狙いがあったが、相談センターも探偵事務所も私たちに敵意はない。彼らは無作法を承知の上で調査も行わずに詐欺が発生しやすいと思われる分野の商品を隈なく列挙している。その理由を考えてみるとよい。

                             かつてパチンコ攻略法業界は詐欺の温床であった。ありもしないセット打法がいかにも存在するかのような幻想を人々に抱かせ、悪徳業者は一見もっともらしいが、実際には全く通用しない「手順」を考え出して、その紙切れ一枚を法外の値段で売っていた。当然、怒った購買者が抗議をすることになるが、「対策が入った」と意味不明の言い訳をしたり、凄腕の悪徳業者に至っては「対策後にも通用する別の攻略法がある」などと嘯いて、それを売りつけ、カモからさらにお金を騙し取ったりしていた。

                             騙された人たちの大半は泣き寝入りをするしかないだろうが、自分の他にも被害者がいるのではないかとふと思い、自分が購入した攻略法の商品名に「詐欺」という検索語を加えてインターネット検索にかけることもあるだろう。すると、高確率で被害者救済団体(?)がヒットするという仕掛けである。これこそが彼らの真の狙いと見て間違いない。このようにしてお客さん(カモ)を獲得するのであろう。

                             連日のようにネット上で見つけた攻略法や販売業者名をウェブサイトに記載している彼らは検索ですぐに自分たちのサイトが発見されることを目論んでいる。調査もせずに(実際に詐欺を行っているかどうかは彼らにとってどうでもよい)、詐欺が発生しやすい分野の商品群を検索対策のためにリストアップしているわけである。

                             正々堂々と勝負せよ

                             ところで、私たちは詐欺撲滅を提唱する彼らの「表向きの理念」には大いに共鳴している。しかし、彼らにはこのように申し上げたい。頭の弱い人たちを標的にしてお金を騙し取る卑怯な犯罪は即刻やめよ。正義のふりをするのではなく本当に正義の人となれ、と。

                             この相談センターのウェブサイトにはうっとりとするような美しいフレーズの数々が並んでいる。「声なき声に声を」、「愛なき時代に愛を」、「詐欺の無い、新しい時代を」・・・・・・実に見事な文才である。

                             本気でそう願っているのであれば、なんの調査もせずに何千もの業者を詐欺と決めつける悪事から足を洗い、「パチンコ攻略法詐欺は当社にご相談下さい」というような普遍的な表現で詐欺被害者にアプローチをかけるべきである。この程度の文言が入っているだけでも「詐欺」、「パチンコ攻略法」等の検索語から検索エンジンでは上位に表示されるはずである。

                            平和を求める祈り

                             最後に、この相談センターが編み出した美文を上回るものとして、中世の聖人、アシジの聖フランシスコが後世に残した「平和を求める祈り」の邦訳を紹介する。

                            神よ わたしをあなたの平和の道具にしてください
                            憎しみのあるところに愛を
                            いさかいのあるところに赦しを
                            分裂のあるところに一致を
                            疑惑のあるところに信仰を
                            誤りのあるところに真理を
                            絶望のあるところに希望を
                            闇に光を
                            悲しみのあるところに喜びをもたらす者としてください
                            慰められることよりも慰めることを
                            理解されるよりも理解することを
                            愛されることよりも愛することを 
                            わたしが求めますように
                            わたしたちは自分を捨ててはじめて自分を見出し
                            与えるが故に受け
                            赦すが故に赦され
                            死によってのみ永遠の生命(いのち)に甦るわけですから

                             これほどまでに崇高な精神で「詐欺のあるところに救済を」を叫ぶのであれば見上げたものである。

                            リヴィエラ倶楽部 佐々木智親(海殺しX 開発者)

                            海物語シリーズのマニアックな各種情報は 

                            最強攻略法・海殺しXのホームページへ


                             


                             


                            【パチンコ攻略】リーチ信頼度の科学(好調台の打ち方)

                            0


                               リヴィエラ倶楽部によるパチンコ攻略ワンポイント講座も回を重ねるごとに、反響が大きくなってきた。当倶楽部の事務局には、連日のように感想のメールなどが多数押し寄せるようになった。特に最近、発表した二つのの攻略記事、【ST攻略】CR燃える闘魂アントニオ猪木〜格闘技世界一決定戦【攻略指南】CR真・花の慶次の評判がすこぶる良く、いただくメールの約半数がこの2機種に関するものである。期せずして、当倶楽部が海物語シリーズしか知らないパチプロ集団ではないことを証明する結果となり、嬉しい反面、当ブログの記事もバラエティーに富ます必要が生じたことを痛感している。

                               このような事情を鑑みて、今回は全機種に共通する攻略ポイントの一つ、信頼度(期待度)の高いリーチについて解説することにする。


                              大当たり確率の低い機種を打つ時の心得〜その1


                               信頼度の高いスーパーリーチを外すと誰もがショックを受けるものだが、スペックの辛い機種(大当たり確率が低目に設定されている機種・・・CR真・花の慶次、CR燃える闘魂アントニオ猪木〜格闘技世界一決定戦などはまさにこのタイプ)は信頼度の高いスーパーリーチ(当たりが期待できるスーパーリーチ)が1〜2回外れた後、「決め手」となる信頼度の高いリーチが来て当たることも珍しくない。好調台(優秀台)は初回の信頼度の高いスーパーリーチ当たることも頻繁にある。

                               

                               つまり、スペックの辛い機種においては、当たる可能性が限りなくゼロに等しい信頼度の低いスーパーリーチは飾りにすぎず、当たりが期待できる信頼度の高いスーパーリーチがまともなスーパーリーチなのである。

                               
                              したがって、信頼度の高いスーパーリーチが一回くらい外れたくらいで気持ちがへこむ人にはスペックの辛い機種の攻略はおよそ不可能である。では、信頼度の高いスーパーリーチが外れた後にどのような対処をすべきであろうか。わかりやすく説明するために、少し寄り道をする。その後に具体的な解説を加えるので多少の長文になるが最後までお読みいただきたい。

                               

                              海物語シリーズの特殊モード


                               海物語シリーズはどのリーチでも当たりが期待できるゲーム性に特徴がある。時には魚群を伴わないスーパーリーチでも当たることもあるし、ノーマルリーチでの当たりも珍しくない。海物語シリーズ各機種には、裏モードというものが存在し、裏モードはその台の傾向(当たり方、当たる頻度、通常プレー中の展開等)を記したアガスティアの葉のようなものである。裏モードは打ち手にはわからないが、内部プログラムによって、ランダムに切り替わる仕組みになっている。最強攻略法・海殺しXの攻略情報に触れるため、詳しい解説はできないが、最強攻略法・海殺しXのユーザーの皆さんはプレー中に「この台は今、○○モードに入っているな」と大体の察しはつくはずである。(ちなみに、海物語シリーズの裏モードで満足のいく勝利が期待できるのは三つしかなく、爆発が狙えるのは二つしかない
                               

                               裏モードというネーミングは便宜上、我々が名付けた非公式の呼称にすぎないが、これは確実に存在する。かなりの種類があるが、その中の一つのモード(便宜上、ここでは「特殊モード」と呼ぶことにする)がノーマルリーチでの当たりを頻発させる。このモードはさらに二つに分かれており、天国コースと地獄コースとがある。前者の場合は爆発することが多く、確変中にあまり魚群は出ない。(魚群は出ても、それはレッツマンボーからの魚群であったり、魚群が出た後に一発告知を伴うケースが多い。通常の魚群だけのスーパーリーチはあまり出ない)後者の場合は初当たりが単発になりやすく、運良く確変で当たっても連荘が長続きせず期待外れの結果しか残さない。やめ時を誤れば、全箱飲まれてしまうことが多い。全箱使わないうちに次の初当たりが来ても、これが最後の花道であり、そこから大ハマリに転落するケースがほとんどである)

                               一方、特殊モードに入り、かつ天国コースの場合は確変中、時短中、通常プレー中を問わず、ウリンチャンス、ポイポイチャンス、ノーマルリーチからの走りなど、イレギュラー系の当たりが頻出し、確変中には何度も単発当たりと見せかけて、大当たりラウンド中に確変昇格になりやすい。いったん時短に入ってから確変を引き戻し、連荘数を伸ばすことも珍しくない。突確が多発するのもこの特殊モードの特徴である。


                              海物語シリーズの一般的な傾向

                               

                               しかし、このような展開となるのは一部の好調台に限られており、特殊モード以外に入っている台の当たり方は至って単純である。それはホルコン(ホールコンピュータ)によって「当たり番」(※次に当たる台)に選ばれた台に生じる現象を読み解くことが極めて易しいという意味である。前述の特殊モードでは、通常プレー時にスーパーリーチがあまり出ず、突然、ノーマルリーチ、ノーマルリーチからの走り、一発告知での当たり、突確、その他諸々のイレギュラー系リーチで当たることもしばしばあるが、一般的には(他の裏モードでは)、スーパーリーチが何度か来た後に決め手となる信頼度の高いリーチが来て当たるのである。海物語シリーズの場合、信頼度の高いスーパーリーチは魚群とワリン絡みのリーチしかない。(一発告知やプレミア当たりはリーチの段階で当たりが確定しているので信頼度が高いという表現は相応しくない)

                               コンスタントにスーパーリーチが出て、3〜5回目に信頼度の高いスーパーリーチ(当たる台であればそれが決め手となる)が来て当たる。これが通常の海物語シリーズの基本的なパターンである。決め手となるはずの信頼度の高いスーパーリーチをあっさり外してしまう台はしばらくはハマリの傾向にある。

                               

                               当たる台は約50回転以内に2〜4回のスーパーリーチが来るが、異なる種類のスーパーリーチが出るほど有望である。同じスーパーリーチ(特にマリン)が何度も出る台は決め手となる信頼度の高いリーチが来ても外れることが多い。又、当たる台は当たる前に「最終発展形」のスーパーリーチが出ていることが多い。「最終発展形」というのはクラゲや5人目の娘を意味する。クラゲが全く出ない、あるいは、5人目の娘が全く出ない台が早期に当たることは稀である。もし当たれば、その台は前述した特殊モードにおける天国コースか地獄コースかのいずれかである。

                               

                              パチンコはどの機種も同じようなもの


                               海物語シリーズの一般的な当たり方は、CR真・花の慶次、CR燃える闘魂アントニオ猪木〜格闘技世界一決定戦のような爆発機種にも適用可能である。スペックの辛い機種の信頼度の低いスーパーリーチはまともなスーパーリーチではないので、台の調子を見極めるための判断材料でしかない。海物語シリーズのスーパーリーチ(どれも当たる可能性あり)に相当するのがスペックの辛い機種における信頼度の高いリーチなのである。したがって、スペックの辛い機種で信頼度の高いリーチが何度か外れることは決して珍しいことではなく、それらの信頼度の高いリーチを普通のスーパーリーチと同じように解釈すればよい。

                               

                               素人は機種が違えば攻略法も異なるはずと単純に考えるが、そもそもパチンコというものは、台のデザインや演出の違いを除いて、根本的にはどれも同じようなものである。当倶楽部に「お宅の攻略法は海物語の新機種にも通用しますか?」という問い合わせが頻繁に寄せられるが、いちいち返信するだけで疲れてしまう。又、我々が開発した攻略法は厳密に言えば、攻略法というよりも「総合攻略ノウハウ」である。海物語シリーズに特に相性が良く機種は問わない。(根幹となる内部プログラムに違いがないため)

                               たとえば、CRまわるんパチンコ大海物語3の次にCR大海物語3スペシャルがリリースされたが、スペックに若干の変更(出玉数、確変割合等)が加わっただけであり、中身はほとんど変わっていない。それなのに素人は「大海物語3スペシャルになってからよく当たるようになった」とか「昔のハイパー海物語INカリブは最悪だった」というような非論理的なことばかり言うので困る。


                              大当たり確率の低い機種を打つ時の心得〜その2


                               ここで再びスペックの辛い機種の話題に戻す。何度も繰り返し言うが、スペックの辛い機種においては、信頼度の高いスーパーリーチだけがまとものスーパーリーチである。それ以外の信頼度の低いスーパーリーチは信頼度が低いどころではなく、当たるわけがないのである。では、そのような信頼度の低いスーパーリーチを完全に無視してよいのかといえば、それも誤った考え方である。スペックの辛い機種の信頼度の低いスーパーリーチは道標の役割を果たすからである。

                               好調台は定期的にスーパーリーチが来て、打つ人を飽きさせない。何度もスーパーリーチが来るのでやめようと思っても、後ろ髪を引かれ、ついつい粘ってしまう。そのうちに胸がドキドキするようなスーパーリーチ(信頼度高)が来るようになる。それが外れた後も、リーチが多発したり、スーパーリーチのラッシュがやまず、「この状態は普通ではない。いつもこんな状況の時に当たるのだ」と思いながら、「もう少しだけ打とう」と気合を入れると、すぐには当たらなくても、忍耐力がプツンと切れる寸前にめでたく当たるのがスペックの辛い機種の好調台が見せる一般的なパターンである。(ハマリ台はこのような展開が延々と続く。特に強いグループのハマリ台=遠い将来の爆発候補台は何度も何度も信頼度の高いスーパーリーチを外す

                               スペックの甘い機種の好調台は呆気なく当たることが多いが、ホルコンもスペックに順応した動きを見せるため、スペックの辛い機種は好調台でも多少の忍耐を強いられることが多い。これは当たる時の回転数にも反映されるスペックの辛い機種の好調台は、時短終了直後に当たることもないわけではないが、300回転を過ぎてから復活の当たりが来ることも珍しくない。(最も多いのは200回転前後だが・・・)

                               スペックが甘い機種の好調台の場合、復活の当たりはどんなに遅くても300回転以内には来る傾向がある。(逆に300回転を過ぎればハマらずに当たる可能性は急落する)

                               スペックの辛い機種の好調台が時短終了直後に捨てられている時、復活の当たりの有無を見極めるポイントは主に二つある。

                              (1)450回転以内に当たらなければ、すでにサイクル落ちしている可能性が高いため、深追いは避ける。

                              (2)信頼度の高いスーパーリーチが3回出て当たらなければ、もはや好調サイクルを維持しているとは言い難い。


                               逆の言い方をすれば、スペックの辛い機種の好調台とおぼしき台に信頼度が高いスーパーリーチが二回来て外れても、回転数が浅ければ、まだ一縷の望みを見出すことができる。たとえば、100回転代に最初の信頼度の高いスーパーリーチが来て、200回転代に二回目の信頼度の高いスーパーリーチが来たとする。その台にその他のスーパーリーチ(信頼度低)がほとんど出ていなければ、高確率でハマリに向かうが、信頼度の低いスーパーリーチがコンスタントに出ている場合は、300回転代で三回目の信頼度の高いスーパーリーチが来て無事に当たることが多いのである。(このような知識のない人のお陰でプロは当たる台を拾ってほくそ笑む)


                              海物語シリーズの好調台

                               

                               一方、海物語シリーズのスペックはCR真・花の慶次やCR燃える闘魂アントニオ猪木〜格闘技世界一決定戦ほど辛くはない。したがって、スペックが辛い機種よりは早期に諦めるか粘るかの判断ができる。(2015.7.1追記:本稿執筆の時点では大海物語BLACK=マックスタイプはスペック辛=のリリースは発表前)

                               たとえば、大海物語3スペシャル(大当たり確率348.6分の1)の好調台とおぼしき台が時短終了後に捨てられていたとする。このような台を拾って勝てるかどうかの判断も試し打ちをすれば大体見当がつく。粘るかどうかの意思決定はスーパーリーチの推移を見て決めればよい。以下に攻略に必要な思考回路の一端を示す。

                               大抵の場合、「ホルコンがグループから逃げた」というのが好調台の連荘が止まる原因である。(冴えない台の連荘ストップはグループ内の好調台に当たりをもっていかれた結果であることが多い。好調台は確変が4連荘、5連荘と続いているうちに、一時的にグループ内の他の台に当たり番をもっていかれることはあっても、その台が当たってからさらに連荘が伸びる傾向にある)

                               上記のケースでは、時短終了直後に捨てられている好調台とおぼしき台にサイクル変換(※最強攻略法・海殺しXのテキストに記載)さえ起きていなければ、ホルコンがグループに戻ってきた時にその台が優先的に当たり番に選ばれやすい。(それ以前にグループの中でその台だけが何度も初当たりをもらっている場合はグループ内の1〜2台が当たらなければ復活が難しいことが多いが・・・)

                               特にハマリから多連荘(4連以上)した台は、最強攻略法・海殺しXのオプショナル商品、「カシオペア攻略術」に含まれる「危険領域」で連荘が止まっていない限り、ホルコンがグループに入りさえすれば、高確率で次の当たり番もその台に入る。このような台を拾って、適度に休みを入れながら打ち、(休む理由:1.ホルコンは空き台を好む。2.回しすぎによるサイクル転落を防ぐ)スーパーリーチの推移を見て、攻略するのが最も手堅く、最も楽な勝ち方といえる。以下、より具体的にまとめてみる。

                              (1)好調台とおぼしき台が時短終了直後に捨てられていて(直後でなくても150回転未満であればよしとする)、試し打ちをしたところ、一向にスーパーリーチが来ないうちに200回転を超えてしまった場合、ハマリを通さずに復活の当たりが実現することは難しい。(前述の特殊モードを除く)

                              (2)豊富な種類のスーパーリーチが2〜4回来て、そのうちの幾つかが「最終発展形」であれば、近いうちに決め手となる信頼度の高いスーパーリーチが来やすい。(それで当たらなければ、高確率でハマる)

                              (3)スペックの辛い機種ほどではないが、信頼度の高いスーパーリーチが短いスパンで2回出ることもある。したがって、初回の信頼度の高いリーチを外した後も、念のために10回転は回してから台を捨てる。

                              スペックにかかわらず各機種共通の注意点

                               

                               好調台といえども、グループ内の他の台が当たり番に選ばれている状態では、どんなに強力な信頼度の高いリーチが来ても当たりには至らない。好調台に限っていえば、当たり番の台が当たった直後に「待ってました!」とばかりに信頼度の高いリーチが再び発生してそれで当たるケースが目立つ。したがって、今までのスーパーリーチの推移が良好であった台は好調台である可能性が高いため、たとえグループ内の台が当たっても気落ちせず、その台の大当たりラウンドが終わるまでの間は打ち続ける必要がある。このタイミングで当たることも珍しくはないからである。

                               

                               それでも当たらなければ、その台に執着せず、潔く台を捨てても構わないが、自分の台を飛ばして当たった台が今までに出すぎるほど出ていて、この当たりが引退の花道であると思われる時は捨てない方がよい。何故ならば、しばらく台を休めて、その台の連荘中にウルトラ速攻法(多機種にも応用可)で強引に割り込み当たりをして、その爆発台の息の根を止めることも可能だからである。

                               今後の攻略記事にもご期待を乞う次第である。

                              JUGEMテーマ:パチンコ

                              リヴィエラ倶楽部 佐々木智親

                              <注> 

                              海物語シリーズ攻略のための突確講座火

                              本「ウルトラ速攻法」詳解

                              パチンコ攻略情報アラカルトフォーク

                              総合攻略ノウハウとしての海殺しX

                               

                              <沖海4関連>

                              【徹底ガイド】スーパー海物語IN沖縄4の攻略〜好調台で勝つ!(前編)

                              【徹底ガイド】スーパー海物語IN沖縄4の攻略〜好調台で勝つ!(後編

                              【沖縄4攻略】海物語シリーズ 確変ダブルリーチ(1×9)の秘密

                              スーパー海物語IN沖縄4 チャンス目の秘密

                               

                              <購入者の声シリーズ>       

                              最強攻略法・海殺しX購入者の資産管理ノウハウ

                              若い女性から届いた泣けるメールmoe

                              はてなT.K氏の不思議な攻略法

                              海殺しXで入院費を稼ぎ出した人

                              海殺しXで「人生の逆境」を凌ぐ人

                              にじ苦しみの中から立ち上がれ!〜苦戦中の購入者からのメール

                               


                              パチンコ攻略の秘密をもっと知りたい方は

                              Docomo123最強攻略法・海殺しXの公式HP
                               

                               

                              【パチンコ動画】海物語シリーズ動画コレクション(無料攻略情報付き)

                              0

                                JUGEMテーマ:パチンコ

                                 スーパー海物語IN沖縄4、スーパー海物語INジャパン、大海物語BLACK(ブラック)をはじめとする海物語シリーズ各機種のパチンコ動画集です。どの動画も無料でご視聴になれます.


                                パチンコ動画コレクションサイト  (←海物語ファン集まれ!)

                                 各動画の制作者には感謝の意を表します。上記サイトにアクセスしますと、チャンネル未登録者には最強攻略法・海殺しXのPV(動画)が自動再生されます。海物語各機種の動画は再生リストに収録しております。パチンコ新台情報、プレミアム演出などを最新動画にてご確認下さい。今後も新台中心に最新動画を増やします。皆様のパチンコ攻略の寄与することになれば幸いです。【対象機種:スーパー海物語IN沖縄4、スーパー海物語INジャパン、スーパー海物語M55X3、海物語3R、大海物語BLACK(ブラック)、大海物語3スペシャル、まわるんパチンコ大海物語3ほか】なお、パチンコの攻略テクニックにもご興味のある方々には下のリンク欄にリストアップした一連の攻略コラムを推奨致します。中でも「パチンコ攻略リーチ信頼度の科学(好調台の打ち方)」と「連続リーチが意味するもの」は海物語シリーズのみならずパチンコ全機種に共通する攻略情報です。セット打法に惑わされ、パチンコに攻略法は存在しないという「謬説」を吹き込まれている方はプレゼントマークプレゼント付きのコラムをお読み下さい。

                                パチンコ・ルネッサンスの仕掛人 
                                リヴィエラ倶楽部 佐々木智親(海殺しX開発者)

                                <人気コラム>

                                <沖縄4関連>
                                スーパー海物語IN沖縄 ウリンチャージ攻略                                           
                                <海物語シリーズ全機種共通>
                                      

                                <会員対象>

                                 

                                「ウルトラ速攻法」詳解

                                最強攻略法・海殺しX購入者の資産管理ノウハウ

                                 


                                パチンコ攻略の秘密をもっと知りたい方は 
                                Docomo123最強攻略法海殺しXのホームページへ
                                 

                                 
                                パチンコ新台設置店検索(←新台情報はこちらで)

                                【ST攻略】CR燃える闘魂アントニオ猪木〜格闘技世界一決定戦 

                                0
                                   爆発に賭ける!
                                   
                                   前回記事、【攻略指南】CR真・花の慶次が思いもよらぬ大反響を呼んだことに驚いている。やはり、一撃で10連荘、20連荘が期待できる爆発スペックがパチンコファンの射幸心を煽るのであろう。プロ的な知識を一切持たず、山勘だけを頼りに狙い目の台を選び、デタラメな打ち方をしている一般のパチンコファンは偶然、大勝ちすることはあっても、最終的にはパチンコで痛い目に遭う。そういう人たちが一発逆転を狙って、一日十万円以上の稼ぎも夢ではない真・花の慶次を打つのであろうが、真・花の慶次と並んで博打好きな人に絶大な支持を集める機種が今回、攻略情報の一端を公開するCR燃える闘魂アントニオ猪木〜格闘技世界一決定戦である。
                                   
                                   CR燃える闘魂アントニオ猪木〜格闘技世界一決定戦の好調台(優秀台)の爆発力は凄まじいものがあり、連荘継続の期待度では、真・花の慶次よりも少しだけ劣るが、ST中に4ラウンド当たりが約30パーセントの割合で発生する真・花の慶次とは異なり、CR燃える闘魂アントニオ猪木〜格闘技世界一決定戦はST中の当たりの全てに約1920個のビッグな出玉が約束されている。しかし、狙い目台を誤れば、とんでもない惨事を引き起こすのでご注意されたい。
                                   
                                  無謀な打ち方
                                   
                                   プロのパチンコ攻略技術というものは素人の想像を遥かに超えるほど細かいものである。その全てを語れば紙数が尽きてしまう。今回はST(回数制限付き確変)中の打ち方に的を絞って解説したい。
                                   
                                   ST中の打ち方は極めて重要であるCR燃える闘魂アントニオ猪木〜格闘技世界一決定戦のような爆発力に富んだ機種はちょっとしたテクニックを駆使するのとしないのとでは、爆発台の場合、一日の収支が最大で5万円ほど違ってくる。ホールの客を観察していると、大半の人がSTに入ってから何も考えずにひたすら打ちまくっている。運良く大連荘する人はよいが、ちょっとした工夫でまだまだ連荘が伸ばせるにもかかわらず、自らの手で台の寿命を縮めている自殺行為に等しい打ち方をしている人が目立つ。

                                  ST機の長短
                                   
                                   ここでST機の長所と短所について考えてみよう。ST機というものは、ST中に当たりさえすれば次も必ず確変になる。それゆえ、限度を超えた爆発が頻繁に起こるわけだが、ST中に当たらなければ、単発当たり同然であり、これほど空しいものはない。次の初当たりまでどれほど待つことになるかわからぬ上、次の初当たりが確変で来るという保証もない。ハマリに入った時は真・花の慶次並みの泥沼が待っている。
                                   
                                  好調台で勝つ
                                   
                                   それだけにST中に可能な限り連荘数を伸ばすことが勝利への近道となる。好調台は当たりの大半が確変であり、しかも、好調台は多連荘が基本である大規模な連荘を2回、3回と1台で実現することも好調台では十分に可能である。大ハマリから抜け出し7連荘前後した台(明らかに好調台に変身している)をST終了直後に「もう出ないだろう」と思って平然と手放す人をよく見かけるが、大抵の場合、ホルコン(ホールコンピュータ)が自分のグループ(ユニット)から抜けているだけである。ホルコンが再び戻ってきた時は好調台が優先的に「当たり番」(次に当たる台)に選ばれる性質を知ってさえいれば、そのような好調台を即座に拾い、多少、寝かせてから打つだけで再び多連荘させることも十分に可能である。こんな単純な攻略法は多少、パチンコ経験が豊富な人ならば誰もが知っているが、今回、解説するST攻略と併用すればさらなる稼ぎが期待できる。(註・ハマリから多連荘した台=好調サイクルに変換した台を拾うのが安全策である。すでに何度も当たっている台の場合、それまでは好調サイクルでも、そこからハマリに転落する危険を伴うため)
                                   
                                  好調台識別の一例
                                   
                                   特にCR燃える闘魂アントニオ猪木〜格闘技世界一決定戦で当たった直後、長州力との対戦で長州の代わりにお笑い芸人の長州小力(プレミア)が出てくる台は少なくともその時点において好調サイクルに突入している。このような台は巧みに打ちさえすれば相当な稼ぎが期待できるのだが、デタラメ打ちをするために、小遣い稼ぎのレベルで終わってしまう人をよく見かける。(註・好調サイクル中の台であっても最強攻略法・海殺しXのテキストに記載されているサイクル変換が起こりうる回転数及び大当たり回数に達した時にサイクルが変換され、冴えない台やハマリ台に転落することもあるので要注意)

                                   
                                  長州小力が出た台が不覚にも5〜6連荘で終わってしまい、ST直後に捨てられている場合、
                                  サイクル変換さえ起きていなければ、ホルコンがグループに戻った時にその台が多連荘もしくは大連荘する可能性が極めて高い。このような台は絶好の狙い目となる。

                                   
                                  爆発台の寿命
                                   
                                   ST機に限らず、パチンコというものは、好調台でも初当たりの3回目か4回目あたりで急に勢いが衰える習性を持つ。時々、今までに気味が悪いほどトントン拍子に数珠連をしてきた好調台を狙い目の台にする素人を見かけるが、どんな優秀な台でも、さすがに3回目、4回目の初当たりが来れば、グループ内の他の台が何台も当たらぬ限り、4回目、5回目の初当たりはほとんど期待できない。唯一の例外は、絶好調の台が3回目、4回目の初当たりから連荘を続けている最中にグループ内の他の台が何台も割り込み当たりをしてくる状況である。本来であれば、絶好調の台の最後の連荘が終わってから少し時間を置いて発生するはずのグループ内の台の当たりがホルコンの大バーゲンによって早めに発生したため、「他の台の顔も立てた」という理由で再び絶好調の台に初当たりが入る仕掛けである。こういうことは滅多には起こらない。

                                   どんな好調台も何度目かの初当たりが終わった後に深いハマリに向かってゆく。馬鹿な人ほど「ハマリ台は爆発する」と信じて、このような不調サイクルに入った台を狙い目に定める傾向があるが、待てど暮らせど当たらない。信頼度の高い強力なスーパーリーチが何度も出るのに一向に当たらず、ふと気づくと財布から万札が何枚も消えている。
                                  CR燃える闘魂アントニオ猪木〜格闘技世界一決定戦は真・花の慶次と同じく爆発力に富む反面、非常に危険な機種であることを心得ておきたい。信頼度の高い特定のスーパーリーチしか当たりが見込めないし、ハマリ台は信頼度の高い特定のスーパーリーチですらことごとく外す。
                                   
                                  爆発台はボス猿
                                   
                                   パチンコの仕組みを理解されている方々には説明するまでもないことであるが、元爆発台がハマリに転じると、ほどなくして、ホルコンによって同じグループに入れられた他の台が高確率で爆発する。今まではその爆発台の生贄となり、爆発台に貢いでいた台が急に威張り出す。
                                   
                                   この図式は猿の社会と似ている。ライバルとの決闘、あるいは、部下の猿との下克上の決闘に敗れてしまった元ボス猿は、もはやどの猿からも見下され、集団の最後尾を歩く哀れな存在となる。元爆発台がボスの座に返り咲くのは、一般人の忍耐を遥かに超える長時間が経過した後である。転落した時間帯によっては、その日の営業時間内での復活が見込めない時もある。

                                   
                                   通常、爆発台は約3時間にわたって、グループを支配する。3時間以上が過ぎた後に新爆発台がボスの座から転落して元爆発台がボズの座にカムバックすることもあるが、一般的なホールではホルコンで4〜5台を一つのグループにまとめることが多いので、違う台がボスの座に君臨すれば、元爆発台といえども現在の「死に台」はさらに3時間は苦しむことになる。このようにして、1500回転、2000回転の大ハマリ台が誕生するわけである。(通常、爆発台を輩出するグループは1〜2台がとことん当たらない死に台となっているケースが多い)
                                   
                                  台を捨てるタイミング
                                   
                                   ここまで知れば、パチンコ攻略の心構えは言わずもがなである。一つの爆発台で稼ぐだけ稼いでからその台を捨てればよい。初当たりの回数が3回、4回を迎えたあたりでどんな爆発台もピンチに直面する。運よく、同じグループから単発当たり、確変2〜3連荘のようなくだらない当たり(ハマリの前兆)が発生すれば、奇跡的に5回目、6回目の初当たりが来ることもあるが、今まで出しすぎていた台の5回目、6回目の初当たりは長続きせず、良くてもせいぜい数連荘で終わってしまう傾向にある。ましてや単発当たりを出せば、そこで息の根を止められてしまうことにもなりかねない。
                                   
                                   いずれにせよ、ハマリを通さない5回目、6回目の初当たりは出がらしのお茶のようなものである。「出がらし当たり」の出玉まで獲得してやめるのがベストではあるが、4回目以降の初当たりがハマらずに来るという保証はないので、一つの目安として、回目の初当たり(極端な大爆発をした場合は1回目もしくは2回目の初当たり)が終わった後は、潔くその台を捨てる勇気がほしい。その際は最強攻略法・海殺しXの「体力値理論」が台を捨てるべきかどうかの判断を助けてくれる。
                                   
                                   パチンコ攻略の基本とプロの発想
                                   
                                   ここで初歩的な事柄について復習してみたい。パチンコ攻略の基本は一回の初当たりで如何に連荘させるかの一言に尽きる。たとえば、8連+1連+7連というような数珠連があったとしよう。2回目の初当たり(単発)、3回目の初当たり(7連)もハマリを経ずに時短終了後(もしくはST終了後)、ひと箱も使い切らないうちに来たとする。爆発台にはよくあるパターンである。
                                   
                                   この台はすでに3回の初当たりがトントン拍子で来たが、4回目の初当たりも早い段階で来るかどうかは微妙である。ホルコンがつないだグループの他の台の動向がその鍵を握る。すでに15箱くらい積んでいるので通常の爆発であれば、このあたりが終点である。しかし、大爆発の場合はさらに10箱くらいは期待できる。大爆発を狙って、4回目の初当たりを目指して打っていたところ、信頼度の高いスーパーリーチが二度も外れたと仮定しよう。プロ的な感覚では、この台はすでに終わっている。(ボス猿ではなくなっている) このまま打ち続ければ、3時間も4時間もハマリ続ける危険が濃厚である。仕方なく、無念の思いでこの台に見切りをつけることになるわけだが、その時、プロはふと考える。(ここから先は極めて重要!)
                                   一回目の初当たりのST中、9連荘に挑んでいた時に何度も信頼度の高いスーパーリーチが出たのにはずれてしまった。その後にグループ内の他の台が当たったが、その時、すでに自分の台はSTが終わっていた。その後、すぐに2回目の初当たりが来たと思いきやSTのない単発だった。この当たりがST中に発生していれば9連荘となり、STも続いていた。8連荘で終わってしまったが、ひょっとして15連荘くらいしたのではないか、と。
                                   
                                   このような発想からプロのパチンコ攻略テクニックが生まれる。

                                  ST中は適度に休憩を入れる
                                   
                                   賢明な読者諸氏は私の言わんとすることを瞬時に見抜かれたに違いない。ST中の打ちすぎが災難を招くのである。ST中は積極的に打つべき時と打たずに休むべき時がある。パチプロにとってパチンコは遊ぶためのものではなく、攻略するために存在する。
                                   
                                   ST中に連荘数を伸ばすための攻略技術ついては、海物語アクアの連荘継続テクニックでも触れているので、時間に余裕のある方には目を通していただきたい。機種は違っても十分に応用可能である。要するに、ST中にリーチがほとんど出ない時と信頼度の高いスーパーリーチが外れた時が休憩に入るタイミングなのである。(信頼度の高いスーパーリーチが外れても、その直後に再び信頼度の高いスーパーリーチが来て当たることもあるので、一回目の信頼度の高いリーチの外れの直後にはやめず10回転くらいは様子を見る。二回目の信頼度の高いスーパーリーチが外れた時は長めの休憩をとる)
                                   
                                  ST中の二大原則
                                   
                                  リーチが全く出ないということはホルコンが自分の台のグループから別のグループに移っている可能性が高い。そのような場合は別のグループの台が当たった後に自分のグループにホルコンが戻ってくる仕組みになっている。戻りさえずれば、高確率で確変中の台を当たらせるので自分の台が当たり首がつながる。
                                   
                                  ▲蝓璽舛よく出るということは、ホルコンはまだ自分のグループに残っている可能性が高い。しかし、信頼度の高いリーチが外れるという現象(特に信頼度の高いリーチが二度外れる現象)が発生した場合、ホルコンは自分のグループにとどまってはいるものの、自分の台ではない他の台に次の当たりを入れると判断して八割方正しい。
                                   
                                   この二大原則さえ頭に入っていれば、ST攻略の細部がおのずからわかってくる。
                                   
                                  CR燃える闘魂アントニオ猪木〜格闘技世界一決定戦においてST攻略テクニック
                                   
                                   ST機連荘継続テクニックの根底となる考え方は海物語アクアの記事ですでに述べたので、今回はCR燃える闘魂アントニオ猪木〜格闘技世界一決定戦に焦点を当てた注意事項を以下にまとめてみる。
                                   
                                  《総論》
                                   
                                   CR燃える闘魂アントニオ猪木〜格闘技世界一決定戦のSTの最大の特徴は大当たり確率がそれほど高くない代わりにST回数が150回もあることである。つまり、ST中に巧みに打てば、好調台は何度も首がつながるのである。CR燃える闘魂アントニオ猪木〜格闘技世界一決定戦はスペック上、ST中には滅多にリーチが出現しないが、それでもホルコンがアクティブかどうかをなんとかして見抜かなければならない。アクティブでない時は少しの間(1〜3分)、休憩を入れ、ホルコンが戻ってきた時に打ち出しを再開する。150回というST回数を一気に消化せず、様子見に10〜15回くらい回した時点で少し休むか続行するかの判断をする。
                                   
                                  《各論》
                                   
                                  (1)ST中は保留玉に白い線でひび割れのような模様が入る。そのうちの幾つかはゴングの形に変わり、リーチに発展してゆくわけだが、このひび割れがほとんど起こらない時は休む。
                                   
                                  (2)中央に巨大なボタン(「押」という字が書かれている)が見えかけた時は、たとえボタンが出てこなくても打ち続ける。(その後、信頼度の高いリーチが来る傾向があるため。しかし、その後、20回転以内に特に変わったことが何も起こらない場合は休む)
                                   ボタンが見えかける台は好調台であることが多く、そのST中に再びボタンが出現して、今度はそれを押して当たることも少なくない。又、ボタン以外での当たりも十分に期待できる。
                                   
                                  (3)ひび割れの入った保留が頻繁に(特に連続して)出現した時、又、それらのいくつかがゴングの形に変わった時は休むまず打ち続ける。その後のリーチで当たることが多い。(しばらくして、何事も起こらない静かな状況になれば、再び休む)
                                   
                                  (4)ゴングの色が赤に変わった時は信頼度の高いスーパーリーチが来るが、リーチが始まった途端にハンドルから手を離さずにそのまま保留玉を満タンにする。(一般人はリーチが来るとハンドルから手を離す人が多いが、これは非常に危険な行為である。ホルコンがマックス状態にないっている時は信頼度の高いリーチが短時間内に2回くらい来て、二度目の信頼度の高いリーチで当たることも珍しくない。ハンドルを休めてリーチアクションに見入っていて、それが外れてから打ち出しを再開した場合、次のマックス状態までSTが続かない恐れがある)
                                   
                                  (5)二度目の信頼度の高いリーチ(勝率が★4つ、グレート・ムタ等)が外れた時はその後、7〜8回転は回して(時には三度目の信頼度の高いリーチが直後に来て当たることもあるため)、3分以上の休憩を入れる。(自分のグループと対立関係にあるグループが見抜ける人は3分も待たず、対立グループ内からの当たりの発生後に打ち出しを再開すればよい。又、自分のグループ内の他の台が割り込み当たりをしてくるのもこのようなタイミングである。ホルコンのグループ構成を理解して打っている方は信頼度の高いリーチが外れた後、グループ内の他の台が当たった時は3分も待たず、間髪入れずに打ち出しを再開することを勧めたい。好調台の場合は自分のグループ内の他の台の当たりが自分の連荘回数を増やす結果につながる。冴えない台は他の台の割り込み当たりで失速する。一般的な傾向として、好調台にもかかわらず信頼度の高いリーチが一回だけ外れる時はホルコンが他のグループに入っていることが多く、信頼度の高いリーチが二回も外れる時は、ホルコンが自分のグループに残っていて次の当たりをグループ内の他の台に回したと解釈して八割方正しい
                                   
                                  (6)変動中に対戦レスラーの面影がうっすらと映る現象が頻発した時はリーチの前兆の可能性が高いため、休まずに打つ。しかし、その後、20回転以内にリーチがかからない場合は少し休む。
                                   
                                  (7)怒れる猪木が出て、ボタン連打をしても何事も始まらずに終わってしまう時も信頼度の高いリーチが来る前兆であることが多いので、休まず打つ。しかし、その後、20回転以内にリーチがかからない場合は少し休む。

                                  (8)どんなリーチであれ、リーチがかかった時は必ず保留玉を満タンにする。(ホルコンがマックス状態の時は数回転以内にリーチが集中して、最後のリーチで当たることも多いため。保留玉を満タンにしない行為はチャンスを見送っているようなもの)

                                   
                                  まとめ

                                   このようにST中に適度に休みを入れながら確変状態がすぐに終わらないように粘るのがST攻略の要諦である。好調台はST終了後、すぐに再度の初当たりが来ることがある。それが確変で再びSTに突入すれば、一般人は「ほとんど玉を減らしていないので連荘が続いたも同然だ」と喜ぶ。しかし、この考えは甘い。確かにラッキーなことではあるが、前述の如く、初当たりの回数を増やしてしまうことは台の寿命が終わりに近づくことでもある。たとえば、7連荘でSTが終わった後、10回転もしないうちに再び確変当たりが来て、それがまた7連荘すれば実質14連荘に等しいと素人は考える。しかし、初回の当たりで14連荘した方がずっとよいのである。どんな好調台も最後の初当たりが終わった後はハマリに向かうのが常である。一回の初当たりの価値というものをハマリの怖さとともに熟考する必要がある。

                                   パチンコ攻略の鬼となれ。どんな高潔な人格者もパチンコを打つ時だけは欲望の塊のような人間にならなければならない。日頃は別として、ホールの中では卑しい「金の亡者」になっていただきたい。

                                  リヴィエラ倶楽部 佐々木智親 (海殺しX開発者)

                                  注目記事:パチンコ攻略】リーチ信頼度の科学(好調台の打ち方)

                                      
                                    大海物語BLACK(ブラック)攻略コラム公開!

                                                  総合攻略ノウハウとしての海殺しX

                                                  パチンコ攻略法の誤った概念を正す!(外部リンク)


                                  プロレスファンの方には 諦めない心〜ジャンボ鶴田の最強バックドロップ人生

                                  パチンコ攻略の秘密をもっと知りたい方は 
                                  最強攻略法海殺しXのホームページへ
                                   
                                   

                                  【攻略指南】CR真・花の慶次

                                  0
                                    【※花の慶次シリーズ全機種共通の攻略情報です】今、巷ではCR真・花の慶次が物凄い人気である。少しでも空き台が生じるとすぐに誰かが座ってしまうため、頃合いを見て(当たりが発生しそうなタイミングで)その台への移動を視野に入れて別の台を打っているプロがタッチの差で他人に狙い目の台を取られてしまい、たまたま絶妙なタイミングでその台を打ち始めたド素人が直後に当てて、そのまま限度を超えた大爆発を許してしまうことも頻繁にある。人気がありすぎる機種の攻略は苦い経験と背中合わせである。
                                     
                                     そもそもCR真・花の慶次がここまで人気があるのは、海物語シリーズのようなスリリングなゲーム性にその理由があるわけではなく、機種独特の爆発力に皆が酔いしれているにすぎない。
                                     
                                     今からCR真・花の慶次を攻略する要諦を書き記す。少し長くなるが、真剣に攻略に挑まれる方は一字一句に目を光らせて熟読していただきたい。CR真・花の慶次のスペックはとてつもない爆発の可能性を秘めている。通常時の大当たり確率は1/399.6と辛いが、確変時には1/64.9に変わる。ST機の強みでST中に当たれば次も確変となることが保証されている。しかも、ST(回数限定付き確変機能)もこの確率で120回もついている。5連荘、6連荘などは当たり前、10連荘以上も頻繁に発生し、20連荘以上も決して珍しくはないのがCR真・花の慶次の最大の魅力である。ちなみに、私は55連荘を目撃したことがある。
                                    素人が陥りやすい罠
                                     
                                     しかし、このスペックだからどんなに投資がかさんでも当たりさえすれば確実に回収できると考えるのは早計である。当たり前の話であるが、こんな考え方が通用するのであれば、誰もが簡単に攻略できてしまう。大負けする人がいるからこそ大勝ちする人も生まれるのがパチンコというものである。ホールで暗躍するホルコン(ホールコンピュータ)は、常にシマにいくらの金が落とされて、そのうちのどれだけが客に還元されているかということを計算した上で当たりを発生させている。
                                     
                                     どのホールでもハマリ台ばかりを好んで打つ人をよく見かける。ハマリ台が当たると大爆発すると信じているからであろう。たしかに、ハマリ台が爆発に転じることは珍しくないが、全てのハマリ台が爆発するわけではない。CR真・花の慶次で1500回転以上もハマった挙句、やっと当たりが来たものの、それがSTにならず(月見酒モード)、時短100回のうちでリーチすらかからず終わってしまう光景は至るところで目にする。時々、こういう台が時短後に再度の当たりを引き、そのまま爆発することもあるが、そうなることよりも再びハマる確率の方が遥かに高い。1500回転以上もハマってから単発で当たり、次の当たりまで2000回転近くを要し、それもまた単発というような顔が真っ青になるような悲劇もCR真・花の慶次にはつきものである。
                                     
                                     とにかくCR真・花の慶次のハマリの深さはずば抜けている。「確率信者」は「そろそろ当たるはずだ」と思い込んで打つが、実際は「そろそろ当たる」どころか「まだまだハマる」のである。これほどの悲劇ではなくても、確変で当たりSTに突入した台が3〜4連荘の期待外れで終わってしまい、その後、気が遠くなるような大ハマリに入るケースも無数にある。こういう時、プロは決して見逃さない、この惨めな台のお陰で別の台が気持ちよいほど連荘数を伸ばしているという事実を。プロのパチンコ攻略というものは素人の思いもよらぬことから始まるのである。
                                     
                                     大爆発の条件
                                     
                                     では、どのような台が大爆発するのであろうか。これは自信を持って断言できる。強いグループの強い台のみである。周知の如く、昨今のパチンコはホルコンが複数台をひとつのグループ(ユニット)に束ね、選ばれたグループに属している台だけが当たる仕組みになっている。しかし、弱いグループは1〜2台の当たりを出しただけで(しかも単発や確変2〜3連荘が多い)、すぐに別のグループに当たる権利を持っていかれてしまう。(=ホルコンがそのグループを離れてしまう)
                                     
                                     強いグループとは短時間内に複数台が当たり、不運な「つなぎ台」(中継役)を除き、確変多連荘が中心のグループを指す。同時に2台が連荘を続けたり、1台の連荘が終わってからそれほど時間が経たぬうちにグループ内の他の台が当たるのが特徴である。つまり、当たり番(=ホルコンによって選ばれたグループの中で次に当たる台)の移動のタイミングさえ正確につかめれば、小額投資で多連荘も決して夢ではない。
                                     
                                     一台だけが大連荘して、グループ内の他の台がハマリから抜け出せないとか短時間内にグループ内の複数台が当たっても、いずれも冴えない当たりで終わってしまうグループは決して強いとは言えない。唯一の例外として、このようなグループの最強台がCR真・花の慶次では十何連荘もすることもある。しかし、20連荘、30連荘クラスの爆発はこのようなグループからは発生しない。このようなグループの他の台を確保してもなかなか当たることはないし、仮に最強台が死んだ後に同規模の爆発が発生したとしても、それはかなりの時間が経過した後である。すなわち、それまでに何万円ものお金をどぶに捨てているのである。
                                     
                                     一台だけがめざましい活躍をしているグループの中にある他の台は、CR真・花の慶次に限らず、迂闊に手を出すべきではない。(ましてやスペック的にそう簡単には当たらないCR真・花の慶次でハマリ台を延々と打つのは自殺行為に等しい)本来であれば、6〜7連荘後に一瞬だけ当たり番の移動があり、グループ内の他の台が確変中に「割り込み当たり」をした後、今まで連荘していた台がさらに伸びる(強いグループの特徴)はずなのに、そうはならずに一台だけが伸び続けるという現象はグループ内の他の台が如何に悪いサイクル状態に押し込められているかということを如実に物語る現象である
                                     
                                     このようなグループの中にあるハマリ台を絶対に打ってはいけないという意味ではないが、プロの発想としては、他の客にしばらく打たせて、それらの台の回転数を上げさせて「サイクル変換」が起こった後にそれらの台を拾う方が能率的なのである。サイクル変換の秘密については最強攻略法・海殺しXのテキストに詳述されている。現代のパチンコは機種は異なっても根本的な仕組みに大差はない
                                     
                                     世間の人は好調台(優秀台)を見て「連荘モードに入っている」と言うが、台のロムの強さ(サイクル状態)とグループの強さの相乗作用が派手な連荘を引き起こすのである。
                                     
                                     攻略の道筋
                                     
                                     前置きが長くなった。ここからが本番である。まずCR真・花の慶次はそう簡単には当たらない機種なので、当たった以上は多連荘、あわよくば大連荘に持ち込まなければ話にならない。そのためには、強いグループを見抜いて、そのグループ内にある空き台を確保することから攻略は始まる。注意すべきは打ち出しのタイミングである。
                                     
                                     ホルコンのことを少しだけ知っている人(今では頻繁にパチンコを打つ人の2〜3割はホルコンの知識が多少はあると見てよい)はある台が爆発中の時に(その台の確変中に)同じグループの台を一所懸命に打つが、これはいたずらにグループの「台稼働率」を上げて、爆発台の限度を超えた大連荘を助長する行為であることに気づいていない。
                                     特に花の慶次シリーズは爆発とハマリが両極端な機種なのでグループ内のハマリ台を「生贄」にして爆発台が予想を遥かに上回る大連荘に発展しやすい。ホルコンはそのグループ内の台を打っている人が多いことを感知すると、ある程度のお金が落ちることを見込んで、グループ内の好調台に多数の当たりをプレゼントしようと働きかける習性がある。
                                     
                                     長い目で見れば、派手な連荘をした台が出現したお陰で、しばらくしてからグループ内の他の台も派手な連荘をする結果につながるので、その観点から言えば、あながち誤った行動でもないが、何よりもお金の浪費である。そのような行為は他人にさせておいて、自分は静かに時を待つのがプロである。台を確保する時期と打ち始める時期が常に同じなのは素人だけである。
                                     
                                     ある台が確変中の時は、次の当たりも8割以上はグループ内の他の台ではなく確変中の台に来る。ホルコンマニアは僅かな確率(2割)に賭けて打つわけだが、確変中の台ではないグループ内の他の台が当たるとしても、それが自分の台であるという保証はどこにもないしたがって、石橋を叩く慎重なプロほどグループ内に確変中の台がある時は打たずに我慢するものである。
                                     
                                     例外もある。最強攻略法・海殺しXのテキストに記載されている「ウルトラ速攻法A」(←クリック)が使用可能な状況の時は投資額の上限を1,000円か1,500円に定めて、グループ内の確変台から当たりを奪い取る攻撃に出る。ウルトラ速攻法Aは2割の確率でしか起こらない、確変中の台が一瞬だけ当たり番をグループ内の他の台に移しやすいタイミングを捉えて打つ秘伝であり、海物語シリーズに限らず、あらゆる機種で使用できる。花の慶次シリーズでもその効果は証明されている。(※但し、海物語シリーズよりは成功率が落ちる。それはスペックの差に起因する)
                                     
                                     他にも例外的にグループ内の台が確変中の時に打つべきタイミングはあるが、これについて書けばとてつもなく長くなる上、最強攻略法・海殺しXが教えるサイクル変換の秘密に深くかかわる内容のため、本稿では割愛させていただく。
                                     
                                     いくつかの例外を除けば、グループ内の台の連荘が終わってからが勝負である。このような心掛けひとつで投資額を大幅にセーブすることができる。
                                     
                                    台選びのストラテジー
                                     
                                     前述の如く、強いグループの台を確保することからCR真・花の慶次の攻略は始まる。理想を言えば、短時間内に3台以上が当たっているグループが望ましい。そして、台を選ぶ時はホルコンの習性を最大限に利用する。ホルコンには次のような性質があることを心に留めていただきたい。
                                     
                                    1)単発当たりを出した台はしばらくハマる。2回連続単発を出した台はさらに当たりにくい。(そのような台は同じグループから冴えない当たりが1〜2度発生した後に蘇生することが多い。そして、今度は冴えない当たりを出した台が苦しむ番になる)
                                     
                                    (2)大連荘(厳密な定義はできないが、便宜上、CR真・花の慶次の場合、10連荘以上としておこう)した台はしばらくお休みとなる。(同じグループから冴えない当たりが1〜2度発生したり、他の好調台が多連荘した後に復活しやすい)
                                     
                                    (3)強いグループは最強台が記録した連荘数と同規模の連荘が別の台で起こりやすく、新たに発生した2台目、3台目の多連荘が死ぬはずの運命にあった「旧爆発台」を蘇生させることが多い。
                                     
                                    (4)理想は自分の台だけが大爆発して、グループ内の他の台は自分を助ける程度の冴えない当たりをすることだが、時にはグループ内の2台が「連立政権」を組み、「共存共栄」の関係に発展することも強いグループの特徴である。
                                     
                                    (5)グループから続けて単発当たりが発生した場合、そのグループ全体がしばらくの間、ハマリに入りやすい。単発ではなくても2〜3連荘程度の連続も良くない。
                                     
                                    (6)どんな優秀台(好調台)でもとんとん拍子で(ほとんどハマらずに)初当たりを3回、4回続けると、一転して深いハマリに入りやすい。その大ハマリを抜けてから再爆発というパターンが目立つ。
                                     
                                    (7)好調台の連荘終了後、500回転以上当たりがない場合、その台はすでにサイクルが変わり、もはや好調台ではなくなっていることが多い。
                                     
                                    (特にホルコンがグループから抜けている時に打ち過ぎるとそのような悲劇を招きやすい。いくら打ってもスーパーリーチが頻発しないような時はホルコンが抜けているとみなして、長時間打たずに台を休ませることが得策となる。サイクルが落ちていなければ、ホルコンがグループに戻ってきた時に好調台は再び当たりやすい)
                                     
                                    (8)600回転以上のハマリを経て当たり、多連荘(通常ミドル機の場合、4連荘以上を多連荘と定義するが、CR真・花の慶次における多連荘は7連荘以上とする)して、連荘終了後、300回転未満で捨てられている場合、グループに当たりが戻ってきた場合、その台が再び当たり、多連荘することが頻繁にある。
                                     
                                    ハマリ台が奇跡的に当たるという意味を熟考していただきたい。グループ内の他の台のサイクル状態が芳しくないからである。ハマリ台が不調サイクルを抜け出し、ついに爆発に入ったと思いきや6連荘、7連荘前後で終わってしまうのは、ホルコンが他のグループに浮気をした可能性が高い。グループ内の台のサイクル状態が依然として悪ければ、ホルコンが再びそのグループに戻ってきた時に優先的に好調台に当たり番を入れるため、同じ台がまたしても当たるという現象が発生しやすいのである。通常、ハマリ台が好調サイクルに切り替わった後はグループ内の台の稼働率が高ければ、比較的容易に2度目の初当たりが来るものである。
                                     3度目、4度目の初当たりは状況次第。とんとん拍子で初当たりを重ねてゆくにつれ、次の初当たりは難しくなる)
                                     
                                    (9)最強攻略法海殺しXのオプショナル商品、『カシオペア攻略術』(←クリック)に記載されている「危険領域」の大当たり回数で捨てられている台は敬遠するのが基本。
                                     
                                    (その後の研究で海物語シリーズのみならず他機種でもこの「危険領域」の法則はそのまま当てはまることが実証された。絶対に当たらないというわけではないが、そのような台は同じグループから何台も当たりが発生しない限り、ほぼ当たらないと見てよい)
                                     
                                    プロ的な感覚とは
                                     
                                     たとえば、こんな要領で狙い目の台を決める。

                                    あるグループで1台が9連荘+15連荘+7連荘+単発当たりをほとんどハマらずにしていると仮定しよう。もうすでに4回も初当たりをしているこの台は将来性がない。しかも最後の当たりが単発なので相当ハマるか、もしくは、仮に当たってもそれが引退の花道となり、それほど続かない可能性が高い。そういう台は敢えて狙わない。
                                     
                                    ◎残りの台を見ると2度も続けて単発当たりを出した台がある。このような台が当たるのはグループ内に相当数の当たりが発生してからになりやすいので、当分の間、ハマると判断する。
                                     
                                    ◎別の台は8連荘した後にハマリに入り、すでに回転数が500を超えている。好調サイクルを維持していれば、とっくの昔に当たっているはずなのに、これはどう見てもおかしい。恐らく通常サイクルか不調サイクルに転落したと判断する。
                                     
                                    ◎最後の1台は過去に何度もハマリの後に単発当たりや2〜3連荘を繰り返したが、直前の当たりはハマリの後に6連荘している。サイクルが切り替わっていなければ、最後の当たりも冴えない当たりで終わっていたに違いないのに(それほど良くもないが)6連荘もした。きっと好調サイクルに切り替わったに違いない。回転数を見るとまだ200回転をちょっとすぎただけである。このくらいの回転数でサイクル落ちすることは稀である。なるほど、この台の6連荘が最強台の好調数珠連と2番手の台の8連荘を生んだわけだな。そろそろこの台に2度目の春が来るに違いない。試しに打ってみよう・・・
                                     
                                     このような発想こそがプロの攻略なのである。
                                     
                                     スーパーリーチに注目する
                                     
                                     さて、CR真・花の慶次の攻略において、もうひとつ大切な要素はスーパーリーチの推移を読み解くことである。他機種でも同様であるが、当たる前の台の前兆として、コンスタントに、しかもかなりの頻度でスーパーリーチが発生する。同じ種類のスーパーリーチが何度も出るのはハマリ台に多いので、そのような台の深追いは避けたい。しかし、異なるスーパーリーチが何度も出る台(つまり、打ち手を飽きさせない台)は希望が持てる。
                                     
                                     一方、CR真・花の慶次の特徴は信頼度の高い特定のスーパーリーチ(強烈な予告を伴うケースが大半)でない限り、当たりはまず期待できないことである。どんなリーチからでも当たる可能性のある海物語シリーズとは対照的である。
                                     
                                     CR真・花の慶次は弱いスーパーリーチでは当たるわけがないので、大半のスーパーリーチは単なる儀式にすぎない。しかし、パチンコ攻略において無意味な現象というものはひとつもない。儀式にすぎないスーパーリーチであっても、それがロング系のスーパーリーチに発展するかどうかを観察したり、幾種類ものスーパーリーチが出現するかを観察することにより、その台を離れるべきか粘るべきかの判断材料となる。
                                     
                                     CR真・花の慶次の場合、信頼度の高いスーパーリーチが何度か出て、2度目か3度目の信頼度の高いスーパーリーチで当たることが最も多い。信頼度の高いスーパーリーチがそれ以上、出現して当たらない台はその後は相当なハマリに突入しやすい。真剣に攻略を考えておられる方々は以下の法則をマスターしていただきたい。
                                     
                                    (1)弱いスーパーリーチばかり出て、信頼度の高いスーパーリーチが一向に出ない台はしばらくはハマリ傾向。スーパーリーチがほとんど出ない台はなおのことその傾向が強い。
                                     
                                    (2)パネルが合体するリーチが何度も出る台は少なくともグループはホルコンによって当選状態にある可能性が高いので、そう簡単に手放すべきではない。
                                     
                                    (3)キセル予告、一撃入魂、傾奇御免、天運ボタン、傾奇者リーチ、赤保留、慶次カットインなどのスーパーリーチ(当たりが期待できる信頼度の高いスーパーリーチ)が外れる台は高確率でその後も300回転以上はハマるが、すぐにやめずに次のスーパーリーチを待つべきである。大抵の場合、それほど打たぬうちに、再び信頼度の高いスーパーリーチもしくは弱いスーパーリーチが来る。このハズレをもって短期的視点に立つ攻略であればギブアップする。(最初に発生した信頼度の高いスーパーリーチが外れた直後に再び信頼度の高いスーパーリーチが発生して当たることも多いため。又、ギブアップして台を捨てた後もかなり時間が経った後は再びその台に戻って打ってもよい。シマ全体の状況が変われば、そのような台にも当たるチャンスが訪れる)
                                     
                                    (4)8と7出て「花」のパネルが何度も完成する台はそれがスーパーリーチに発展しなくても、ほどなくしてスーパーリーチが出やすい。同様に乾坤一擲チャンスからスーパーリーチに発展する台もその後それほど回さないうちにスーパーリーチが出やすい。(そうならなければ、その台はかなり悪い状態なので捨てた方がよい)
                                     
                                    (5)鬼面仏心(仏と鬼のパネルの合体)をはじめとする滅多に見られないパネル合体現象が発生した台もそう簡単に捨てるべきではない。その後にキセル予告、一撃入魂、傾奇御免、天運ボタン、傾奇者リーチ、赤保留、慶次カットインなど信頼度の高いスーパーリーチが出て当たることがある。
                                    (6)有望な台ほど弱いリーチが外れた後にキセルボーナスチャレンジに移行しそうになる。(実際には移行しない)
                                     
                                    (7)キセルボーナスチャレンジに実際に移行した台は近い将来に当たる可能性がある。(少なくとも信頼度の高いスーパーリーチが出やすい。)
                                     
                                    (8)滅多に発展しないキセルボーナスチャレンジが何度も発生して当たらない台は大ハマリの可能性大。
                                     
                                    (9)同様に、キセル予告、一撃入魂、傾奇御免、天運ボタン、傾奇者リーチ、赤保留、慶次カットインなどのスーパーリーチ(当たりが期待できる信頼度の高いスーパーリーチ)が何度も発生して外れる台も大ハマリの可能性大。
                                     
                                     通常は、当たりが期待できない信頼度の高い(?)スーパーリーチ(パネルの合体、強烈な予告を伴わない大喧嘩、強烈な予告を伴わない各種ゾーンからスーパーリーチ等)が2〜3回来た後に「当たりの期待できる信頼度の高いスーパーリーチ」が来て、それ一発で当たるか、それが外れた後、ほどなくして再び「当たりの期待できるスーパーリーチ」が来て当たる。
                                     
                                    (10)他機種同様、スーパーリーチが2回も3回も連続して出る台は高確率で当たり番ではない。(グループは十中八九当たっている)ノーマルリーチの2連続も同様。いずれのケースも、近い将来に同じグループの他の台が当たることが多い。
                                     
                                    (まず当たり番の台が当たり、その台の連荘もしくは単発当たりが終わってから、その台があたる前に2回、3回とスーパーリーチを連続で出した台が当たりやすいが、短期的戦略では捨てた方が無難。しばらく台を休ませてから打つという手もある)
                                     
                                    (11)これも他機種同様、スーパーリーチの次の変動がノーマルリーチの台は少し有望。その逆(ノーマルリーチの次の変動がスーパーリーチ)は高確率で当たり番ではない。
                                     
                                    保留玉に見る前兆機能
                                     
                                     スーパーリーチの観察がメインとなるが、それと並行して、以下の事柄も当たる前の前兆であるので記憶していただきたい。(註・これらの現象が発生すれば必ず当たるという意味ではなく、当たる台はその前にこれらの現象が発生することが多いという意味)
                                     
                                    (1)保留玉点滅が頻繁に起こる。特に保留玉満タン時に2個も点滅する。
                                    (2)点滅した保留玉に色がつく。(緑が何度も出るほど有望)
                                    (3)点滅ではなく、いきなり色のついた保留玉が出現する。(特に緑は有望)
                                    (4)点滅した保留玉に色はつかなくても、その変動でリーチがかかる(特にスーパーリーチは有望)
                                    (5)その他、保留玉に「火」が現れるなど、保留玉でわくわくさせる展開が頻出する。
                                     
                                     STもしくは時短終了後の注意点
                                     
                                     CR真・花の慶次は爆発さえすれば、一気に十万円以上儲けることも夢ではない垂涎の機種であるが、ハマリの深さが半端でない恐ろしい機種でもある。冴えない当たりを出した後や限界を超えていると思われる大連荘の後はいつまでもその台で粘らずに別の台での多連荘を狙うのが攻略の本筋である。
                                     
                                     その目安となるひとつのノウハウとして、STもしくは時短終了後に突入する「謁見ステージ」を判断材料とすることをお勧めしたい。これは多少、玉の無駄使いにもなるが、たいした損失ではないので謁見ステージが終わるまでの十数回の変動はしっかりと見届けたい。パチンコの攻略には多少の犠牲も厭わない勇敢な精神も必要である。
                                     
                                     有望な台ほど龍の模様が何度も2連続で揃う傾向がある。(3連続で揃ってボタン押しまで発展すればなおよし)2連続が3回、4回と出現した台は早い段階での再度の初当たりも期待できるが、2連続が出現しない台、出現しても1〜2回止まりの台はほとんど見込みがないといえる。
                                     もちろん、シマ全体の状況に劇的変化が生じて、2連続がほとんど起こらなかった台でも、その後、たいしてハマらずに再度の初当たりを引くこともないわけではない。しかし、パチンコ攻略の王道は高確率で発生する現象を狙うことにほかならず、低確率で発生する例外的現象に賭ける行為は邪道なのである。

                                    月見酒モード(時短中)で当たりがなかった台は?
                                     
                                     CR真・花の慶次がSTを伴わない当たりを引いた時ほど空しいものはない。STに入れば、約7割の当たりに2000発の出玉が期待できるが、単発当たりは900個前後しか獲得できない。こういう台は時短後に捨てるのが原則であるが、時々、強いグループでは単発当たりの時短終了後、本来はハマるはずの台が再び当たり大爆発をすることも珍しくない。ある台が当たった瞬間にホルコンがグループから離れ、時短終了後に再びそのグループに戻ってきて、同じ台を当たり番に選ぶ時にこのような現象が発生する。
                                     
                                     単発当たりを出した台は捨てるのが基本ではあるが、強いグループの場合は必ずしもこの原則はあてはまらない。継続プレーをするかどうかの目安として、時短中のリーチの数、特にスーパーリーチの数に注目する。スーパーリーチしか出ない台はあまり期待が持てないが、ノーマルリーチが一回以上出て、スーパーリーチが3回以上出た台は時短終了後、それほど回さないうちに二度目の初当たりが来る可能性を秘めている。但し、当たりの期待できる信頼度の強いスーパーリーチを外した場合は高確率で時短終了後に同じグループの他の台に当たりを持っていかれる)
                                     
                                     時短中にキセル予告、一撃入魂、傾奇御免、天運ボタン、傾奇者リーチ、赤保留、慶次カットインなど当たりが期待できる信頼度の高いスーパーリーチが外れた台は全く将来性がないわけではないが、早い段階での復活当たりは難しい傾向にある。理想的なパターンはそれだけでは当たりが期待できないレアもののスーパーリーチ(鬼面仏心をはじめとするパネルの合体、色つきの「愛」という字からのスーパーリーチへの移行・・・etc.)が何度か出ることである。このような台はホルコンがグループに戻りさえすれば優先的に当たり番に選ばれやすい傾向がある。ホルコンが他のグループに移っていなくても、同じグループの別の台が当たった後にこのような台が当たることが頻繁にある)
                                     但し、時短終了後の回しすぎにはご注意を。好調台がどうしようもないハマリ台に転落してしまう場合、最も多いのはデタラメに打ち続けて、ある時を境に悪いサイクルに転落してしまうケースである。業務上、サイクル変換の節目となる回転数はここでは書けないが、海物語シリーズと完全に同じである最強攻略法・海殺しXのユーザーの方々はそれを肝に銘じて、スーパーリーチがほとんど出ない時、出たとしても次のスーパーリーチまでやたら時間のかかるような時はある程度、台を休ませることをお忘れなく。攻略には辛抱がつきものである。
                                     
                                     CR真・花の慶次の場合、今まで好調であった台が500回転を超えても当たらない時はサイクル落ち濃厚と覚えておこう。復活当たりで最も多いのは、他機種同様、100回転代、200回転代である。但し、スペック上、海物語シリーズと比べると、300回転代、400回転代の当たりも頻繁にある。

                                     もうひとつ攻略上極めて重要なことを付言しておく。カシオペア攻略術に記載されている時短中○○回転目(商品内容にかかわるため、伏字をお許し下さい)でリーチがかかる台は高確率で時短終了後、それほどハマらずに当たる傾向がある。(※○○回転目でリーチがかかるどころかそれで当たってしまう台は爆発する傾向あり)この○○回転の秘密については、偶然に発見したようなものなので、何故、好調台がこの回転数でリーチがかかったり当たったりするのかいまだに論理的な解明ができていない。最初は海物語シリーズでこの現象を発見した。花の慶次シリーズでも同じ現象が認められた。花の慶次シリーズ以外の機種の好調台、爆発台についても調査したが、その結果、なんとパチンコ全機種共通の法則であることが判明した。機種を問わない一般法則なので、おそらくこれはホルコンの仕様となんらかの関連があるものと思われる。

                                     私は近隣の台が月見酒モードに入るたびに、○○回転目にリーチが来るかどうか極力チェックするようにしている。通路を普通に歩いているふりをして、ちらりと他人の台を見る。月見酒モードで当たらないと台を捨てる人がいる。そのような台を手際よく拾って打つだけという横着な攻略(?)にも余念がない。

                                    好調台を拾う際の注意点
                                     
                                     したがって、まだゴールまで達していない好調台(爆発し損なった台)をハイエナ式で拾う場合、500回転以上の台は避ける、拾った後も500回転で当たらなければ、どこまでハマるかわからないので潔くギブアップする姿勢が重要となる。「攻略」という語には勇ましい響きがあるが、時には撤退も必要である。歴史上の戦争において名将、名参謀と呼ばれた人物は例外なく勝てぬ戦(いくさ)は決して仕掛けないという忍耐力があった。パチンコの攻略も同じである。機が熟した時は果敢に攻めるが、無駄なことは一切しないという強い意志が必要である。(間違ってもパチンコというゲームを楽しんではならない)
                                     又、前述の如く、どんな好調台でも数珠連が3回、4回と続けば続くほど次の当たりは難しくなるので、最も単純な戦法は「ハマリの後に多連荘して、まだ二度目の初当たりが来ておらず、少ない回転数で捨てられている台」となる。このような単純明快な台選びの方が大ハマリの台をデタラメに打つよりも遥かに成功率が高い。ホルコン読みが正確にできない限り、確実とは言えないが、この記事に書かれた内容を知っているのと知らないのとでは、収支に大きな差が生じることはたしかである。リヴィエラ倶楽部のキャッチフレーズ、「もっと楽しくもっと夢を」が皆様のパチンコライフ、ひいては人生を大きく変えるきっかけとなることを願って筆を休めたい。
                                    リヴィエラ倶楽部 佐々木智親 (海殺しX開発者) JUGEMテーマ:パチンコ
                                    <注目コラム>
                                    <ちょっとマニアック!?>
                                    〜パチンコ攻略の秘密をもっと知りたい方は〜 
                                    Docomo123最強略法・海殺しX公式HP

                                    海物語アクアWith吉木りさ 好調台の特徴

                                    1
                                    従来の遊パチの概念を覆すゲーム性
                                     
                                     SANYOの遊パチ(甘デジ)、海物語アクアWith吉木りさが意外な人気を呼んでいる。海物語アクアは予想通り、まわるんパチンコ大海物語3が出るまでの間を受け持つリリーフの不人気機種になってしまったが、海物語アクアWith吉木りさは今でも客付きが良い。やはり、15ラウンド当たりが頻繁に出るので、従来の遊パチにはないダイナミックさが味わえるということなのだろう。
                                     
                                     特に2回も3回も15ラウンドが続いた時の客の喜びようは見ていて滑稽ですらある。大の大人が画面にタッチして15ラウンドに昇格した時に手を叩いて喜んだり、ガッツポーズを決めたりして、素人丸出しの素振りがなんとも微笑ましい。従来の遊パチでじれったい思いをしてきた人たちは海物語アクアWith吉木りさに飛びついて離れない。
                                     
                                    見極めが肝心
                                     
                                     しかし、当然のことながら海物語アクアWith吉木りさであっても、良い台は打てばこのうえなく気持ち良いが、悪い台は200回転以上ハマった後に単発や15ラウンドなしの2連荘といった情けない当たり方をしてから再びハマリに入るパターンが目立つ。将来の爆発を夢見てそのような台でいつまでも粘るのは愚作である。運良くハマリ後の爆発に成功しても、それまでの投資が相当な額になっているので、遊パチでは、失ったものを補ってあまりある出玉の獲得は期待薄である。ここに遊パチ攻略の難しさがある。
                                     
                                     遊パチはスピード勝負のゲームである。まだ限界に達していない好調台で一気にドル箱を積み上げ、それが5箱くらいになった時点で他の好調台に移動するのが爆発のテクニックである。稀に破竹の勢いで5〜6箱積んだ台でも、ホルコンがグループ(ユニット)内の他の台にも万遍なく当たりを発生させていれば、さらなる進撃を続けることもある。しかし、大半のケースにおいて、5〜6箱積み上げた台はその後、ハマリに入るか何度も当たるのに増えないという末路が待ち受けているものである。一見、順調に当たり続けながらも少しずつドル箱を減らしてゆく展開も珍しくはない。しかし、長時間打ち続けていると、自分の台の爆発が引き金となってグループ内に新爆発台の発生を許し、その台の勢いが一時休止するか完全に止まった時点で自分の台が再爆発することもある。それを狙う人も少なくないが、長時間の忍耐を強いられるため、効率の良い勝ち方とは言い難い。
                                     
                                     私は自分の台が一気に5〜6箱積み上げた時は何時間か経った後にその台に戻ることも視野に入れ、未練を断ち切って他の台に移動することを心掛けている。

                                    遊パチでぼろ儲けするためには
                                     
                                     移動先の台で攻略に成功し、すぐに爆発が始まった時はなんとも言えぬ爽快感がある。5〜6箱貯めた後に台を変えただけで再び5〜6箱になれば、通常のパチンコ並みの稼ぎになる。これこそが遊パチの真の醍醐味なのである。一台で稼ぐのではなく台の移動を繰り返し、ドル箱を積み上げてゆくためには「プロの判断力」が要求される。特に最初に冴えない当たり(5ラウンドの単発など)が来て、その台を即座に捨てるか多少の追加投資を覚悟の上で継続プレーするかの判断は素人には難しい。

                                     
                                    判断材料の一例
                                     
                                     私が判断材料に用いている項目は無数にあり、残念ながらその全てをここに公開する根気はない。パチンコ攻略の解説の難しさは一概に言えないことが多すぎる点にある。「こうなった場合、普通はこうするが、こういう時は例外的にこうする」というような但し書きがどの説明にも必要となるため、そんなことをいちいち書いていれば、一冊の本と同じくらいのボリュームになってしまう。
                                     ここでは、その中でも最も私が重視している項目、すなわちST中の現象について記すだけにとどめたい。プロのノウハウの一端が皆様の攻略のお役に立てれば幸いである。

                                    良い台の特徴(ST中に起こること)
                                     
                                    (1)20回転以内にスーパーリーチが出る。
                                    (2)銀箱が出る。
                                    (3)探索モードのクラゲつきリーチが1〜2回出て、魚群は出ずに外れる。(それが3回以上出る台、魚群まで出て外れる台は必ずしも良い台とは言えないので要注意)
                                    (4)マリンの「頑張れ、頑張れ」からリーチに発展する。
                                    (5)チャンス目が多発する。(2回続いてリーチに発展しない台は特に良し)
                                    (6)ボタンを押してリーチになる。
                                    (7)ボタンが乗っている箱が出る。
                                    (8)点滅中の保留玉の色が頻繁に黄色に変わる。
                                    (9)箱が開いて緑色の水玉が出る。
                                    (10)アタック一発チャンス、スイカ割りチャレンジ、ハンマーチャレンジの可能性をもつ
                                    3つのドアが海中に出る。
                                    (11)クリオネチャンス中に緑色の保留玉が出る。
                                    (12)クリオネチャンス中にクローズアップが起こる。(重要)
                                    (13)カシオペア攻略術で爆発台の特徴として紹介している○○回転目のリーチが来る。
                                    (最重要・・・販売の都合上、伏字ですみません)
                                     
                                     上記の現象のうち2,3個が該当した場合はST中終了後も70回転までは様子を見て(ST終了直後に当たることも多いため)、それ以降は時折、5〜10分の休憩を入れながら粘り打ちしてみる価値がある。
                                     
                                     但し、回し過ぎには気をつけなければならない。最強攻略法・海殺しXのテキストでも解説しているように、海物語シリーズはある回転数に達した時に(定期的に)台のサイクル状態を見直す作業が内部で行われているため、好調サイクルの台が突然、通常サイクルや不調サイクルに転落してしまう危険がある。
                                     
                                     つまり、海物語シリーズの各機種は○○回転ごとに「試験」を受けるようなものである。(ここも伏字ですみません)約80パーセントは「試験」を受けても現在のサイクルの据え置きになるが、何度も受験しているうちに約20パーセントの目が出てしまうこともある。(逆にハマリ台はわざと他人に打たせて、「試験」を何度も受けさせた方が良い。突然、サイクルが好転してもそれに気づかず、ついに根負けして打つのをやめてしまった人の台を拾って当てるほど楽なことはない)

                                     
                                     まとめ
                                     
                                     要するに、期待を持たせる演出が発生するのに当たらない台というのは良い台か悪い台かのいずれかなのである。悪い台ならば、そういうことが延々と続く。しかし、良い台ならば不愉快な現象もそう長くは続かない。これは海物語アクアWith吉木りさに限ったことではなく、海物語シリーズの全機種に共通する特徴といえる。
                                     
                                     したがって、上記の現象が起こったにもかかわらず、ST終了後、何度も休みを入れて打っているのに一向に当たる気配がない台は早期に見切りをつけなければならない。
                                     
                                     なお、連荘の継続に関しては、下記の記事が遊パチにもそのまま当てはまる。未読の方々にはこの機会にご一読願いたい。

                                    海殺しXを詐欺と喧伝する悪質サイトへの対処

                                    1
                                      海物語シリーズの新機種が発表されるたびに、リヴィエラ倶楽部の最強攻略法・海殺しXを中傷する記事がネット上に出回りますが、今回は従来にない妙な手口での攻撃がありました。前回の記事ではこの業界の闇の部分について啓蒙する記事の紹介を致しましたが、今回はそのような中傷記事、捏造記事が世に出る構造的な問題について、わかりやすく説明したいと思います。

                                     私のもうひとつのブログに海殺しxを詐欺と喧伝する記事は真っ赤なウソ(←クリック)と題したエッセイを発表致しました。事実に反する完全な捏造記事のため、まともに反論する気にもなりませんが、今回もこの業界の裏事情について述べています。是非ともご高覧下さい。

                                    リヴィエラ倶楽部 佐々木智親(海殺しX 開発者)


                                    海物語シリーズのマニアックな各種情報は 

                                    最強攻略法・海殺しXのホームページへ


                                     



                                    パチンコ攻略業界の実態

                                    0

                                        

                                       プレゼントパチンコ攻略法の誤まった概念を正す!〜本物と偽物との違いを示す攻略ブログと題した記事をリヴィエラ倶楽部・青い鳥の詩(うた)に掲載致しました。

                                       一般の方々が漠然と思い描く攻略法のイメージと実際の攻略法とのギャップを埋めることが主たる目的ですが、必要に迫られ、この業界特有のはしたない部分も暴露しています。私のブログの購読者数はいつのまにか物凄い数になりました。今では社会的責任のようなものを感じています。上記の記事はそんな事情から生まれました。
                                       パチンコ攻略マニアの大半は明らかに攻略法に対する誤まった認識を抱いています。一方、これに乗じて詐欺商売を行う悪徳業者が存在します。需要があるところに供給があるわけでして、この現実を業界人の一人として、とても悲しく思います。
                                       攻略法には興味のない一般のパチンコファンは詐欺の被害に遭うことはありません。しかし、攻略法に対して誤まったイメージを持たないという点では幸せですが、パチンコの真実を知らぬまま一生を終えるのは不憫なことです。
                                       我々プロにとってパチンコとは銀玉の行方に一喜一憂するゲームではなく、時間を犠牲にしてお金を得るための手段にほかなりません。貴重な時間を捧げて収入を稼ぐという点では労働と同じですが、社会になんの還元もしないという点において労働とは微妙に意味が異なります。
                                       私が口癖のように言っていることですが、お金があるだけで人は決して幸せにはなりません。しかし、お金は人の不幸を減らすことにいくらか貢献します。人の不運や不幸の何割かはお金さえあれば経験せずにすむものです。お金は人のストレスを軽減することにも役立ちます。ストレスの解消は健康の増進にも寄与します。そして、肉体と精神の健康は豊かな人生の基盤でもあります。
                                       パチンコで蓄財をしても、労働とは異なり社会還元とは無縁です。しかしながら、それが自分の人生を豊かなすることにつながれば、それは家族や友人にも好影響をもたらし、ひいては社会の平和の礎にもなりうるというのが私の信条です。お暇な折にご一読いただければ幸いです。

                                      リヴィエラ倶楽部 佐々木智親(海殺しX 開発者)

                                       

                                      海物語シリーズのマニアックな各種情報は 

                                      最強攻略法・海殺しXの公式HPへ

                                       

                                       
                                       
                                       
                                       

                                      | 1/3PAGES | >>

                                      PR

                                      calendar

                                      S M T W T F S
                                          123
                                      45678910
                                      11121314151617
                                      18192021222324
                                      252627282930 
                                      << June 2017 >>

                                      最強攻略法・海殺しX

                                      パチンコ総合攻略ノウハウです。 パチンコで蓄財するスーパーノウハウを伝授します。特にお勧めの機種は海物語シリーズ。スーパー海物語IN沖縄4の攻略を最強攻略法・海殺しXで!

                                      リヴィエラ倶楽部

                                      最強攻略法・海殺しXの研究・改良を行う少数精鋭のパチプロ集団です。 最強攻略法・海殺しXをホームページで販売中!

                                      海物語ブログ

                                      最強攻略法・海殺しXサロンは海物語シリーズの攻略に命を賭けた男が自らの人生哲学を世に問うブログです。通常のパチンコブログとはひと味違うエッセイをご堪能下さい!

                                      パチンコ攻略法の正体

                                      パチンコの攻略法について頓珍漢な解釈をしている人が後を絶ちません。イメージと実体があまりにもかけ離れています。この下のリンク欄にある「パチンコ攻略法の誤まった概念を正す」でその真相を明かします!

                                      にほんブログ村

                                      selected entries

                                      categories

                                      archives

                                      recommend

                                      links

                                      profile

                                      search this site.

                                      others

                                      mobile

                                      qrcode

                                      powered

                                      無料ブログ作成サービス JUGEM